CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2010年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/entreplanet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entreplanet/index2_0.xml
EcoSchool [2010年04月29日(Thu)]
表彰式が終わり、午後からは学校視察。私は、トロント地区の教育委員会とNPOのEverGreenが連携して実施しているEcoSchoolプログラムの実践校訪問に参加。
プラチナの認定書をもらっているCommer Valley Middle Schoolにつくと、40代前半と思われる若い校長が迎えてくれ、次にEcoClubの8年生(13歳)の生徒たちが、自分たちのプロジェクトを説明しながら、学校を案内してくれて、会議室へ。
いたるところに子供の視点での工夫がされた取り組みに感心。


 
右:学校を案内してくれる生徒達        左:取り組みの紹介

  
右:食堂のごみ箱前の表示(リサイクルできるものとできないものがわかりやすく説明されている)
左:学校内の廊下や階段に生徒達で作った表示が掲載されている(日本の場合は、クラスで作成したものが一斉に展示されることはあっても、生徒が注意書きをつくってはっているのは滅多に見たことがない)

Organicフードのおいしいランチを食べて、関係者のプレゼンを聞き、質疑応答。
EcoSchoolは本プロジェクトを推進している教育委員会と専門性をもったNPOのスタッフの連携がなければ実現しなかったプログラムとのこと。今では、トロント地区の半分以上の学校(約300)がEcoSchoolの認定を受けている。ただし、プラチナレベルはまだ16校とのこと。地域の植林活動に参加するプログラムもあり、これにはNPOから、景観デザインのプロが入ってコンサルする仕組みになっている。

プロジェクトの成功要因として強調されていたことが2点。
1)行政と民間との対等なパートナーシップ関係。
日本のようにNPOを安い下請け事業先として使うというような考えは一切なく、対等のプロジェクトであり、印刷物も両者のロゴが一緒に記載されている。日本では、まだまだ遅れている部分だ。
2)しっかりしたプランニング
参加する学校が明確なゴールを設定し、それを達成できるように専門家が支援していること。ゴールがあいまいだったり、高すぎると、結局は実績を残せず終わってしまい、植林活動なども、熱心な担当者や生徒がいるときだけの一時的取り組みになってしまうからだ。
この話を聞いていると、日本の多くの学校でほったらかしになっている”ビオトープ”が目に浮かんできた(苦笑)。

授賞式の後、EUや現地組の人達はほとんど帰国したあとの少人数での視察だったが、大変実りのあるものだった。

そして、やはり学校教育の成功のカギは、以下の3点と確信。
�@リーダーシップのある校長の存在
�A生徒に責任を持たせる教育
�B地域(NPOや企業など)との連携

当センターが実施しているアントレプレナーシップ教育もこの3つが必要で、�Aと�Bについては、NPOが連携して実践していけるが、�@については、教育委員会の採用規定や教員養成の大学プログラムや研修内容を改革していく必要があるだろう。
Global Best Awards 表彰式 [2010年04月28日(Wed)]
The 10th International Education Business Partnership Conference も最終日となり、朝一番にGlobal Best Awardsの表彰式が行われた。
1996年から始まった賞とのこと。
まずはHonable Mention(特別賞)をもらった私たちから。次に4地域(アジア&アフリカ、オセアニア、アメリカ、EU)ごとに優秀賞、最優秀賞の発表。


 


左:他の受賞者たちと    
右:授賞式(隣に座ったイギリス人のデックさんが撮影をかって出てくれたが残念ながらピンボケ‐苦笑) 

最優秀賞はノルウェーの経済団体が実施しているENTERプログラムに授与された。このプログラムでは、行政(国・地域レベル)や企業・その他関連団体と連携して、大学生が高校生の数学教育をサポートするというもの。大学生が高校生のメンターとして責任を持って教えるシステムに、経済団体が企業訪問などを支援して参加者達のモチベーションをあげている。
残念ながら、私のプレゼンセッションの時間と重なり、直接話を聞くことはできなかったが、日本の大学でも実践できそうなことだと思った。すでに、教職をめざす学生が学校で教育サポーターとして活躍していることを考えると、あとは、大学と経済団体のイニシアティブがどれだけあるかだろう。
北欧の国は、学生同士が助け合って学ぶメンター制度を小学校のときからうまく活用しており、それが自分たちの自治力や”いじめ”をなくす効果も生んでいる。そろそろ、日本も、教師が全部やるしくみを変えてはどうだろうか?
宇宙飛行士現れる! [2010年04月27日(Tue)]
The 10th International Education Business Partnership Conference3日目。

毎日、7時半から朝食が出され、会議は8時半から開始。びっしりのプログラムに満足しながらも、どのセッションを聞くか選ぶのは一苦労。

今朝は、朝から、カナダ初の宇宙飛行士であるChris Hadfield氏が講演。

 

最初は、なぜ宇宙飛行士がパートナーシップと思ったのだが、NASAという国際的な機関では、さまざまなバックグランドを持っている人が集まり、互いを理解しながら連携することが不可欠で、パートナーシップがうまく機能しなければ、死につながるミッションを抱えている。人と協力する力がなければ、成り立たない職業なのだ。聞いていて、”なるほど”と納得。

Hadfield氏は、宇宙やNASAのミッションについて紹介しながら話されるのだが、本当にうまい!参加者全員、”うっとり”という感じだ。そのうえ、映し出される写真には、先日、スペースシャトルディスカバリー(STS-131)に搭乗していた山崎直子氏や国際宇宙ステーションに滞在している野口聡一氏が映し出され、日本人としてやはり誇らしい気分になる。

Hadfield氏は、子供の科学教育にも熱心に協力されていて、今回は、本会議で開催されたMini-Global Enterprise Challengeのゲストとして参加された。宇宙飛行士になったのはなぜ?という質問に、9才のときに、アポロ11号で搭乗した宇宙飛行士が初めて月面を歩くのを見て、決心したということ。
宇宙飛行士になるためには、あらゆることにおいて優秀でなければならず、その優秀な人たちの中から選ばれた人がNASAに来る。そして、さらに訓練と努力をして、初めて宇宙に行けるとのこと。ただし、優秀さは、もちろん勉強という意味だけでない。
International Spotlights [2010年04月26日(Mon)]
The 10th International Education Business Partnership Conference 二日目。
朝一番は、主催者のInternational Partnership Networkの会長のJohn Volmink、共催のThe Conference Board of Canadaの副理事長のMicael Bloomの挨拶から始まった。Johnはネルソン・マンデラを思わせる偉大な雰囲気のある南アフリカ人だが、実にフレンドリーな人物だった。米国で教育をうけ教職についていたのを辞して、母国に帰国し、教育改革に取り組み、非営利団体の理事などの要職を多数務めている。彼の話はいつも哲学的だ。
その後、トロントの中心街に位置するRyerson Univeristyの副学長Adam Kahanが基調講演。この大学の実践している州政府や企業とのパートナーシップの実践紹介だったが、トロントでも最大のショッピングセンターであるイートンと連携し、ショッピングセンターの元駐車場にキャンパスを設置している例は、本当にユニークだった。資金獲得や関係者との交渉など、公立大学の経営陣とは思えないくらいビジネススキルに溢れている。Kahan氏始め大学の首脳陣の力が見て取れる。日本の国立・公立大学の学長陣にはなかなかいない人員だ。

その後、パートナーシップ教育の実践者たちのワークショップが続き、ランチタイムには、アフリカのNPOの子供支援の取り組みが紹介された。
午後のInternational Spotlights on Global Challengesで、私はCareer Development and Enterpriseのセクションで他の入賞者と一緒にパネリストとしてプレゼン。朝から、参加者の上手なプレゼンテーションに圧倒されながら、下手な英語で当センターの取り組みの一部を発表。日本でアントレプレナーシップ教育を実践した社会的背景や現場の事例紹介には、興味を持っていただき、他の国との共有点もあり、有意義な議論ができた。



他のパネリストで特に印象に残ったのは、職業高校での地域の企業との連携。ナイアガラ地区の教育委員会(Niagara Catholic District School Board)が進めている活動だが、工業高校では、実際に1年かけてレーシングカーを開発。建築科では、建築会社や福祉施設と連携して、市民が使う建物を改築。学生が実際の仕事に従事しているのだが、実務能力やチームワークを養成するには素晴らしい実践である。

世界の動きをみていると、若者の雇用能力を向上させるために、職業高校のカリキュラム改革を熱心に行っている。長期の職場体験だででなく、企業と連携した実践的な授業が行われている。日本もデュアル制度などを取り入れているが、少子化や進学者の減少で、多くの職業高校が廃校になったり、総合高校となって進学中心のカリキュラム内容に変更されてきている。普通科の生徒ばかりが増え、キャリア選択が先延ばしになって、結果的に、これが若者の長いモラトリアムにつなががっているのではないだろうか。

高卒・大卒の就職難が注目されるなかで、緊急雇用対策に莫大なお金を使うより、職業高校の存在意義を今一度真剣に議論してほしいものだ。
国際会議始まる [2010年04月25日(Sun)]
International Partnership Network(IPN)が主催する第10回Education Business Partnership Conferenceの初日。
ボードメンバーだけが参加するディスカッションセッションに、私もどういう訳か招待されて参加。訳がわからないままも、一緒に、IPNの意義や今後の展望についての話を聞き、ワークショップで意見交換。

あっという間に3時間が過ぎ、夕方には、会議のカクテルパーティのWelcomeReception。
会場のダブルツリーホテルは、この会議ともう一つのNATCON 2010: National Consultation on Career Development and Workforce Learning という会議で28日まで貸しきられていて、このWelcome Receptionは合同で開催された。
テーマが似通っていることもあって、NATCON に参加している参加者が、「こっちのほうがおもしろい」私達の会議にも来ていたりもした。

びっしりつまったスケジュールに、私たちは、別の会議に参加する余裕はないが、楽しい会議になりそうだ。
Mini-GEC:カナダ大会 [2010年04月24日(Sat)]
Global Enterprise Challenge2010の国内予選で入賞したチームが、6月14日・15日のインドネシアでの国際大会に備えて、カナダで開催されるMini-GECに参加する。
GECのイベントが2000年に初めて開催されたのが、このカナダ開催されるIBPN( International Education Business Partnership) 会議だったことから、10周年を記念してのミニ大会となった。
私自身はこの会議に参加しているので、日本チームの活躍はネットで見ることになるが、とても楽しみにしている。


                   日本代表チーム

今年の国内予選は、例年と開催している5月をやめて、3月末に開催したために、春休みということで教員が責任もって指導できないのでと、断ってくるケースがあるなか、高校生が直接参加申し込みをしてきたケースがいくつかあった。
彼らは、昨年度大学生向けのコンペであるGlobal Innovation Tournamentに参加した大学生が、Twitterで紹介していたのを見て参加してくれたのである。類は友を呼ぶである。
結果的に、優秀チームと努力賞を受賞した1チームは、こういう自発的な参加者で、カナダの国際大会にも、彼らが出ると言ってきた。

また、おもしろいのは、国内予選でのプレゼンデータなどのネット入稿で、問題があったのは、指導者がついている学校ばかりで、”先生、しっかりしてくれないと”と、事務局スタッフは苦笑いだった。

若者が、主体的にやろうと思ったら、すごいパワーである。大人が世話しすぎて、彼らが自分で考え行動する力を奪っているのではないかと、最近つくづく思う。
はっきりいって、情報化・国際化に対応するのような活動は、40代以降の大人が出る幕ではないのだ(笑)。
Oh My God! [2010年04月22日(Thu)]
出張を前に、結構遅くまで仕事をする日が続いていたら、やってしまった。
暗いなか、寝ようと思ったら、開けておいていたスーツケースに躓き、肋骨にヒビ。「同じヒビでも打ちどころが悪くから、全治1ヵ月かなー。日にち薬で治すしかないけど、重い物を持たないように。」と言われても。。
自分のことを情けなく思いながらバスにのっていたら、普通の服を着た人が頭だけちょんまげ結って、傘さして自転車を運転している。映画でも出ていたのかな?

それにしても、今日は、ついてない。私だけでなく、朝からスタッフの義父が脳梗塞で倒れてしまって彼女もオフィスに来れない。悪いことって重なるようだ。

明日が良い日であるように祈るしかない。
野の花からのお届け物 [2010年04月20日(Tue)]
共同作業所の「ワークショップ 野の花」さんにお願いしていた名刺が届きました。牛乳パックで再生したECO名刺ということで、温かみのあるしあがりになっています。



とても親切に対応していただき、それも安い価格(両面100枚3500円、片面2100円)だったので、びっくり。こういう施設がもっとうまく広報されて、多くの方に利用してもらえるといいなと思いました。

  ワークショップ 野の花   〒612-0121 城陽市寺田樋尻51-3
  TEL&FAX:0774(55)1532 E-MAIL:joyo_nonohana@yahoo.co.jp
こんな女性になりたい! [2010年04月19日(Mon)]
京都府の雇用創出・就業支援計画推進会議委員をしている関係で、今年から始まった高校生新卒未就職者緊急支援事業のお手伝いをしている。
その関係で、企業訪問先としてご紹介させていただいた株式会社ウエダの訪問に私も同行させていただいた。ここの岡村社長には、昨年度お声掛けいただいた京都流議定書でお会いし、その後当センターの会員にもなっていただいたりのお付き合いである。

当日は、30名近い高校生が会社見学に加え、岡村充泰社長とオフィスプロデュース部オンデマンド印刷のご担当の松本桂子氏が講演してくださった。松本さんは、入社して4年目とのことだったが、お話が本当に上手で、失敗談を交えながら、真面目に取り組み確実に成長してこられた様子を笑顔でお話くださり「あ、こんなふうに働けたらな」と思える素敵な女性だった。
私も大いに学ぶことがあり、行ってよかった。後から思わず「うちのセンターにもあんな人欲しいです」と岡村社長に一言(笑)。良い人材を見つけるのは本当に難しいが、育てるのは、もっと難しい。

そんな彼女から、素敵なハガキが届いた。



上手に私のイラストを描いてくださっていて、びっくり。さすがの心遣いである。
こんなふうに仕事ができたら、働くことって楽しいだろうなと、素直に思える先輩女性との出会いに、受講生の心にも、あったかい風がふいたのではないだろうか。
京のさくらも終わりかな [2010年04月18日(Sun)]
京都に住みながら、滅多にお金を払ってまでは桜を見に行くことはない。それは、鴨川沿いや御所の桜で十分。観光客で一杯のところに行くのが邪魔くさいと思っているのと、年度初めで仕事に追われて時間がない時期であることが理由。
今年は、母に連れて行って欲しいと誘われて、世界遺産に指定されている仁和寺(886年建立)に行った。御室桜で有名だが、母の目的は、緑色の花をさかせる珍しい御衣黄桜。
咲き乱れれる桜の中に五重塔は、カメラに写りはいいが、密集して植えられた桜は人工的な雰囲気がして、私はあまり気に入らなかった。500円払う価値があるかは、人の考え方次第だろうが、私は、やっぱり自然の桜がいい(笑)。

| 次へ