CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2016年06月 | Main | 2016年08月»
検索
検索語句
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
http://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
父になり 親ばかになり 初幟 [2016年07月06日(Wed)]

「父になり 親ばかになり 初幟」

姫路の実家から祖母の俳句が届く。
旧暦の端午の節句のころで、唐桑では鯉のぼりがはためくころ。

IMG_9784.JPG


さて、はじまりました「遠東記」改め「親ばか記」。

4月26日に長男が誕生。
30日に母子ともに退院し、その日には姫路からわらわらと両親、祖母、一番下の弟が上京。
5月2日に区役所に出生届を提出。
本籍:兵庫県姫路市
生まれたところ:東京都練馬区
住所:宮城県気仙沼市唐桑町
これが江戸時代ならインターナショナルな出生届。
5月4日、義父さんが筆で半紙に名前を記す。

それから1ヶ月後。
6月9日、東京は吉祥寺の武蔵野八幡宮でお宮参り。
翌6月10日、立派なチャイルドシートに揺られて6時間、長男が唐桑に初上陸した。

いらっしゃい、ここが5年前からパパが世話になっているまちなんです。
車を降りると早速、馬場ノ浜の潮風と初対面。これからは毎朝この潮風を浴びるんですよ。
馬場家のみんなとも初対面。えいか姉ちゃんがほのちゃんを抱っこして登場。ひとつ先輩のほのちゃんが興味深そうに顔をのぞき込む。
(実の)おじいちゃんおばあちゃんが近くにいないのは淋しいけど、このまちにはたくさんのじいじ、ばあば、兄ちゃん姉ちゃんがいるんです。一見不思議なことだけど、不思議でもなんでもないんです。
さて、どんな景色を見てどんなことを感じて、貴方は育つんでしょう。
たっぷり外海の荒波にもまれて、できるだけたくさんの先人にたくましく育ててもらいなさい。

「はじめまして、加藤東太(はるた)です」

気づいたら7月になっていた。
休みがあると息子を連れて、挨拶を兼ねてちょこちょこと町内をまわり始めた。

IMG_0927.JPG