CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2015年02月 | Main | 2015年04月»
検索
検索語句
<< 2015年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
http://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
テレビでまーす。 [2015年03月31日(Tue)]

4月3日、NHK総合にでまーす。
残念ながら仙台圏ですが。

番組情報
4月3日(金)19:30-20:30
NHK総合 生放送「やっぺぇTVスペシャル」
(一瞬だけですが)私の登場時間帯は19:30-20:00あたりの観光コーナーの2つ目VTRの予定だそうです。
(放送圏内は宮城県だけですので、他地域の方はご了承下さい。)

加藤拓馬
2015年3月11日 [2015年03月22日(Sun)]

2015年3月11日−

唐桑町馬場の浜。
必ず毎年ここでこっそり黙祷を捧げる。
小さな小さな祠の前で。この浜の神様の前で。

目を閉じて立ちつくしていると、ごっと浜風が吹きつける。
目を閉じて足を揃えて直立しているからか、くらくらっとよろけそうになる。

まだまだよろける訳にはいかないのよさ。
「唐桑好き集まれ!からくわ丸東京報告会2015」 [2015年03月13日(Fri)]

明日はいよいよ、実に2年ぶりとなるからくわ丸の東京報告会です〜
詳細&申込フォームは以下です。(当日参加&夜だけ参加も可です!)

---------

からくわ丸が東京にやってくる!
約2年ぶりに活動報告会を開催致します。
たくさんの方々に支えていただいたおかげで、
設立から4年目を迎えられることに
メンバー一同感謝の気持ちでいっぱいです。

唐桑好きのみなさまと久しぶりに顔を合わせ、
「これまで」と「これから」のからくわ丸の活動についての報告や、
意見交換を行いたいと考えております。

・しばらく唐桑にいけていないけれどどうなっているんだろう?
・からくわ丸なにしているの?
・久しぶりにメンバーの顔がみたいなぁ!
・なんだか移住者が増えたって噂だけど?
・2年前の報告会も楽しかったから行ってみよう!
・唐桑好きといったらわたし!
・唐桑はまだ行ったことないけど興味ある!

参加理由はなんでもかまいません。
地元メンバーも唐桑からやってきます。
唐桑好きのみなさまのご参加を心よりお待ちしております!

--------------報告会詳細---------------

【日時】
 2015年3月14日(土)15時00分〜17時30分

【場所】
 「TKP東京駅丸の内会議室」
http://tkpteigeki.net/access.shtml
 ・東京メトロ「日比谷駅」B3出口直結
 ・東京メトロ「有楽町駅」B3出口直結
 ・JR線「東京駅」徒歩7分
 ・JR線「有楽町駅」徒歩2分

【内容】
 1.からくわ丸 in TOKYO
  −からくわ丸代表   立花 淳一−
  −からくわ丸事務局長 加藤 拓馬−
 2.パネルディスカッション
  −地元メンバー× Iターン者−
 3.ワークショップ
 4.じゅいラジCM収録
 (報告会終了後、交流会)
     
【主催】
 からくわ丸-Karakuwa Designers League
 http://karakuwamaru.net/

【参加費】
 無料


----------------交流会詳細-----------------

報告会終了後、気仙沼・唐桑産の海の幸や
地酒を使った交流会を別会場にておこないます!

【時間】
 18時00分〜21時00分
 ※遅れての参加も大歓迎です。
 備考欄に到着予定時間をお書きください。

【場所】
 「宝」
http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13004073/
 ・JR線「有楽町駅」徒歩1分
 ・東京メトロ「有楽町駅」徒歩1分
 ・東京メトロ「銀座駅」徒歩5分
 ・東京メトロ「日比谷駅」徒歩4分
 ※報告会会場より徒歩3分!

【コース内容】
 ・3時間飲み放題(蒼天伝含む)
 ・唐桑産の海の幸をたっぷりつかった料理
 ・立食形式

【参加費】
 社会人 4500円
 学生  3500円


--------申込みとお問い合わせ--------
下記のとおり、フォームにてお申し込みいただけますと幸いです。
フォームURL(担当:根岸えま、宮越逸都子)
https://docs.google.com/forms/d/1Ti33S4w-8_hX2u3p1TFV--Pr9NgrMhDIiyfI8YKvyAA/viewform?c=0&w=1
   
問い合わせ:info@karakuwamaru.net (からくわ丸事務局)
当日連絡先:080-1456-4251(加藤拓馬携帯)
※また、こちらのイベントページの参加ボタンをポチッ!と押していただけると嬉しいです!
※当日参加も大歓迎です!
不安な春 [2015年03月08日(Sun)]

「不安か?」

「…はい。」

「不安を楽しめ。
人は『自由』になると『不安』を感じる。
あなたはこれをしてください、あれをすべきです、と他人から言われる方がよっぽど楽。
何をしてもいいですよっていう状況が実は一番大変や。不安でしかない」

春休みに唐桑に長期滞在している大学生が悩んでいる。
自分は一体唐桑で何をやっているのだろう?
それを明らかにするため唐桑に来たが、滞在すればするほどそれに霧がかかっていく。
長期滞在によくある現象。
ただ一旦霧で前が全く見えなくなったら、あとは晴れるのを待つだけだったりする。

「真っ白な丸い部屋にいるとする。
そこにひとつのドアがある。
『どうぞ次に進んでください』と言われると、人は迷いなくそのドアを空ける。

一方、真っ白な丸い部屋に無数のドアがついているとする。
すると…人の足は止まる。
ドアがたくさんあるときの方が、逆に人は進めへんねん。

選択の自由は怖い。責任が自分にあるからや。
自分が今不安なんは、逆に言えば、自分の前にいっぱいのドアがあるってこと。
こんなに不安で楽しいことはないなぁ」

たま〜にプレハブ小屋で始まる大学生対象活動相談室。という名目で俺が呑んでるだけ。
話している途中から、
自分自身に必死に言い聞かせていることに気づいて閉口した。

26歳になった。
20代を折り返した。
この春は、なんとも「不安」で「自由」な春である。
原田燎太郎氏の唐桑中学校講演B完 [2015年03月05日(Thu)]

つづき

彼のプレゼンが終わると、私も登壇する。
彼と私の対談形式で生徒に質問を聞いていく。

その中で私が故・鈴木重雄さんの話をすることになっていた。
「今日はみんなに一人紹介したい人がいます。
この銅像、どこにあるか知ってる?」
スライドには、2011年唐桑に来たばかりのときに撮った写真。鈴木重雄さんの銅像の左右に馬場康彦さんと私。
「はい!」
ある子が挙手。
「崎浜の…からくわ荘…ですか?」
一人だけ知っている子がいた。

私は鈴木重雄さんの話を子どもたちにした。

越路の話。
愛生園の話。
そして「あの1973町長選挙」の話。
高松園の話。

「当時選挙応援に駆けつけた大先輩たちによく言われます。
『唐桑はキセキのまちだ!』って。
『唐桑はキセキのまちなんやで!』って。
その大先輩たちと唐桑のつながりは鈴木重雄さんが亡くなった後も、馬場さんに引き継がれていきました。

その選挙から40年。
東日本大震災が起きました。
だからね、馬場さんは僕たちにこう言いました。
『鈴木重雄さんがお前たちを唐桑に連れてきてくれたんだなぁ』…って」
自分の話に酔ったのか、ぐわっとこみ上げるものがあって、思わず視界が歪む。
「そういう人のつながりを辿って、俺は今ここで活動しています。
みんなも、そういう人(重雄さん)がこのまちの先輩にいることを知ってほしい」

これは私にとって、この4年弱の唐桑生活の中で一番大きな事件だったかもしれない。
私の原点を生んでくれた原田燎太郎が唐桑で語ったのだから。
ようやく鈴木重雄さんと馬場康彦さんの話を唐桑で公然と語れたのだから。

授業が終わると、校長先生が真剣な顔つきを崩さず彼のもとにやってくる。
「私は最高の時間を過ごしたかもしれません。子どもたちは最高の学びを得たのかもしれません」
教頭先生も興奮さめやらぬ様子。
「子どもたちに種は蒔かれました。
あとは子どもたちがこの種をどう育てていくか、です」

この熱いお二方がいたからこそ、この企画が実現した。
一番感謝しなければ。

私たちが唐桑に来たもう一つの本当の理由を明かした日となった。
「震災」と、もう一つ。

「らい」。
原田燎太郎氏の唐桑中学校講演A [2015年03月03日(Tue)]

つづき

中国のハンセン病快復村に移り住んだ原田氏は、ソウチンクワンら村人(快復者)が差別が故に今も故郷に帰れないことを知る。

「なんで?
ハンセン病はもう治っているのに。

『中国の地元の大学生』を巻き込んで活動をしたい。
そう思うようになった…」

それから12年が経った。
今では日中の大学生や若者ら年間2000人が華南のハンセン病快復村を訪れ、ワークキャンプを通してインフラ整備や啓発活動に取り組む。
彼は2004年に「家JIA」というNGOを立ち上げ、そこが事務局としてキャンパー(キャンプする人)をコーディネートしている。

その2000人の内の1人が、大学時代の私だった。

授業はまとめに入る。
「今日はみんなに贈る言葉があります。

『心の英雄の叫びに従え』」

心には英雄がいて、その英雄が時々ざわつき、必死に何かを叫びだすときがくる。―その叫びに従えばいい。
私も大好きな言葉。白根大輔の言葉。
彼のプレゼンを聞いていると、走馬灯のように私の頭がいろんなシーンを再生し、アドレナリンが出る。

「Anyway i believe your sense.
Don't obey the voice of the others,
but obey the voice of the hero of your soul.

love,
ryotaro
2011.3.26」
あのメールがすっとよぎる。

中学生に優しく強く静かに語る彼の声が一瞬震える。
「もうソウチンクワンはこの世にいないけど、俺の中で彼の魂は生きている」
彼は拳を胸にあてる。
中学生を引き付ける。
校長先生、教頭先生は目を見開いて聞いている。
「みんながいがみ合う世の中じゃなくて、支え合う世の中にしていきたい。
でも、そんな大きなことばかり言ってもピンと来ない。
そこで最後にもう一つ贈る言葉、
『大切な人は実は身近にいる』ということ。
隣の子を見てみて。
家族を思って…」

教頭先生がぐっと頷いた。
中国・ハンセン病・ワークキャンプの話を通して、彼は子どもたちに差別、夢、仲間、家族…いろんなものを投げかける。

つづく