CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2015年07月 | Main | 2015年09月»
検索
検索語句
<< 2015年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
http://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
自分を捏造していたのは自分だった [2015年08月28日(Fri)]

先日、ちらっと記事「続・嬉しかったことと、学んだことと、その他ちょっとした報告」に書いた話を掘り返す。

GW前後にドキュメンタリー番組の密着取材的なものを初めて受けた。1週間。
なかなか大変なものだったが、貴重な経験をさせてもらった。
まぁ乱暴に言うと、20代の若者が社会に抗して孤軍奮闘する様子を描く番組。
全国だし30分もある番組だし、当初は心躍るものがあった。

が、しかし。有り難い限りなのだが、なんせただでさえ周囲の目に怯える性格と、ただでさえ周囲の目が光る気仙沼だ。
八日町(気仙沼の中心街のひとつ)でカメラを担いだクルーに出勤シーンを追われるときなんて本当に恥ずかしかった。なんだかんだ体裁を気にしすぎるのは母譲りだ。
「カメラマンなんて連れて歩いて…あいつもとうとう天狗になったカ?」ヒガイモーソーな自分にはそんな声が周囲から聞こえてくるようで、おっかないっちゃありゃしない。

「俺もあったよ。そうゆうこと。まぁ、ありゃ御祓(みそぎ)だな。かっかっ」
そう言ってくれたのは、尾野寛明氏。学生時代に起業して、今は地域の若手人材育成の第一人者。島根と東京の所謂二拠点生活をしているのだが、この春からおよそ月に1回気仙沼にお呼びして一緒に仕事をさせてもらうことになった。
ミソギ=通過儀礼か。俺だけ特別じゃないんだ。なんだかその言葉を聞いてすーっと安心した。

オンエアは夫婦でテレビの前に座ったが見れたもんじゃなかった。
1週間カメラを回したものが30分に編集されている。「編集」というものは恐ろしいほど素晴らしい。
なるほど、ドキュメンタリーは単なる記録映像ではない。ディレクターは取材しながら「加藤拓馬」をシンプルにズバッと伝えるストーリーを練っていく。そして切り取ったシーンとセリフをそこにはめていく。

かっこ悪い。見ててそう思った。
大人ぶったことをやっているつもりだった私が、テレビの中で青二才に描かれている。
編集するとこうなるのか。いや、違う。私は客観的にそう見えているということだ。

自分を捏造して都合よく編集していたのは自分だった。
まるでよく映る鏡を見ているみたいで、私は私の顔を見れたもんじゃなかった。

幸いなことに、周りからは「感動した!」という声をたくさんいただいた。
意外なことに、地元の中学生がよく見てて、中学生にイジられる。
知らない人からもSNSを通して連絡を頂いた。「あ、テレビ出てた人ですよね?」と気仙沼のまちなかで声をかけられることもあった。何もかもが初めての体験だ。
総じて、貴重な経験をした。
同い歳のディレクターにただただ感謝である。

「人生デザイン U-29」サイトはこちら→
#008 加藤拓馬(復興支援団体代表):
http://www.nhk.or.jp/u29design/archives/15008/index.html
スペシャル 僕らの世代 僕らの仕事:
http://www.nhk.or.jp/u29design/archives/15013sp/index.html
人が住むところじゃないわ [2015年08月22日(Sat)]

初めて入った集落。
「こんなところあったんだ」
唐桑の県道から道一本入ってずーっと下っていくと、浜に辿り着かずこじんまりした盆地に着いた。見渡すと4〜5軒の集落。
盆地の一番低い中心には井戸があり、その井戸を見下ろすように高台にぐるっと家が立ち並ぶ。それをさらに森が囲む。
昨晩、雨が降ったせいか、どこからか沢がせせらぐ音がする。
「“ないものねだり”をやめて“あるものさがし”をしよう」と唱える「地元学」で著名な吉本哲郎師匠は、「水」をテーマに集落を調べろ、とよく言う。
なるほど、集落の形成を語る上で水の流れを知ることは不可欠だ。

小綺麗な格好で歩くおばさんと出逢う。営業でお宅を訪問してまわっているらしい。
「出身はどちら?」
よほどきょろきょろして歩いていたためか、そう尋ねてきた。
「私は兵庫です」
「最近はヨソから唐桑に移り住む人もいるみたいねぇ」
と言ってくれる。徐々に移住者の存在がまちに浸透し始めている。
(あ、その元凶です〜)と心の中で返事する。
「私はね、震災後、新幹線の駅のあるまちに引っ越したの」
ほう。内陸へ。
「とっても便利よ。息子も東京にいるし。
私はこうやってたまに唐桑に仕事で来るんだけどね。
私、ここ(唐桑)に50年も住んでたのよ」
ほう。
「ホント不便よねぇ、ここ」
まぁまぁ。苦笑する。
「悪いけど、人が住むところじゃないわ」
いたずらっ子っぽく笑って、そのおばさんは去った。
またまた苦笑いしながら軽く会釈をする。

こういうことを言われるとテンションが上がる。武者震いする。
「一千年も井戸を取り囲んできた一見“不便”な地域」と
「半世紀間急激に効率を追求して人工物で取り囲んだ一見“豊かな”地域」。
100年後どちらに人が暮らしているのか…
ここから10年、勝負だ。