CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/entreplanet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entreplanet/index2_0.xml
和束町訪問 [2016年03月31日(Thu)]
ソーシャルリーダー育成・交流事業Gerakan Mari Berbagi(共に分かち合う)で来日中の選抜生Ozil とHagaが研修している和束町カフェを、GMB財団の理事のPrabowo氏と日本チームの2名と訪問。
和束では、受入窓口になってくださっているYou and Villageの代表の山下さんが案内下さり、カフェでは研修生が教えていただいてお茶をいれてくれました。
その後、なんと、和束町の堀忠雄町長を訪問させていただき、和束の地域活性化の取組についていろんなお話しを伺うことができました。

12376316_10156710076200147_441454650815128264_n.jpg

12928395_10156710076265147_7971808348547578712_n.jpg

12924578_10156714858460147_769511893608532202_n.jpg


平成27年度「第3回 府民力推進会議」 [2016年03月29日(Tue)]
平成27年度「第3回 府民力推進会議」に出席しました。
平成19年度から始まった地域力再生プロジェクトも9年目が終了。2億3千万の予算で560件あまりの活動が実施されています。毎年、新規事業が加わることもあり、メニューが一般府民にはわかりにくくなっている(横文字も多く)ことや、地域の自立を府が支援するというコンセプトへの違和感、「女性の輝きを応援するって、今輝いてませんか?」などの意見が委員からは出ていました。
本来、役所は、国民が、自分達が税金を負担することで、公平なサービスを自分達に提供するために公務員をやとい仕事をさせているもの。それが、役所側が、国民が自立できるようにと、私達の税金を使って応援するというのは、ちょっと違いますよね?
どうも、役所の人が偉くて、府民を支援してやっている・・自立できないから自立させるように指導しているというスタンスが出てしまうので、こういう事業は、その点、特に気をつけて実施する必要がありますね。あくまで、本来なら公的機関が担えればよい部分だが、府民が自発的に地域課題に取り組むのに最低限の補助をしていくという形で。


1 日 時:平成28年3月29日(火) 午後1時30分から3時30分まで
2 場 所: 京都府庁職員福利厚生センター3階 第2会議室
(京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町)
3 議 題:(1) 平成27年度地域力再生プロジェクトの実施内容について
        (2) 平成28年度事業について
    (3) 今後の方向性について

kaigishiryo.pdf
文化体験3日目 [2016年03月27日(Sun)]
ソーシャルリーダー育成・交流事業Gerakan Mari Berbagi(共に分かち合う)プログラム研修生の文化体験3日目。今日は、伏見稲荷大社に。

10389339_600772886742803_8055794293268455989_n.jpg

12885909_10209092916577802_235046567491487708_o.jpg

994743_600773063409452_4122709055610708998_n.jpg

995328_600773323409426_4975355284241376549_n.jpg

12923372_600773493409409_2815514288325770164_n.jpg


文化体験2日目 [2016年03月26日(Sat)]
来日インドネシア人の文化体験2日目。
本日は京都御所の英語ツアーに参加した後、鴨川でランチ。その後、清水寺に行き、最後は、祇園で終了。今日もたくさん歩きました。


13120769_1586753048303598_439636594_o.jpg

13113372_857212081072228_1415211142_o.jpg

13090893_857212097738893_1467459839_o.jpg

IMG_3494.JPG
文化体験1日目 [2016年03月25日(Fri)]
ソーシャルリーダー育成・交流事業Gerakan Mari Berbagi(共に分かち合う)プログラムで来日した研修生へのオリエンテーションの後は、6名を連れて京都観光。
残念ながらお花見には早く、急遽予定を変更して、金閣寺→立命館大学→北野天満宮(天神さんの蚤の市)と結構歩きました。
研修生の1人Ozilの誕生日ということで、日本チームがケーキを準備してきて、立命館大学の校庭でお弁当を食べながらお祝いしました。
インドネシアの研修生は、普段歩きなれてないうえに、昨日、日本に到着したところで、かなり疲れたのでは?


1173720_10209048093457252_8675797730933855377_n.jpg

12804864_475129959350881_3005476588742940887_n.jpg

IMG_3479.JPG

IMG_3491.JPG

IMG_3486.JPG

インドネシア研修生来日! [2016年03月24日(Thu)]
ソーシャルリーダー育成・交流事業Gerakan Mari Berbagi(共に分かち合う)プログラムの2016期生の6名がインドネシアから来日しました。
今日からホームステイしながら、来週28日から、各自の興味ある職業分野で3週間研修をして、4月18日に帰国します。どんな3週間になるかとても楽しみです。

P1070012.JPG

P1070027.JPG

P1070023.JPG

P1070003.JPG
国内予選開催 [2016年03月20日(Sun)]
高校生の国際競技International Science Enterprise Challengeに出場するチームを選ぶ国内予選を開催しました。今年も、全国から28チーム(33校)と多くの高校生が参加され、12時間の課題解決に挑戦いただきました。皆さん、お疲れ様でした!

今年の課題
「Develop an innovative business model to help to increase the number of new residents and/or to boost tourism in an area suffering from depopulation due to the lack of local economic opportunities for working-age people. Your business should help to revitalize the local economy.
You will present your idea to a panel of venture funders who are particularly interested in business ideas that would utilize technology to manage the business. 」

同志社国際高校2.JPG

開成高校isekai写真.jpg

山梨県立吉田高等学校2.jpg
事前学習会 [2016年03月12日(Sat)]
高校生の国際競技International Science Enterprise Challenge (iSEC)の国内予選にむけて、事前学習会を、協賛団体の京都外国語大学のご協力を得て、開催いたしました。

P1060775.JPG

P1060858.JPG

P1060875.JPG

IMG_3457.JPG