CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
京都フォーライフ〜「自信」と「誇り」をもって働くために〜
NPO法人京都フォーライフの公式ブログ
<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「青山学院大学」が すごい![2018年01月15日(Mon)]
 2018年に突入し早くも半月が過ぎました。
 皆様、いかがお過ごしでしょうか?
 改めまして、本年も どうぞよろしくお願いします。

 さて、皆様は正月をどう過ごしましたか?
 「“紅白”見た」「お餅を食べた」「初詣行った」「吞んだ」「食った」等々 嬉しそうに話す 従業員の姿がありました。
 ほんの数日の休暇ですが、それぞれに 楽しんだようです。

 私が 印象に残ったのは、『箱根駅伝』!
 青山学院大学のV4達成に 感動いたしました。
 前年の 優勝メンバーの中で 4年生が抜けて 毎年 新しいメンバーに入れ替わるわけですが、それでも連覇を続けることが出来る『強さ』に 凄みを覚えます。

 毎年 メンバーが入れ替わる中で こうしてV4成し遂げることが出来たのは、全ての部員が 自分の力を出し切れる環境と それを継続する力があるからではないかと私は思います。
 「トップレベルの選手が集まった」と いうことではなく、部員みんなが 「トップレベルに育ってゆける」環境こそ 青山学院大学の『強さ』だと思います。
 
 『一年の計は 元旦にあり』
 この工場でも、従業員全員が「自分の力を出し切れる環境」「それを継続出来る支援」を心掛けて、協力企業の皆様や 地域の皆様に、『強さ』を感じていただける職場にしてゆきたいと思います。
カラ元気でも 元気に![2018年01月08日(Mon)]
 2018年、年が明けて 2度目の月曜日・・・
 お正月休みも つかの間、今年も 1月3日の水曜日から 始動!
 土曜日までの4日間、しっかり働いて やっと 調子が出てきたところで またまたお休み・・・

 昨夜、「サザエさん」を見ながら、ちょっと憂鬱な人も いらっしゃったかもれません・・・
 その上、寒いんです!ほんとうに・・・
 お正月を 待っていたかのように、年明けから 急に冷え込んで・・・お布団から 出るのが辛い〜!

 週週明けの そんなモヤモヤが 嘘のように、従業員の皆さんは 早朝から元気いっぱい・・・
 眠たそうな 顔をしていても、あくびを しながらでも、とにかく元気です・・・
 まさに『カラ元気』!
 This is 『KaraGenki』!
 カラ元気でも、元気にいきましょう!
 怒ったような顔をしていては 『Good Kuck』(幸運)を 逃がしてしまいます。

 そして、お昼頃にはすっかり『カラ』が取れて、本当に元気いっぱいの仕事ぶり・・・
『Good Job!』(よく頑張った)

 「陽気で 元気に 生き生きと。笑う門には 福来る。元気があれば 何でも出来る!」
  まだまだ至りませんが、本年も なにとぞよろしく お願い申し上げます。
新年 明けましておめでとうございます。[2018年01月01日(Mon)]
 新年 あけましておめでとうございます。
 旧年中は 京都フォーライフの活動 並びに 障がい者就労支援事業に 格段のご理解とご協力を賜り 誠にありがとうございました。

 私たちの事業を取り巻く状況は 年を追うごとに 大きく変化し、私たちの努力だけでは対応しきれない時代の流れの中にあって、各方面 多くの皆様のお力添えにより、京都フォーライフは 設立より10年目を迎えることとなりました。

 設立時より基本理念に掲げております 「障がい者が 『自信』 と 『誇り』をもって働く」 環境づくりと 支援の充実を どのように積み重ねてきたのか 又、次の時代につなぐ 強固な礎となりうるのか、全てが問われる 1年となることを自負いたしております。

 その大きな節目を迎えるにあたり、より一層 多くの皆様に 私たちの活動を知っていただき ご理解をいただき そして 一層の ご協力を賜りたい。
 より一層 多くの皆様に、全ての障がい者が 『働くこと』 を通して、生活に意欲と潤いを持ち 豊かに生きてゆくことが出来る 『“自立”可能な社会』 を 共に築き 支えていただきたい。
 我々の そんな思いを 形にしてゆく 1年でありたいと考えております。
今年も頑張った!![2017年12月25日(Mon)]
みなさんは年末年始をどう過ごす予定ですか?フォーライフは30日大掃除まで働き、年始は3日から稼働ですダッシュ(走り出すさま)

30日の大掃除は、総勢30名ほどで工場をピカピカ?にして1年を締めくくり、また年明け早々には新年会を開きますビール
新年会の様子などはまた来年に報告させていただきます〜♪

12月に入りshikiは大きな節目を迎えており久御山工場併合に伴い、久御山従業員と職員と合流し大所帯となりました。
大所帯ともなれば色々なトラブルや笑い話ガ絶エマセン…あせあせ(飛び散る汗)

トラブルはともかく笑い話は長くなるのでまたの機会としましょう・・・。
そんな元久御山従業員がShiki工場の一員になって一週間が経ちました。
元々手先が器用ではなく、ライン作業などは苦手な方々ばかりでしたが
マイペースながらもshikiの作業に取り組もうとする意気込みもあり、順調に溶け込めている様子で職員、新メンバー共々安心しております!

そんな新メンバーの中でもNさん!フォーライフのマスコットと呼び名高いNさん!
そのNさんが加入してきたということで来年の交遊会での大会もshikiから大賞が出るのは余裕ではないかということで、仕事面と遊びでも数段パワーアップしたshikiを見せたいと思いますので来年もよろしくお願いします〜。

今年も大変お世話になりましたexclamation×2
来年も破天荒?なshikiをよろしくお願い致しますひらめき
2017最終回は H支援員[2017年12月18日(Mon)]
 2017年も あと 2週間。
 皆様、今年も 大変お世話になりまして ありがとうございました。
 また 来年も、一層の ご高配をよろしく お願い申し上げます。

 さて、2017年 宇治工場 最後のブログは、11月に 新たに入職されましたH支援員の紹介です。
 年齢は、「40代・・・」と いうくらい・・・・あとは 不詳・・・・・
 「休日は 何をしていますか?」という質問に、「家で ゴロゴロ・・・」だそうです。
 「趣味は?」と 尋ねますと「パソコンを 少々・・・」
 自称 “ゲーマー” だそうです・・・典型的『インドア派』のH支援員・・・。

 そんなわけで 少々 心配しましたが・・・これがなんと とても明るい性格で、人見知りをすることもなく、従業員の皆さんと すぐに打ち解けて ワイワイ楽しく 勤めておられます。
 少し 安心いたしました・・・

 来たる 新年は、ちょっと個性的 H支援員の力も 存分に発揮いただき、一層 充実した 良い年になりますように・・・ぴかぴか(新しい)
 皆様も どうぞ よいお年を お迎えください。わーい(嬉しい顔)
光の射す方へ[2017年12月11日(Mon)]
 もう 年末です・・・早いものです。
 この1年を振り返って・・・と 言うより、とにかく今はまだ バタバタと 落ち着かない感じです。

 12月に入り、それまで リネン作業に従事していた 従業員の多くが 別作業に移り 新たな挑戦が始まりました。
 事業所間の異動を通し、希望する場で 新たな作業にチャレンジしていくことは 素晴らしいことだと思います。
 先ずは 新たな環境に馴染む,慣れることが 当面の課題となっている様子です。
 中には、不安を拭い切れず いろいろと言い分を 一方的にぶつけてくる方もいらっしゃいます。
 気持は 充分に察して余りあるところですが・・・そこは『社会人』、 “郷に入れば”では ありませんが、職場でのルールや指示には 従っていただかなくてはなりません。

 不安や ストレスを抱え、作業に 集中できない,意欲が 持てない・・・ 我々 支援員は 従業員のそんな苦しみには「寄り添い」「配慮し」「支援すること」を 惜しむことはありません。
 しかし、仕事には 従事いただきます。
 役割は 果たしていただきます。
 責任を 持ってもらいます。
 決め事や ルールは 守っていただきます。

 光の射す方へ 居場所を求めて、新しい物を得ようとして チャレンジを始めた・・・
 従業員それぞれに 願い,思い,要望 があるはずです。それぞれに 心の豊かさ を求めておられるはずです。
 それが 単なる夢や わがままではなく、地に 足をつけた 実生活で実現できるように、 『自立』とは そういうことだと 考えています。
 そして 私たち支援員の使命は『自立』を支えることです。
『改革』へ[2017年12月04日(Mon)]
 先月(11月)末日をもって、当法人開所以来 主作業として継続してきた リネンサプライの請負事業から 撤退することとなりました。
 今後 リネン関係の作業は、小山葛椏s工場での施設外就労支援のみとなります。

 今年春の法改正により 厳格化された「収益事業からの賃金支給」を徹底するため、収益性の低い事業を打ち切り、収益性の高い事業に集約してゆく方針に沿った決断です。
 
 長く協力いただいた企業様との契約を解除することには やはり抵抗がありました。
 慣れ親しんだ作業を 途中で投げ出すような後ろめたさも痛感いたしました。
 何よりも、想定される従業員の不安と混乱を考えると この決断は躊躇されました。

 しかしながら、協力企業や 当該事業に関わっていた支援員,従業員,みんなの理解と協力を得て、今回の決断に至りました。
 今後、一層厳しい事業運営求められることが見込まれる状況の中で、今回と同様の決断を幾度となく迫られることと思います。
 その都度 目標を明確にして、一丸となって立ち向かう 揺るぎない事業運営に取り組む姿勢こそ 我々に求められているものであることを 確信いたしました。
SHIKIの新支援員[2017年11月27日(Mon)]
 11月に入り、新しく支援員のKさんが入職されました。
 Kさんは ものすごくまじめです。
 何をするにも 『楽しい〜揺れるハート』と 仰っています。
 とても 責任感の強い方です。

 仕事面でも もちろん便りにしていますが、もう1つ期待していることがあります。
 それは、かなり面白い方なのです。
 何をするにも すぐ冗談まじり・・・いつも みんなを笑わせてもらえるような存在になっていただけると 期待『大exclamation×2』です。

 みんなに愛されるK支援員さん
 先ずは 来週の「忘年会」で 本領発揮してもらいましょうか・・・・ぴかぴか(新しい)

冬が やって来ますヨ〜[2017年11月20日(Mon)]
 だいぶ 寒くなってきました〜
 従業員の服装も 半袖から 長袖へ そして 防寒服へ と 衣替え〜

 しかし、その中で 作業中は半袖を貫き通す従業員が 2名います。
 このブログで 何度か紹介した I兄弟ぴかぴか(新しい)
 彼らは、年間を通して 作業中に長袖を着ていることはありません。
 しかし 寒さを訴えたり、風邪をひいたりすることも ありません。元気ですexclamationとにかく 元気ですexclamation×2 
 “子供は 風の子 元気な子るんるん” 真冬でも 外を半ズボンで遊んでいる子が クラスに一人はいましたが、まさにそんな感じです。
 彼らは そんな“子供”並みに、元気に動き回って 一生懸命働いているおかげで 寒さが気にならないようです。
 まさに『若さexclamation』が 成せる技・・・

 とはいえ 社会人として 体調管理も仕事の一環です。無理せず 気を引き締めて これからの冬を迎えていただきたいものです・・・

従業員Sさんのルーティンワーク[2017年11月13日(Mon)]
 秋から 冬へと変わりゆく 今日この頃・・・
 これから一段と寒くなる季節にも負けず 日々 作業に取り組んでいます。

 久御山工場の従業員Sさんも その一人。
 自転車で通勤するSは、毎日 無遅刻、無欠勤。
 そんなSが 出勤して先ず初めにすることは 、タイムカードの打刻かと思いきや 炊事場に向かいカップ麺のフィルムを剥がし セッティング!
 午前の休憩時間には カップ麺に粉末スープを入れてスタンバイOK!
 昼休憩のチャイムが鳴るや否や スタンバッていた カップ麺にお湯を注ぎ、2階の休憩室へと駆け上がる。
 無駄のない カップ麺調理工程!!
 それが従業員Sさんの日常・・・

 仕事では 良くも悪くも 口数は少ない。意欲と集中力の賜物か・・・
 その分 小さなことにも 気づくのが早く、(時には 支援員より)仕事の段取りも良い。
 少し たたみ方が雑な・・・と いう時もあるけれど、責任感は人一倍。
 誰よりも、即行動に移せるSさん。頼りになる従業員のひとりです。

 Sさんの「自分が先頭に立ってやるぞ!」という姿勢は、他の従業員にも とても良い刺激になっているようです。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

障害者就労支援事業所 京都フォーライフさんの画像
http://blog.canpan.info/f-life/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/f-life/index2_0.xml