CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
強みを探している間は強みは見つからない [2019年10月17日(Thu)]

先日、クライアントとのコーチングの中で、


「会社では自分の強みを出しづらいんです。

 毎日、毎月ほぼ同じような仕事内容で
 何か提案しようにも工夫の余地がありません。」


そんな話がありました。



あなたは、自分の強みを明確に言葉に出来ますか?


「人と話すのが得意。」

「IT業界の知識に精通している。」

「TOEIC900点を持っている。」


まさか、そんなことは言わないと思いますが・・・





巷では、


「あなたにはすでに強みがあるのに、まだ見つけられていないだけ。」


とか、


「あなたの強みを見つけて、ワクワクできることを探そう!」


とかそんなメッセージの本やセミナーで溢れています。


引き寄せの法則、

ホ・オポノポノ、

インナーチャイルド、

潜在意識、・・・


そうして、必死に自分の強みを探そうとする。

でも、なかなか出てこない。


だから、別の方法で強みを探そうとする。

でも、コレ!といったものが出てこない。



どうしてだか分かりますか?



簡単ですよね。


そう、「強みをつくる努力」をしてこなかったからです。



私もかつては自分の強みを見つけるためにいろんなことを
試してみました。


ストレングスファインダーもやってみました。


結果は・・・

1. 慎重さ
2. 着想
3. 学習欲
4. 親密性
5. 共感性

でした。



今冷静に見ると、


「だから、何?」


と考えてしまいます。




もちろん、これらの強みのキーワードが、
自分の経験や知識から裏付けられた、
他者との違いになり得るかもしれません。



ただ、


「ビジネスで結果を出すことにつながる強みなのか?」


と聞かれると、怪しいです。



強みは、誰かの何かに役立ってはじめて強みとなるのです。


そのために自分の頭で考え、時には自己否定をして、
人とは違うことをやり抜く。


生みの苦しみの過程で、強みと言えるものが

露わになってくるのではないでしょうか?


自分で強みを分析して見つけている間は、強みは見つかりません。

強みは見つけるものではありません。



そのことを自分で認めないで、
誰かのノウハウや成功法則に頼って、
強みを探そうとする。



でも、そんな強みは本当にビジネスで
結果を出すことにつながっているのでしょうか?




先日、ビジネスですごい結果を出している方と話す機会がありました。


その方曰く、

「死に物狂いで強みをつくる努力もしてこないで、
 強みを見つけようとしても、絶対に見つからない。


 そんなので強みと思えるものがあったとしても、
 それらはただの自己満足にすぎない。」


と言われ、目が覚めました。



もし、あなたが10のことしかやってこなかったのであれば、
アンケートや分析ツールで見つけた強みは、
10の中でしか見つかりません。



そんなことよりも、10を50、50を80に近づけるために
エネルギーを使う方が賢明だと思いませんか?



強みは探すものではなく、自分自身でつくるものなのです。



そのために何をすべきか知りたいですか?


セルフイメージもただの幻想 [2019年10月09日(Wed)]

前回も書きましたが、セルフイメージとは、
自分に対するイメージ・思い込みです。


あなたには、どんなイメージ・思い込みがありますか?




そのセルフイメージを高める方法としてオススメなものは3つあります。 


1. 「前向きな人との接触頻度を増やす。」
 「尊敬出来る人、目指すべき人をモデリングする。」


2. 「断捨離をして、シンプルな生活を心がける。」


3. 「目標を持ち、プチチャレンジを繰り返す。」



一つ一つの方法について知りたい方は、私のセッションを受けてみて下さい。


先日コーチングをしたクライアントの方も当初はセルフイメージが低く、

営業という仕事にやりがいを見いだせなかったり、

奥さんとの関係に悩まれていました。


しかし、ありのままの自分を受入れ、その自分を一度否定し、

さらに新しい自分像をつくっていく中で、大きな変化が見られました。


今は自分が目指す世界観を見つけ、

新しいスキルを学ぶための学校に通い、

社内では新しい企画を自発的にプレゼンするなど、

前に前に進んでいます。 


ただ、その「セルフイメージ」というものも幻想でしかないのです。

自分で勝手につくりあげた、自作自演の「ねつ造概念」と

いうことも忘れないで下さい。


要は、自分の考え方次第でどうにでもできるのです。




セルフイメージは、健康状態や突発的な出来事によって、
上がりもすれば下がりもします。


大切なことは、セルフイメージが下がった状態を長く続けないことです。
なるべく早く立ち直る方法をいくつか持っておくとよいですよ。


「一晩寝ればだいたい忘れる。」
「美味しいものを食べればスッキリする。」
「気の置ける友人や知人とたっぷり話す。」
「自然や景色の良い場所でのんびりする。」
「ジョギングやスポーツをして汗を流す。」
「好きな人のライブやミュージカルへ行く。」
「尊敬する人やコーチ、メンターに話を聞いてもらう。」


などなど、いろいろあると思います。


そして、


★自分との約束を守る。

★今の自分の凸凹をすべて受け入れる。

★仮面をかぶるのをやめる。


ことも意識していきましょう。


そして、セルフイメージを高めるために、
こんな風に考えてみてはどうですか?


・ありのままの自分を見る。

・目の前のことに集中する。
・他人と比較しない。
・大きな目標と小さな目標を持つ。
・できること、できたことに目を向ける。
・60点でOKとする。完璧ではなく、最善を目指す。
・自分の良いところ、周りから褒められることを挙げる。
・「なぜできないか」ではなく、「どうしたらできるか」を考える。
・迷ったら自分の信念や信条に立ち返ってみる。



ジョセフ・マーフィーはこんな言葉を残しています。


===============================
まず自分のことを誇れる存在になりなさい。
そうなれば、あなたは自分の望みをかなえることができるでしょう。
それが自信ということです。
===============================


 セルフイメージを高めることで、人生が豊かになります。

そのために私ができることがあります。 

↓ ↓ ↓

−−−

▲【先着3名】コーチングモニター募集のご案内

仕事、人間関係、人生設計について気になること、変えたいけどがあるけど、なかなか行動できない。
そんな方には、自身自身と向き合い、あなたの可能性を広げるコーチングがとてもオススメです。
コーチングを受けると、自分の考え方と行動が自然と着実に変化していき、あなたの夢や目標に近づきます。

自分のイメージを決めるのは誰? [2019年10月03日(Thu)]

皆さんは「セルフイメージ」という言葉を聞いたことはありますか?


セルフイメージとは、「自分について、抱いているイメージ」のことを言います。

言い換えれば、「自分に対する思い込み」ですね。


皆さんは、自分自身に対してどんなイメージを持っていますか?

どんなイメージに変えていきたいですか?





セルフイメージが低い人の特徴として、


・傷つきやすく、言い訳や人のせいにする。
・立ち直りが遅く、過剰に自分を守り始める。
・すぐにあきらめ、チャレンジすることをやめる。


などがあります。


一方で、セルフイメージが高い人は、


・出来ない理由ではなく、これからどうしたら良いかを考える。
・起きたことは起きたこととして、そこから学びを得ようとする。
・楽観的に、余裕をもって、対処できる。



どうですか?

皆さんはどちらの方の考え方を持っていると思いますか?



先日、コーチングを受けた30代の男性が、

仕事で悩んでいてこんなことを言っていました。


「いろいろ上司に提案したけど全然変わらないので、もう疲れました。」
「同僚も上司のご機嫌とりで、自分の意見を全然言わない。
あんな風になりたくない。」


「評価も俗人的で、結果をだしているのに昇進できないのは納得できない。」

「もう自分のキャリアにあきらめているのかもしれないです。」


これは、セルフイメージが下がっている状態です。


コーチングでいろいろ質問をしても、
愚痴、不満、不安のオンパレードでした。


セルフイメージは、生まれつき備わっているものではなく、

家庭や、生きてきた環境によって備わってきたものです。


セルフイメージは高い時もあれば低い時もありますが、

低くなったときに、いかにセルフイメージを上げるかが大切です。



フランスの哲学者アランは、


==============================
「悲観主義は気分だが、楽観主義は意思である」
==============================



アイルランドの劇作家バーナード・ショーは、


==============================
「経験そのものが人を成長させるのではない。
人を成長させるのは経験への態度である。」
==============================


という言葉を残しました。


どちらも、セルフイメージを高めるヒントを示唆していますね。


セルフイメージを高める方法については、また書きます。

答えの前には思考がなければならない [2019年09月30日(Mon)]

今日で9月も終わりですね。

明日からは消費税が増税されますが、どのくらい経済にインパクトがあるのか、

全く読めません。その答えを知っている人は誰もいません。


分からないことに対して、あなたはどんなアプローチを取りますか?

google検索で調べますか?誰かに聞きますか?



私は、世の中の流れを見るために、Yahoo知恵袋をときどきチェックしています。
本当にいろんな質問がありますね。


「銀行で40代くらいで転勤したことない総合職はいますか?」


「東洋大学と獨協大学だったらどちらが就職に強いですか?」


といったものから・・・



「千と千尋の神隠しでなぜハクは湯婆のハンコを盗んだのですか?」


といったものまで・・・



時間があるときに、興味のある質問に

真面目にツラツラと回答することがあります。



たくさんの回答者の中から私の回答がベストアンサーになった時に、
ふと思います。



「この人はどんな判断基準でベストアンサーを選んだのだろうか?」


と。




質問をするということは、

何かしらの答えを欲しているということです。



でも、いくら素晴らしい答えを返しても、
質問する人間がその答えをどう理解し、
どう使うかによって、
その答えのカタチも変わってしまいます。



質問の前には、疑問があるはず。

答えの前には、思考があるはず。



なのに、多くの人は、
疑問と思考をすっ飛ばして、
答えだけを探しています。



答えは、質問で9割決まるのです。



あなたは、どんな質問をしていますか?

言葉を使いこなす [2019年09月26日(Thu)]

あなたが使っている「言葉」は誰のものですか?




GoogleやYahooの検索はとても便利ですね。

分からない言葉があっても簡単に検索することができますから。


でも、そんな検索結果や他人の考えの受け売りを
あたかも自分の言葉として伝えるだけでは、
相手に共感や感動を与えることができません。


「言葉」にあなたなりの「解釈」を加え、
新しい「意味」をつくることで
自分自身にも語彙力や表現力が身につきます。



例えば、


「行動することが大事だ。」

「考えるより行動しろ。」


という風に「行動」という言葉をよく使いますね。


この「行動」という言葉をもう少し、自分なりに再定義してみたら
どんな意味になるでしょうか?



ちょっと考えてみて下さいね。




★どんな時に「行動」するのか?

★「行動」することで得られるものは何か?

★「行動」の類義語、連想する言葉は?


そんな風にして、「行動」という言葉を広げたり、深めたりしてみて下さい。




私が考えた「行動」の定義は、


「今やるべきことを決めること」


「自分の可能性に挑戦すること」


「人生を自分で動かすことを自覚すること」


「過去の自分か、未来の自分かを選ぶこと」


です。



もし、自分の「言葉」をもっと増やしたいと思っているのであれば、
コーチングであなたの想いや気持ちを語ってみませんか?


きっと新しい「言葉」がたくさんあふれ出ますよ。


↓ ↓ ↓

−−−

▲【先着3名】無料コーチングモニター募集のご案内

仕事、人間関係、人生設計について気になること、変えたいけどがあるけど、なかなか行動できない。
そんな方には、自身自身と向き合い、あなたの可能性を広げるコーチングがとてもオススメです。
コーチングを受けると、自分の考え方と行動が自然と着実に変化していき、あなたの夢や目標に近づきます。


楽しい食事と会話でリトリートしませんか? [2019年09月24日(Tue)]

いっぱいになった冷蔵庫や洋服ダンスには、

不要なものがたくさんあります。


人の心も同じです。


同じ場所で同じ行動を繰り返すだけでは、
新しいアイデアややる気もなかなか出てきません。


日常と非日常をうまく切り替えることで、
心も身体もリフレッシュすることが大切ですね。



皆さんは、「リトリート」という言葉をご存じですか?


リトリートとは、


Re(再び)-treat(調える)= 心と身体を調えなおす 


つまり、仕事や家庭のことなど日常生活からいったん離れる時間を持つことで、
心身をリセットしポジティブに生活を再スタートするという意味で使われています。


最近は、森へ入りリトリートするイベントも増えてきました。



仕事や人生を楽しむために、

普段とは違う場所で、
普段とは違う人と、
普段とは違う話をする。




そうすると、いつもとは違う視点で物事見たり、

新しい目標を見つけたりして、

自分の可能性に気づくことがあります。


心身ともにリラックスし、
知的好奇心をくすぐるようなお話をしませんか?


あなたは、どんなお店が好きですか?
どんなお店だと気持ちがほぐれてリラックスできますか?


赤提灯のような賑やかなお店が好きですか?
タイやベトナムなどのアジアンのお店が好きですか?
カウンターのあるしっぽりできる和食が好きですか?



雰囲気の良いお店で、

美味しい食事と楽しい会話をし、
こだわりのBARで酒を飲み、


あなたらしい仕事、、
あなたらしい人生、

あなたの夢について、


語らいませんか?



『たのしい食事と会話でリトリート』

というものを不定期で開催しています。


興味のあるかたは、こちらからご覧下さいね。

デ・コード [2019年09月21日(Sat)]

パーティーに招待されたときに、

「ドレスコード」というものがありますよね。



「セミフォーマルね!」と言われて、

どんな服装だったらいいんだと悩んだことがあります。



そんな「コード」というのは、

規則、規定、ルールを意味しますが、

哲学の世界では、


「自分が当たり前に正しいと思っていること」

「自分の中の常識や思い込み」


のことをいいます。



そして、そのコードを突き破る、脱コードすることを、
「デコード」といいます。


つまりコードを乗り越えた考え方です。



どうして、私たちはデコードと向き合う必要があるのでしょうか?




生まれたばかりの赤ちゃんにとっては、

目の前に見える世界がただあるだけです。



それが、親、友人、組織、コミュニティーとの関わりの中で、

善悪、損得、比較のフィルターが増えていきます。



フィルターが増えれば増えるほど、自分が正しい、

自分がかわいいという防衛本能がますます働き、

思考することをあきらめさせます。



「私の業界は〜だから」
「私の会社は〜だから」
「私の経験では〜だから」


「みんな〜だから」
「いつも〜だから」


そんな風に物事を一般化し、甘ったるい安心感に浸りながら
誰かに自分の人生を引き渡す。


それが「コード」です。

自分にも人にも誠実に向き合わない「偽」にまみれた世界。



 単にお金を稼ぐだけならそれほど難しいことではありません。


 情報弱者を餌食にして「偽」の商品を売ればいい。

強固な「偽」構造を持つビジネスをすればいい。



でも、それってカッコ悪くないですか?
少なくとも私はそう思います。



デコードをすることは、

世の中の大義のために自分を置いて、ただただ生きること。


だから、デコードに向き合わないといけないのです。


偽にまみれるか、義を貫くか。

選択するのは他でもない自分自身ですよ〜。

仕事の中に潜る [2019年09月19日(Thu)]

女優の樹木希林さんが亡くなって一年が経ちました。

本当に唯一無二の存在感を放っていました。



樹木希林さんの日常や仕事を追うNHKのドキュメンタリー番組を観ましたが、
最後は全身がガンに冒されていることを告白されました。



どの仕事にも真剣に向き合いながらも、

馬鹿真面目というよりは飄々として、

どんな状態であっても自然体で泰然自若な姿には、
ぶれない「軸」のようなものを感じました。


そんな生き方に憧れています。




樹木希林さんは、晩年のインタビューで死生観について尋ねられた時、
次のようなことをおっしゃっています。


「楽しみのではなくて、面白がることよ。
 楽しむというのは客観的でしょう。


 中に入って面白がるの。面白がらなきゃ、

 やっていけないもの、この世の中。」

 



「もっと楽しい仕事をしたい。」


と思いながら、仕事を面白がることができないのであれば、
どうしたら良いと思いますか?


それは、あれこれ考えずに、


「仕事の中に真剣に飛び込む」


ことが一つのアイデアだと思います。


仕事でも人間関係でも、
真剣にぶつかれば、
「手応え」があります。


適当にやれば、適当な手応えしか得られないですよね。


その「手応え」の大きさが、
仕事の面白さを実感したり、
相手への思いやりの深さにつながるんだと思います。



「星の王子様」で有名なサン=テグジュペリは、

こんな言葉を残しています。


=============================
人生に解決法なんてものはないのさ。
あるとしたら、前に進んでいくことだけ。
前に進めば、解決法はあとからついてくる.

サン=テグジュペリ
=============================



「仕事の中に真剣に飛び込む」には勇気も必要です。
もし、その勇気がちょっぴり足りないのであれば、
私にお手伝いできることがあります。


↓ ↓ ↓

−−−

▲【先着3名】無料コーチングモニター募集のご案内

仕事、人間関係、人生設計について気になること、変えたいけどがあるけど、なかなか行動できない。
そんな方には、自身自身と向き合い、あなたの可能性を広げるコーチングがとてもオススメです。
コーチングを受けると、自分の考え方と行動が自然と着実に変化していき、あなたの夢や目標に近づきます。

現実をつくっているのは○○ [2019年09月17日(Tue)]

コペルニクスが、宇宙の中心は太陽で、地球は他の他の惑星とともに

太陽の周りをまわっているという地動説が最初に唱えられた時は、

多くの人が信じることができませんでした。


当時は、天動説がみんなにとっての当たり前の事実でした。


誰かから聞いたこと、

本に書いてあること、
ニュースで伝えられること、

に振り回されていると、


あなた自身を信じる力が弱まっていくかもしれません。。




ノーベル医学生理賞を受賞した本庶佑さんは、


「教科書に書いてあることも真実とは限らない。」


自分の目で見て、自分の頭で考えた事が新しい発見につながることがあると

いったことをおっしゃっていました。



メジャーリーガーの大谷選手は、投打の二刀流にチャレンジしています。

当初は、ピッチャーとバッターは違う役割をプロの世界でできるとは思わず、


「一人二役でやるなど通用するはずがない。」


と多くの人が言っていました。


それでも、大谷選手は、そんな声に耳を貸さず、


「走攻守すべてをやるのが面白いんです。」

「小学生の頃から野球に対する思いは変わっていない。」


と言っています。


本庶先生や大谷選手は、


みんなが当たり前と思うこと、

みんなが出来ないだろうと思うこと、


に疑問を持ち、自分の可能性を信じ、チャレンジし続けているんですね。



【事実+解釈=現実】


という式が成り立つように、物事の同じ事実を見ても、
一人ひとりの解釈で、見える現実は変わってきます。


解釈というのは、思考のクセでもあります。


過去から積み重なった思考のクセが、

事実をあなたの都合の良いように変え、
それが、あなたの固定観念になっていきます。


何か大きなことを成し遂げた人は、
必ずその固定観念を壊しています。


「家族がそう言ったから。」
「友人がやっているから」
「業界の慣例だから。」


そういった固定観念がすべて正しいわけではありません。


もし、


「本当は自分はこんなことをやってみたい!」


という想いがあるのであれば、それはあなたの固定観念を覆し、
新しいブレークスルーを起こすチャンスになり得ます。

あなたの解釈を変えれば現実は変わっていくんです。

長年凝り固まったあなたの思考のクセをほぐすために、
私にできることがあります。


審美眼を高めよう [2019年09月13日(Fri)]

今の世の中に求められるものの一つに、

一人ひとりの審美眼があると思います。



広辞苑によると、


【審美眼】
美しいものと醜いものを見分ける能力。


とあります。



あなたは、自分の審美眼を磨いていますか?





先日、新宿にあるはじめての焼き鳥店へ行きました。


安くて美味しい赤提灯も好きですが、
たまにはちょっと高級なお店にも行くようにしています。



このお店は駅からも結構遠いのですが、
ほとんど全ての席が予約で埋まっていました。



こじんまりとした店内は、

照明や一枚板のカウンターもこだわりを感じるものでした。



おまかせで食べた焼き鳥は、一品一品素材が素晴らしく、
今まで食べた焼き鳥の概念が変わるほどのおいしさでした。



食事に合わせるお皿も素晴らしく、

それぞれの品を際立たせていました。



店主が備長炭で焼く所作もある種の美しさを感じました。



全てが一流、一級品のお店でした。



そういう一流、一級品のモノに触れると、
自分の美的感覚や感性が鋭くなります。


それが審美眼です。



ドイツの文豪ゲーテは審美眼について

次のような言葉を残しています。


========================
審美眼というものは、中級品ではなく、
最も優秀なものに接することによってのみつくられる。

ゲーテ
========================


審美眼は、非日常の体験からだけではなく、
自然の移ろいや人々の日常の中にもたくさんあります。


つまり、


「何を美しいと感じることが出来るか?」


というあなたの「心の器」にも関係してくるのだと思います。


ですので、あなたの中にモノや情報が溢れているのであれば、
まずは断捨離をして、不要なものを捨てることをオススメします。

余計な雑念も断捨離できれば、なおいいですね。



審美眼を鍛えて、あなたが思う”美しさ”を増やしていきましょう。
シンプルに自分の目指すべき人生に集中できるようになります。

| 次へ