CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2012年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/entreplanet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entreplanet/index2_0.xml
東舞鶴市立和田中学校・与謝野町立加悦中学校 [2012年10月17日(Wed)]
本日は、京都府や東舞鶴の社会福祉協議会のご担当の方々と東舞鶴市立中学校に「次世代の担い手育成事業」についてご説明に行ってきました。校長先生も教務主任の先生もとても前向きに聞いてくださって、来年度に向けて検討いただけるとのこと。

赤レンガの倉庫群などをゆっくり見て帰りたいところですが、そのまま与謝野町へ。お昼を食べようと思っていたリフレ加悦の里は残念ながら水曜日は定休日で、そのまま近くのお蕎麦屋さんに行って、アップルファームさんでお茶をしました。

加悦中学校で、施設の方と先生がたの顔合わせをかねた合同研修会。加悦中学校は今年で3年目になるので、施設の方はずいぶん慣れてくださっていますが、中学校のほうは指導される先生が毎年変わられるので、こういう場で、お互いのことを理解し、予測される問題についての対応について情報を共有しあうことが、事業の効果を上げるのに役立ちます。
案内チラシが完成! [2012年10月09日(Tue)]
11月24日のトレードフェアの案内チラシが完成しました。
小学生〜大学生が日頃の素晴らしい取り組みを披露してくれますので、ぜひ、皆さんいらしてください!広報も御協力を。


殿田小学校:職場体験 [2012年10月05日(Fri)]
昨日実施された殿田小における次世代担い手育成事業の体験学習について、今日の京都新聞の記事で掲載いただきました。

施設の性質上、スタッフの仕事ではなく、障害者(利用者)のある方々が日頃訓練の一環として行っておられるお仕事(商品の袋詰めや喫茶コーナーでの配膳など)を体験する形が中心となったそうですが、終了後、障害者や障害施設のイメージが変わったといった感想も聞かされ、今西所長が「将来、ここで働いてもいいと思いましたか?」と尋ねたところ、全員が手を挙げ、
施設側にとっても、満足感のある有意義な体験学習になったと、京都府の方がご報告くださいました。

活動を裏で支えてくださった京都府南丹保健所や南丹市社協の組織的なバックアップあってこそのことだと思います。

こういうことがきっかけに、地域の方々が、学校と連携し次の世代の子供たちを育てる仕組みづくりが、福祉の分野から、他の分野へと広まっていけば、確実に地域の活性化につながります。こういう地道な作業こそ、投資すべき活動だと思うのですが。

24.10.5新聞記事.pdf
入社式 [2012年10月01日(Mon)]
今日は、新しく「地域の担い手応援プロジェクト」で採用した5人の入社式。

午後からは、出町柳からすぐ近くにある多目的カフェの「かぜのね」の代表のお一人春山文枝 様に来ていただき、貴重なお話をお伺いしました。
春山さんがこのカフェを立ち上げるときに大事にされていた3つの視点「参加の場づくり」「オルターナティブなライフスタイルノ提供」「仕事づくり」とても共感するものがありました。
特に、これからの時代は就職先が増えるわけでもなく、従業員で働くことが必ずしも安定や働くしあわせにつながらないことを考えたときの「自営業」という選択枝を増やしていく生き方には、当センターの実施していることをかなり共通する部分もありました。

とても素敵な春山さんに、新入社員5名、夢に向けて気合が入りました!