CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年02月11日

物事の視点と自分のあるべき姿

どうも。

今日は森林公園でのハーフマラソン大会でしたが、ぐでぐででタイムが出なかった下里です。


さて、昨日はお昼から鴻巣市の生活介護事業所メリーハーモニーにお邪魔して施設見学をさせて頂きました。

中も改装されて綺麗で、広さもありとてもいいなーと、感心しながら事務所に戻って来ました。


でもって、夜は尊敬するあの方と酒を酌み交わしダメ出しを、、、いや、いつものようにいろいろご指導頂きました。貴重な時間を私の為に割いていただき本当にありがたいです。

やはり高い視点、広い視点で日本の障害福祉を見て動いている方の発言は重みも論点も違います。

施設の経営論や支援・ソーシャルワークの本質、制度設計のあり方など、言葉の一つ一つに考えと意味があり、どれも重みがある。

自分も個別の支援を通して、事業所の運営を通して地域を変えるソーシャルワークをしているつもりでいましたが、本当の意味でのソーシャルワークにはほど遠いと痛感しました。

そして、自分の不勉強さ、物事の本質を突くものの見方コミュニケーションや新しいものを作る事への努力が足りていない事を痛感しました。

こういった課題提供を下さるあのお方にはいつも感謝です。

自分が本当に障害福祉の中で形ある事が出来た時には恩返しをしたいと思います。というか形を作る事に一緒に努力して貢献する事が恩返しなのかもしれません。

ただ、自分の中にも思い描いているやりたい事やるべき事があり、重要度と実行可能な所の点を一つ一つ描いて、線にしていき、いつかは風景を描くような仕事をしていきたいと思います。


また、課題が増えたので、寝る間を惜しんで一層の努力をしようと音符
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/359689
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック