CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«仕事をつくる | Main | 小冊子「持ち去り古紙の行方」が完成しました»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
いい感覚 [2015年08月15日(Sat)]
世間はお盆休みですが、私は今日もお仕事。

私の会社の敷地には林があり、

会社の前には田んぼが広がっています。

今日はトンボ、恐らくオニヤンマが

会社の敷地内を気持ちよさそうに飛んでいます。

蝉も相変わらずの大合唱です。


春になれば蝶が舞い、何種類かの鳥も巣づくりにやってきます。

目の前の田んぼでは、

枝豆、とうもろこし、里芋、大根、ほうれん草などを

育てていて、農家の方からおすそ分けしてもらうこともあります。

スーパーで売っている商品と違い、

採れたての野菜は、味の濃さと匂いが全く違います。


冬は、朝日が昇るのを見ることが出来るし、

一年中、空の色と雲の動きを観察することができます。

そんな風に自然の四季の移ろいを感じる、

味わうことができる時は、

気持ちのバランスも良いのだと思います。


人間だけでなく、他の生物といっしょに暮らしている、

という感覚。



何十階建てのビルの中で、

一年中、室温が保たれている中で仕事をしていた時、

こんな風に自然や四季の変化を気にしていただろうか?

仕事・自分・人間中心の生活になっていなかっただろうか?


トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント