CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2011年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/entreplanet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entreplanet/index2_0.xml
社会が変わる!:企業が学校が動き出しています [2011年01月31日(Mon)]
今日のasahi.comで、”あ、時代が変わりつつある”と感じたニュースが。

「ニート対策は小学生から 町良くする活動で働く力つける」というタイトルのもの。町の問題解決に、子どもたち自ら取り組む活動は、当センターが以前から実施しているもので内容が新しいということではないが、大阪府の事業としてNPOに委託して小学3〜6年生を対象に23校で実施というのが凄い。

行政が組織として動くと大きなことができる。ぜひ、こういう教育を受けた児童が、中学生や高校に上がっても、自ら課題解決に取り組む活動を推進できる体制をつくってもらいたい。
そうすれば、仕事がないと困る若者は減り、自ら仕事を創りだす若者達で溢れるだろう。

一方で、「おとなしい学生は採らない!富士通、一芸採用枠3倍に」という記事も。富士通では「会社のビジネスが変化しているので、周囲を巻き込んで物事を動かせるチャレンジ精神の持ち主が欲しい」と、スポーツや社会貢献、勉強、起業などで実績をあげた学生を約30人採用するそうだ。昨年はソフトバンクも「組織になじめなくてもいいから、挑戦する若者が欲しい」と初めたそう。採用の変化は、なにもこれらの企業に限ったことではなく、最近は、多くの企業が起業家精神溢れる人を求めている。後は、そういう若者を経営者が生かせるかどうか。

あらゆる現場で、機動力のあるチャレンジャーが求められているのではないだろうか。

by 原田紀久子
働く人にインタビュー@平安女学院中学校 [2011年01月29日(Sat)]
「仕事理解促進:次世代の担い手育成事業」に参加する平安女学院中学校の二年生。
朝から地元の福祉施設で6箇所に、チームで別れて働く人への取材に出かけました。ご協力いただいたのは以下の施設。

特別養護老人ホーム京都市小川
特別養護老人ホーム京都市本能障害者就労支援センター 喫茶ほっとはあと
全国手話研修センター 就労支援センターとも
社会福祉法人ミッションからしだね
生活支援総合センター 聚楽

私は、カメラマンの方と一緒に小川とからしだねさんに同行。何度お伺いしても学ぶことがたくさんあり、この事業のお陰で勉強させていただいている。
今日は施設で福祉に関係する資格について尋ねた生徒が、この取り組みで福祉業界に興味を持つようになったとの言葉もありうれしく思いました。

  
左:からしだねの坂岡理事長。犬のDebuと一緒に。  右:からしだねのミッションを説明


本日の内容は、平安女学院中学校のHPにもご紹介いただいています。

からしだねはとても素敵な喫茶店。パウンドケーキなどのお菓子もおいしいが、ランチもボリュームたっぷりで大満足です。

by 原田紀久子
ほっとはあとExpo in Kyoto [2011年01月28日(Fri)]
本日は、障がい者施設の商品力・技術力を企業の方に紹介される展示会「ほっとはあとExpo in Kyoto」に行ってきました。

20ブースのうち、当センターが主催している「商品力&販売力のブラッシュアップ塾」を受講された施設の方が7つも出展しておられました。やはりやる気のある人はいろんなところで挑戦しておられます。
今年で2回目ということですが、前回よりさらにパワーアップされていて、商談会に向けた施設の方の意気込みが感じられました。
しかし、福祉サービスの支援員の方々に、職業訓練や商品開発・営業能力まで求める今の制度には限界があります。民間企業で障害者雇用を促進していくための法整備やシステムづくりが必要だと実感します。

  


午後には、私が涙ながら読んだ「日本でいちばん大切にしたい会社」の著書である、坂本光司先生のご講演がありました。
坂本先生は、新幹線の遅れで定刻より20分ほど過ぎてのご登壇。そして時間になると、颯爽と去っていかれました(笑)。ご登場の仕方といい、お話しぶりといい、とてもインパクトのある方でした。
ほとんどレジメどおりお話しになられなかったのではと推測されましたが(笑)、やらなければいけないと信じておられることにエネルギーをさき、支援が必要な人や挑戦している人を応援される姿勢には感動しました。特にベトナムでがんばっておられる服部匡志医師の様な人は、日本の誇りです。



先生がご指摘されていたとおり、日本では高齢者に椅子を譲る人も、障害者に気軽に助けを差し伸べる人が少ないこと、社会的課題に果敢に挑戦している人を助け・応援する文化も低いことは、よく海外の友人からの指摘されることです。残念でなりません。問題が発生したら、すぐに逃げる人は多いですが(笑)
Expoにお誘いした教育者の友人が、日本では”本当に教えなければいけないこと”を若者に教えていないかもしれないね。と。

また、坂本先生は他人に契合せず自分が思ったことを言い行動されるので、サラリーマン時代にはいろいろ苦労された話されていましたが、信念を貫いてこられたからこそ、今がおありなのだなと思いました。社会改革には時間もかかり、また、批判がつきもの。既得権のある人や古い組織の人は、問題を指摘されるのが何より嫌ですから。でも、いずれ時代が変わることを要求し、変われない人は去るしかなくなるでしょう。先生がおしゃったとおり、大変な時代だからこそ、本当に価値あるものが見えてくるのでしょう。

ところで、坂本先生は有名な方なので、席がなかったらどうしようと思って心配していましたが、案外人が少なく意外でした。おかげで前のほうでお話しが聞けて良かったです。しかし、あのパワフルなご講演中、目の前の席で居眠りしている人がいてびっくり。よほどお疲れだったのでしょうが、あれは、講演者にとってはすごくつらいもの。さすがの私もあの勇気はないな(苦笑)。

by 原田紀久子
働く人にインタビュー@宇治田原町立田原小学校 [2011年01月27日(Thu)]
「仕事理解促進:次世代の担い手育成事業」に参加される宇治田原町立田原小学校。
今日は、朝から地元の福祉施設で3箇所(特別養護老人ホーム サンビレッジ宇治田原、医療法人社団どろんこ会山口医院デイケアセンター、特別養護老人ホーム梅林園)に、チームで別れて働く人への取材に出かけました。

21日に学校に来てくださった職員の方のお話を参考に、チームに分かれて事前に質問を準備してきています。まずは、施設を案内され、神妙な顔つきで職員の方の説明を聞きます。カメラ役は写真をとり、会議室に戻って順番に質問をしていきます。普段はぎやかにおしゃべりしている子ども達も、少人数で大人に接して緊張しています。

実はこういう時に活躍するのは授業でやんちゃな児童だったりします。職員の方に、とても大人では聞けないような質問をして笑いを誘って場を和ませてくれます。大人はそんな子どもが大好き!生き生きと施設の方と交流し、しっかり会話をしている子ども達を見ていると、私もうれしい気持ちで一杯になります。

アントレプレナーシップ教育の事例調査で海外に出かけた時、「アントレプレナーシップ教育では、普段目立たない生徒も生き生きと活躍する。だからこそやる意義がある」というのがどの国の指導者も異口同音におしゃったコメントでした。
子ども達には、教室を飛び出していろんな大人と接し、様々な体験をしたり、多様な価値観に触れる機会を与えたい。そして、教科書で学ぶ勉強と実の社会は遠いようでつながっていることを知り、同時に、学校の評価軸と他の社会の評価軸が同じでないことも知ってもらいたい。どんな人にも、その人の持っている力が生かせる行き場所があると知れば、強く生きれれますから。


追伸:施設訪問の帰りによった城陽の青谷にある手打ちうどんの「やまびこ」さん。めちゃくちゃおいしかったです。寺田が本店とのこと。車がないといけないのがつらいところ。

by 原田紀久子
ブラッシュアップ塾:一工夫でこんな効果が [2011年01月26日(Wed)]
きょうとチャレンジドネット「商品力&販売力のブラッシュアップ塾」のSTEP2実践講座の最終日。講師には、NPO法人!-style(エクスクラメーションスタイル)統括マネージャーの吉野智和氏 をお迎えし、クルーと呼んでおられる障害者の方々がモチベーションを持って働ける環境や仕事づくり、企業との連携や助成金の活用など、事例を紹介しながら、お話いただいた。

受講生の方は、彼の法人の実績に圧倒されて、「うちの環境とは違いすぎる」、、という印象だったようだが、これからの福祉施設は、!-styleのようなところがどんどん出てきて、大きな改革が進むだろう。

 


吉野氏は、京都市内の知的障害者通所授産施設で10年勤務された後、独立。吉野氏いわく、人に使われるような人間ではなかったとおっしゃるが、2006年にNPO法人!-style設立されてからの事業展開を拝見していると、まさに起業家。素晴らしい発想と行動力、人を巻き込む情熱がある。当然、古い業界からは反発もあるだろうが、今後がとても楽しみな若手起業家である。

by 原田紀久子
働く人から学ぶ福祉の現場:平安女学院中学校 [2011年01月25日(Tue)]
きょうと介護・福祉ジョブネットの「仕事理解促進:次世代の担い手育成事業」に参加する平安女学院中学校では導入授業を終え、今日はゲスト講師の方のお話し。

お越しくださったのは、白川明星園の園長の清水芳美様と社会福祉法人全国手話研修センタ−「就労支援センターとも」のサービス管理責任者の山岡佳永子様。お二人とも、わかりやすく、とても丁寧に福祉の現場についてご紹介くださいました。

 
左:白川明星園の清水様  右:就労支援センターともの山岡様  


生徒は真面目に聞いていて、ちょっとシャイではありましたが良い質問もしていました。ただ、ティーンの女子が集まると、いつものおしゃべりがついつい。。くすくす笑っているのも少し気になります。
授業終了時に、私が注意しようと思って“怖い”顔して構えていたのが、時間切れで先生の指導で生徒は起立してすぐに解散してしまいました(苦笑)。大きなお世話だけど、先生に、次回の授業で注意しておいてくださるようにお願い。

どこの学校でも、こういうことはおきます。大学生でも特別来てくださっている外部講師の方なのに、ぺちゃくちゃおしゃべりや教室うろうろというのがあります。気になるのは、全般的に先生はあまり注意されないこと。子ども扱いしないということかもしれません。でも、忙しいなか発表資料を準備し、貴重な時間を割いて来ていただいているのだから、悪気がなくても失礼な行為。私はやはり気になります。

非常識の代表のような私が人に偉そうに言うのもどうかと思うのですが(笑)・・

今日の授業の様子は平安女学院中学校のHPにも紹介されています。

by 原田紀久子
ギフトに最高:名前入りの手作り靴 [2011年01月24日(Mon)]
知り合いでお世話になった方が1月に出産されたので、プレゼントを友人の石田光江さんにお願いしていました。
石田さんは、前にも紹介しましたが、丸手印靴工房 の代表で、オーダーメイドの靴づくりや靴を自分でつくりたい人の講座を開催しておられます。
彼女につくってもらう生年月日と名前入りの子ども靴はとても人気で、今回もそれをお願いしました。とってもかわいい仕上がりで、私も同じ色でつくってほしくなりました。

ヒット商品を体験 [2011年01月23日(Sun)]
土曜日のテレビ(『願い!ランキングGOLD』という番組らしい)で辛口美食集団と呼ばれる人たちがファミリーマートのスィーツを評価していた。実際の商品を評価してもらうなんて、企業も勇気なるなと思ったが、きっと良い宣伝になるのだろう。

私は、紹介されたスィーツをどれも食べたことがなかった。コンビニのスィーツで、今まで買ったことあるのは、昨年度のヒット商品ランキングに入っていたのをみて試したローソンの「プレミアムロールケーキ」くらい。
しかし、番組で見ていたらあれだけの美食家たちが評価した1位の「ホイップクリームオニ盛プリン&いちごクリーム」を食べておかねば!と思い、早速購入。しかし、食べた感想は・・・・・



私には甘すぎてしつこく、一度で食べきることができず。260円もしたけど、先日手土産ついでに買ったシャトレーゼの100円のシュークリームほうが美味しかった。私には、同じ、お金使うなら、ワインに合うチーズかするめの”あて”のほうがやはり価値ある(苦笑)。

また、話題のソーシャル・ネットワークを見ました。どこまでが真実なのかわからないが、Facebookの成り立ちにや創業者のMark Zuckerberg氏ついて知るのはおもしろかった。ちょっと映画としては、暗く、凄くよかったとは言い難いけど。
ハッカーにもなりえたZuckerberg氏が、イノベーションを起こして起業家の道を選んだのは良かった。しかし若くして成功をつかみ億万長者になってしまったことは、ある意味これからの人生を大変にもする。将来が楽しみな起業家だ。

老舗企業研究報告会@京大 [2011年01月22日(Sat)]
今日は、京都大学のプロジェクトで行なっている老舗企業研究の報告会。担当学生が発表し、調査先の企業経営者からコメントをもらったり、担当教員から質問などを受ける場だ。

午前は創業143年の株式会社写真化学、午後は創業197年の株式会社イノブン。いずれも、社長が参加くださり、イノブンのほうは、会長夫妻と副社長も同席いただけ、貴重な時間をすごさせていただくことができた。
両社長ともに、経営者として悩み、考えつくした結果に決断し、事業を次世代に引き継ごうとされているご姿勢に、サラリーマン社長にない事業継承者としての責任と家業の重みが感じられた。

 


両者とも、一緒に調査してレポート指導しているときは、どうなるかと心配だったが、やはり若い!ラストスパートでがんばっていた。
学部卒で大学院に行った写真化学の発表学生は、やはり社会人経験がないことが大きなネックになっていて、経営者の視点で物事を見ていくことにハードルが高かったように思う。
一方イノブンの担当学生は、文章をまとめるのに大変な苦労があったが、自身が興味ある分野の業種だったこともあり、企業分析をして事業提案までこぎつけていた。二人にとって、良き経験になったことと思いたい。

by 原田紀久子
高齢者施設について学ぶ@宇治田原町立田原小学校 [2011年01月21日(Fri)]
朝からは、きょうと介護・福祉ジョブネットの「仕事理解促進:次世代の担い手育成事業」に参加する宇治田原町立田原小学校の5年生の授業。今日は3つの施設から講師が来てくださって、グループに分かれて話を聞きました。

普段やんちゃな児童たちも熱心に話しを聴いてメモをとっていました。感心、感心!その後、普通のクラスにもどり聞いた話をグループでまとめます。が、そうなると、緊張の糸がほぐれたのか・・・(笑) やはり、外部の人が授業に入るというのはなかなか良い刺激です。
私もチーム作業に一緒に参加して、子ども達の意見交換やとったメモを見ますが、なかなかしっかりまとめています。最後の発表会が楽しみです。

by 原田紀久子
| 次へ