CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2012年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/entreplanet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entreplanet/index2_0.xml
イノベーションスタジオ:先進事例視察 [2012年02月29日(Wed)]
久しぶりに暗いうちから出かけて東京に向かったら大雪で新幹線は遅れ、山手線は途中で停止し、着いた駅は大雪。。足元がベチャベチャのなか、傘をさしてようやく視察先の社会福祉法人豊芯会にたどり着きました。

豊芯会では、管理責任者の近藤友克氏が暖かく迎えてくださいました。ここを訪問したのは、精神疾患の利用者さんの場合、出席率が悪くて困っておられる施設が多いなか、豊芯会の就労移行支援では100%、A型でも9割以上という高い数値があったことと、A型では月18万円の給料(平均7万円)の人もいて、そのサービス内容が地域の高齢者への配食サービスで、地域密着型の良い事業をしておられることに注目したからです。

いろいろお伺いしていると、東京都や豊島区という行政の支援が手厚いこともわかりましたが、やはり近藤氏がもともと民間の食品サービス業で働いておられた方というのが大きいことが一番の成功要因のようです。最初はボランティアで関わっておられたそうですが、豊島区の委託事業で配食サービスを始めることになって転職されたとのこと。事業収支管理も業務事・月ごとにしっかりグラブ化しておられ、月ごとにその年の目標達成率がわかるようにしておられ、達成できそうにないような項目については、利用者でもあり従業員でもあるメンバーの方々と一緒に議論して達成されるとのこと。

大量発注があっても断ることは滅多にしないで、メンバーのひとが早くに出てきてなんとか対応するようにしているとおしゃっています。障害があるからといって甘やかして差別するのではなく、社会人としておかしなことはしっかり指導して、支援者・支援受ける側という立場でなく、一緒に働く仲間として、助け合いながら仕事をしていることが、メンバーの人のやりがいにつながっているようです。

いただく資料、資料が、本当にしっかりしたもので、京都でこんな資料をもらえた団体がないだけに、責任者に経営スキルがあたりまえにできることなんだと改めて納得。

研修を終えて豊芯会の就労継続支援事業でやっておられる1階の喫茶でランチを食べて、次の視察先に向かいます。が・・やっぱり雪!!

houshinkai.jpg houshinkai2.jpg


午後からは、武蔵境の武蔵野千川福祉会で、所長の新堂薫氏と主任の山岡誉氏に対応いただきました。
この法人は他にも4つある作業所でもすべてDM・印刷業をメインに仕事をしておられますが、これは、仕事ができるようになってB型からA型に移動したり、高齢になって生活介護のサービスを受けるようになっても、それぞれの作業所で慣れが仕事につき、また、忙しいときはお互いにフォローできるという理由からだそうです。
民間的発想の効率経営が、利用者にとってもメリットがあるように工夫されています。あまり意味もなく、同じ法人内で重なる業務を複数していて整理できない団体が多いなか、真似てほしいことです。
事業所全体での売上は8500万円ほどで、訪問したチャレンジヤーはB型と就労移行支援事業をやっていますが、ここだけで5000万円の売上です。
新藤氏は、DM事業を始めた頃は営業に2〜3年ほど苦労したとおしゃっていますが、今では30ほどの固定客がついていて、仕事が途切れることがありません。仕事への信用が大きいとのこと。

また、ここでは3S(整理・整頓・掃除)を徹底されていて、利用者のひとは働く場所に私物を持ち込むことが許されいません。同じ場所に同じ物を置くようにし、無駄な張り紙もありません。事務所も整理されていて、利用者のひとの労働評価表も整えられています。(今まで、京都の団体でこれを見せてもらえたところが一件もありません・・・)

新堂氏は、近藤氏とちがってずっと福祉分野だったそうですが、経営のことをやはり勉強されています。実績を上げるには、福祉以外の分野から学ぶ姿勢が重要です。

chalenger.jpg    challenger3.jpg
共有物は必ず所定の位置へ
イノベーション推進プロジェクト [2012年02月22日(Wed)]
プロジェクトに参加されている工房そらさんの掃除の強化事業ということで、民間企業のご協力を得て職員の方に防滑の技術提供の研修をしていただきました。障害者の訓練事業でも、付加価値をつけて利用者の方の工賃アップを測れる仕事づくりが求められています。

kenshukai.jpg
すべての人に働く喜びと生きがいを! [2012年02月22日(Wed)]
佛教大学四条センターで開講していただいている社会起業家の紹介講座:「あなたの町を元気にする!〜身近な問題一緒に考えてみませんか?〜」の第2回目でした。

□場 所:佛教大学四条センター   
□日 時:2月22日(水) 13:00-14:30
□演 題:「すべての人に働く喜びと生きがいを!」
□講 師:中崎 ひとみ(社会福祉法人共生シンフォニー 常務理事、がんばカンパニー所長)

Nakazaki.jpg

中崎氏には、当センターの障害福祉のイノベーション推進プロジェクトでもお世話になっていますが、本当にすごい方です!彼女のような人が障害福祉の分野でもっともっと出てくることで、障害のある人もない人も自然に一緒に働ける社会が生まれてくるだろうと強く思いました。
嬉しいニュース [2012年02月20日(Mon)]
高校生の国際ビジネスプランコンテストの「Global Enterprise Challenge 2012」の開催にあたり、助成申請していた公益財団法人京都オムロン地域協力基金の助成の採択が決まったとの通知を本日いただきました。

事業の趣旨を理解いただき、支援いただけるのは心から嬉しいことです。良いイベントにするよう一層気をひきしめて取り組みたいと思います。
イノベーション推進プロジェクト@工房ソラ [2012年02月20日(Mon)]
本日は、朝から工房ソラJu:彩ギャラリーとの事業連携と利用者さんの作品(商品)の企画・展示について打ち合わせ。
助言者にモーネ工房の井上 由季子さんを迎えて、作業現場や作品をを見ていただきご相談にのっていただきました。
井上先生、お話をお伺いすればするほどすごい方だなーと感動。発想の凄さとお人柄のよさに大ファンになりました。勇気(厚かましさ:笑)を出してお願いしてよかった!


左:Ju:彩ギャラリーの松村様  右:モーネ工房の井上様


Ju:彩ギャラリーは、工房ソラさんとの今後の発展的な連携に向けて2月23日にリニューアルオープン。3月14日〜18日までは工房ソラの作品店が開催されます。


イノベーション推進プロジェクト@あみの福祉会 [2012年02月17日(Fri)]
京都府の委託事業であるイノベーション推進プロジェクトもいよいよ残すところあとひと月ほど。本日は、プロジェクトの推進委員でもあり、社会福祉法人共生シンフォニー 常務理事でもある中崎ひとみ氏に、同行いただき、あみの福祉会の四つ葉ハウスが運営するベーカリーや施設のほうを視察いただいて助言をいただくと同時に、担当職員の方々からのプロジェクトの進捗状況についての報告にご指導いただきました。
新しいことに挑戦するには、昔やっていた業務で重要でないと思えることは、やはり”スパッ”と切る勇気が必要です。また、必要なところに投資することも。でないと、時間もお金も足らない。
四つ葉ハウスの皆さんとは、勇気をもってこれを断行し、プロジェクトを最後までやり遂げようとお話してきました。

  
左:店舗前:すごい雪でした   右:ベーカリー店内   



中崎さんは、1986年に重度脳性小児麻痺の身体障害者たち中心に5人で始めた無認可作業所「今日も一日がんばった本舗」で、生活費は別で仕事して稼ぎながら、障害あるなしに関わらず一緒に仕事づくりに尽力され、その後社会福祉法人共生シンフォニーとして法人格を取得。今や、がんばカンパニー(就労継続支援事業A型)、まちかどプロジェクト(生活介護事業)、ゆめつくりや「夢創舎」(就労継続B型)、あんふぁんカフェ(社会的事業所・滋賀県単独事業)、ぬくとば(老人デイサービスセンター)などの事業を展開する凄腕の社会起業家です。
無添加・無農薬・低農薬の素材を使用した自然派系のオリジナルクッキーを販売するカンパニーは年間1億8千万円を売り上げを誇ります。

そんなすごい中崎さんですが、偉そうなところが微塵もなく、アドバイスも的確で、未だに昔一緒に働いた障害のある方から「お金ないやろう」とご馳走してもらうというお話を聞いてほれぼれしました。

網野への日帰り出張はきつかったですが、良いお話が聞け充実した一日となりました。
イノベーション推進プロジェクト:就職に向けて第一歩! [2012年02月15日(Wed)]
本日は、京都府公共再生プロジェクトの「中間支援団体活動支援事業」で取り組んでいる『イノベーション推進プロジェクト』 の参加団体の利用者で希望者向けの就職説明会を、社会福祉法人京都身体障害者福祉センター京都市洛南障害者授産所にて開催させていただきました。

普段着しか見たことなかった利用者さんもスーツを着てこられていて、こちらの気持ちが引き締まります。まずは、人材紹介事業をしておらえるワコールキャリアサービスの高橋さんに登録と紹介のお話をしていただき、労働者協働組合(ワーカーズコープ)京都の事業の紹介を、インフルエンザでご欠席された担当の方の代わりに、本事業でお世話になっているNPO法人CSビジネスサポートの志賀さんがしてくださいました。



直ぐに就職とはいかないかもしれませんが、こういう形で少しずつ就職に向けて気持ちの準備をしていただければと思います。福祉施設は確かに居心地が良いけれども、仕事が十分できる方には社会の一員として自立することの喜びを味わってほしい。参加団体の職員さんと私たちの願いです。

説明会のあとは、今回の事業で3Sを徹底したいと頑張っておられる洛南障害者授産所さんの、作業所フロアの改修工事が終わられたのを見学です。すごく綺麗に整備されていて、利用者の人も気持ち良さそうに働いておられました。あとは、職員さんの事務所ですね!と笑って帰ってきました。

 
左:Before 右:After


午後には、石鹸の商品化にがんばっておられるSwingさんと打ち合わせ。現状と今後の方向性について確認です。

私のような門外漢の人間にとっては理解できなことが障害者福祉の現場にはあります。同様に、福祉の現場しか知らない人には、私の言うことが理解できないことも。お互いの意思疎通にはやはり会って話すのが一番。価値観の違いをかえることはできませんが、情報を共有することで理解は深まります。

重要なのは、施設を利用する障害のある方にとって本当に何が役にたつかを議論に中心にできるかどうかということ。そして、利用者への訓練サービスに国の税金が支払われ(=職員のお給料)ている限りは、利用者にとって居心地が良いだけの場所ではなく、利用者の能力がより伸びるような工夫や自立のための支援があることが大事。
障害を持っている方が利用料(今はほとんど無料になっていますが)を払ってきているのに、ちっともスキルがあがらなかったり、がんばって働いているのに生産活動が赤字で、利用者に工賃がまったくでなかったりだと、利用者の人や親は文句を言えなくても、やはり税金を収めている国民が納得できない。

働く準備が整いつつある人には、就職への道筋をつけたり、リクレーションや休憩ばかりで労働時間がないようなシフトでなく、9時〜17時の時間帯で働くことになれるように工夫してあげたり。

議論するときに、この中心がぶれて、職員や私たちのやりたいことが先にきたり、先に商品ありきの話になると、おかしなことになります。商品開発や販売を通じて、どんな力が伸ばせるか、どんな支援ができるのか、どれだけ利用者の方の今後の自立につながるのか、そういう視点で仕事を考えられると、前向きな議論ができます。
また、給料をもらっている限りは、支援者のプロ意識が必要。実績をあげてきている福祉施設のほとんどが、取り組む生産活動を整理して職員がその分野のスキルをあげている。

福祉のことは専門家ではないですが、自分が障害をもったら、そこで就労訓練のサービスを受けてみたいかどうか、そういう視点で働くようにしています。
イノベーション推進プロジェクト [2012年02月13日(Mon)]
イノベーション推進プロジェクトの報告会を開催しました。
北部の団体を除いて5団体から、プロジェクトの進捗状況と成果・課題と今後に向けてお話いただき、委員の皆さんからの助言を受け、3月中ばの事業終了に向けご準備いただく会となりました。

参加された団体、それぞれ目標は違いますが、本日の報告からは、本事業に参加されたことで、職員の方々が日頃忙しくて話し合えなかった課題について議論し実行に移す機会になったことについての成果は共通していました。
特に、利用者や職員の方の職場環境を改善する3Sへの取り組みや事業の整理と職員の役割分担の明確化などは、どの団体も取り組んで成果をあげておられ嬉しく思いました。

あとひと月、皆で決めたことをやり遂げましょう!
脳と社会性の関係 [2012年02月11日(Sat)]
仕事の合間に、京都大学市民講座の若手研究者の講座に行ってきました。

「「社会性」という視点から心の病気について考える」というテーマで医学研究科教授の村井俊哉先生が講演。今、仕事で関わっている福祉事業に役立つだろうと参加したが、期待した病気の治療や支援についてのお話はなかったが、一方で人間が社会的動物であることや、治療にあたる医師としての倫理観のジレンマについて例をあげて話されて、それは医療だけでなく私たちの日常生活にも多いに関係あることで大変興味ぶかかった。

例えば、
社会の中でうまくやれるには、社会的・情報をうまくキャッチして、その情報をもとに社会的に適切に振舞う力が必要になるが、この情報をキャッチするには、恐怖を感じる扁桃体が大きな役割を果たしていると。扁桃体が大き人ほど社会的ネットワークが大きいという実験結果も。また社会的な状況を正しく認識するには他者の視点にたってモノを見る力が必要となるが、3歳児まではそれができない。発達障害のなかには、このような視点の変換が難しくなるものがある。

人によって程度の差はあるが、基本人間は褒めてもらって喜ぶ社会的動物で、社会的報酬と感じるものには、食物やお金以外に、他人のために尽くすという利他的な行為も含まれる。
しかし、他者を傷つけても反省や後悔の感情がうまれないサイコパスとよばれる障害があり、これは3歳までの前頭葉の損傷が原因と考えられるとのこと。大人になってから前頭葉に傷がついてもこういうことにはならないとのこと。こういうサイコパスの人の犯罪の裁判は難しいだろうな・と感じた。

面白かったのが、利他性の程度に大きな個人差があることを示すクイズ。
「配送業の経験のあるあなたが、一日仕事を頼まれ見習いの助手もつけてもらったが、その助手は彼なりにがんばったが段取りが悪くかえって足でまといとなった。仕事が終わり1万円の報酬がでたが、あなたは助手にいくら支払うか。あなたは助手とも見習いとも二度と合いません。さて、あなたはどうしますか?」
一番多いのが助手に3千円、自分が7千円だそう。実際に会場で手を上げている人もそうでした。

社会の中で人の行動を決めるものには、利他性のような社会的価値や、義務観、美徳の倫理、社会的な状況、柔軟性などが複雑にからみ、人間は皆異なる価値観のもと、異なる視点での葛藤を抱えている。このことから、利益最大化に向けて人間は合理的な行動をするという市場の経済学の論理による予測が外れることとなる。
これは同時に、医師が患者を支援する時の難しさにもつながる。例えば、長年喫煙していた患者三に対して、健康を理由にやめさせるべきか、入院中の唯一の楽しみを奪うべきではないか、といった問題である。
村井教授は、日々の医療判断はこのようなモラル・ジレンマの連続で、このような問題に対応するには、すべての医療従事者に信念・根拠・覚悟が必要だとのこと。

最後に年間3万人を超える自殺者対策をどうするかという投げかけ。
精神科医は一人一人の幸福に対峙しているが(といっても、一日50人の治療で一人5分程度しか時間が避けないという状況だが・・・)、本当は社会全体の幸福が実現されることが必要。菅直人が「最小不幸社会」と言っていたが、それを目指すために、誰にどの程度幸福でいてもらうために、資源を分配するかという問題を解決するのは難しい。
また、経済状況の良い時期に自殺者が少ないことを考えると、就労というのは幸福に大きく関与していている。
ただし、幸福は多数の要因が複雑に関与しており、簡単ではない。その時代の価値も反映されている。

などなど。。考えさせることが沢山ありました。それにしても、脳の働きは奥が深く、その謎が解決されることで多くの病気・障害が治癒できることを考えると、医学の研究への投資は大事だと思いました。あまりにも忙しい医療現場。先生方が過労死している状況を解決してほしいものです。
イノベーション推進プロジェクト@ジョイントほっと [2012年02月10日(Fri)]
イノベーション推進プロジェクトの参加団体のジョイントほっとさんところのメールマガジン第一号が届きました!
昨年メールマガジンの送付方法を覚えていただいてプロジェクトの目標の一つが実現。パチパチ!!!
| 次へ