CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2010年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/entreplanet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entreplanet/index2_0.xml
高校生新卒未就職者支援事業:若者は機会を与えれば育つ [2010年06月29日(Tue)]
週2日指導させていただいた「京都府高校生新卒未就職者緊急支援事業」の講座が明日最終日を迎えるにあたり、本日成果発表会を行ない無事終了。



この事業は高校を卒業して未就業だった生徒達37名(北部9名、南部28名)を、3月25日付けで一旦、京都府高校生緊急就職支援センターの研修生として雇用し、月給9万程支払い、最初の1月はビジネスマナーやコミュニケーション能力の向上など社会人としての基礎研修を受けていた。

私が担当したのは5月11日から後半1月半の15回分。週2日の授業で、他の3日は現場で実習。私の授業では、実習先での仕事から働く上での工夫などを考えさせたり、商品開発や会社運営を通じて、業務遂行能力やPC能力を向上させる内容になっている。しかし、本当の狙いは、1)人を雇う側の視点で考えられるようになること、2)仕事は与えられるものではなく自ら創りだすものであること、そして、3)仕事は人と協力して初めて成し遂げることができること、主としてこの3点を学んでもらうことだった。

ただ、最初の授業では、想定していたよりはるかにインパクトのある研修生達を見て、私で最後まで勤まるかと正直不安な部分もあった。しかし、私の心配をよそに、研修生達は、就職活動で忙しくしながらも、互いに助け合い、私にしかられながらも最後までなんとかたどりつき、今日の発表会を立派にやりとげた。
少なくとも、指導していた私にとって、彼らはベストを尽くしてくれ、本当にうれしかった。

  


そして、発表会と招待客との交流会が終わると、なんだか寂しく、毎日しかっていた子ほど気になって、別れ難い気持ちになった。”原田さん、泣くー”と笑われたが、年をとると目頭がゆるくなって。。
こういう気持ちで終えられたのも、すべて彼らの相談にのり、細かいフォローをされていたチューターや事務局の方々の影の力のおかげである。良き出会いに感謝したい。
アントレセンター総会&会員交流会 [2010年06月23日(Wed)]
皆さまのご支援のもとなんとか平成21年度の決算を終え、本日は、総会を開催したあと、会員の交流会を行いました。
会員の皆さまのなかには、事業開始当初からずっと支援してくださっている方から、つい最近入会してくださった方までいろいろ。多くの方の応援あってこそ、続けてこられた事業。感謝の気持ちで報告です。そして、その後の支援者の方々との交流は、何よりの時間です。

 日 時:平成22年6月23日(水)18:30〜19:00 総会 19:00-20:30 懇親会
 場 所:遊子庵 (京都市中京区室町御池上ル御池之町305番地)
 決議事項:平成21年度事業報告と22年度事業計画




事業報告では、6月にGlobal Enterprise Challenge2010の国際大会で入賞した日本チームのリーダーの辻愛麻さんに発表していただきました。彼女のプレゼンのうまさに、みな感動。さすが国際レベルの力です。
彼女のプレゼンで印象に残ったのは、GECに参加して、多くの大人達が元気にそして熱意を持って一生懸命彼ら若者のためにイベントを開催し活動をバックアップしてくれているのを見て、”こういう大人になりたいな”と、将来に希望が持てたとのこと。
日本には、特に小・中・高校と学校に通う生徒達を囲む世界には、ロールモデルにしたい魅力ある大人と出会うチャンスがなかなかない。
もっともっと多くの若者に、年をとるのも悪くないと思ってもらいたいものだ。


教育と福祉−IT発展途上業界 [2010年06月21日(Mon)]
朝一番から北宇治中学校の授業に参加。福祉施設での職場体験をチームでまとめる作業だが、先生の指導に従って進んで議論する生徒がいない。だれていたので、コンピューター室に移動して、急遽私がバトンタッチでパワーポイントを使って発表用にまとめさせたら、結構興味もってやりだした。

昼からは、追手門学院大学の経済学部で講義。ゼミ担当の箱田先生から「社会起業家と市民事業」という題で話ししたあと、バーチャル・カンパニーの進め方やシステム操作を指導してほしいといわれて、90分講義をさせていただいた。
最初の30分の講義では、大半の生徒が”起業家”や”非営利事業”というのがいまいちピントこないようだったが、PCを使っての仮想企業の運営には、結構真面目に取り組んでいて、あっという間に時間が過ぎた。

今講座を担当している高校卒未就業者の就業支援講座でも同じである。自分たちに関係のないことや体験したことないことを議論させようとしてもちっとも興味を持たないし、役立つという実感もない。その上、じっと静かに講師の言うことを1時間座って聞くことができない子も多い。
一方、自分達に関係あることをコンピューターやインターネットを使いながら分析したり書類作成させると真面目に取り組んでいる。新しいソフトの使い方を覚えるのが楽しいようだ。
ただし、ダラダラやらせず、時間を区切ってそれを守らせる習慣をつけないと、結局は何をやらせてもダレてくる。

中学生、高校生、大学生と、実際に教えていて感じるのは、普段の生活でITを自然に使いこなし、必要な情報を必要なときに取り出せる環境にいる若者にとって、学校での学習指導の多くは、あまりに旧態然としていて興味をそそらないということだ。
私のような世代の者でも、先生方の指導があまりに退屈で、その上、失礼だが、準備不足と授業進行の工夫不足にびっくりすることが多い。このままでは、指導力次第で基礎学力がもう少し向上したかもしれない学習層の学力はさらに低下していくだろう。

生徒の全国学力調査も大事だろうが、教師の指導力と校長などの管理職の経営能力調査も実施してほしい。そして、学校の人材がもっともっと流動化して、新しい空気が外から入ってくるようにしないと、教育は一向によくならないだろう。

時代の流れや科学技術の発展に、一番適応できてないのが、教育と福祉現場の指導者達だと、最近つくづく思う。それでも、将来世界との競争に負けずに、みんなが食べていけるという道が他にあるならいいが。。。
12期KCCI創業塾始まる [2010年06月19日(Sat)]
今日から神戸商工会議所の創業塾が始まった。今年で12期目。創業塾の中では老舗ではないだろうか。私は5期からグループでの事業プランニングを担当させていだいている。

会議所のご担当者によると、今回は新聞広告を出されてすぐに定員40名がうまり、教室に入るぎりぎりの48名までなんとか入学を受けつけたとのことで、盛況だ。
土曜日に6回の集中講座ということで、社会人対象だが、例年20代から70代までと幅広い年齢層とバックグランドで、受講生の方と楽しく交流させていただいている。

今日は、初日ということで、オリエンテーション・自己紹介・グループ決め・テーマ発表・グループワークのあと、株式会社ユーシステム 代表取締役の佐伯里香氏のご講演。佐伯氏は起業されて8年。ひょんなことから会社を設立することになって社長へ。いろんなご苦労をされながらも、今では20名の従業員を雇っておられる。実体験に即したお話で、なるほどーと思うことがたくさんありました。

最後に、皆でお食事しながら交流会。受講生から”原田さん、気持ちよく、ズバッと切りますねー”と言われ、”うらんで後ろから刺さないでねー”とお願い(苦笑)。



その後、京都にもどって、2年前の社会起業家講座の卒業生の方々との同窓会。
社会人になって一緒に学び将来を語り合った友人というのは、一生の宝になる。そんな仲間にいれていただけることを光栄に思いながら、楽しい時間をすごさせていただいた。
世界と日本のギャップ [2010年06月18日(Fri)]
朝から北宇治中学校の授業に参加。
担任の先生に会いに職員室の前に行くと、廊下の椅子に座っている生徒に、女子生徒が”ハロー”と声をかけている。外国の子なのかなと思って「どこから来たの?」と尋ねると、なんとインドネシアのバリからの留学生で2週間、ホームステイしながら日本の学校で学んでいるのだそうだ。私は昨日バリから帰ってきたんですよ。などとお話したのだが、日本語が上手なのでびっくり。よく聞くとお父さんが日本人で放課後に日本語を学んでいるそうだ。
インドネシアでは、小学校から英語が必須になっているので、今の若い子は英語も上手である。

「日本の学校は生徒が真面目に授業を聞いてないので、びっくりしたんじゃない?」と聞くと、大きくうなずいていた。
アジア諸国の多くは、学校で教育を受けられることに感謝し、先生を尊敬して真面目に学んでいる。
一方で、日本の公立学校は、じっと座って授業が聞けなかったり、寝ていたり、いじめなどでひきこもってしまって学校に来ない生徒も多い。同時に、教える教員の質も、かなり下がっているのは事実だ。授業を拝見していて、こんな指導をしていたら民間の企業ならすぐに首になるのにという先生は本当に多い。怒ることにつかれてしまったのか、生徒がだれていてもしからない先生も。いったいいつ”しつけ”をするのだろう?また、お話しても、”子どもため”の議論でなく、ご自身の体裁や問題が起こったときのリスク回避ばかりが先に来る先生もいる。

海外に出て、外の若者たちに会う度に日本の将来が心配になる。これは、私だけでなく、多くの日本人が感じていることだろう。
Global Enterprise Challengeでは、18歳の生徒がほとんどだったが、15歳のインドネシアの高校生も参加しており、彼らも、しっかりと英語でプレゼンしビジネスプランを書いていた。
日本では、大人でもビジネスプランがしっかり書ける人が少ないうえ、英語となったら、逃げるのみ。とのこと、学校の先生となると、その上社会の現状からとても遠い。

今の日本の学校や教育方法を変えなければ、国際社会に通用するような人材は育たないし、数少ない優秀な人は働きにくい日本を出てしまうという現象がさらに強くなるだろう。本当に日本の将来が心配だ。
Global Enterprise Challenge 最終日 [2010年06月16日(Wed)]
朝から、GECの参加メンバーで観光。
楽園のような美しいバリに来ていながら、ずっとホテルに缶詰めで、まだ一度も外で外食も観光も、ビーチにも(朝少し散歩しただけ)行っていなかった私達にとっては、楽しみにしていたツアーだ。


 

観光バスを借り切って、バロンダンスを見た後、土産店に行き、ウブドゥでランチ。素敵なお店が一杯あるエリアだが、残念ながらゆっくり個別の店をまわって買物する時間はなく、MonkeyTempleをみてホテルに帰ってきた。
もっと自分達で見て歩きたいという希望にこたえて、日本チームは、現地でダイバーショップを経営しておられる日暮氏に、別のお店やスーパーにつれていってもらい、初めて自由に動き回ってショッピング。皆ウキウキしている。その後、ビーチの前で、夕日を見ながら夕食。女子達は、砂浜を歩いたり、波に足をつけて、歓声を上げ、夕日に感動。

 

すっかり満足してホテルに戻り、荷物をつめて、ロビーに集合。空港に向かう前に、ロビーにいたウェールズチームと記念写真。大人しいフィリピンチームの子から入賞お祝いのプレゼントをもらってみんな泣きそうになっている。
別れがたい気持ちで一杯だか、たくさんの素晴らしい思い出を抱えて空港へ。夜中の1時に名古屋空港向けて出発。朝の9時に日本につき、京都には12時に帰ってきた。

元気な若者達は、それから授業に出るとのこと。女性パワーはすごい!
Global Enterprise Challenge 3日目 [2010年06月15日(Tue)]
24時間イベント。ビジネスプランとプレゼンテーションの提出締め切りにむけてほとんど寝ずにがんばる生徒達。

  
朝まで起きてがんばる生徒達          朝方ビーチでブレイク


ほとんどが18歳から19歳のチームだが、インドネシアチームは15歳。みな、学校で学んだだけなのに、上手に英語を使いこなす。事前にビジネスプランの講習をして、着々と活動している。もちろん、シンガポールやフィリピンのチームは英語の問題はない.。
しかし、今回は、日本チームも、帰国子女の多い学校のチームが入賞したので、現地でも問題がなく、しかも本当によくやった。パソコンを使いこなし、自分達で寸劇を考えて演技して撮影、マックで編集して投稿するところまで、全部自分達だけでやっていた。
同行した、私やデデは、何もすることがなく手持ち無沙汰だったが、撮影のときに、ポップアップする商品を上げ下げする役目をもらって、なんとか参画することができた(苦笑)。
14時前に、ビジネスプランプレゼンテーションデータを提出し、あとは、夕方の審査を待つのみ。

さて、日本チームは?今年優勝して、来年は日本で開催だ!と叫んでみたが、いざ他のチームのプレゼンを見ると、なんだか不安な気分に。
しかし、なんと、2位入賞でMost Creative Awardを受賞。1位はオーストラリア、3位がウェールズだった。

   
日本の歌「上を向いて歩こう」を披露。  バリ参加チームで記念撮影 
             

入賞するしないはともかく、難しい課題に挑戦しながらも、他国の学生と同じ大変な時間を共有して友人になり、みんな本当に楽しんでいた。私も含め、スタッフもしかりである。現地でがんばってくれた主催者達に心より感謝したい。

しかし、このような国際イベントに参加するたびに、日本の学校で語学教育や異文化バックグランドをもった人たちとの交流機会が少ないことが悔やまれる。もっともっと多くの公立高校の生徒達にこういう機会を与えたいものだ。
Global Enterprise Challenge 2日目 [2010年06月14日(Mon)]
バリ2日目。
朝食のあと、参加生徒達の交流を促すミニワークショップの後、科学の基礎知識と発想力をためすScience Questのワークショップ。ランチを食べて、GECのTシャツを着て、写真撮影。

 

午後から、主催者や協賛企業のフォーマルなスピーチがあったあと、今度は子供のバリダンス。9歳の子供たちの色気ある踊りを堪能したあと、イギリスからネット上でチャレンジの発表。いよいよチームに分かれて作業が開始!!

 


今年のチャレンジは、
“To produce a working model of an innovative game for a family of four (2 adults + 2 children aged 8-12) that addresses the issues and challenges facing the world in 2030.”

ワールドカップもがまんして、みんながんばっているぞ!!http://gec2010.suryainstitute.org/home/index.php (ライブ中継中)
Global Enterprise Challenge 1日目 [2010年06月13日(Sun)]
朝9時に関空に集合し、11時発のガルーダインドネシア航空に乗って、16時にバリに無事到着!
現地主催者の方の手配で、デンパサールの空港に着くとすぐに空港の職員の人が迎えてくれて、入国審査も荷物チェックもノーパスで通過。出ると、昨年度のGECの入賞チームの学生とうちの監事のデデと彼の友人夫婦が迎えに来てくれて、ジンジャーの花のレイをもらって、ホテルへ。
日本チームが一番遅い到着で、つくとすぐに、夕食をして、オープニングセレモニーが始まった。



主催者のSurya Instituteの担当者であるSrisetiowati SeifuとUnited in Diversity Forum(UDF)のDr.Ben Chanが挨拶。続いて、メインスポンサーの一人で、正式オープン前に、このイベントのためにホテルを提供してくれたBakrielandの営業部長のウェルカムスピーチ。
その後、バリの現地参加している5チーム(インドネシア、シンガポール、フィリィピン、ウェールズ、日本)の挨拶。そして、最後にバリのダンスが始まり、みんなで踊って9時過ぎに終了した。
なんとも心温まるおもてなしである。
ワクワクの国際大会in Bali [2010年06月12日(Sat)]
Global Enterprise Challenge 2010の国際大会がインドネシアのバリで開催されます。今年も、本事業は(財)京都市国際交流協会の助成対象事業になりました。
オープン直前のリゾートホテルでの競技に参加者全員ワクワクしています。

6月13日(日) 日本出発
6月14日(月) 08:00-グループワークショップMini Science Quest
          13:45-GEC2010開会式
         14:00-チャレンジの発表
6月15日(火) 12:30 ビジネスプランの提出期限
         14:00 プレゼンテーションの提出期限
         21:00 入賞チームの発表
6月16日(水) 08:00-15:00 バリ観光
6月17日(木) 日本帰国

開催場所:Pullman Bali Legian Nirwana Hotel    
ホ ス ト:Surya Institute (SI),United in Diversity Forum(UDF)
主  催:特定非営利活動法人アントレプレナーシップ開発センター
| 次へ