CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/entreplanet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entreplanet/index2_0.xml
次世代アントレプレナーの育成について [2016年01月23日(Sat)]
日本青年会議所の2016年度の京都会議の会員向けの公開委員会にてアントレプレナーシップについて講演させていただきました。皆さん、非常に熱心に聞いていただき、今後の各地での取組みが楽しみになりました。


1. 講演日時  平成28年1月23日(土) 午前10時30分〜午前11時45分
2. 講演会場  国立京都国際会館 roomB
3. 講演テーマ 次世代アントレプレナーの育成について(社会起業家の必要性)
4. 受講者   公益社団法人日本青年会議所 会員 約100名

1.23kouen.jpg
働くこと生きること [2015年12月12日(Sat)]
社会福祉法人福知山学園の第四回「FUKUGAKU オープンセミナー」のパネルディスカッションでのコーディネイターを務めました。メイン講師は、私も尊敬する社会福祉法人共生シンフォニー 常務理事の中崎ひとみさんです。


日時:平成27年12月12日 10.30〜15:00
場所:ロイヤルヒルホテル 福知山2F


12347830_1188435921184112_1736496143560328948_n.jpg
平成27年度第一回総会 [2015年06月24日(Wed)]
今年の一般総会を開催しました。アントレの活動報告と今後の計画の後、活動に参加する高校生と大学生からの報告をしていただきました。
彼ら若い人の真摯な報告と立派な話しぶりに、”日本の将来に希望が持てた”という会員の方も。
賑やかな会にしていただき、参加いただいた皆さまにお礼申し上げます。
新しい年も、引き続きよろしくお願いします!

日 時:平成27年6月24日(水)18:30- 20:30
場 所:京都市内中京区の会場にて予定(追って5月にご案内します)
議 題:1) 理事紹介
    2)平成26年度事業報告
    3)平成27年の事業計画
    4)新理事のご紹介
    5)活動に参加する生徒からの活動報告
     -Global Enterprise Challenge (京都市立紫野高等学校チーム)
      北川蒼太、古高言、大野歩
     -ソーシャル・リーダー育成交流事業 (選抜生)
      重村瑞穂、宿利原拓也

      *その後、会員の交流会

1.jpg

2.jpg

3.jpg
経済産業省「初等中等教育段階における起業家教育の普及に関する検討会」 [2015年02月24日(Tue)]
経済産業省 経済産業政策局産業資金課 新規産業室が実施されている「初等中等教育段階における起業家教育の普及に関する検討会」の第三回目に起業家教育の取組み紹介という立場で参加してきました。

経済産業省では、新規産業創出の担い手となる人材が育成・輩出されるには、高等教育でのアントレプレナーシップ教育だけでなく、初等・中等教育での教育が重要であるとし、1998年に「起業家精神を有する人材輩出に向けて」という報告書を出しました。当時は、まだ大学でアントレプレナーコースを設けているところはほとんどなく、インターンシップが始まったところでした。

アメリカ人の日本企業でのインターンシッププログラムを担当していた私は、この小学生からの起業家教育の実践にとても興味を持ち、同年、委託で『初等・中等教育段階における起業家精神涵養教材とその教授法に関する調査』を実施させていただきました。そして、翌年には「起業家精神涵養教材等開発事業」で教材を開発、学校でのモデル事業を始めて、、、と今に至っています。

この間、経済産業省では、様々な形で予算をつけて普及を後押ししてきましたが、予算の終了とともに支援が終わり、なかなか学校現場に定着せずに今に至っているのが現状です。
途中、指導要領の改訂もあり、学力強化や総合的な学習の時間の3割削減などで、実施時間の確保が益々難しくなってきたという現状もあります。

ただ、地域密着型で青年会議所などの経済団体やNPO法人などが支援に入っているところの多くがなんとか続けているところを見ると、起業家人材の育成は、やはり地域で仕事を創りだせる人材輩出をゴールに、産官学が連携して取り組むことで、息の長いものになるように思います。

安部政権の成長戦略の3本目の矢としてあげられているアントレプレナーシップ。本気で、起業家精神溢れる人材育成とそういう人を応援する社会風土を創り上げるには、授業での実践・訓練とともに、アントレプレナーシップを奨励する学校や地域を創っていくことが重要です。そして、それにはやはり、文部科学省が指導要領のなかでしっかり位置付けることが不可欠です。
次回の改訂で、ぜひ!と期待したいところです。
Entrepreneurship Sumit in Mongolia  [2014年11月10日(Mon)]

モンゴルで始めて開催されたアントレプレナーシップサミットにアジアのゲストスピーカーとして招待を受け、当センターの活動に加え、日本のアントレプレナーシップ教育の実践や政府の支援状況などについて紹介させていただきました。
小・中・高校生という若い人の教育活動に特に強い興味を持たれていました。

国立モンゴル大学と労働省、NGOのDevelopment Solutions MongoliaとStartup Mongoliaの主催で開催されたものですが、辞職勧告決議案が可決して首相が辞職して政治が不安定ななか、フラットな関係で、協力しあって開催されている様子がうかがえました。

参加者も熱心に聞いておられ、祝辞を述べられたアメリカ大使をはじめ、参加者には女性が多く(半分以上だったかも?)、活気ある雰囲気のなか終了しました。日本でこの手の会議をやると、ほとんど男性で、居眠りしている人も多いのですが(苦笑)。モンゴルでは、誰も寝てませんでした。

日本語も英語も流暢に話されている労働省の若手職員の女性が、日本の経済産業省と会議をやると、日本側はほとんど男性なのに対して、モンゴルは半分が女性という状況ですとおしゃっていました。経済的な援助をする側でありながら、女性の社会進出が遅れているというのは、なんとも情けないなとつくづく実感。
若い人が多いモンゴル。今後急速に発展する、可能性のある国です。


summit-harada.jpg

summit.jpg

アントレ総会 [2014年06月30日(Mon)]
2014年度の定例総会を開催し、昨年度の事業報告と今年度の計画を会員の皆さまと共有させていただきました。今年も、Global Enterprise Challengeに参加した同志社国際高校の生徒さんや京都市立西京高校の卒業生、また、2010年度の入賞チームのリーダーも参加してくれて、国際競技で学んだことを報告してくれました。
彼らにとって、GECがとても貴重な体験になったようで、出席された会員の方からは、その立派なプレゼンに、「活動を続けて来て良かったね」「彼らがいるなら日本の将来も心配ない」という声がありました。

soukai1.jpg

soukai2.jpg

soukai3.jpg

soukai4.jpg

soukai7.jpg

soukai6.jpg

soukai8.jpg
講演@佐野青年会議所  [2014年04月10日(Thu)]
栃木県の佐野青年会議所では、地域教育の実践をされたいとのことで、そのための導入勉強会という位置づけで、例会にお招きいただきました。

「地域の担い手を育てるために〜求められる起業家的人材と教育の重要性〜 」と題して、お話をさせていただいたのですが、皆さん、熱心に聞いていただき、その後の懇親会でも、大勢の方から「勉強になった」と感想をいただき、楽しい会となりました。

私のほうは、栃木県も初めてで、青年会議所のフォーマルな会を見るのも初めてで、良い機会を頂戴できました。

chirashi.jpg





理事会 [2013年05月17日(Fri)]
アントレプレナーシップ開発センターの平成25年第一回目の理事会を開催しました。新しく、フリーランスアナウンサーで環境市民の理事もされている下村委津子に理事にご就任いただき、今後の活動についても良い助言をいただきました。

審議事項
(1)第1号議案   新理事の就任について
(2)第2号議案   平成24年度事業報告と収支決算報告の件
(3)第3号議案    平成25年度事業計画と活動予算承認の件
(4)第4号議案   総会と10周年記念パーティの開催の件
(5)第5号議案   GEC2013の国際大会とFundraising Partyの件

JA兵庫六甲:農業経営者塾 [2013年05月14日(Tue)]
JA兵庫六甲が実施されている農業経営者塾にて経営目標作成の講座を担当させていただきました。
6名の受講生の方々全員とても熱心で、あっという間に時間が過ぎ楽しい研修会となりました。

自然を相手に汗をかき体をはった仕事で生計をたてる自営業。楽に稼げない大変な仕事だし、村の付き合いなど面倒なことも一杯ありますが、みんなさん本当に働き者で勤め人にはない飾り気のない清々しさを持っておられます。
講座でも、私が教えるというより、互いに教え合い、それが一番の勉強になっておられます。考え、情報交換できる機会があれば、皆さん素晴らしい経営者になられる素質十分!来年年明けにまたお会いするのが楽しみです。
TEDxKyoto [2012年09月16日(Sun)]
前職で創業時にお知り合いになった(株)はてなの近藤社長がリードしてTEDの京都版TEDxKyotoを開催されたので、参加してきました。

ボランティアで運営されているとあって、司会のたどたどしさも初々しく(笑)、一番バッターは会場である京都大学の松本総長です。訛りのない流暢な英語に、さすが京大のトップと思いました。
その後も、世界をまたにかけて活躍する日本人の若手研究者の話をきくと、日本の将来に希望が持てます。

プレゼンの中身というよりは、いろんなバックグランドのひとが集まって交流する場づくりという点こそ、こういうイベントは意義があります。前職では、国籍や言葉や業種の壁を超えた会、よくやっていたなーと懐かしく思い出されます。京都で、もっとこういう場必要ですね。
| 次へ