CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2012年10月 | Main | 2012年12月»
検索
検索語句
<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
http://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
最初の友達 [2012年11月11日(Sun)]

今日、幼なじみのお葬式にいってきた。23歳の若さだ。
生まれてから阪神大震災が起こるまで、神戸の魚崎で一緒に過ごした。
母は言う。「あなたの人生の最初の友達ですから」

8か月に及ぶ闘病生活を耐え抜いた。
ひとまずゆっくり休んでください、と伝えたい。

彼が遺した言葉がある。


「希望という骨にしがみつく闘犬のように」



私は死ぬまで生きることにした。
“いつだって今が大事だからね” [2012年11月08日(Thu)]

ずっと私の活動を応援してくれている岡山の矢部夫妻からお手紙が届いた。
后代さんの達筆な字でこう書かれてあった。一部抜粋させてください。

---

たくまも来年以降のことを案じる気持も解かるけど、
いつだって今が大事だからね。

今何がやれるか?
やりたいか?
やっているのか?

仲間が増えたんだから、思い切りやって下さい。
そのうち又会いましょう。呉々も風邪などに気をつけて。

---

ぶるっと心が震える。いつだって后代さんはお見通しだ。
今を単なる通過点としてしか見てない、いや、ないがしろにしている自分が、あわてて顔を隠す。

今、本当に思いっ切りやってるか?
大隈塾 稲門祭スペシャルの結果 [2012年11月02日(Fri)]

ご無沙汰しております。
前回の告知ですが、日付が記してない!といろいろの方からツっこまれました。すみませんでした。

田原さん、高野さんに刺激を受け、また同じ登壇者のみなさんとつながりが生まれ、非常に貴重な機会になりました。
関係者のみなさま、ありがとうございました。

幅広い知識ととっさのレスができないと、トピックについていけない・・・ということを痛感。
気仙沼で活動しているという自覚を改めて強めたのでした。

田原氏.JPG