CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2013年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/entreplanet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entreplanet/index2_0.xml
「障がい者の働きがいと能力を活かす地域の実現」に向けてのプラットフォーム会議 [2013年10月24日(Thu)]
「障がい者の働きがいと能力を活かす地域の実現」に向けてのプラットフォーム会議の今年度第二回目を開催しました。今回は、いつもと雰囲気を変えて、烏丸今出川近くのバザール・カフェにて会議を行いました。
このカフェは、国の助成金を使わず、独立した活動として社会的弱者の人たちに働く機会を提供されています。本来は、障害者福祉も、こういうふうに補助金にどっぷり浸かるのでなく、地域の人たちが寄付したりボランティアで参画して障害者の方も含めて、みんなが働きやすい社会づくりを応援する社会が理想ではないかという思いもあって、店長の月下さんのご理解のもと、会議に使わせていただきました。

会議でも、京都府が現在実施している「福祉から雇用」応援事業に参加されている現場の職員の方々からB型事業のあり方について貴重な意見がでて大変参考なりました。最後は、やはり、時間が足りず、今後に向けての就労支援のあり方についての議論は資料提供で終わりました。


<議題>
1. 障害者「福祉から雇用」応援事業について
(1)「福祉から雇用」応援事業【B型等】の実施状況について(報告)
(2)【B型等】事業参画事業所からの実施状況報告       
(3)【B型等】事業についての意見交換
(4)「福祉から雇用」応援事業【A型】について対応検討(報告) 
2 次年度に向けての検討議題
(1)就労移行支援の現状報告                   
(2)その他
3 今後の会議について

P1020024.JPG

京都学園大学 女性企業家講座 [2013年10月22日(Tue)]
京都学園大学の女性企業家講座に理事長 原田がゲスト講師で訪問。「女性リーダーのキャリアデザイン」というタイトルでしたので、女子学生対象と思い込んでいたら、大半が男子学生で、受講生の3割くらいは中国からの留学生。

準備した資料を半分は使わずお話しましたが、うまく理解していただけたか?指導されている先生からは、「たくさんの学生から、学ぶことが多く受講して良かったという声を聞きました。大変良い刺激になったようです。」とのことでしたが。。
京都外国語大学 リーダーズ・スクール [2013年10月19日(Sat)]
西日本学生リーダーズ・スクールの授業の一貫で、京都外国語大学グローバル・リーダーシップ・セミナーの第一回目としてアントレプレナーシップミニワークショップを実施してきました。

その日会った人たちとチームを組んで、新規ビジネスを実践するのは大変だっと思いますが、皆さん楽しく取り組まれ、多くの学びがあったと感想を下さいました。

1.jpg
チームと話し合い

2.jpg
なかなか意見がまとまりません。。

4.jpg
煮詰まって場所を変更

5.jpg
通行人から意見を聞きます

6.jpg
最後に発表!



宮津市立栗田中学校 職業体験 [2013年10月18日(Fri)]
「次世代の担い手育成事業」での宮津市立栗田中学校の取組みが宮津市広報に掲載されました。授業開始から施設での職業体験までの一連の取組みを紹介くださいました。

miyazukouhoushi.jpg
京都府「福祉から雇用」応援事業 [2013年10月15日(Tue)]
就労継続支援B型事業所を対象とした京都府「福祉から雇用」応援事業で,障害者の就職訓練と就職支援で高い実績をあげておられる、滋賀障害者雇用支援センターを訪問してきました。

滋賀県には就労移行支援事業を行っている福祉事業所は35ありますが、そのなかでも、技能訓練に特価し、個別面談や職場開拓に力をいれて、トップの就職率を誇っています。
利用者の8割が正規雇用・非正規含めて一般の企業に就職、残り1割が福祉就労の就労継続支援A型事業所(最低賃金保障:京都府工賃平均87,000円/月)残り1割が就労継続B型事業所(工賃平均約15,000円/月)を利用します。
回りの人が就職していくなか、利用者のモチベーションも高く、訓練生の障害特性を十分理解して、企業につないでいる職員さん達の力量を感じました。
そして何より、事業所の環境が”働く場”になっていること。これはとても大事です!



綾部市立東綾小学校 [2013年10月14日(Mon)]
東陵小学校も5年生たちが、いこいの村聴覚言語障害センターと小規模多機能型居宅介護施設のやまぶきで、職場体験をしてきました。

touryou2.jpg

舞鶴市立倉梯第二小学校 職場体験 [2013年10月12日(Sat)]
事業に参加する舞鶴市立倉梯第二小学校の4年生が地元の施設「真愛の家」を訪問。職員の方々のお仕事を手伝いました。次回の授業は、京都新聞社 舞鶴支局長の稲庭様から、学んだことを壁新聞にまとめる方法を教えていただきます。

kurahashidaini.jpg

京都府「福祉から雇用」応援事業  [2013年10月07日(Mon)]
就労継続支援B型事業所を対象とした京都府の障害者「福祉から雇用」応援事業で、障害者雇用を積極的に行っておられる(株)京装コンピューターの総務課長 清水信夫様からお話をお伺いしました。

京装コンピューターは1973年設立、社員数約500名の情報処理サービス業の会社です。社員の殆どが客先に常駐してITサービスを提供するエンジニア。高度な技術の必要な職場環境で、障害者の雇用はそれほど進んでいませんでしたが、2007年に子会社3社を統合して現在の規模になり、法定雇用率を守らなければ納付金を収めなければいけない企業対象となります。
2009年には行政指導をうけ、2012年に雇用率を達成。本日は、その3年間の取り組みについて、担当責任者となった清水さんから、どのように社内の理解を深め、採用や定着支援を行っているかについてお聞きしました。

清水さんからは、障害者を知ることから始まり、特性は考慮しつつも健常者と同じ扱いをすることで、仕事の楽しさや達成感を実感し長く働いてもらうように工夫しているとのこと。
また、当初、雇用率を達成することしか頭になかったが、いざ取り組んでみると、健常者と障害者が共に働く環境をつくることは、企業としての責務であり、障害者が地域社会で私たちとともに生活していくことを実現するのは、一人の人間としても取り組まなければいけないことだとお話し下さったのは印象に残りました。

こういう方のおられる会社で働きたいですよね。