CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«よい問いかけ | Main | いたちごっこ»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
<映画>セバスチャン・サルガド〜地球へのラブレター [2015年08月10日(Mon)]
昨日は、渋谷のBunkamuraシネマで

「セバスチャン・サルガド〜地球へのラブレター」を観てきました。

サルガドのことは全く知りませんでしたが、
世界的な報道写真家・環境活動家であることを知りました。

映画は、彼と彼の家族の半生を辿ったドキュメンタリーです。

彼は世界中をまわり、
死、戦争、破壊、労働、人口の移動などといったテーマを扱いながら
写真を通して、人間の本性・闇を露わにしてきたことが分かりました。

そうして、最後にたどりついたのは、「自然への敬意」でした。

「GENESIS(ジェネシス)」は、
ありのままの地球の姿をカメラに収めていて、
”人類が自然をいまだに支配しようとしていることへの警笛”
というメッセージともとれました。


写真は、静止画だから、構図や光の陰影によって、
見る側の受け取り方も変わってきます。

映画の冒頭で、写真(photograph)の語源が、
photo(光)+ graph(画く)と説明していたのも納得でした。

止まっている画ものだからこそ、いろいろ考える時間を与えてくれます。

家族への愛も裏テーマとしてあった気がします。

普段はこのような映画を観る機会がなかったので、
誘ってくれた相手に感謝です。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント