CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«夜神楽の画像その2 | Main | 観梅会»
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
瀬戸 栄司
飛行機が4時間10分遅れ (05/05) みーやん
ご報告 (01/16) うっちぃ
連休が終わって (05/09) うっちぃ
愛媛、松山 (12/26) うっちぃ
小さな蕎麦職人 (12/06)
ホースセラピー (11/18) うっちぃ
ホースセラピー (11/18) 凛厘
最大級の台風接近 (10/22) うっちぃ
最大級の台風接近 (10/16) 凛厘
考える (04/11)
高千穂の夜神楽 [2012年02月15日(Wed)]
突然のお誘いがあり、仕事が済んでから高千穂まで走り、夜の10時すぎから、フィナーレの朝10時ごろまで、徹夜でお祭りを見ました。残念ながら、スタートは夕方4時過ぎということで見れませんでした。
ずっと気になっていたお祭りだから、行けてよかった。
高千穂では普通の民家で毎日のように行われていますが、この日がこのシーズンの最終日だったようです。
神様が降りてきてからの神話が、1番から33番の場面に作られていて、夜通し舞うのです。
吐く息も白い寒さの中、観客は解放された家の中や、庭先の軒下などから、この神話の舞いをみます。

舞台は開け放たれた民家の一室。小さな8畳間に物語が展開します。
幻想的で素敵でした。
地元の中学生や高校生も出番が多かったけど、寒さのせいで震えていて可愛そうだった。
だけど、見る側も徹夜で達成感があったから、出る側のそれもきっと大きいでしようね。
すばらしいこころが育つことでしよう。

帰りは、お昼くらいにがっつりブランチして解散したけど、あまりの眠さに運転が危ないと思い、途中車を停めて寝たら、2時間ぐっすり。
ひさびさの徹夜、まだそんな体力あることにも、感動しました。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/314725

コメントする
コメント