CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2014年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/entreplanet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entreplanet/index2_0.xml
ソーシャルリーダー育成・交流事業Gerakan Mari Berbagi(共に分かち合う) [2014年11月25日(Tue)]
GMBプログラムもいよいよ終わりに近づき、ホストしてくださった家族の方々や視察の引率や通訳をしてくれた学生さん達と一緒にホストファミリーの一つの長谷川宅で送別会を開催しました。
来日インドネシア人達が、心をこめて、インドネシア料理をし、各自の日本での研修の感想報告を聞きながら、別れを惜しみました。

P1040248.JPG
トレードフェア2014開催 [2014年11月24日(Mon)]
今年で、14回目になるトレードフェアが京都大学で開催されました。

参加する小学生から大学生の若者たちは、環境、福祉、地域活性化などの身近な地域の課題をテーマに、仮想企業を設立して、企業などの支援を得ながら、事業を通じてその解決に取り組み、実践内容をネット上(Youth Enterprise)で発信・他校と交流しています。
そして、年に一度、11月に開催する「トレードフェア」では、参加者達がそれらの事業成果を持ち寄り、実際に開発した製品やサービスなどを展示販売したり、事業内容を発表したりして、異学年や他地域の人達との対面交流から学んだり、専門家からその取り組みの評価を受けるなどの貴重な機会を提供しています。今年は、インドネシアからの参加もあり、講演を通じて、インドネシアでの社会事業の大切さも学べる良い活動となりました。

shuzai.jpg

presen.jpg

workshop.jpg

workshop2.jpg

odori.jpg
ソーシャルリーダー育成・交流事業Gerakan Mari Berbagi(共に分かち合う) [2014年11月17日(Mon)]
ソーシャルリーダー育成・交流事業Gerakan Mari Berbagi(共に分かち合う)プログラムで選抜された6人のインドネシアの若者達が、京都に来日しました。
6日から東京でのホームステイや研修視察を終えて、17日から27日までの10日間、京都の家庭でホームステイしながら、教育関係や行政機関などを視察し、11月24日には京都大学でのユース・エンタプライズ、トレードフェアに出展・講演します。

kyotostation.JPG

Heni.JPG

devi.JPG

aru.JPG

Tari.JPG

lizar.JPG

soni.JPG



Entrepreneurship Sumit in Mongolia  [2014年11月10日(Mon)]

モンゴルで始めて開催されたアントレプレナーシップサミットにアジアのゲストスピーカーとして招待を受け、当センターの活動に加え、日本のアントレプレナーシップ教育の実践や政府の支援状況などについて紹介させていただきました。
小・中・高校生という若い人の教育活動に特に強い興味を持たれていました。

国立モンゴル大学と労働省、NGOのDevelopment Solutions MongoliaとStartup Mongoliaの主催で開催されたものですが、辞職勧告決議案が可決して首相が辞職して政治が不安定ななか、フラットな関係で、協力しあって開催されている様子がうかがえました。

参加者も熱心に聞いておられ、祝辞を述べられたアメリカ大使をはじめ、参加者には女性が多く(半分以上だったかも?)、活気ある雰囲気のなか終了しました。日本でこの手の会議をやると、ほとんど男性で、居眠りしている人も多いのですが(苦笑)。モンゴルでは、誰も寝てませんでした。

日本語も英語も流暢に話されている労働省の若手職員の女性が、日本の経済産業省と会議をやると、日本側はほとんど男性なのに対して、モンゴルは半分が女性という状況ですとおしゃっていました。経済的な援助をする側でありながら、女性の社会進出が遅れているというのは、なんとも情けないなとつくづく実感。
若い人が多いモンゴル。今後急速に発展する、可能性のある国です。


summit-harada.jpg

summit.jpg