CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年04月10日

アールブリュット日本スイス

みなさんこんにちわ!

先月3月18日から25日でスイスに行ってまいりました。

P1030020.JPG

今年は日本スイスの国交樹立150周年ということで沢山のイベントが行われています。

アールブリュットも日本とスイスの作品を交えて盛大にレセプションが開催されました。

P1030414.JPG
P1030393.JPG

そしてアールブリュットの聖地、ローザンヌのアールブリュットコレクションにも行くことが出来、とても充実したスイス視察になりました。

P1030456.JPG
【研修の最新記事】

2013年11月13日

はじめて学園祭で販売

みなさまご無沙汰です。

天高く馬肥ゆる秋を通り過ぎ、ズボンのサイズも体脂肪率(内臓脂肪)もぐんぐん急上昇中の下里です。

最近はバリアフリー映画祭inがまごうりに参加しバリアフリー映画の素晴らしさを実感してきました。

これは全国でも当法人の事業所のある桶川市でもバリアフリー映画を出来るといいと感じました。


さて、先週の土曜日は上尾市の上尾特別支援学校に販売に行ってまいりました。

天候も薄曇りで気温が低く外での販売活動は利用者さんも大変だと思われますが、生徒さんや卒業生、保護者の方でにぎわっていました。

文化祭などへの出店は今回初めての参加でしたが、施設側としても卒業生さんを受け入れているので普段の販売活動より力を入れ、持っていく品物や人数も普段より多くしてみました。

大根、キュウリ等の野菜やドーナツ型たわしやヘアバンドなどの手芸品が数多く販売することができ、売れ筋や売り方も勉強になったので次回に生かしてさらに売り上げを上げれたらいいなと思います。

P1020629.JPG
※写真使用は利用者様の許可を得ています。

2013年09月03日

らいふすぺーす えん カンバッジ作成スタート

みなさまこんにちは!気が付いたらもう2カ月もたっていた下里です。

さて、通所施設部らいふすぺーす えんでは新たに作業としてカンバッジの作成を開始しました。

担当職員とカンバッジ製造会社に見学、打ち合わせに行き、「就労だけでなく、生活介護の方でもこれならいける」ということで今月からお試し営業をはじめてます。

そして、早速お世話になっている「BANBOOclub」さんよりご注文いただきました。ありがとうございます。

仕上がりはこんな感じです↓
P1000980.JPG

それ以外にも桶川市のマスコットキャラクター「オケちゃん」(左下、ただ今使用許可申請中)や畜光性の塗料が印刷されているパンダさん(右下)に布のバッジ、その他販促品が作れますので、どんどん営業をかけていきたいと思います↓
P1000981.JPG




また、創作活動ではI先生監修の元、何やらタワーが出来上がってきているので今後に期待したおと思います↓
P1000978.JPG


これからもどんどん行きますよ。



2013年07月04日

イタリアの風

どうも御無沙汰しております。いつもおかしなことばかり言っている下里です。

さて、先月6月11日から19日までの9日間イギリスはロンドンとイタリアのベネチアにアールブリュットの視察に行ってまいりました。

ロンドンはウエルカムトラスト財団が運営する美術館へ。

Outsider Art from japan 『souzou』

今回は『souzou』というテーマで、日本語だと『想像と創造』、英語のイマジネーションでもクリエーションとでもなく、障害のある方の『souzou』する力を発信する素晴らしい展覧でした。

どれも素晴らしいのですが、やはり個人的にはB万里絵さんの作品がエネルギーに満ちていて好きですね。
P1010745.JPG

写真は館内撮影禁止だったので入り口だけですが、この後も学生さんたちがたくさん来ていました。来場者数は合計で7万人を超えたそうです。

他にも英国国立美術館にも行ってきました。こちらも個人的にはモネが好きなので。

イギリスを後にし今回の本番ともいえるイタリアはベネチアにて開催されているヴェネチア・ビエンナーレへ。

P1010941.JPG

街並みが昔のままでそれ自体がアートですが、ヴェネチア・ビエンナーレを目的に観光にいらしている方もたくさんいました。街のあちこちに看板があり、アートのお祭りといった感じです。

下の写真は入口。朝から行列でした。

P1020160.JPG

一部ですが澤田真一さんの作品

P1020028.JPG

フロア中央でかなりの数の作品を展示してありました。観ている方もたくさんいらっしゃいました。

P1020021.JPG

今回視察に行って感じたこと。

誰もが障害のある方と一緒にいるということをアートを通じて頂けるように。

信楽からの風が日本の地域福祉を変えたように。

イタリアから日本へ風が吹いてきた。

埼玉でもそんな風を吹かせないといけないと思いました。

さあ、頑張って盛り上げていこう。

2013年04月10日

らいふすぺーす えん開所から半年!

どうも。

気が付けばブログが半年空いてしまった下里です。

FBいじってばかりではいけませんねたらーっ(汗)

さて、24年10月にオープンして、私が施設長を務める多機能型「らうふすぺーす えん」も3月の新卒業生を迎え、生活介護の方はにぎわっております。

また、就労継続支援B型の方はまだ空きがございますので、ご利用者様をまだまだ募集しております。

前置きが宣伝になってしまいましたが、そんなこんなで慌ただしい4月初頭を乗り切り、やっと落ち着きを見せてまいりました。創作活動に集中している方もいらっしゃいます。
P1000424.JPG

就労Bの方も受注作業や洗車など仕事のペースが少しずつできてきているようです。

最近は支援スタッフの研修の仕組みを作ったり、他の部署や2階のこどもデイサービスじょい、えんも責任者やコア職員が運営やサービスのブラッシュアップを自分たちで行うように歩み始めましたので私としてもスタッフが成長できるように後押ししていきたいと思います。

えんは先月末からほぼ毎日のようにご家族の方の施設見学や支援センター経由での利用希望相談も来ていますのも地域資源として少しずつ認知されてきているということでありがたいことです。

そういえば今日もパート希望の方にブログ見ていますと言われました。こちらも認知されるように書き続けなければですね。反省もうやだ〜(悲しい顔)



2012年10月07日

新事業所オープンです。

どうも。

ご無沙汰しています。下里です。

えー、このたび10月1日より新事業所をオープンしました。

以前から構想はしていましたが、なかなか進まないでおりましたが、今回ご縁がありたくさんの方のご協力ご支援とスタッフの努力により開所することが出来ました。改めて皆さんに御礼申し上げます。

指定の関係などからオープンしてからの発表となってしまったこと、準備段階をブログでアップできなかったことは大変申し訳なく思っております。

不確定なことをお伝えするのは忍びなかったのでブログでは指定が確定したところでの発表とさせていただきました。

新事業所はマンションの1,2階を改修しているのですが、
1階が多機能型事業所20名(生活介護10名、就労継続支援B型10名)で名称は『らいふすぺーす えん』

2階に放課後等デイサービス10名で名称は『こどもデイサービスじょい』です。

えんの方は農作業や手芸、創作活動、軽作業、アクティビティーを中心に当面はゆっくりと活動していく予定です。創作活動で作品が出来たら壁に展示しようかなと考えております。

施設内はこのような感じです。
P1020989.JPG

P1030024.JPG

P1030018.JPG

P1030036.JPG


じょいの方は朝日にあるいっぽがいっぱいになってきたのと高学年、中高生のニーズ、学校卒業後にスムーズに通所施設に移行できるようにと考えて開始しました。

いっぽよりも外での活動を増やしたり、レクリエーションや就労の練習も取り入れていこうと考えています。

内装はこんな感じです。
P1030026.JPG

P1030028.JPG

えんは大人の方の利用ということで北欧風でナチュラルな感じを基調としています。じょいは元気なお子さん向けに明るくポップな感じになるようにしてみました。

また、すぐ脇が線路ということもあり2階のじょいにある大きな窓からは電車がよくみえます。なので子どもたちが椅子をもってきて張り付いてみています。とても微笑ましいです。


忙しいのと不確定でお知らせできなかった準備段階の情報は追ってブログでアップしたいと思っています。ではまた。

2012年07月21日

社会福祉士実習指導者講習会です。

2012-07-21 11.36.14.jpg

ブログご無沙汰しておりました。いろいろ立て込んでおり、さぼっております。

さて、今日は埼玉県社会福祉士会主催の実習指導者講習会を受講しております。

先々のことを考え、内も優秀なソーシャルワーカーを育てていければいいと思っております。

職員全員がケアワーク、ケースワークだけでなく、利用者さんを中心として社会とつながっていくことやエンパアメントの視点を持った支援を行っていける組織づくりを目指すということですね。

あ、昼休憩もう終了です。

2012年06月12日

埼玉県相談支援専門員協会(SSA)に加入です。

IMG_8247.jpg
埼玉県相談支援支援専門員協会へ加入しました
(前回の記事の写真がうまく乗らなかったのでテストがてらiphoneから投稿)

で、先日の総会、セミナーの後は懇親会へ。

代表の菊本さんはじめみなさん面白い。そして熱いのであったぴかぴか(新しい)

2012年06月04日

全国知的障害者関係施設長等会議へ

どうも

ブログの仕様が変わってからなかなか筆が走らない下里です。

ちょくちょくブログを更新している事務局長T氏に怒られてしまいすねたらーっ(汗)

さて昨日は埼玉県相談支援専門委員協会(SSA)の総会&権利擁護セミナーに参加し、懇親会も含め大変勉強になりました。特に意思決定支援については講師の菅先生にイギリスの事例を説明していただき、かなり深いところで理解できたと思います。

で、今日は東京国際フォーラムで全国知的障害者関係施設長等会議に参加してまいりました。

4月の制度改正もありましたが、今後の流れ、特に認定区分については先日の研修と同じく意思決定のところでの方法がきちんと評価されないといけないとのことで(特に重度の知的障害や精神障害、発達障害の方)確かにその通りと思いました。

私たちの普段の支援現場でも話や言葉での意思疎通が難しい方が多いので、意思決定のところは重要で、契約行為もさることながら、社会と人がユニバーサル(どんなひとでも)にアクセスされるという社会を構築していくということの難しさ感じながら、大変意義を感じます。


ここは障害のある人に関わるそれぞれの人たちの意思決定支援の専門性を上げることもさることながら、ユニバーサルでいるための社会的な評価、価値観を作っていく、教育にも取り入れていくことが重要でしょうね。いや、これは壮大です。でも目標点はあるので期間と方法を決め試行錯誤すれば必ず辿り着くことでしょう。

明日は分科会に参加します。
20120604.jpg
※有楽町から東京駅まで歩いて帰りました。修復が終わった東京駅。久しぶりにレンガの外観を見たような気がします。

ではまた。

2012年03月04日

埼玉県移送サービスネットワーク

どうも。

canpanのサーバが一時メンテナンスに入っていて、久しぶりのアップになります。

だいぶUIが変わったので、まだ戸惑っていますがそのうちなれるでしょう。

さて、先日の3月3日は埼玉県移送サービスネットワークへインストラクターの打ち合わせに行って来ました。

まだインストラクターとしては新参者なのでどのように進んでいくのかつかめていませんが、障害のある人の移動、外出の困難をなくしていけるように尽力していきたいと思います。

24年度も5月から2ヶ月に1回のペースで移送講習がありますので、移送サービスをされている方だけでなく、通所や高齢者介護施設の方にもご参加頂き、移動交通のバリアフリーについて意識を高め、実践して頂けるような地域づくりをしていきたいですね。


インストラクターとしての活動の状況はまたブログ等でお伝えしたいと考えています。

よろしくお願います。