CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2016年04月 | Main | 2016年06月»
検索
検索語句
<< 2016年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
http://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
小原木小の運動会 [2016年05月28日(Sat)]

小原木小学校の統合が平成29年4月から平成30年4月へ1年延期、とのニュースが地元紙のトップを飾る。
小原木小は、唐桑地域にある3小学校の内の1校だ。
平成27年4月に唐桑中学校と小原木中学校が統合したばかりだ。
続いて、平成30年に唐桑小学校と小原木小学校が統合すると、小原木地区から小中学校は無くなる。
気仙沼市の旧唐桑町は、かつて明治の時代、北の小原木村と南の唐桑村が合併してできたまちである。その名残で、今も小原木のじいちゃんばあちゃんは、南部(旧唐桑村)のことを「唐桑」と呼ぶ。
何年か前に小原木の舘地区でまち歩きをしていて、「おれ、唐桑のこどよぐ分がんねぇからなぁ」というばあちゃんがいて(ん、ここも唐桑町なんだけどなぁ…)と不思議に思ったことがある。

ちなみに、同じくもう何年も前の話。馬場のくんばんちゃんのお孫さんが気仙沼旧市内から唐桑に遊びに来ていたときの話。いたずら好きの小学生の女の子だ。
「ねぇ、◯◯ちゃん、どこ行ったの?」と不意に聞かれたので、
「あぁ。◯◯なら今日は気仙沼に買い物に行ったよ〜」と何気なく答えたら、
「…?ねぇ、ここも気仙沼だよ」
と小学生に指摘されて閉口した。
ちなみに、この春気仙沼と唐桑が合併して10年が経った。

---

話を小原木に戻す。
そんな小原木小学校の運動会に先日参加してきた。
仲のいい先生に「当日スタッフとして期待していたOBの高校生が来れなくなった。来てくれ!」と頼まれて、ほいほいと嬉しそうに参加してきた。
小規模学校は、先生の数が少ない分、大変だ。
まぁ我々からすれば、休日に運動会に参加だなんてステキな過ごし方だ。

全校生徒で30名ちょっと。
今までは小中合同で運動会を開催していたが、昨年から中学校が唐中と合併したため、小原木小単独開催となってしまった。
見ていて、やはり寂しい。
学年別リレーなどは基本数名で行うことになる。3人で「ヨーイ、どん!」

私の姫路の母校はひと学年150名、計1000名のマンモス校(…という認識はないのだが)だったので、クラスごと、町ごとに代表を出し合ってリレーをやった。故に、まずはクラス代表・町(地区)代表に選ばれるための予選に向けて必死だった。
まぁ本番のリレーともなれば、運動会の花形中の花形だった。あそこに立ちたい。
「こうやって走るんや!こないしたら、はよ走れるわ!手をな、こうしたらえぇねん!」
当時、映画「ターミネーター2」を見ていて、家で両親が言う。めちゃくちゃ足が早い液体金属のターミネーターの走りをマネしろという。
(よっしゃ、任しとけ!駅前町の代表に今年こそなったるで!)
でも結局、これ(同地区の同級生のこれやすクン)には勝てず、よく涙を呑んだ。来年こそ!と思う訳である。

(あんな悔しい想いも、たった3人じゃできないだろうに)
そんなことをぼんやり思い出す。

IMG_9445.JPG

(全校生徒による紅白応援合戦)


「よぉ〜」
「あ!」
小原木小出身の中1軍団を発見。みんな唐桑中学校のジャージを着て、遊びに来ている。
昨年度この子たちが6年生のとき、総合学習のアドバイザーとして私は学校に何度かお邪魔していた。なので顔見知りだ。たった数ヶ月ぶりの再会だが、なんだかみんな大人びている。

アナウンス「続きまして、OBの中高生も参加しての、借り人競走です」
高校生の替わりに、私たちからくわ丸が参戦。
選手入場。
中学生と並んでイチニ、イチニ。「ふふ、高校生に見える?」
「は?見えないし。おじさんだよ、おじさん!」女子中学生に一蹴される。
…確かに、もう10コ以上違うのか。

アナウンス「続きまして、保護者と地域の方による、綱引きです」
地区のじいちゃんたちがわらわらと出てくる。ばあちゃんまで出てくる。

アナウンス「続きまして、中学生の先輩との小原木ソーランの共演です!」

アナウンス「最後に、校歌斉唱です」
「海幸しげき 小原木の 秀麗の地を 故郷に…」会場から湧く、校歌。

当校の歴史を遡れば、明治にまで行き着く。1世紀以上の歴史だ。
震災後は、祥子、国権、真弓、と私の仲間たちが非常勤としてお世話になった学校である。

平成30年まであと2年。
小原木小の運動会もあと残すところあと1回なのか。
なんとかなるさ、では、世の中なんともならない。
そういう時代に私はいる。

早朝からパラパラと降っていた雨は、運動会が終わるころには人知れず止んでいた。
スイスに行っちマッターホルンC「地域アイデンティティ」 [2016年05月24日(Tue)]

つづき
(前記事はコチラ

4.地域アイデンティティを育みながら
前項の「地域におカネを落とす」をもっと踏み込んだ表現に替えてみる。
それは「地域からおカネを出さない」ことだ。
昨今、地域づくりの成功事例と囃されながらもそれが持続せずに衰退するという市町がちらほら。
それはなぜか。
それは「外からおカネを稼ぐ」ことに関しては成功したのだが、「地域からおカネを出す」ことを止められなかったからではないだろうか。とかなんとかエラそうに言ってみたり。
徳島の某町、北海道の某市。

ツェルマットでガイドをしてくれたミス・ジュンコが「地域産優先」に関して、あるエピソードを話してくれた。
「私がここに移住してきた当初、みんながなぜ価格が高くても地域産のものを買うのか不思議だったんです。そこである主婦に聞いてみたんです。そしたらこんな答えが返ってきました。
『だってヨソのもの買って、まわりまわってウチの旦那の職がなくなったらどうするの』」

なぜツェルマットにはこのような意識、いや「思想」が根付いているのだろうか。もはや習慣、マナーに近い概念かもしれない。
そのヒントは、地域教育にあった。
地域教育とは詰まるところ何なのか。それは「地域アイデンティティをどう育むか」。
ツェルマットの学校では、地域の大人(事業者)を呼んできて学校の授業内であれこれ地元について講話してもらうことがある。
先生はあくまで州の職員にすぎず、コーディネーター役だ。
ここがおもしろい。教育者であると同時に、地域と子どもを引き合わせる媒体でもある、という感覚だ。
(地域の大人はもちろん無償でそれに協力し、それは「名誉ある負担」という概念とされる)
このように地域の人間が地域のことを知っている/語れるのは大前提で、それは小中学校で徹底される。
州の独立性が高いスイスだからこそ可能なのだが。
気仙沼だってがんばってるもん。最近の気仙沼の高校の取り組みには目を見張るものがあるもん。
「高校でそういうこと(地域教育)やってると、笑われますよ。まだそんなことやってるの?って」
ぐさり。
高校を経て一度はツェルマットを出る子ももちろんいる。しかし外で出るのはあくまで「修行」のため、だそうだ。
小中学校の地域教育が、結果高いUターン率を確保している、と言える。

修行かぁ。
地域づくりの大先進地・海士町の岩本悠さんがこう語ったのを思い出す。
「『ふるさと』の歌詞にこうあります。『志を果たして いつの日にか帰らん』。
 これはかつてのふるさと像です。
 ボクたちはこう替えて唄います。『志を果たしに いつの日にか帰らん』」
日本も静かに変わりつつある。

山田氏は語る。
「地域アイデンティティを育みながら、食える仕事をつくることが大事。
 結果、ツェルマットで人口減少は起きていません」
この章をまとめると、DMOを下支えする地域教育の役割が見えてくる。
「外からおカネを稼ぐ」=「食える仕事をつくる」DMOの役割
「地域からおカネを出さない」=「地域アイデンティティを育む」地域教育の役割

以上、ざっくり私が感じたことのメモだ。言葉足らずで申し訳ない。
DMOに頭を抱える私たちに、山田氏は要は「地域経営」だと言う。
「DMOである必要はない。
 地域経営を言うなら、
 観光地振興を指すD(デスティネーション=目的地/着地)でなくとも、
 A(エリア)でもR(リージョン)でもいい。AMO、RMO。
 O(オーガニゼーション)である必要もない。C(センター)でもいい。DMC。
 気仙沼の好きなようにしたらいいんです」

ある視察団の方が笑いながら言う。
「よし。気仙沼版DMOは、どーせなら(D)もっと(M)おもしろいことやろうぜ(O)!だな」

---

さいごに 株式会社気仙沼として

気仙沼を経営しよう。有機的に、創造的に。
まちをひとつの会社に見立ててみよう。
企画部はどこだ。営業販売部は誰だ。広報宣伝部は。総務部は。人事は。生産製造部門は誰だ。
その会社の収支は。優秀な人材はいるか。社内ベンチャーが起きやすいか。
官とか民ではなく、みんなで気仙沼を鳥瞰してみよう。
いち株主として、いち社員として、自分を見てみよう。

日本では、倒産目前の数千人の「会社」が最近画期的なベンチャー事業を始め、注目を集めている。
それを指をくわえて羨ましがるのではなく、
同じくいずれ倒産を指摘されている7万人の当社のやり方を模索しよう。

おわり

---

【ツェルマット視察メンバーによる報告会やります!】
今年 3 月 21 日(月)~28 日(日)に実施されたスイス視察メンバーによる報告会を開催します。スイスでの学びの共有に加え、DMOとは何なのか?の説明、また今後この知見を気仙沼市でどのように活かしていくべきかの提言なども行う予定です。

日 時:5月25日(水)18:30〜20:30
会 場:気仙沼市役所ワンテン庁舎 大ホール
参加料:無料

<お申込み方法>
以下問い合わせ先に 事業所名・連絡先・受講者氏名をお知らせの上、お申込みください。
一般社団法人リアス観光創造プラットフォーム
TEL 25-7115 FAX 25-7119 info@rias-kanko.com

主 催:一般社団法人リアス観光創造プラットフォーム

スイス視察報告会チラシ修正反映new!.jpg


※私もプレゼンするので、是非聞きに来て下さいネ!
スイスに行っちマッターホルンB「マーケティングと地域」 [2016年05月23日(Mon)]

つづき
(前の記事はコチラ

2.マーケティングなしに企画は打たない
「商売がどんどんダイレクトになってきてる(中抜きが起きている)。
 そうすると、顧客のDB(データベース)を持ってるところに人が集まってくる」
山田氏は語る。宿泊客のDBは観光局が管理しており、それに基づき地域のイベントが開催される。
例えばツェルマットで開催されるまちの音楽フェスでさえだ。
「調べなしには開催しない」
徹底したDBの活用。

そして「人泊数」に意味があるのであって、所謂「入込数」は無意味だという。
さらにリフト等の移動のチケットで、域内のお客の移動も把握できる。紙ベースの満足度調査アンケートも年6回は実施する。

徹底したマーケットイン。マーケットがないとプロダクトはつくらない。
「日本の地方の商品は、プロダクトアウトばっかり」

ぎく。

3.地域におカネを落とす
「地域におカネを落とす」とはどういうことか。
例えばそれは村外からのお客におカネを落としてもらう、ということだけを指すのではない。
「住民1人の年間消費額を100万円だとした場合、
 例えばその1%=1万円を地域で消費しよう。
 そうすると6万6千人の気仙沼では、年間6億6千万アップすることになる。
 たった1%アップしただけで」
地域産最優先は、ツェルマットでは当たり前だと言う。
景気がよくなるための基本はキャッシュフローがまわること。
地元の意識・考え方が本質的でシンプル。
哲学の部分で、全く観光客に媚びていない。故に一流のリゾート地になった。

「地域の発展の指標って何ですか?」との質問に山田さんはこう答える。

「個人の所得と税収アップでしょう」
志とそろばん、そんな言葉をふと思い出す。

10419428_1181480768543726_7694524807431987361_n.jpg

(標高3,100mでランチを選んでくれる 観光カリスマ 山田桂一郎氏)


つづく

---

【ツェルマット視察メンバーによる報告会やります!】
今年 3 月 21 日(月)~28 日(日)に実施されたスイス視察メンバーによる報告会を開催します。スイスでの学びの共有に加え、DMOとは何なのか?の説明、また今後この知見を気仙沼市でどのように活かしていくべきかの提言なども行う予定です。

日 時:5月25日(水)18:30〜20:30
会 場:気仙沼市役所ワンテン庁舎 大ホール
参加料:無料

<お申込み方法>
以下問い合わせ先に 事業所名・連絡先・受講者氏名をお知らせの上、お申込みください。
一般社団法人リアス観光創造プラットフォーム
TEL 25-7115 FAX 25-7119 info@rias-kanko.com

主 催:一般社団法人リアス観光創造プラットフォーム

スイス視察報告会チラシ修正反映new!.jpg

※私もプレゼンするので、是非聞きに来て下さいネ!
スイスに行っちマッターホルンA「危機感が生んだPublic」 [2016年05月20日(Fri)]

つづき
(前記事はコチラ

1.「官」でも「民」でもない「公」
まず、一番印象に残っている言葉のひとつ。
ブルガーゲマインデはつまり官ですか?民ですか?と聞く日本人が多いそうだが、そもそも地域振興を考える上で必要なのは、官でも民でもない「公」という概念だ。
この組織は、官と連携しているが税収は1フランも入っていないため官ではない。
この組織は、100%出資の株式会社マッターホルングループ(ホテルやレストランを経営)によって軍資金を得ているのだが、組織自体は民間会社ではない。
官民を包括する「Public(公)」に資する組織なのだ。

IMG_8559.JPG

(まちの脳ミソである組織「ブルガーゲマインデ」の事務所)

日本人の感覚でこれを噛み砕くのはなかなか難しいのかもしれない。
視察団のある方が夜こんな話をしてくれた。「明治に入って『Public』という単語を、福沢諭吉は『公』と訳したが、山県有朋は『官』と訳した、という。」
なるほど。日本と欧州ではPublicという概念にズレがある。革命の歴史がない日本※において、「Public」を担うのはずーっとお上(カミ)であり、新政府つまり「官」だった…のかもしれない。
(※明治維新は武士階級内のクーデーターに過ぎず、革命ではない。と思う)

さらに驚くのは、ツェルマット400年の歴史を聞いていても、誰一人として「HERO」が現れないのだ。
蝦夷地のようなある種の被差別地域でとても貧しい地域だったツェルマットは、カリスマに依らず、住民が細々と自分たちでホテルを建て、登山客を呼び、鉄道を通し、まちを経営してきた。
もともと一緒だった役場機能から「ブルガーゲマインデ」として独立したのは1969年。そんなブルガーゲマインデを支えるのは1,500人にのぼる会員だ。昔からの地元人(ジモティー)だそうだ。

私たちは山田さんに不思議そうに聞いた。実際、不思議だった。
「住民どうしで足の引っ張り合いとか起きないんですか?」
山田さんはあっさりと答える。
「そんなことしてたら、みんな死んじゃいますから」
山肌は岩、岩、岩。誰がここに住むと言い出したんだと思うような山の中。故に古来から知恵を絞って生きてきたという。

IMG_8623.JPG

(山岳鉄道から俯瞰するツェルマット。農業は…不可)


まちはカーフリーつまり自動車禁止で、まち中にマッチ箱のような電気自動車・電気バスがうろうろしている。制限速度はなんと20km。この形状にしたのも、住民協議による結果だとか。車で来た観光客はひとつ手前のまち(テーシュ)で駐車し、電車でツェルマットに入る。
さらに、その電気自動車をつくっている会社もなんとツェルマット内にあるという。
発電も自分たちで工夫する。水路を使った水力発電などなど。
基本「自分たちでつくっちゃえ」。そうすることで、自分たちでメンテナンスできるので、ランニングコストも抑えられる。地域の外におカネが出ていかない。
そうして自然環境を守る。観光資源を守る。生きる手段を守る。

IMG_8625.JPG

(メーカーすら内包するという脅威のツェルマット式電気自動車)


「スイスは貧しいですから」よく聞いた言葉。歴史的にスイスを支えた産業は「血の輸出」つまり「傭兵」だったという。各国に雇われたスイス人同士が殺し合ったという歴史も。
それほど貧しい土地なのだ。しかし、その結果が現代のスイスブランドを産む原動力となったという訳か。
金融、観光、時計、薬…。街中に溢れる赤字に白のクロス。国旗自体が高品質なイメージを与える、不思議な力だ。

「あいつは嫌いだけど、正しいこと言ってるから支持する」スイスと
「あいつは正しいこと言ってるけど、嫌いだから支持しない」日本。
そんな対比も出された。何も言えず、へらへら笑うしかない。情けない。

日本は資源に溢れている。しかしそれ故に「公」が育たなかった、ということなのか。
むむむ。そんなはずはない。このテーマ、奥が深いぞ。
考えていて、こんがらがる。

IMG_8547.JPG

(黄昏時のマッターホルン。どうやらこの巨人は表の主役。真打ちではないらしい)


「ツェルマット行ったの?マッターホルンが有名だから成功したまちでしょ。
 気仙沼の参考になんてならないよ」
と言う方も多いが、本質はそうではない。
このまちを突き上げてきたものは「マッターホルン」ではなく「危機感」だった。

つづく

---

【ツェルマット視察メンバーによる報告会やります!】
今年 3 月 21 日(月)~28 日(日)に実施されたスイス視察メンバーによる報告会を開催します。スイスでの学びの共有に加え、DMOとは何なのか?の説明、また今後この知見を気仙沼市でどのように活かしていくべきかの提言なども行う予定です。

日 時:5月25日(水)18:30〜20:30
会 場:気仙沼市役所ワンテン庁舎 大ホール
参加料:無料

<お申込み方法>
以下問い合わせ先に 事業所名・連絡先・受講者氏名をお知らせの上、お申込みください。
一般社団法人リアス観光創造プラットフォーム
TEL 25-7115 FAX 25-7119 info@rias-kanko.com

主 催:一般社団法人リアス観光創造プラットフォーム

スイス視察報告会チラシ修正反映new!.jpg

※私もプレゼンするので、是非聞きに来て下さいネ!
スイスに行っちマッターホルン@「地域経営」 [2016年05月18日(Wed)]

2016年3月。
羽田を男9名で発った気仙沼視察団は、ジュネーヴで1名合流し計10名、やっぱり男だらけでツェルマットを目指した。
ジュネーヴからは鉄路。弓形に東西に延びたレマン湖をなぞるように東進すること2時間半、フィスプ(Vips)で乗り換え山脈の隙き間を南下すること1時間。
「あれがマッターホルンか?」「いや、あれがマッターホルンだよ」
「いんや、あれこそマッターホルンに違いない!」
途上、尖った山を見ればマッターホルンだと命名。そんな冗談を飛ばし合っていると、ぐんぐん列車は山を登り始めた。

標高約1,600m、人口5,700人のまち、ツェルマット。
スイスの南端にあり、マッターホルンを臨む山岳リゾート地だ。
3,000m級の山嶺に挟まれた谷間の終着点がこのまちだ。
本物のマッターホルンは、まるでうつむき加減にまちを見下ろす孤高の巨人で、ニセ・マッターホルンたちとは比べ物にならなかった。とてもシャイで、天気のいい日しか姿を見せないんだという。

こうして私たちの観光先進地スイス・ツェルマット視察が始まった。
キーワードのひとつは「DMO」。
ディスティネーション・マネジメント&マーケティング・オーガニゼーションの略で、着地型観光の新たな仕組みとして注目されつつある組織形態だ。ツェルマットがDMO先進地とされる。
従来の日本の観光地の「KKO(かん・経験・思い込み)」(by大社氏)を脱却して、「経営」の観点から地域のマネジメントとデータ共有に依るマーケティングをしましょう!というもの。

どういうこっちゃねん。

視察団の森さんは帰国後こうブログに書いている。
「DMOとは、地域ブランドをダイレクトマーケティングしていきながら地域側に人とお金を呼び込むシステムのことを言うんですね。」

この論点は、観光だけに留まらず、地域づくり全体に関わる重要な投げかけだ。
これからの地域づくりは、決して行政だけが行うものでも、住民が志と奉仕の精神だけで行うものでもない。まるで会社を経営するように有機的に人と資源を掛け合わせていく、という視点が必要になる。
シホンシュギはあまり好きではないが、興味深い。

そういうこっちゃねんで、私たちは、ツェルマット在住の地域経営プランナー&観光カリスマの山田桂一郎氏を訪ねた。

ツェルマットでは、主に5つの組織:役場、宿泊協会、鉄道会社、索道(ロープウェイ等)会社、観光局、そしてブルガーゲマインデが協働で「地域経営」を執り行っている。いずれも外資は入っていない。
このブルガーゲマインデ(英訳:Civic Community/和訳:住民の共同体)がキーとなる。事業者や地主らの共同体で、地域振興の企画を協議する。いわば地域の「OS」役だ。
どういうこっちゃねん。

この1週間で感じたことを、まだまだ消化吸収できていないので陳腐な所感であるが、印象に残った言葉をもとに書く。

つづく

-------

【ツェルマット視察メンバーによる報告会やります!】
今年 3 月 21 日(月)~28 日(日)に実施されたスイス視察メンバーによる報告会を開催します。スイスでの学びの共有に加え、DMOとは何なのか?の説明、また今後この知見を気仙沼市でどのように活かしていくべきかの提言なども行う予定です。

日 時:5月25日(水)18:30〜20:30
会 場:気仙沼市役所ワンテン庁舎 大ホール
参加料:無料

<お申込み方法>
以下問い合わせ先に 事業所名・連絡先・受講者氏名をお知らせの上、お申込みください。
一般社団法人リアス観光創造プラットフォーム
TEL 25-7115 FAX 25-7119 info@rias-kanko.com

主 催:一般社団法人リアス観光創造プラットフォーム

スイス視察報告会チラシ修正反映new!.jpg

※私もプレゼンするので、是非聞きに来て下さいネ!