CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/entreplanet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entreplanet/index2_0.xml
ビックシュー創刊10周年記念 [2013年09月02日(Mon)]
英国でも日本でも、事業を始めたときは「ホームレスから雑誌を買う人などいない。失敗するに決まっている。」と言われて始まったビックイシュー。期待を裏切り、事業は社会に大きなインパクトを与える存在になっています。

そんなビックイシューの創刊10周年記念が大阪市中央公会で開催され、参加させていただきました。
ホームレスだった販売者の方々が主催されたもので、皆さんが司会進行を進められ、手作り感あふれる”あったかい”雰囲気の記念イベントでした。

日本ビックイシューの創始者 佐野章二さんには、今年の3月にはうちの事業で講師でお世話になりましたが、こんな場でも、力が入ってなくてすごく良い感じ。

英国のビッグイシュー創始者のジョン・バードさんの講演も、とても熱のこもったもので、いくつかハッとさせられる言葉もありました。ジョンさんは、ご自身もロンドンのスラム街に生まれ、5歳でホームレス状態となり、7歳で養護施設に預けられた経験を持っている方。20代後半以降、印刷・出版業で成功し、45歳の時、ザ・ボディショップ会長(当時)のゴードン・ロディックとともにホームレスが販売する雑誌『THE BIG ISSUE』を創刊されています。

そんな彼は「22年前、この事業を始めたときは、ホームレスを支援する団体は数多くあり、ホームレスにあらゆるものを提供していた。仕事以外を。でも、人は社会保障を手厚くし施しを与えるだけでは貧困から脱することは出来ない。自分自身を変えるチャンス、働くトレーニングを受ける機会が必要なんだ。」「どんな貧しい人でも、自分を離れて他の人を助けることを考えることで、自分を高めることができる。」と話されていましたが、これは、障害者にも、引きこもりの人にもすべての人に言えることです。
また、ビックイシューを創刊されたときに、一番のハードルになったのはホームレスを支援する団体だったというのも皮肉なものです。

英国のビックイシューは、今では投資部門をもち、ホームレス支援だけでなく、ホームレスを生み出すコミュニティに投資したり、通りで雑誌を販売する以外に、さらに上の仕事として取材や調査・編集などをする仕事などを研修をしながら創りだしているとのこと。次のチャレンジへと進んでおられるの様子が伺えました。

帰りに、佐野さんの著作にサインしていただいて満足!

9.2.jpg
「京都式ソーシャル・ビジネス人づくり事業」第三回事業報告会 [2013年03月19日(Tue)]
「京都式ソーシャル・ビジネス人づくり事業」の研修生の事業報告会を開催しました。

副知事になられた山下晃正様に応援メッセージをいただいた後、27人の研修生から、5ヶ月半の研修成果と卒業後の計画についての発表。アントレの研修生4名も持ち時間ぴったりの発表でがんばりました。続いてコメンティターからの助言。
事業としては、収支計画の見通しが心配なものもありましたが、最初のアイデア段階とくれべたら、確実に現実感のあるものになっていました。
ソーシャルな課題だからこそ、簡単には解決できない。それをビジネスで事業としてチャレンジするのだから、続けていただくことがまず第一です。そして、続けるためには、やっぱりお金の計画は大事に。活動を続けながら、事業計画を修正・改善して、成果を出していただけたらと思います。そして、人のために良い仕事をしていたら、自ずと応援者がでてきます。

山下副知事がおしゃっていた「先義後利(せんぎこうり)」考え方にもつながります。利益を追い求めるよりも信頼を追い求めた方が良いという荀子(儒学の祖の1人)の言葉です。大丸の社是でも有名ですが、義理を先に提供するものは後で利を得るという意味です。要は最初に自分の利益を考えるなと言う事。ソーシャルな事業には本当に大事なことですね。

最後に、日本政策金融公庫の京都創業支援センターの城所長様には、終日コメンティターとしてお付き合いいただきました。感謝です。

MR.Yamashita.jpg


houkokukai.jpg
体験セミナー&ソーシャル・ビジネス相談会 [2013年02月08日(Fri)]
当法人も委託で受けております、京都府の「京都式ソーシャル・ビジネス人づくり事業」にて、人づくり事業の成果を活かし、これからソーシャル・ビジネスに取り組もうとする方を支援するための体験セミナー・相談会を府の主催で開催しました。


第2回「京都式ソーシャル・ビジネス人づくり事業」体験セミナー&ソーシャル・ビジネス相談会

1 日 時  平成25年2月8日(金) 14時〜18時
2 場 所  『京都ペレット町家 ヒノコ』2階
       (京都市中京区寺町二条下ル榎木町98-7 TEL:075-241-6038)
3 内 容
  (1)趣旨説明、京都府のソーシャル・ビジネスの取組(京都府)
  (2)ソーシャル・ビジネスモデル事例紹介
  (3)グループワークショップ
  (4)ソーシャル・ビジネスを実践している方々との交流・座談会 
4 講 師 
  特定非営利活動法人アントレプレナーシップ開発センター 理事長 原田紀久子 氏
5 対象者  地域力再生活動に取り組んでいる方
       ソーシャル・ビジネスに関する計画やアイデアを有する方

P1010035.JPG

P1010045.jpg
合同交流会 [2012年12月14日(Fri)]
「京都式ソーシャル・ビジネス 人づくり事業」で4つの委託団体で別々に研修を受けている30名の皆さんの合同交流会が開催されました。

府の企画理事の山下晃正様もお越しくださり、三つの大事なこと(@応援してやろうと回りに思わせる人としての魅力、Aどんなに問い詰められてもへこたれずに提案し・説明し続けるしつこさ(5回は最低)B顧客など貴重な意見を聞いてやり方を変えられる柔軟さ)をはじめ、貴重な応援メッセージを頂戴しました。

その後の皆さんの事業の進捗状況の報告は、10月末の時点よりはるかに具体化していて、4月以降が楽しみになるものでした。最後に、お食事しながらの懇親会。

今回企画いただいた京都ソーシャルビジネス・ネットワークの研修生の皆さん、楽しい会をありがとうございました。

Mr.Yamashita.jpg
入社式 [2012年10月01日(Mon)]
今日は、新しく「地域の担い手応援プロジェクト」で採用した5人の入社式。

午後からは、出町柳からすぐ近くにある多目的カフェの「かぜのね」の代表のお一人春山文枝 様に来ていただき、貴重なお話をお伺いしました。
春山さんがこのカフェを立ち上げるときに大事にされていた3つの視点「参加の場づくり」「オルターナティブなライフスタイルノ提供」「仕事づくり」とても共感するものがありました。
特に、これからの時代は就職先が増えるわけでもなく、従業員で働くことが必ずしも安定や働くしあわせにつながらないことを考えたときの「自営業」という選択枝を増やしていく生き方には、当センターの実施していることをかなり共通する部分もありました。

とても素敵な春山さんに、新入社員5名、夢に向けて気合が入りました!


採用面接 [2012年09月20日(Thu)]
平成24年度京都府の『京都式ソーシャル・ビジネス 人づくり事業』の採択を受け、「地域の担い手応援プロジェクト」で採用する方の面接選考会を行いました。

書類選考に残った方は、皆さん甲乙つけがたく、うーん、短い時間で判断するのは難しい!!
打合せ [2012年09月06日(Thu)]
平成24年度京都府の『京都式ソーシャル・ビジネス 人づくり事業』の採択を受け、「地域の担い手応援プロジェクト」を実施することになりました。

本日は、その委託事業者4団体がそろっての打合せでした。各団体の特色を出したプログラムで人材を募集し、最終30名の人材を6ヵ月預かって起業してもらうことになります。