CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2011年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/entreplanet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entreplanet/index2_0.xml
陰山氏模擬授業@明日の教室 [2011年04月23日(Sat)]
京都橘大学の教員向けの研究会「明日の教室」に久しぶりに参加してきました。

今回の講師は、立命館小学校副校長・立命館大学教育開発推進機構教授の陰山英男氏。陰山氏とは、京都府の「明日の京都」ビジョンづくりの懇話会でご一緒したことがありますが、その時は、あまり具体的なお話がなく終わったので、今回、新しい教育・授業について提案されるということで、有名な陰山氏がどんなことをお話されるのか楽しみに参加しました。



模擬授業(参加者約80名のほとんどが学校の先生方)は、”君はこれを覚悟できるか?---7,000,000" という問の投げかけから始まり、対GDP比で国が抱える債務の国際比較表(陰山氏はこの数値が対GDP比であることを言い忘れていましたが、、)を示し、その後、この借金の多くが国債の発行で行なわれ、それを誰が購入しているか、日本の国家予算とその収支へと、質問が続きます。

この内容、偶然にも私が20日の同志社女子大学の講義で学生達に「あなたたちが働く社会とは」について考えるにあたり少し紹介していた内容とかぶります。私の場合は、これに、世界で英語を話す人口が一番多くなるのは中国、テレビ、インターネット、Ipodの普及速度と技術革新の早さなどを紹介して、こらからの社会で必要になる能力について考えさせました。
陰山氏は、中国での小学校での英語教育と大阪府で進めている小学校での英語教育導入について、紹介されていましたが、

ところで、少々ビックリしたのは、日本の経済状況について会社づとめをしているような人なら大抵知っていることだと思うのですが、研究会に参加されている先生がたは、大学生と同様にほとんどご存知なかったことに少々びっくり。陰山氏いわく「自分が給料をもらっている国の経営状況を把握してないのは問題。企業の社員で、自分の会社の収支バランスを知らない人は少ないだろう。」と。

私は、大人が子どもに残しいてる莫大な借金という事実や家庭ではありえない税収と実際に使っている経費の差額について、教師という立場で、知らないこと以上に子どもに教えてないことが罪だと感じました。ちなみに「国債を買ったことがある人」というので手を上げたのは80人もいるなかで私一人でした(苦笑)。

休憩を挟んで後半の授業では、陰山氏が推進してきた百マス計算・漢字学習など、反復学習の効果のお話や、早く寝て朝ごはんを食べる必要性などについてのお話。ちなみに陰山氏はの百マス計算ドリルのDSは欧米でも250万部売れたそうです。

陰山氏いわく、「学力とは脳の効果的活用トレーニング」。ゆっくりじっくり教えると賢くなるというのはウソ。努力しても結果が出なければ意味がないので、努力の評価もほどほどに。本当の学力と受験のテクニックとは違うことは誰でもわかっていることだが、受験のための学習は現代の生きる力。教えるのが当然。また、教育は特殊なことをやろうとしてはいけない。(「総合的な学習の時間」の枠をわざわざ設けるなど)。「あたり前のことをあたりまえにする」ことが大切とのこと。

おしゃっておられることの多くは賛同できることでした。ビジネスでも「当たり前のことを当たり前にやる」ことができずに失敗している人は多いですから。ただ、”要領よくさっさとこなす子”と”要領は悪いがこつこつ努力する子”はどちらが良いかという質問で、後者の子どもには職がないというのは事実ではないでしょう。

残念ながら研究会に参加する前に期待していた新しい発想や提案はありませんでしたが、陰山氏の講演のうまさには圧倒されました。教育者というより「やり手の個人事業家」。話を聞いた若い先生や保護者などは、思わず彼の著作物を購入するだろうと思いました。
一番心に残ったのは、「学校現場の不幸は良い教師が校長になる仕組がないこと」というコメント。多くの教員がうなずいていることだけに、陰山氏ほど幅広く活動されている人にこそ、この改革に取り組んでもらえたら学校がもっと良くなるだろうと思いました。

教師が良い授業をするのは当然のこと。しかし、その前に、地域的に多くの課題を抱えている学校区の場合、校長のリーダーシップがなければ、”当たり前のことを当たり前に”学ぶ生徒やそれを応援する保護者をつくるために教師が精根尽きてしまう現状が多くの公立校に存在しています。そして、経済力のある親も、能力のある教師も、私学に移動していくなか、この状況は益々ひどくなってきています。
これを仕方のないこととあきらめるのか、公教育のシステムや指導の在り方を抜本的に見直すのか、私達国民はどちらを選んでいくのでしょうか。
教育費に占める人件費と公教育の質 [2011年04月23日(Sat)]
「明日の教室」の研究会に参加してビックリしたのは、陰山氏が言った「夫婦で校長になると退職時には1億円(1,000万の給与に4,000万の退職金×2!)入る」という事実。

教員の平均給与収入は742万円だそうで(地方公務員)ですから、、)、女性に限ると働く人の収入高の上位3%に位置する職業。教育予算の9割(京都府は92%)が先生の人件費で消えている(府の予算の22%)。民間企業勤務者の平均年収は平成21年度が406万円(男性約500万、女性263万、資本金10億円以上の大企業では562万円)(陰山氏が使っていた435万円は数年前の古い数字)であることを考えると確かに高い数値。これだけ支払って、年々公教育が衰退しているのはなんだか悲しい。。

ちなみに日本には、公務員(国家公務員、地方公務員)が約360万人(日本郵政公社が分離する前は約400万人)がいる。国の予算の約3割(約30兆円)近くが公務員の給与に消えている計算です。税収が37兆円しかないことを思えば、いかに大きな額かがわかる。

陰山氏は、「先生方も日経新聞を読んで、社会のことを知ってください。また、自分達の給与がいかに高いか知り、決して人前で”薄給で”などといわないこと」と言っていた。(しかし、彼自身はかなりの収入をいったい何に使っているのだろうかと、下世話なことを思う私であった(笑)。ちなみにこの間の円高のときには金を買ったそうだ。)

私に決定権があれば、霞が関の職員を大幅に減らして、地方に権限と有能な人材も委譲する。同時に教育委員会は解体またはごく小さ組織にして、教員の研修・評価、学校の事務的業務はすべて民間委託。教育委員会に評価されて校長になるようなシステムを抜本的になくす。
そして、学校の先生の給与を少し減らして、その代わり夏休みをなどの長期休暇を与えて、研究する時間に費やしてもらい、しょうもない雑務で時間を使うのでなく、専門家として知識と指導力をあげてもらう。ついでに気分転換も。余った予算で、小学校からの英語教育(プロのNative英語教師を雇ったもの)と教室でのネット環境の充実、地域に出て社会と接したアントレプレナーシップ教育を充実させるのだけれど(笑)
自然エネルギーにかける事業家 [2011年04月22日(Fri)]
ソフトバンクの孫正義氏が、10億円を投資して「自然エネルギー財団」を設立。大手電力会社に独占された日本の電力事業。広告収入を得ているマスメディアも、原子力発電を進めてきた国も、東電の隠蔽体質に切り込む力がないなか、「批判ばかりしていてもしょうがない」として「自然エネルギー財団」を立ち上げた。

記者発表では、風力・地熱、そしてようやく少し普及しつつある太陽光発電も、電力の買い上げ価格が低いために採算があわない状況に追われているにも関わらず、あたかも国が推進する原子力が一番安価な電力であるかのように広報されている裏のからくりについて説明し、他国での事例や、太陽光発電などのコスト計算などを示しながら、孫氏は、次世代の子供達に負の遺産を残さない自然エネルギーの可能性について熱意を持って語っている。

記者の中から、原子力発電の利権に関わる人たち(国も含めて)l、あらゆる手段を使って自然エネルギーの普及を妨害し、マスコミも孫氏も含めてネガティブキャンペーンを行い、国民を誘導するだろうが、それへの対策はどうするのか?という質問があったが、孫氏は「損害を被っても、正義を通さなければならない時がある」「twitterなどでも支援してくれる人たちもいてその声を無視することはできないだろう」とも。

政治家として政策づくりをしないのか?という問には、自分はあくまで事業家としてその立場で取り組めることをやって行きたいとも。

テレビで彼の記者会見が放送されないことなども含め、私達はマスメディアを疑うことが必要だ。おかげさまで、今は、インターネットで様々な情報を得ることができる。溢れた情報を選別するのは難しいが、自ら考え、事実を見極める目を持って、今後の日本の方向を選択し、それにそれに責任をとっていくしかないのだろう。

孫氏が言うように、3.11の東北大震災の起きた日の午前中に、再生可能エネルギーの固定価格買取制度を導入する「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法案」が閣議決定されたのは、偶然ではないのかもしれない。
与謝野の活性化 [2011年04月21日(Thu)]
昨日は長崎でしたが、本日は京都府の与謝野産品事業組合の代表の江原さんから、与謝野産の大豆でつくったとうふを頂戴しました。



江原さん、与謝野を何とか元気にしたい、若い人に企業家精神をもって新規事業を立ち上げてもらいたい、そのために、何か勉強のための講座でもできないかとのこと。その思いを後押ししたいと、京都府パートナーシップセンターの職員の方からおよびがかかり、お伺いしてきました。
地方の経済低迷は深刻な問題です。江原さんいわく、子供たちが田舎を離れないように親は子供にあまり勉強をさせないとも。
大人の教育も大事ですが、子供の教育も不可欠。大人を変えることは難しいですが、子供は機会を与えれば育ちます。ぜひ、彼ら若い人が地元で仕事がつくれる人に育つようにがんばってもらいたいものです。
長崎角煮まんじゅう [2011年04月20日(Wed)]
当センターの会員でもあり、毎年イベントをお手伝いくださる福田貴子さんから、ご実家の長崎のお土産を頂戴しました。

津田水産のワイン仕込みさばみりんと岩崎食品の長崎角煮まんじゅう。がまんしきれず、さっそく角煮。
こんなおいしいものが、ネットでも購入できて現地まで行かなくても買える時代。地方もがんばれば、まだまだ商売のチャンスはありそうです。

障がい者就労支援事業所×同志社女子大学生 [2011年04月20日(Wed)]
今日は、同志社女子大学でアントレプレナーシップ研究の授業をしたあと、当センターの教育プログラム「バーチャル・カンパニー」を使った関口英里先生のe-commerceの授業を訪問。

この授業では、今年も障がい者就労支援事業所とコラボして商品開発に挑戦する。今日はそのためのスタートアップ説明会で、連携する事業所の職員の方が参加くださり、今後のスケジュールや授業の進め方、目指す成果などについて情報を共有した。

今年の連携施設は、学校の最寄りのところ3か所に、昨年度参加されて今年も!と積極的な姿勢を見せてくださった事業所3か所の合計6つ。

社会福祉法人てりてりぃかんぱにぃカフェジョイントほっと(就労継続支援B型事業所)
特定非営利活動法人京都ほっとはあとセンター喫茶ほっとはあと(就労継続支援A型事業所)
社会福祉法人京都身体者福祉法人京都伏見障害者授産所
NPO法人SAP アイ・コラボレーション京都>(就労継続支援B型事業所)
・NPO法人SAP みかげ
たなべ緑の風作業所

これから1年の取組成果が楽しみです。
素晴らしき企業:がんばカンパニー [2011年04月18日(Mon)]
本日は、滋賀県瀬田駅から15分ほどのところにある「がんばカンパニー」の所長 中崎ひとみさんを訪問してきました。

がんばカンパニーは障害者の方々を正規雇用して最低賃金を保障する就労継続支援A型の事業所です。1986年に小規模作業所として始まり、その後、自立支援法ができるはるか前の1995年に個人事業所として障害者全員と雇用契約を結び、翌年には施設を建て替えてクッキー工房を新設。着実に事業を固め、2003年には社会福祉法人格を取得。2007年には(独) 高齢・障害者雇用開発機構から「平成19年度障害者雇用職場改善好事例」に選ばれ、また、2009年にはがんばカンパニーが「ヤマト福祉財団小倉昌男賞」。社会福祉法人共生シンフォニーが「ありのまま自立支援大賞」を受賞しています。

この業績をつくってこられたのが中崎さん。1992年ごろに中崎さんが入られた時に疑問に思われたことを着実に解決して進んで来られた結果がいまの法人になっています。彼女は気さくにお話しくださいましたが、その努力たるや想像を超えるものがあったことと思います。

障害者の就労支援事業所を訪問すると、”働く”環境がほとんどないところばかり。支援といいながら、障害者の可能性を引き出し、自立することや働いてお金を得る喜びを与えるために努力していない福祉施設が山ほどあって、憤りを感じることも。

そんななか、がんばカンパニーは普通の民間の企業の菓子工場となんら変わらないプロの仕事をしていました。働く人たちの人としての誇りを与えてくれる場所になっています。中崎さんのような社会起業家がどんどん出てくることで、障害者福祉にイノベーションが起こることを、、大いに期待したいものです。

  
「マイケル・サンデル 究極の選択」大震災の特別講義:もっと多くの国から学びたい [2011年04月16日(Sat)]
NHK総合で、「マイケル・サンデル 究極の選択」大震災の特別講義が放送された。

マイケルサンデル教授はハーバード大学の政治哲学者。この番組ではアメリカ、中国、日本をつなぎ、最初に、日本人の災害時における礼節さなどを賞賛したうえで、各地の学生たちに向かって、以下のような質問を投げかけた。

・災害発生時に起こる強盗や治安の悪化が日本で発生しなかった点
・個人主義と共同体主義について
・危険な任務を行う人は誰が担うべきか?
・その人たちへの高額な報酬での募集は公正か?
・生活水準を下げることになっても原子力依存を減らすべきか

どういうわけか、日本だけは、高橋ジョージや高畑淳子といった芸能人やジャパネットたかたの高田明社長、小説家の石田衣良などの大人も混じっていた。

海外の学生たちは中国人も英語で討論。日本だけ通訳が入っていた。日本人の学生のなかには英語で討論できる人もいたように思うが。、中国では、英語で立派に自分の意見がいえる若者の育成をしていることが見てとれた。
原発に対するコメントも、石田衣良が「自動車や飛行機には危険がともなっているのにやめろとは言わないのに、原子力についてだけリスクが高いからとやめることは人類の進歩をとめる」と言ったのに対して、中国人の学生がすかさず「飛行機などのリスクと原子力のリスクを比べるのはその被害の大きさからいっても妥当ではない」と言っていた。
私も賛成だ。利便性を追求するあまり、自然界にないプルトニウムなどをつくてしまってその処理に困っているような事態を愚かなことを、人間は再検討するべきだ。

また、「日本人の我慢強さや忍耐力」「コミュニティや家族を大切にして、助け合い、自己犠牲をはらう民族」だというようなことが協調されすぎ、かつ、日本側の出席している芸能人なおどがとくにそれをコメントするのには違和感を感じた。それに、なぜ、日本だけ大人が参加しているのか??これも変。

日本でも、すでに、被災地の留守宅に空き巣が入ったり、水不足を目当てにネットで高額な水を販売するような悪徳商売もでてきている。決して日本だけがすぐれた文化を持っているとはいえない。

できれば、若者たちだけで、未来の国づくりについて、もっと深く議論しているのを聞いてみたかった。原子力のない国づくりを選択して、それを実践しているデンマーク、イタリア、オーストラリア、ニュージーランドなどの国から学ぶことはたくさんあると思う。
障害者に仕事を:ぐるーぷカムカム中西さん [2011年04月15日(Fri)]
ぐるーぷカムカムの中西さんがオフィスに来てくださいました。障害者の就労の支援のあり方、事業所での商品づくりなどについて、いろいろお話しをお伺いした後、新しく開発されたお菓子を頂戴しました。

中西さんは、”障害を持っている人に誇りある仕事を!”という思いのもと、福祉業界と一般市場をつなぐお仕事をされていますが、私が関わってきた教育業界と同じく、福祉の世界も独特の言葉と慣習があり、そのご苦労は並々ならぬものがあると思いますが、いつお会いしてもパワフル。やはり、人は”これをやる!”と決めて突き進んでいると自然とエネルギーが沸いてくるのでしょう。
中西さんのような方が福祉の世界に入り、人の意識を変えていってくださることを大いに期待している次第です。



頂いたお菓子
福島原発の影響で韓国の学校が休校 [2011年04月14日(Thu)]
韓国の友人から電話がかかってきた。東北大震災の影響で、日本への旅行を取りやめたとのこと。一緒に行くはずの友人が福島原発の影響を怖がったらしいが、韓国では、日本の食料品を購入しないだけでなく、先日雨が降って放射能が心配だと学校が休校になる騒ぎにも。すべて、情報不足から来ているらしい。
私達国民でさえ、テレビや新聞だけでは欲しい情報が入らない状況で、海外の人たちはさぞかし不安だろう。

米ワシントンで開かれた主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、野田財務相は原発事故について今後情報公開の透明性を約束したというが、国民への説明と保証もしっかりしてほしい。
| 次へ