CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2014年07月 | Main | 2014年09月»
検索
検索語句
<< 2014年08月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
http://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
石巻になくて気仙沼にあるもの(シリーズ「春よ来い」C) [2014年08月19日(Tue)]

年度末の記録、シリーズ「春よ来い」。
春どころか秋がやってこようとしている今日この頃。シリーズ最終回です。

---

3月31日の話。
東京の企業から市役所に出向してきている森さんと紫市場のとんかつ屋でランチ。
気仙沼の観光に関することで一緒にお仕事をさせてもらう機会がある。
なんせ東京の一流企業のサラリーマンとお仕事をさせてもらえるだけで、日々いい経験。ミーティングの仕方から何まで、学生上がりでこっちに飛び込んだ私には新鮮。
それに加えて、この森さん含む「出向チーム」の皆さんは、地元にとことん密着する。気仙沼の人材育成、水産、そして観光の振興に取り組む彼ら。泥臭さがあって、尊敬の念に堪えない。

ところで、とんかつ屋。

「石巻と気仙沼の違いって、東京の人からしたら分からないよね」
そう切り出す森さん。
「同じ宮城、同じ水産業のまち、同じ被災地。よそから見たら、何も変わらない」
確かにそうだ。
地元の人から見ればもちろん県内でも全然違うまちだが、その差別化は外の観光客からしたら非常に難しい。
観光の勝負でいうなら、仙台から近い石巻の方が断然有利に思える。
そんなこと考えたことがなかった。

「そこで先日石巻に行ってきてね。
何が気仙沼と違うのか見てきてん」

ほう!それで…

「見つけた。石巻になくて、気仙沼にあるもの。
何だと思う?」

石巻になくて、気仙沼にあるもの…
なんだ。頭の中をくるくる回すが何も出てこない。


森さんはにやりと微笑む。
「唐桑。
唐桑があるかないかや。」

瞬間、ずわっと鳥肌が立った。
市街地から20分でたどり着くリアスの竜宮城。
この絶妙な距離は石巻―牡鹿半島には出せない。

「唐桑は気仙沼の観光のダークホースになる」

ぐぐぐっとこみ上げる想いをとんかつと一緒に飲み込んだ。
復興とは(シリーズ「春よ来い」B) [2014年08月16日(Sat)]

「災害は社会のひずみ(課題)を顕在化させる−」

中越からのゲスト稲垣さんは皆の前でそう語る。
産業の衰退、行政の縦割り、福祉も縦割り、住民と行政の関わり、少子高齢化…
「でも本質的にはね、
(社会のひずみとは)地域社会の課題を(ひとりひとりが)私事として捉えずに、誰かのせいにしていたこと」

「グチ(愚痴)をジチ(自治)に変えろ!」水俣の吉本さんの言葉が頭を横切る。

稲垣さんの講話は、新潟で起きた2つの震災の話へ。
「2004年の中越地震の前にも、新潟では1964年に大きな地震(新潟地震)がありました」
稲垣さんは、山を描くグラフを示す。
縦軸が新潟の人口やGDP。横軸は1945を起点とする年代を表す。
よくある戦後の日本の発展と後退を表す山だ。

1964は、人口やGDPが上り坂の時代。
「当時の豊かさとは、『数ではかれるものが増えること』でした。
人口や経済のことですねェ。
しかも、当時は上り坂にあった訳ですから、

復旧=復興

だった」

元の軌道に戻すこと(復旧)が、つまり上り坂に戻すこと、イコール発展(復興)だった訳だ。

「2004年の中越地震ではどうでしょう」
2004は、山頂を越え、下り坂に入っている。
「豊かさをはかる尺がなくなった」
厳密に言うと、豊かさは尺ではかれるものではない、という概念が生まれた。

「この時代においては、復旧=復興とはならないんですね。
元に戻すって言っても、元が下り坂ですから、復旧≠復興。
今回の東日本大震災もそうです」

豊かさとは何か。
被災した地域だからこそ、社会のひずみが顕在化した地域だからこそ、切羽詰まって問う。
2011年のGWに、FIWCのワークキャンプの大先輩、矢部顕さんがガレキのまちを目の前に言った言葉を思い出す。
「モノは波に流される。カネは恐慌で価値がなくなる。残るのは、人の絆。
ここに価値や幸せを見出す時代が来たのかな」
(参照記事:「GWキャンプが終わり・・・」

時代によって価値観が変わるように、復興のあり方も変化する。
じゃあ、価値観の変革が訪れている今、復興とは何なのか。何が復興なのか。

稲垣さんは言う。
「今、『復興』とは『豊かさ探し』だと思います」

なるほどっ

すっと心に何かが落ちた。
今年の3月20日のことだった。
3年経って、宙ぶらりんだったもやもやがひとつ、すっと着地した。