CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2009年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/entreplanet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entreplanet/index2_0.xml
子どもらしさとは [2009年11月29日(Sun)]
今日の夕方は高校時代の友人と会食。彼女は、昔ワコールでランジェリーのデザイナーをやっていたのだが、この数年の間に鍼灸師とエステシャンの資格をとって、今は整形外科で修行している。本日は、彼女の自宅に招待を受けて、フェイシャルエステをしてもらってお鍋を食べなばら四方山話。
それで、たまたまつけたテレビで京都の有名私学の小学校教育を紹介していた。この学校では、「モジュールタイム」というのをもうけ、簡単な計算をスピードにこだわって繰り返したり、平家物語の「祇園精舎の鐘の声 ・・・」を音読。このことで、脳の前頭前野を活性化させ、1日の学習効果を高めるのだそうだ。また、生徒は、わからないことは辞書で調べて付箋をつけるため、皆、無数の付箋が貼られた国語辞典を持っている。辞書を引くことの楽しさ、大切さを身をもって経験していくのだそうだ。その後、お受験のカリスマといわれる塾の教師が登場し、お受験という絶好のチャンスを使って人と一緒に活動する能力をつけるなど子育てをしているというのだ。

私も友人も、京都の田舎で育ち、野山で遊び、塾などほとんどいかず、のんびり子ども時代をすごした。そんな私達からすると、テレビに映っている映像は「異常」で、思わず「怖いなー」と叫んでいた(苦笑)。
計算も音読も良いことだけれども、全員が一斉に一心不乱に、かつ真面目に無表情に取り組んでいるのが、なんとも子どもらしくなくて、不気味だったのだ。こうして、個人の能力開発に200%注力した結果、今度は人と一緒に物事に取り組む塾に行きましょう。というのは、、おかしくない??
パッケージ化された教育プログラムに高いお金を払って子育てするのは、大人に考える力がないからでは?こういう状況をちょっと変だと思わないことに、日本の教育に対して不安を覚える。

お父さんやお母さんの手伝いをしながら、物事を効率的に行なうこつを覚えたり、身の回りのことができるようになる。また、子ども同士で遊びながら、いろんな材料で隠れ基地をつくったり、サツマイモを落ち葉で焼いて焼けどしたりして、友達や自然との付き合い、予期せぬ問題への対処を学ぶ。お金をかけずに、昔の私達は多くのことを身近な大人や自然から学ぶことができたのにな。

変な時代がきたものだと、二人で日本の教育についていろいろ話したあと、次は、老後の話題。果たして、このエリート教育とやらを受けた子どもたちは、日本のリーダーとして、私達の老後の福祉政策をきっちりやってくれるのかしら?
しゃべりつかれた頃には、お鍋があっというまにさめていました(苦笑)。
仲間が応援者 [2009年11月28日(Sat)]
今日は、同志社大学と共同実施している「ソーシャル・イノベーション型再チャレンジ支援教育プログラム」の受講生の方々との懇親会。
受講生の1人に、レストラン経営されている方がおられ、そこで18時から4時間近くワイワイガヤガヤ。おいしい食事と美味しいお酒で、みんな話がはずむ。
今年の講座は、例年と違って女性の受講生が多く、懇親会でも女性パワーが炸裂(笑)。こんな講座にこられるくらいだから、皆さん、エネルギーに溢れておられる。そして、仕事と関係なく、気軽にいろんなことが話せる仲間に出会えたことが何よりとのこと。こういう言葉を聞くと、この講座を実施してよかったなとつくづく思う。
仲間は何よりの応援者。互いに励ましあいながら、夢を実現してくださるのを期待して帰宅した夜でした。挑戦者に乾杯!
ほっとして−おっさん論 [2009年11月27日(Fri)]
今日は、久しぶりに、スタッフと外食してゆっくりランチを食べた。ちょっと張り込んで1500円のランチコース。
11月23日にアントレセンターの一大イベントであるトレードフェアが無事終わり、同時にGlobal Entrepreneurship Weekが終了して、肩の荷がおりた。まだまだ、残務処理が山ほどあるが、とりあえず事故もなく予定の活動を開催できてほっとしている。
本事業、6月から準備が始まり、一年の半分の半分の時間をかけてなんとか形になっていく。イベント前、3ヶ月をきると、毎年オフィスが殺気だってくる。といっても、頭に角が生えているのは私だけだが(苦笑)。
今年は、国際的なイニシアティブ運動であるGlobal Entrepreneurship Weekの関係で、他にも2つプロジェクトを抱えたために、最後のほうは息絶え絶えだったが、私だけでなく、他にも大勢の有志ががんばっているのを見て、楽しみながら、がんばれた。収益にまったく関係ない自発的な持ち出しの活動なだけに、この機会を活用して、ネットワークを広げたり、普段できないことをやれるのが、何よりの醍醐味だ。
中には、何もしないくせに、批判や文句だけ言うやからがいたり、忙しいといってちっとも協力しなかったのに、有名人が参画していたりマスコミに取り上げられたりするのを見て豹変し、来年はぜひ協力したいと言ってこられる人も(苦笑)「えー、君、海のものとも山のものともわからないイベントだから関係したくないと言っていたんじゃないの?」と口あんぐりになることも。

こういう予算はつかないけど、興味ある人達が自発的に集まって行なう運動は、文句言うなら、自分でその問題を解決するために自ら動くというのが鉄則だ。そうでなければ、関係ないのだから、何も言わないことなんだが、日本人のおっさん(すいません、おばさんにもいるかもしれませんが)には、何もしないのに批判ばっかりする人が多すぎる。そのくせ、大企業なり国がスポンサーしているとなると一気に態度が変える。ゼロから何かつくることを楽しむことが出来なさ過ぎる。
それに比べて、若者のフットワークの軽いこと。今回も東京の国際セッションは、ほとんどが外国人や外資系で勤務する女性や大学生が運営側でボランティアとして働いていてた。本業を持ちながら、アントレプレナーシップの推進に興味を持って集まった人達だ。寝る間を惜しんで協力しあっている姿は本当にすがすがしかった。こういうのを見ると、やっぱり、外人起業家が言っていたように、日本を駄目にしているのは保守的なおっさんたちかもしれないと思えてくる。

イベントが終わって、気分的にこれほど違うものかと思いながら、ほっこり幸せな気分で残務処理をしていると、上記のようなしょーもないおっさん達から連絡がきて、「あーあ、だから、日本にはアントレプレナーシップがないって言われるんだよ」とがっくり。しかも、この人達、みんなアントレプレナーシップ教育に関わっている人達で、普段偉そうに他人のお金で事業・授業をしている人達だから、特に、、、なのだ。

なお、私は「忙しくて、そんな余裕はない」と一度断った人には、二度と頼まないと決めている。本当に優秀で忙しい人は、決してそんな断り方をしないからだ。出来る人は大抵おもしろいこと・意義のあることと思ったら、時間を創る。本当に忙しくてどうにもならない人は「今回は無理だけど、次回ぜひお手伝いしたいので声をかけてくれ」と言う。「忙しくて、そんな余裕はない」とだけ言う人は、大抵がいつもそう言っている人で、人が参加するようになって寄ってきても、結局、しんどいことは最後までやらず、面倒なことがおきると逃げ、他人にやらせたままほったらかしにする。

そんなこんなで、うっとおしいおっさんのこと考えながら夜に自転車に乗っていたら、コートのベルトがほどけて、自転車の車輪にまきついてしまった。ありゃーと気づいたときには時すでに遅し。いくらひっぱってもベルトがチェーンから外れない。手はチェーンの油で黒くなるし、、どうしよーと思っていると、自転車にのった50代前半くらいの男性の方が立ち止まり、「役にたてるかわからないけど・・・」と、見事にはずしてくださった。お礼を言うと、「でもちょっと遅くてベルトが汚れてしまいましたね」と私を気の毒がってくださる。いたいたジェントルマン!
日本の男性をおっさん呼ばわりした罰があたりましたが、日本もまだまだ捨てたもんじゃないですね。かく言う、私も、おばはん通りこして、すっかりおっさん化している1人である。
サービスイノベーション [2009年11月13日(Fri)]
今年の経済産業省の委託事業で京都大学と一緒に老舗企業の事例研究をご一緒している関係で、第2回サービス・イノベーション国際シンポジウムのパネリストとして参加させていただいた。次年度から京都大学経営管理大学院に開設される「サービス価値創造プログラム」の開講に向けての研究活動の一貫である。
貴重講演として、住友スリーエム株式会社代表取締役社長のジェシー・ジー・シン氏がお話された。シン氏はサウジアラビア出身で米国で教育を受けた若干42歳の若手経営者。50代後半の日本人の副社長や部長を連れて一緒にお見えになっていて、その若さに、日本の大企業とはやっぱり違うなとつくづく思った。なぜ、日本の大企業の社長はみんなあんなに年寄りなのだろう???
シン氏とは、シンポジウム前のランチもご一緒させていただいたが、アントレプレナーシップ教育にも興味を持ってくださり、日本では、まだ社会起業家がそんなに活発に活動していないし、なぜ日本の企業はNPOの活動への寄付が熱心ではないのか。海外では当然のことなのだが。そういう意味で外資系の企業はねらい目かもしれない。と、ざっくばらんなお話になった。
彼の講演では、特に印象に残ったのは、スリーエムはメーカーだから、製造のプロセスにおける無駄については徹底的に効率化を図るが、同じ概念をCreativityに関わるプロセスに持ち込むべきではないし、効率化で空いた時間は製品を納品した企業へのアフターフォローなどのサービスにかけるべきだという意見。当然のようで、みななかなか実施できていないこと。同じようなことを、以前お話をきいたハイアット リージェンシー京都.の総支配人の横山健一郎氏や同席されていたスーパーホテルの取締役の方もおっしゃっていた。
シンポジウムでは、サービスイノベーションの価値をどう図るか、生産性向上=サービスの付加価値の創造にはならないのではないかという質問も提示されていた。残念ながら、京大の研究陣から、明確な研究に基づいた回答はなかったが、見る視点によって異なる価値観について、どのように計測するかは、難しい問題である。

対人関係に関する効率化・非効率化については、私がパネリストを務めたセッションでも教育に関係して言及させていただいた。人を育てることは極めて非効率な作業であり、それは単純に効率化などできない。ただし、学内外への提出書類の業務処理や成績の採点、教員同士の情報共有方法など、効率化を図るべき事・図れることはいくらでもある。公立学校で働く教員には、この違いが分からない人が多く、あらゆる業務が公平に非効率の人がいる(苦笑)。
少子化で危機感を感じている教育機関が多い時代になったからこそ、教育現場において、イノベーションが持たされるのが期待される。順番としては、まず大学からだろうが。せっかくのチャンス、京大が率先してサービスイノベーションのモデルを提示してくれることを大いに期待している。大学院生が顧客になるのか、大学院生を送りだす企業が顧客になるかはわからないが、いづれにしても、研究だけで終わるのではなく、実際にサービスにおいてイノベーションを起せる人材を社会に送り出して欲しいものだ。

ちなみに、このシンポのパネルディスカッション、私としては良い機会を与えていただいて喜んでいるのだが、バックグランドが違う人が意見交換するにはおとしどころがわからず、参加者からのアンケートにもあったが、企画倒れの感が否めなかった。次回は、ぜひ、研究実績に基づいて、その内容について活発な議論が行われるシンポを期待したい。企画者のプロデュース力が試されるところだ。
若者パワー圧勝! [2009年11月05日(Thu)]
今日は、午後一杯京都府の「京のチカラ・明日のチカラコンクール」に審査員として参加させていただいた。風邪を引いていてずっと咳き込みながらだったので、皆さんにはご迷惑をおかけしてしまった。

さてこのコンクール、タイトルだけ見ると、いったいなんのこと?と思う人も多いだろうが、京都府では地域力の再生につながる提案を一般の部と中・高校生の部と募集し、一般の部では、良いアイデアのものは府が実現にむけて支援しましょうというもの。
残念ながら、まだ認知度が低いのか、一般の部のほうは23件の応募のみ。その中から、書類審査で選別された6チームが本日発表。筏(いかだ)復活プロジェクトやツリークライミングなどおもしろいアイデアや子育て・医療相談分野のネットワークづくりなどの提案。志しの部分では共感するのだが、残念ながら人やお金の部分を考えると、どうやって事業を回していくのか具体性に欠けるものが多かった(人のことが偉そうに言えるような立場ではないのだが、、)。 ただ、税金を使うとなると、行政が数年支援して軌道にのるものであればいいが、予算消化で終わるのはもったいない。社会性の高い分野での事業提案に多い問題である。こういうところに、もう少し民間企業の事業運営のノウハウが入ってくるともっとよい提案になるだろうと思う。
で、結局知事賞を獲得したのは、なんと京都府立宮津高校の「地域も教室、みんなが先生!」 という事業案。発表はダントツにうまかった。どうして私達はおっちゃん・おばちゃんになるとああもプレゼンが下手になるのかしらねー。ただ、高校生のは提案というより既にやっていることの紹介と成果がメインだったので、力強いのも当然だったかもしれない。この高校では、生徒が地域の人のために待合所や子どもの遊び場をつくるなどして、地域に貢献しているのだ。毎年、先輩から下級生に引き継がれている活動のようで、聞いていて涙がでるくらい感動した。うーん、全ての高校でこういう活動をやれば、今の日本が抱えている多くの問題は10年たてばほとんどなくなるのではないかと思えた。

中学生・高校生の部は800字の提案だが、319件の応募があり、今日は入賞した3人が発表した。かれらもなんともすがすがしい発表。知事賞の峰山高校1年の中江さんは、特養などに一般の人が集えるカフェや図書館を作ればよいという提案。京都新聞社賞を受賞した府立洛北高校附属中学校1年の藤原君は、京都には外国からの観光客が多いから言語の代わりに誰でもわかるピクトグラム(絵文字)を使えば良いという提案。どちらも、すぐにでも採用してほしい案である。

やっぱり、これからの国を背負っていく若者でこそのアイデアだと思う。
そう思うと、政治家も組織のトップももっと若い人達が活躍できるようにするべきだろう。30年後、50年後生きてもいない人達が、若い人に借金ばかり残して、目先の施策でとりあえずしのいでいるのは、なんとも情けないことだ。
小中一貫&コミュニティスクール [2009年11月02日(Mon)]
10月は2回三鷹市の研究発表に指導助言者として参加した。本当は3回の予定だったのが、インフルエンザで中止になった。
研究発表では、授業を見たあと研究協議会となる。研究協議では、9月17日のブログに書いたように最初は先生方がコメントした後、残りの30分ほど助言者の講師がコメントさせていただく。三鷹の場合、往復6時間ほどかけて行くので、私としては、お話したいことが一杯あり、必死で話すので、ついついあせって早口になり、後で、あれ言い忘れてた、こう言えばよかったと後悔が後をたたない。それでも、先生がたから、「大学の教授や現場の先生方のお話を何度か聞いたけれども、アントレプレナーシップって何か今だわからなかったのですが、原田さんの具体的なお話を聞けてやっと理解できました。」と言われるとうれしくなる。

アントレの実践は、大抵生活科か総合学習の枠で実施されることが多いのだが、三鷹市の場合、全校が小中一貫のコミュニティスクールなので、研究会には、小学校と中学校の先生がたが一緒に参加される。

小中一貫といっても、三鷹では同じ校舎で小中学生が勉強しているわけではない。離れた場所のまま一緒に授業や活動を行なったり、互いの教師が交換授業をしたりして、9年間の一貫したカリキュラムのものと連携を強化しようとするものである。
一方で、コミュニティスクールとは、保護者や地域の人が学校運営協議会の委員になり、学校運営に一定の権限をもって参加するものである。三鷹の場合、学園制をとっていて、小学校1〜3校に中学校1校で一つの学園を構成し、7つの学園が、それぞれの運営協議会を持っている。運営協議会は、ほとんどの場合機能せず形だけのところも多いのだが、三鷹では、発に地域の人が参画しているようである。

ということで、三鷹の授業研究は小・中一緒にやっておられる。21日の第二中学校の提言活動でも、同じ学園の小学校の先生が「小学校でちゃんと指導して、スキルもついている。パワーポイントもうまく使えるし、もっと上手にプレゼンができるはず。中学校に入って下手になっている。」と指摘。それに対して中学校の先生が「PCを使わずにプレゼンをさせた。中学校では小学校のように発表の練習にかける時間を確保できない。」と反論。28日の羽沢小学校の実践には、中学校の先生がコメント。小中一貫教育の意義を肌身で感じる機会となった。

また、三鷹では、アントレ教育の導入にあたり、学校運営協議会のメンバーも研修に参加され、素晴らしい指導案のアイデアを出してくださった。特に、第一線で活躍されていた企業人や事業家の方々は、地域の産業や行政の機能などについて教員の方よりはるかに詳しい。アントレ教育への評価や導入への積極性も高かった。こういう人達を一緒に巻き込んで、新しい学校づくりをしていくというのは、時間はかかるが戦略として素晴らしいなと思う。
ただ、一点残念なのは、研修機会や支援体制が十分でないなか、現場の先生がたが中途半端な理解のもと実践をせざる終えないことである。どんな教育でも言えることだが、真面目で研究熱心な先生方だけに、良い結果をだしたいとがんばっておられる。ただ、初等教育段階のアントレプレナーシップ教育の専門家が非常に少ないなかで、良い講師を見つけるのは至難の業である。ぜひ、教育界だけで閉じるのではなく、地元の経営者や企業人などの中から良き指導者を見つけて、どんな教育を実現したいのかを十分議論して明確にしたうえで、地域の人を巻き込み、二人三脚でじっくりと授業づくりをされる体制をつくっていっていただけたらと思う。それがないと、結局は予算がついている間だけの「研究のための授業」で終わってしまう。過去に山ほどあったケースのように・・・・
風邪は万病の元? [2009年11月01日(Sun)]
先週の木曜日あたりから喉が痛んで、ついに週末寝込んでしまった。病気で休んでも、仕事がたまるだけ。休日出勤しても、代休や振休をとれない状況が10年以上続いているので、身体が資本と手洗い・うがいは毎日しているにも。にも、関わらず、うっかり寒い日に布団をはねて寝てしまったのが原因のよう。体力が落ちてきているので、簡単に参ってしまう。なんだか、中年オヤジのサラリーマンとおんなじ症状(苦笑)。情けないけど、ま、自称オヤジだから仕方ないか(苦笑)。

学校は新型インフルエンザで休校や学級閉鎖が相次いでいて、私も学校でうつったらどうしようと思って不安ながら行っていたけれど、結局は、平凡な風邪ですんでいる。これは幸運ということだろうか。
火曜日のお休みもアントレの研究会でご一緒している先生の発表会。300人くらい集まるそうだが、風邪を引いているときに新型インフルエンザにかかって死んだらどうしようと、実はビクビクしている。かといって、休むのはいやだし。マスクを買って行くことにするか!