CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2018年09月 | Main | 2018年11月»
検索
検索語句
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
タグ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
http://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
主夫ウィーク [2018年10月24日(Wed)]

「きょう、まっくらだね」

そだねー

「ごはんのじかんだね」

そうそう。お腹すいた?

「うん」

「あ、ジャンプしたい!」

どうぞ。

両手を掴んでぴょーんっと持ち上げる。
日が短くなり、夕方5時半はもう暗い。朝と夕、どんぐりへの送迎がここ2週間日課となった。

------

10月4日、検診で「安静に」と言われ、安静ってなんだ?ってなって、まぁ家事はやめといた方がいいらしい、と。

東京のお義母さんが予定より半月早く唐桑入りすることになる。それが14日。
つまり1週間ちょっとは、私が炊事&子守り(どんぐり送迎&風呂)担当大臣を仰せつかる。
だいたい、鍋。
10月7日禁酒令公布、9日施行。

2歳半になる息子は、この夏を経て、簡単な日常会話なら通じるくらいのリスニング力をゲットしている。

録画してあるアメトーークのおかげで「USA」も踊れる。
「ターモンベイビー、アメリター♪でしょ」
そうそう。

ひらがなを読むくらいなら5月ころにはマスターしている。
五十音の一覧を順に指差す。一字ずつ。
「あ、た、さ、た、ナス。は、ま、や、ラッパ、ん。」

か行はまだ上手く言えない。

あと、「な」がどうしても「ナス」になる。「ら」も。
どういう風にインプットされてるんだろう。


風呂では一度「パパのち○ち○〜〜」と言って自分のをふりふりしながら迫ってきた。
2歳で発情することを発見。


とかく、人間の成長は凄まじい。

そんなことを感じながら過ごす主夫ウィークだった。
遠東記「第七章」はじまります [2018年10月16日(Tue)]

「たくまさん!?」
コンビニを出ると下校途中の高校生に声をかけられる。
会釈しているのは、漫画で描けそうな満面の笑顔。相変わらずのずしっと大きな体に、黒い肌。

彼と出会ったのは2年前。NHKの収録で出会って、一緒にプロジェクトに取り組んだことがある。
(参照記事:高校生の活躍がテレビで「NHK総合 復興サポート」


進路は?決まった?
「はい、進学します!」


お、大学?専門?
「専門学校です!ぼく、保育士になりたいんで」
決まったばかりです、とニコニコしている。


おぉ!そうか!と握手。うれしいなぁ。そうかそうか。
「たくまさんはー、息子さん元気ですか?」


元気だよ。もうすぐ2人目も生まれるよ。
「ほんとですかー!」


専門だと2年か。気仙沼には?帰ってくるの?
「帰って来ますよ!」


こっちで保育士やるんだ〜
「はい!たくまさんもお子さんぼくに預けてくださいよ〜」


いいねぇ。うれしいねぇ。
じゃあまたまちづくりだなんだで絡むこともありそうだね。
「そうですね!楽しみっすね!声かけてくださいよ!」


あと2年したら、一緒に酒を呑もうな。


そう言って彼とは別れた。私の車に向かってお辞儀をしている。
あんなに礼儀正しかったっけ。愛嬌のよさは変わらず、そこに礼儀が付け加わったカンジ。

会うの自体は半年ぶりぐらいだけど、ずいぶんと成長したんだなぁ。
やっぱり人サマの成長を見るってのはいいねぇ。こっちまでうれしくなる。

こういうことなんだろうなぁ、とじんわり来る。

------

夏前あたりから、まるオフィスの目指すこと、そもそも理念から見直しをしている。
(毎年してる気がするが…)
ずいぶんと心を擦り減らす作業でして。


「NPOは自らを定義する組織である」byピーター・ドラッカー


営利組織と異なり「利益の最大化」という分かりやすい目的もしくは目標がない私たちは、存在意義を自問しながら歩んでいる。しかもウチは「◯◯をこの世から根絶する!」という課題解決型のNPOでもないから、余計ふわっとしている。

まるオフィスはこれからどう歩いていくのか。私自身はどうだろう。

そんなことを、大げさではなく毎晩、問うた数ヶ月だった。

ここに来て、ぼんやりトンネルの出口が見えてきている。気がする。2020年問題を乗り越えることができる体制をつくる、までは至っていないが。

いずれにせよ、曇りときどき晴れの毎日だ。遠東記も止まった。
今日は特に曇りだった。

------

こういうことなんだろうなぁ、とじんわり来る。
頭でごちゃごちゃ考えて、ホワイトボードをぐるぐる塗って議論していることなんだけど、人材が育つとか、還流が起きるとか、こういうことなんだろうなぁ。

とまとの笑顔見てたらわくわくするもんな。



よし。
遠東記を書こう。

4ヶ月ぶりの再開。
遠東記「第七章」はじまります。