CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2010年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/entreplanet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entreplanet/index2_0.xml
京都のおもてなし力 [2010年08月29日(Sun)]
午後から「市民のための京都再発見フォーラム」に参加。”市民のための”とわざわざついているのは、いまひとつ押し付けがましい気がしてあまり好きではなかったのだが、基調講演とパネルディスカッションがおもしろそうだったので行ってきました。

基調講演のアレックス・カー氏のプレゼンは素晴らしかった。いろいろな場所を紹介しながら、京都の電線・看板・醜い建築物などの景観の問題だけでなく、そこにある京都人の心のあり方の問題について追求していた。西陣の集まりに呼ばれて講演されたときに、50人ほどいた聴衆のうち西陣のネクタイをしていたのはカー氏のみだったというのは、笑い話ではすまないだろう。

  


パネルディスカッションは人の数が多く、あまりディスカッションになってなかった。議題を絞って3人くらいのパネリストで深堀した話をして欲しかった。特に、役所の施策の話が長く、”市民のための”なら、民の粋なと試みや京都をよくするのに役所をどう使うかなどのお話にして欲しかった。せっかく良いパネリストがおられたのに、もったいないなと思った。

また、カー氏が、京都のよさを守るために自ら実践している町家の民宿などの話を聞いたあとだっただけに、主催者の「市民のおもてなし力を向上させる」チームの方の提言書や役所の方の施策の話を聞いても、感動がなかった。実現するために自分達がどれだけ汗をかくかという話が見えなかったからだろう。

それにしても、”おもてなし力の向上”といいながら、最初の挨拶で時間が守られず、役所の方が基調講演の前の挨拶と話をされるのは参った。”もてなし”には、時間厳守や必要なことを簡潔に話す力も求められるのでは?客をあきさせてはいけない(苦笑)



いずれにしても、カー氏のお話を聞けたのはとても良かったし、パネリストで久しぶりにお会いできた方もいて行った甲斐が会った。それに、会場となった人まち交流館の100万人来場記念クッキーをもらえたし(笑)!
授業のネタ研 [2010年08月28日(Sat)]
今日は、私の尊敬する河原和之先生(東大阪市立縄手中学校 教諭)の主催されている授業のネタ研究会IN関西に参加。

この研究会、昨年の夏にも参加して紹介したが、学校の先生方が自分の授業の実践を紹介し、互いに意見交換する会で、年に3回ほど開催されている。

小学生〜大学の先生方が、学会とはまた違ったスタンスで集まっておられ、本当に良い企画である。ただ、先生方の意見交換の内容を聞いていると、目の前の受験対策のために本当に社会人として必要な学びにかける授業ができないジレンマを抱えたまま指導されていたり、民間では当然と思えるようなことに戸惑われているなど、学校教育が社会と接続していない部分を感じる。

今回は野村ホールディングスの人が為替の授業を紹介したり、ファイナンシャルプランナーの方が大学の授業の紹介をされていたが、今後、先生方自身が、子どもを送り出す社会について知るために、もっともっとNPOなどの民間人も入った会に発展していけばいいなと大いに期待している。

私といえば、夜の懇親会にも参加したかったのだが、金曜日の夜遊びがたたったのか・暑さにやられて体調を崩し、朝から頭痛で死にそうで、分科会が終わるとすぐに失礼してきた。こういう会は、夜の懇親会がメインなのに残念(苦笑)!
障害者の働きがいとは [2010年08月27日(Fri)]
午後から就労継続支援B型事業所の「 ワークハウスせいらん」を訪問。施設長の加藤太一氏は京都中小企業家同友会障害者問題委員会委員長もされておられる方で、 「商品力&販売力のブラッシュアップ塾」で講師もお願いしている。もともと和装関連小物製造業の四代目で、現在の施設を立ち上げられるまでは、企業の経営者だった方。見かけは怖いおじさん風だが、吉本の芸人のようにおもしろい(笑)

障害者の通所者の方のための仕事を探している事業所が多いなか、仕事に困ったことがないという加藤氏。和装業でモノづくりや営業をされた経験やネットワークが施設長としてしっかり生きているのだ。

また、支援員の方も、その業界で働いていた人がやっているためか、他の施設とは違う雰囲気。重度の障害の方もおられるが、作業所に入っても一瞬誰が支援員がわからない。パートのおばちゃんが一緒に若い人たちと働いているという感じで、グループごとに熱心に、かつ淡々と仕事に取り組んでおられる。他で訪問した施設では、明らかに支援員の人が”指導”しているのがわかり、支援員と通所者の違いが明確なのだ。

やっている仕事も、この施設では、加藤さんの専門知識が生かせる分野に特化されており、犬の首輪、神社のお守り、車の顧客用の付属品など、他の施設では受けてないような仕事がいろいろあり、興味深かった。

日本の福祉施設の支援員の方は、福祉サービスについて勉強しているが、仕事についてはほとんど専門性も持っていない。就労支援という限りは、やはり事業所が特化した強みを持って指導し、継続した仕事を行なうことが必要だなと感じた。支援者育成の面で、今後の課題だろう。

 
(左:首輪用の布、 右:通所者の今年の目標)


加藤氏と障害者の人にとっての”働くこと”について話をしていて、学んだことが多くあった。私達一般人は障害者の人の工賃があまりに低いことに愕然とするが、実は障害が重度の人にとっては、いくらお給料がたくさんもらえても何にどうやって使ってよいかわからない人も多い。彼らの目標を見ても、”仕事がんばります”とはあるけど、”お給料が上がるようにがんばります”とは誰も書いてなかったでしょう?と言われて、はっとした。それよりも”居場所”が大切なんだと。

この日は、大阪中小企業家同友会で障害者問題の委員をされている有限会社奥進システムの代表取締役の奥脇学氏といつもお世話になっている京都府社会福祉協議会の菊本隆博氏もご一緒に。奥脇氏は重度の身体障害者の方を2名雇用されている会社の経営者だ。

この日は私達訪問客を加藤氏が楽しい会話で接待してくださり、本当に楽しい時間をすごさせていただいたが、夜の部で、突然滋賀県社会就労事業新興センターのセンター長の高橋信二氏が参加された。菊本さんに紹介され、前からお話が聞きたいと思っていた人だったから、びっくり。その上、高橋さんのおもしろさと歌のうまさにも感動!

福祉業界のすごい人に一度にあって、宿題もたくさんもらい、頭がくらくらしながら帰った日である。
ソウル大学からのゲスト [2010年08月23日(Mon)]
本日は韓国の国立ソウル大学Center for Vocational Education &Workforce Development and Agricultural & Vocational Educationから、Dr.Kim, Jin Mo教授が通訳の方と一緒に来られた。
アントレプレナーシップの教育プログラムを大学だけでなく、発明教会と一緒に中学・高校生向けに開発するとのことでヒアリングに見えたのだ。

私も欧米の教育機関などを訪問していろいろ教えていただいて今があることを思うと、他の国の方に当センターの実践をご紹介できることは、なんともうれしいことである。

しかし、一方で、日本の東大にあたるソウル大学が本格的に初等・中等教育でのアントレプレナーシップを本格的に立ち上げようとしているなかで、日本の東大や京大は、まだまだ内向きな取り組みで終わっているように思うと残念でならない。
国際レベルでの若者向けのビジネスコンペでも、韓国の学生のほうがはるかに英語もビジネスプランの書き方も優れていると思わされた経験が度々あり、また、海外への留学意欲や国際舞台で活躍したいという野心は韓国人のほうがずっと強い。

日本の若者の実情が益々心配になった日でもあった。

   

(左:Dr.Kimと   右:お土産でいただいたソウル大学の名前入りの化粧箱)


37度を越え、うだるような暑さの京都に、本当に良くきてくださった。お2人ともとてもお疲れのご様子だったが。
私の避暑地 [2010年08月22日(Sun)]
外に出ると”フラフラ”する暑さ。
昨日は、買物のあと、涼みついでに府立図書館へ。快適な環境で読書を楽しみしばし過ごして出ると、外国の観光客のグループに写真撮影を頼まれた。
神宮道の大鳥居 の上に月がでていて、それをバックにというご希望。良いショットだったので私も一枚パチリ。綺麗だけど、明るいなかでの月に村上春樹の1Q84を思い出して、ちょっと気分が複雑。

チャレンジャーに乾杯! [2010年08月21日(Sat)]
昨日はアクセサリー企画販売の会社ぐるーぷカムカムの中西さんと北野誠さんが経営されるワインバーテラでお食事。

中西さんは、授産施設での利用者の給与の安さに愕然とし、「これではいかん!」と奮起。福祉施設に指導に入り、共同で商品開発を行いゼスト御池などで“ソーシャルZAKKA展”を開催して認知度向上や販路拡大を支援している。とてもパワフルな女性である。

ご一緒したワインバーには、たまたま北野さんもいらしゃってご一緒に写真撮影。将来、農業などの分野で失業している若者の仕事づくりをしたいと真面目に夢を語ってくださいました。
また、店長の松山さんは、脱サラしてIT事業を立上げた起業家。リーマンショックで事業が落ち込み、心機一転、高校の同級生の北野さんとレストラン事業を立ち上げることになったそうです。

お2人ともアントレプレナーシップ溢れる方でした。三条河原町あがってすぐのお店も手ごろな価格で、リラックスでき、お勧め。ついつい飲みすぎ、2人ですっかり酔っ払って帰ってきました(笑)。

  

(左:北野誠さん、 右:店長の松山さん)



中西さんの次回のソーシャルZakka展(8/26-28)
老舗企業研究:夢溢れる雑貨店 [2010年08月20日(Fri)]
今日は京都大学の老舗研究の調査で、株式会社イノブンの代表取締役会長の井上勝氏にインタビューさせていただいた。
四条どおりに面した本店には、高校生の頃からしょっちゅう通っているが、ビルの一番上に上がらせていただいたのは初めて。

”会長”というと、どっしり落ち着いた恰幅の良い人をイメージして行ったのだが、出てこられたのは、すっきりしてとても72歳とは思えない若々しい方だった。
1814年(文化11年)に紙業で創業され、戦後に文具店、そして井上氏の代に雑貨店イノブンになり、今は息子さんが社長に。

イノブン開店当時は、店舗兼自宅で、奥さんと二人三脚で休みなく働き、事業を拡大してこられたとのこと。今では、アルバイトの方もいれて300人近い規模の会社に。そして、お店には、女性が欲しくなる素敵な商品ばかり。


(左:右から2人目が井上社長、 右:イノブンの店内)


店舗をうろうろしていると、研究そっちのけで、思わず買物したくなってしまった。取材に行った京大生には中国からの留学生もいて「ここでアルバイトしたい!」と言っていました。
次回の現社長へのインタビューたとても楽しみだ。
冴えない政治 [2010年08月19日(Thu)]
国民は、古い政治体制に飽き飽きして、なんとか突破口が欲しいとの思いが、昨年度の民主党の圧勝につながったのだろうが。。。
テレビのニュースで、軽井沢のホテルに集まり、鳩山氏と小沢氏を囲んで”エイエイヤー”とやっている民主党の議員の人たちの姿は、国民の思いについてきてない時代遅れの集団にしか見えない。
かといって、管さんも、他の党の議員の人たちも似たり寄ったりで。唯一事業仕分けの蓮舫氏だけが歯切れ良く響くが、。。

日本の政治には、いったいいつ希望が見えるのだろう。
若手経営者の粋な社会貢献 [2010年08月18日(Wed)]
暑い!こういう時は、祭りだ!
という訳で、ほっとはあとの出店も出しているということで、新風館であったTSUBASU夏祭り2010に行ってきました。

出店だけでなく、ダンスショー、浴衣コンテスト、ミニコンサートに盆踊りと、実に楽しい企画だ。めちゃくちゃ暑いなか、みんな汗をながしながら、楽しんでおられる様子。私も、お菓子などの買物をして、最後にソフトクリームで締めくくり、大満足。

   



社会福祉法人亀岡福祉会第三かめおか作業の”亀岡米菓”シリーズはお手ごろ価格でお勧め!オリーブの会の切り干し大根も美味しそうだ。こんなに買っても全部で1000円にならない。

ところで、このお祭りを主催している京都TSUBASU会、私も今日知ったのですが、京都の飲食店オーナーとその関連業者の有志が、「京都を盛り上げたい!」「何か社会貢献がしたい!」との思いで立ち上げた会だそうで、このお祭りは今年で2回目とのこと。

このTSUBASU会、府立城陽養護学校の通学者の描いた絵を使ったラベルデザインのある焼酎TSUBASU(500ミリリットル、1050円)も販売。1本につき100円が養護学校等で使われる絵本や楽器の寄付資金に積み立てられる。

身近なことで肩肘張らずに楽しみながら社会貢献されている若手経営者の方々の活動が、とても粋だなーと感心!ITベンチャーなどの起業家とまた発想が違う。活動が地に足がついている。
日本の起業家はケチ? [2010年08月17日(Tue)]
社会的な課題解決に地道に取り組む非営利組織は、どこも資金繰りに苦しんでおり、事業に賛同して協賛してくれる企業や個人はとても貴重な存在だ。

これは何も日本に限ったことではなく、どこの国でも同じことだ。しかし、残念なことに、日本の場合は、企業も個人も、社会的事業に積極的に参画したり応援する風土が、まだまだ育っていないと言われている。

そんななか、先日、外国籍の友人が知り合いの上場企業の起業家に当センターの活動の支援を依頼した際「興味があるのでぜひ応援したいと」と言われたので、私のほうから協賛の話をしたとたん、秘書を通じてまわりくどく断られたことに、「日本の将来がとても心配」と伝えてきた。
彼が言わんとしたのは、もちろん、成功した人物が社会貢献を実践しないことへの責めもあるが、直接面と向かって話をして一旦応じたことについて、本人からは一切連絡もなく終わったことについて、トップの人材として残念がっているのである。
実は、時同じくして、私のほうも同じような体験があり、苦笑してしまった。私の場合は、相手方の御願いに応じる代わりに協賛を依頼していたので、約束違うなーという気持ちだったのだが。もちろん、企業にはいたるところから協力依頼があって、その度に応える余裕はない。要は断り方とその理由の問題だろう。

彼と話をしていて、米国を代表する企業の日本支社の社長とお仕事をした際、「日本の企業は米国と違って、NPOなどと積極的にパートナーシップを組んで応援しない。これは、日本の成功した起業家にも言える」と散々非難されていたのを思い出した。

しかし、日本にも、当センターの協賛企業の方のように、ベンチャー企業で、ご自身の事業も大変なのに、応援したいとずっと協賛してくださっている経営者もある。

日本の場合、個人的レベルの参画であっても、会社の経費で落とす人が多く、お金は他人に寄付するよりも、身内の残すか自分に使う方が圧倒的に多い。米国など、自分が裕福でなくても養子をとって世話する人もいるのと比較すると、宗教の問題が大きいのかもしれない。しかし、今の日本人は心が貧しいなーと感じることが少なくないのは残念だ。

この問題を解決するには、若い頃に社会参画する体験を推進するなどの教育活動がとても大切だ。ただ、その教育を学校現場で実現できる大人がいないことが、悲惨なのだ。
| 次へ