CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2010年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/entreplanet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entreplanet/index2_0.xml
Global Enterprise Challenge2010終了! [2010年03月31日(Wed)]
3月も今日で終わり。年度末ということでみなさん同様、当センターも雑務に追われる毎日のなか、Global Enterprise Challenge2010のイベントが無事終了!
高校生ともなると、YouTubeでの動画登録も大した問題ではないのだが、事前の確認不足か、直前でドタバタだったのには苦笑したが、エントリーしたチーム全員が、根をあげずに英語での事業計画書とプレゼンに挑戦したのは立派なことだ。

終了後のアンケートでは、「障害者雇用の問題などの社会問題は、とても複雑で、100%満足できる解決案はなかなかない」「たくさん案を出した中、どの案も欠点があるようで、何を優先させるかが難しかった。」など、良いコメントが感想として返ってきていた。
これをきっかけに、障がい者の問題について理解を深めてもらえたことをうれしく思う。



その後の審査結果で、Global Enterprise Challenge2010の入賞者は同志社国際高校3年生のチームに決まった。 努力賞は 京都市立伏見工業高等学校と神戸市立葺合高等学校のチームへ。皆さんおめでとうございます!
同志社国際高校のチーム5名は、6月14&15日に開催されるインドネシアでの国際大会に出場します。今年こと、日本チームの入賞を!と期待しているのですが。
高校生挑戦中 [2010年03月30日(Tue)]
昨日から高校生対象のイベントGlobal Enterprise Challengeが開催されている。今年の課題は、「障害者雇用の促進をどうするか」というもの。
エントリーした高校生チームは、英語で解決策を2ページにまとめて、3分のプレゼンテーション動画と一緒に明日の昼までに提出しなければいけない。
そんな挑戦中のチームから、がんばっている若者の写真が届いた。学生主体の活動なので、基本、先生もほったらかし。

大人にもハードは挑戦に、どんな結果がでてくるかとても楽しみだ。



花がさいた一日 [2010年03月26日(Fri)]
学校と産業界と地域が連携してコミュニティを活性化する教育活動を推進する国際組織に、International Partnership Network(IPN)というのがある。この団体では二年ごとに会議を開き、地域連携のパートナーシップ教育のベストプラクティス(Global BestAwards)を表彰しており、今年度、当センターが運営する「バーチャル・カンパニー」プログラムが、未来の職業能力開発部門(Developing Skills ofthe Future Workforce)で特別賞を受賞した。

このことを毎月の通信で報告したら、私の前の職場の上司だったT女史が京都に出張に来たのでと、お花と一緒にオフィスに立ち寄ってくださった。前職に就職したのもこの方の紹介があったからで、また、今のアントレプレナーシップ教育の仕事を始めたときも、何かとお世話になり、理不尽な要求をする仕事の相手に怒っている私の相談にもずいぶんのっていただいた。
懐かしいなーと、近くの居酒屋で、昔の話に華が咲いた。苦労を友にした人というのは、人生において本当に貴重な存在で、そういう仲間がいることを心からうれしく思った時間だった。


社会起業家シンポジウム [2010年03月25日(Thu)]
ブリティッシュカウンシルから、以下のイベントのお誘いを頂戴した。
招待制で、一般参加は受け付けておられないが、ブリティッシュカウンシルがこういう活動を率先してやる時代になったんだなと感心した。ブリティッシュカウンシルといえば、私が学生時代に英語を勉強しに行ったところだ。(当時は、京大の近くに京都校があった。)

時代は社会起業家ブームかもしれない。ただし、ベンチャーブームのように一過性にならず、突出した人をもてはやすだけでなく、頑張る人を応援し一緒に汗をかく社会環境づくりへの根付くことを期待したい。そういう意味で、このシンポジウムで紹介されるような資金を集められる中間支援組織の存在が重要だ。京都もがんばらなければ!

------------------------------------------------------------------
シンポジウムのテーマは「協働」。
日時: 2010年3月30日(火)
プログラム: 13:00 - 13:15 開会の挨拶
13:15 - 14:00 「英国政府、社会起業家サポートへの取り組み」
サイモン・タッカー(ヤング・ファンデーション)
14:00 - 14:45 「サードセクターの窓口として、
提言活動の重要性と協働の環境づくり」
スティーブン・バブ (ACEVO 全英サードセクター経営者協会)
14:45 - 14:55 休憩
14:55 - 15:40 「社会起業家と企業とのコラボレーション -
企業が目指すべき社会貢献とソーシャルイノベーション - 」
アリソン・オグダン・ニュートン
(ソーシャル・エンタープライズ・ロンドン)
15:40 - 16:10 日本におけるソーシャル・ビジネスの現状と課題、
今後の政府の取り組み
経済産業省
16:10 - 16:20 休憩
16:20 - 17:50 パネルディスカッション
政府、社会起業家、企業の協働を可能にさせ、
ソーシャルイノベーションを起こすエコシステム
- 中間支援組織に求められる役割とあるべき協働の姿とは -
17:50 - 18:00 閉会の挨拶


登壇者: サイモン・タッカー ヤング・ファンデーション 副所長
      スティーブン・バブ ACEVO 全英サードセクター経営者協会 最高責任者
      アリソン・オグダン・ニュートン ソーシャル・エンタープライズ・ロンドン 最高責任者
      米倉 実 経済産業省大臣官房審議官(地域経済担当)
      東 富彦 NEC CSR 推進部 社会貢献室長
      井上 英之 慶応義塾大学 総合政策学部 専任講師
ファシリテーター 藤沢 久美 シンクタンク・ソフィアバンク 副代表
妄想の会 [2010年03月24日(Wed)]
就労継続支援B型事業所を運営しておられる方からお声掛けいただいて、夜7時から、コンサルティング企業に勤務されているH氏の「妄想を聞く会」に参加した。

妄想といっても、既存の社会課題に果敢にチャレンジしようという思いが表れたもので、「就労支援・就労継続支援」×「業務系中小企業支援」×地域振興・文化振興」などを担うソーシャル・ファームの可能性について意見交換を行いながらら、いろんな人と交流する機会を持つことができた。
食べ物は、本会のご紹介をいただいた事業所「ジョイントほっと」さんが準備くださって、飲み物は参加者持参。どんな人が集まるのかと思っていたら、京都市社会福祉協議会、京都府社会福祉協議会、市の障害者の職業能力開発担当の方、医療法人でソーシャルワーカーを務めている方、授産施設の職員の方、まちづくりの専門の方など、二十人近くの人が来ておられた。
皆さん、こういう会でもなければ、集まって交流することが滅多にないとのこと。就労支援の事業所の方々も、あるようで横の連携がなく孤立しているそうで、こういう自主的な集まりの良さを体験した。

で、H氏の妄想は、今後実現に向けて進むか、研究会を重ねて形がかわっていくのか、今後の楽しみであるが、参加者が所属組織の枠をこえて議論できる場は素晴らしい。出会いのご縁に感謝!
点から線へつながる活動:協賛企業の学校訪問 [2010年03月18日(Thu)]
バーチャル・カンパニートレードフェアの協賛企業の(株)日本サルベージサービスのご担当者の方が、賞品(巨大クレーンの模型)を提供した京都市立養正小学校の2年生からお礼の手紙をうけ、お返しに昨日(17日)に、小学校を訪問してくださった。どうせ来てくださるならと、担当教諭の志賀先生から、お話してくださいということで話が進み、1時間、会社のことについて学習する時間となった。

訪問者は、国際室の華垣氏、モハメド氏、広報ご担当の西村氏。モハメド氏が講師になって、事前に用意したパワーポイントを使いながら生徒さんとの質疑応答をしながら楽しくお話していただいた。

外国籍の児童もいる国際色豊かな学校に、地元の中小企業でがんばって働いていいる外国の若者が話に来てくれる。生きた学習だ。バーチャル・カンパニーのようなプログラムをきっかけに、学校と企業がこういう形でつながっていくことが何よりうれしい。企業や担当教員の意識次第で、点が線になる良い事例でもある。

あなたの思いをかたちに [2010年03月17日(Wed)]
本日は、佛教大学四条センター 特別企画「新しいかたちの社会参画・社会貢献」の4連続講座の最後の講義は私が担当。
大学に入りたての1年生、教育学部で将来教師になりたいという学生さん、就職活動中の方、退職後に社会貢献をしたい方、起業を考えておられる方など、多様なバックグランドの方が来てくださり、参加者の中には、私の友人やその甥っ子さんもいて、”役にたったわ”と言ってくれ、ほっと胸をなでおろしました(笑)。

いくつになっても、節目節目で人は「このままでいいのか?」「何かやりたいけれど、何をどうすればいいのか?」と悩むもの。そんなときに、自分が行動を起こすことで、思いが動きだす。そんな人達の集まりで、縁づくりに関われる仕事ができることをありがたいなと思った一日でした。皆さん、一緒にがんばりましょうね。

Global Enterprise Challenge [2010年03月15日(Mon)]
本日は高校生の国際イベントGlobal Enterprise Challengeのエントリー締切でした。

Global Enterprise Challenge 2010 
対 象:高校生3年以下(国際大会開催日まで19歳以下であること)
日 時:3月15日17:00 応募締切日
     3月29〜31日 国内予選開催
     4月8日 審査結果と代表チームの発表
     6月14〜15日 国際大会開催(バリ、インドネシア)
主 催:(特)アントレプレナーシップ開発センター
協 賛:ガルーダ・インドネシア航空、株式会社島津製作所、
     住友スリーエム株式会社、株式会社大貴、日東薬品工業株式会社

今年は、例年5月に実施していた国内予選を春休みに変更し、学校単位で先生を通じての申込を、高校生が直接申し込む形に変更しました。
英語でのビジネスプラン作成やプレゼンテーションが要求されるため、どうだろうかと不安でしたが、自分達でHPを見て応募したという高校生チームの現れ、うー、捨てたものではないとうれしく思っているところです。今年は、国際大会で入賞できるかも!

大学生:学費免除より無利子貸付を [2010年03月10日(Wed)]
夜ニュースを見ていたら、不況で公立学校の受験生が増えているという話。続いて、今日は京都大学の合格者発表日だったとのことで、涙で入学を喜ぶ学生や保護者の姿が映し出され、カメラは、京大の幹部職員会議へ。保護者が経済的に大変な学生に対して、学費免除枠を増やすとのこと。
私はこのニュースを聞いて「えっ」と思ってしまった。諸外国では、大学の学費は、学生自身が自分で稼いだお金で払うか、学生ローンを組んで、就職してから返済するのが当たり前の国も多い。生徒が集まらない私学が存続のために学費免除枠を増やすのは勝手だが、公立校で、一部の学生の学費を援助するより、無利子で貸し出して、大学に自らの力で行ったことを誇りに送り出し、立派に社会人となって働いて返せばいいのだ。その上、京大といえば、日本でもトップエリート校。よほどのことがなければ、卒業生は通常より良い収入を得る。学費を免除することにどれほどの意味があるというのだろうか。京大の職員の人が考えていることが理解できない。私の頭が悪いのだろうか??

若い人が自立しないと苦言を呈している教育界の人たちが、実は一番若者の自立を遠ざけているのではないかと思えてくる。学校の存続のために一定の学力に達しない学生を入学させ、鍛えず、甘えた考えを持ったまま卒業させてしまう。
別のニュースでは、小・中・高校生ともに、将来になりたい職業があると回答する子どもが減少し5割代になっているという。学校教育が、目先の受験中心で動きつづけ、社会の一員として自立した職業人を育てる機能を果たしていない。
教育界は、小学校から大学まで、問題の先送りをし続け、結局、現実社会の間に大きなギャップを持ったまま、若者を送りだし続けているように思う。本当に不思議な国だ。
一月遅れのひな祭り [2010年03月07日(Sun)]
ひな祭りは3月3日が一般的で、大抵2月半ばくらいに出して4日か5日に片付けるが、私の亀岡の実家は、田舎で寒冷地ということもあるのか、未だに昔ながらの旧暦で4月3日に祭りをしている。桃の節句というだけあって、本来は、桃の花の盛りの頃に行われ、彼岸にご先祖さまへのお参りをした後にお雛さまをお呼びするという順番だったようだが、lいずれにしても、街中に住む人で、7段飾りの雛を飾るスペースがあるところは少ないだろう。

昔は、こういうお祭りのときに、飾りをしたり、特別の供え物を作ったりして、季節を感じながら、祖母や母から文化や生活のいろんなことを学んだものだった。



私が嫁入りに持っていくはずだったお雛様(苦笑)。昔はこの隣に、祖母がお嫁に持ってきた古いお雛さんが飾られていた。あれはどこにいったかなー?

              

母が作って一緒に飾っていた夫婦雛。母は本当に起用なのだが、残念ながら私には遺伝しなかった。。
| 次へ