CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2016年09月 | Main | 2016年11月»
検索
検索語句
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
http://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
はじまりのおわり〜経営未来塾卒塾式〜その2 [2016年10月30日(Sun)]

2016年5月。りょうたとさらの結婚式で東京へ。

その3次会。
さらの同級生のしゅんとあぐらをかいて乾杯する。
さらもしゅんも唐桑出身。2011年、高校3年生のとき、私たちFIWCの活動に参加してくれていた。
自分たちも被災した高校生。それにも関わらず、ガレキ撤去のボランティアによく来てくれた。
しゅんの恋愛相談も受けたし、バカ話もよくした。
1年経って、しゅんは進学のため仙台に出た。そのまま仙台で就職した。
たまに帰省した際は、決まって私の好物の喜久福をお土産にホーム(拠点のプレハブ)に顔を出してくれるのだった。

仙台に出てから4年が経った。
「おれ、唐桑に戻ることにしました」
3次会の居酒屋でしゅんが言う。おぉ、そうか。
「唐桑に戻るキッカケは、たくまさん、あなたです」
え。耳を疑う。
「ずっとぼくの地元で昔も今も変わらず活動しているたくまさんたちを見ていました。
おれは仙台で一体何やってんだろうって。ずっと思ってたんです」
しゅんは酔っていた。
「当時18歳のぼくは、たくまさんに出会って変わりました」
口調は少し震えているがしっかりとしている。

「ぼくは、唐桑に帰って、18歳のぼくに出会いたいんです」

感動した。
人生には「歯を食いしばってここまでやってきてよかったな」と思える瞬間が、たまにやってくる。
頭をうなだれて、それを噛み締めた。私も酔っていた。
そうか。ありがとう。

---

2016年10月16日。
第5期経営未来塾卒塾式。

8分間、志を伝えるスピーチをする。半年間の集大成として。
正直に言うと、こんなに話していて私自身が気持ちよかったスピーチは初めての経験だった。

「地域"協"育」をはじめます。
その原体験にある、厳しく優しい唐桑半島の集落コミュニティ。
ここは「被災地」ではなく、ここは社会の最前線でした。
そして、私は移住者ですが、移住者だからこそできることがあります。
それは、地元へのUターン者を生むことです。
地域協育プロジェクト「じもと◯◯ゼミ(まるゼミ)」を立ち上げ、Uターン率を上げます。
私は、Uターン、Iターンを生み、気仙沼を持続可能なまちにします。
そしてそれは、日本中のロールモデルになります。

…私はある青年に出会いました。彼は震災当時、高校生でした。

スピーチの最後に、上のしゅんの話を出した。この上半期で最も嬉しかった言葉だったから。
しゅんも会場に来ていた。顔はできるだけ見ないようにした。
康彦さんも来てくれた。康彦さんの顔もできるだけ見ないようにした。
スピーチが止まりかねないから。ただでさえ自分の話に酔い、感極まっているのだ。
こうやもいる。スマホをかざすえまもいる。みっぽも。ひでき先生が手を振ってる。間に合ったみたいだ。みほと東太もいる。

スピーチが終わってひと呼吸すると、最前列の事務局の森さんが両目をぐっと押さえている。糟谷さんの目も真っ赤だ。驚く。
段から降り、アイリスオーヤマの大山社長や市長ら前列の方々にお辞儀をする。
トーマツの谷藤さんががっちり握手してくれる。新日本監査法人の有倉さんとがっちり握手する。水橋さんはじめメンター陣の方は見ないようにした。目が限界だった。

席に戻ると、つらつらと涙が流れた。よかった。なんとかここまでもってくれた。
つらつらと溢れる涙は、同じく唐桑を拠点とする歩さんのスピーチまで続いた。

休憩時間、ISLの片岡さんに「ここまでやってくれるとは思ってなかった。最高だった」と声をかけてもらう。

よし。
ここからだ。これは、はじまりのおわりだ。

---

以上2回に渡る長い記事でしたが、これは自身の備忘録。

卒塾式間際は本当に精神的にも体力的にも崖っぷちが続いた。
明け方、寝ぼけてむくりと起き上がり、仕事の夢を見ていたのだろう、正座して誰かにひたすら謝る私。それを息子の夜泣きだと勘違いして、妻がとんとんとあやす。そんな地獄絵図が繰り広げられていた(笑)。妻も夜泣きで参っていた。

そんな経営未来塾が終わったのだ。すがすがしくも寂しい気持ちがどんより。「塾ロス」「メンターロス」にかかる。
そんな冗談を言ってるうちに、早半月が経った。
…が、すべてがいきなり上手く回り始める訳もない。
卒塾式の懇親会の挨拶で市長がこう言った。「雲外蒼天、という言葉を開講式で贈りました。みなさん、どうですか!今日一日限りかもしれませんが、雲外蒼天、今日は楽しみましょう(笑)」
まさにその言葉のとおり、翌日からすぐさままた雲の中にすっぽり入ってしまった。

雲の上には雲がある、ということだ。
このまま天まで突っ切るしかない。

---

本当に多くの監査法人のメンターのみなさん、市役所の事務局のみなさん、企画をしてくださったみなさんに育てられました。
そして、私が事業構想書、事業構想書、じぎょーこーそーしょ、じぎょーこーそー…と半年間言い続けてろくに仕事をしなかった分、文句を一度も言わずに黙ってそれをカバーしてくれた弊社のスタッフに、最大限の謝意を伝えたいです。

本当にありがとうございました。
この下半期から還していきます。
はじまりのおわり〜経営未来塾卒塾式〜その1 [2016年10月17日(Mon)]

2016年夏。
「あのー、たくまさん、今度10月に弁論大会があるんで聞きに来てくれませんか?学校代表に選ばれたんです」
地元の中高生向け漁師体験「すなどり先生」が終わり、片付けをしてるときだった。
唐桑中学校3年生の子がそう話しかけてくれた。よくすなどり先生に参加してくれる子だ。
おー、いくいく!何についてスピーチするの?
「…」
ちょっと恥ずかしそうにし始める。
「…本人の前で言うのは恥ずかしいんですが、たくまさんたちとの出会いで私の視野が広がったっていう…」

---

2013年夏。
「まち歩き」を唐桑の神止集落で実施した。当時、市の地域支援員として企画した。
住民と大学生らと集落をくまなく歩き、発見したものを絵地図とカードに起こしていく。そして、住民を集めて発表会を開く、というものだ。
この夏から地元の唐桑中学校の生徒数名にも参加してもらって実施することができた。
その発表会に、その集落の小学校6年生の女の子がおばあちゃんに連れられてやってきた。
その子はとても興味深く自分の集落の絵地図を見て、ここはこうだ、ここはああだ、と指差しては大学生と話していた。
へぇ。小学生が来てくれたんだ、と嬉しくなる。

1年後。
また中学生にも参加してもらってまち歩きを実施した。すると、その子が来ていた。1年生になっていた。
あれ。この子、あのときの。

1年後。
唐中のあべ教頭先生が言う。
「たくまさん、ゆきがね、去年よっぽど楽しかったみたいで、今年はまち歩きやらないのか、やらないのかって言うんですよ」
あべ先生はいつも私の火付け役だった。
そうなんですか、じゃあやらない手はないですね。
そこで「戦後70年」をテーマにNEWまち歩きを企画した。
(当時の記事:「唐桑と戦争A〜生きた教材〜」http://blog.canpan.info/entoki/archive/220
あべ先生の言うとおり、その子はまた来てくれた。

それを機に、あべ先生にお願いしてはちょこちょこ中学生と関わるようになっていく。
移住者と唐中生の座談会。漁師と唐中生の座談会…
その子はいつも中心メンバーだった。気づけば生徒会長になっていた。
「来年のまち歩きは何するんですか?」その子は私に会うたびにそう聞いてきた。

---

2016年10月。
気仙沼・南三陸1市1町の全中学校からひとりずつ代表が集まって、弁論大会が開催された。会場はたまたま唐桑中学校だった。
ひとり5分。魂のこもったスピーチを体育館の壇上でマイクを通して語る。聴衆は開催校である唐中全校生徒と来賓、来客。

その子の番が近づいてくると、来客席に座っている私たちまるオフィスのメンバーも自然に緊張しはじめた。
その子の1人前の鹿折中学校の生徒がスピーチを始めたときだ。
ポケットのケータイがブーブー震えている。見ると市役所の人から。
メールも来ている。
経営未来塾に関してだった。取り急ぎ、メールだけぱっと見る。
すると、経営未来塾卒塾式での事業構想プレゼンターに選ばれました、というメールだった。
塾生19名中4名だけ選ばれるというプレゼンター。
動揺する。
うれしい!!やった!が3割。げ!これじゃまだメンタリングが続くってこと!?勘弁してくれ…が7割。

なんだか動揺が続くなか、司会者がその子の名前を呼び、彼女は壇上に上がった。

あれ。
他人事じゃなくなってきた。
自分も3日後には、壇上に上がり、市長はじめ大勢の市民の前でスピーチとプレゼンをするのだ。

彼女は堂々と語り始めた。
「あーあー。都会っていいなぁ。なんにもないなぁ、唐桑って…。私にとって都会は憧れでした」

都会にずっと憧れていた彼女は、震災復興支援を機にふるさとにやってきた移住者に出会う。
「なんでこの人たちはわざわざこんな何もないところにやってきたんだろう…そう不思議に思いました」
ある移住者は言う。「漁師さんってカッコいいよね!唐桑の人たちってカッコいいよね!」
彼女はショックを受ける。

「悔しい!!私はそう思いました。なんで自分はこの人たちより長くこのまちに住んでいるのに、このまちの人たちのカッコよさに気づけてないんだろう」

震えた。中学生のスピーチに、5分間終始魂が震え、手がわなわなしたのだ。
彼女のスピーチはこう締めくくられた。

「唐桑に限らず、多くの若い人たちが住み慣れたふるさとを離れるのはなぜでしょうか?

『夢を掴むため』だという理由の裏側には私と同じように都会に『楽しさ』を求める思いがどこかにあるのではないかと思います。

でもその誰かの手でつくられた『楽しさ』は
あなたに、何を残すのでしょうか?

ふるさとを知り、ここにしかないものを学ぶ。
そして自分たちの視点で地域の課題に立ち向かい、
ふるさとを魅力的なまちにしていく。

それがこの地で生まれ、ふるさとに育まれた
私たちにしかできない未来を形づくる『楽しさ』だと思うのです。

『唐桑のカッコいい人』!!!

そう呼ばれることが私の目指すこれからの生き方です!」

拍手喝采。
彼女は最優秀賞を受賞した。

新しい世代の新しいふるさと観が、そこにはあった。

パチン。
スイッチが入った。

よぉし。これは返さなきゃな。
次はオレが魂のスピーチで聞く人たちを震えさせる番だ。

卒塾式は3日後だった。

つづく