CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年09月 | Main | 2011年11月»
検索
検索語句
<< 2011年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
http://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
津波大国〜地震が起きたら高台へ [2011年10月28日(Fri)]

ある地元の方Aさんは酔って言う。
「おれたちは海からの恩恵を受けてきた。
海を恨んだってどうすんの。
1000年に1回だ。高台移転より、再び海に挑戦しろ!
地震時に高台に逃げれば命は助かる。それでいい」

酔った漁師のBさんは言う。
「いいか。地震があったら高台へ。おれらが若いモンに伝えたいのはこれだ。
意識の問題だ。
あの日、(地震から津波到達まで)40〜50分あった。
こう言っちゃ悪いが、意識の違いだ」

---

この地域は、津波の歴史と共にある。
明治の大津波、昭和の大津波、チリ地震の大津波。
言い伝えのように、「明治の津波はここまで来た。昭和のときは…」
と津波の到達ラインが語り継がれている。町中にもそれに関する看板、石碑などがちらほら。

津波にちなんだ地名・屋号(家のニックネーム)も多いという。
代表例は、唐桑名物「折石(おれいし・おりいし)」だ。
断崖絶壁に力強く男根のようにそびえ立つ石、唐桑のシンボルなのだが、過去の津波で先端が折れた。そのため、このような名がつく。ちなみに今回は折れなかった。
「折(おり)さん」という屋号もあるらしい。どうやらそこが津波の折り返した地点なので、そう呼ばれるらしい。

実は今回、その言い伝えがあだとなる。
つまり、「過去の大津波ではここまで来なかったのだから、ここに来ることは絶対ない」と油断し、避難せずに家に残った年配の方が多かった。
そして、今回の津波は歴代の到達ラインを遥かに超えるものだった。
逃げようとしない年配の方を迎えに行って、共に流された方も多い。

誰もが想像だにしなかった。
大沢地区では指定された避難場所が流された。その避難指定場所からは遺体が多く見つかる。避難した人が流されることほどの悲劇はない。
ちなみにまだその避難所は廃墟として残っている。私にとっても一生忘れられない場所だ。

---

すべての人が生死の狭間に立った40〜50分。
その間の行動が全てだった。

高台へ一目散に逃げた人。
逃げなかった人。
一旦高台へ逃げたが家族が見当たらず、自宅にまた向かった人。
周りの制止を振り切り、息子を迎えに行った人。
興味本位で海岸に留まった人。
船を守るため、沖に出た人。
沖に出ても、ここまで来れば大丈夫と途中で船を停めてしまった人。

油断、警戒、興味、恐怖。
想像してみよう。ある日突然、40〜50分間天秤の真ん中に立たされるのだ。
誰が亡くなってもおかしくはなかった。
その上に生きている人たち。
その人たちが言う。「海を恨むな。地震が起きたら一目散に高台へ」

しかし、残念なことにその経験・警告は徐々に風化していく。
100年後、今回の「反省」は「昔話」になる。
今は、誰もが海岸沿いに家を建てたくない。しかし、時が経てばまた家々が海を目指して立ち並ぶ。そして再び流される。まぁAさんに言わせれば、それも悪くないということだろう。
恐怖の風化こそ復興には欠かせないのだ。難しいものだ。
まさに、災害とその風化がこの町の歴史を紡ぐ。

---

世界に誇る防潮堤たちを嘲笑うように破壊していった今回の津波。
人工物の無力さを思い知る。
今、「防災」から「減災」へと意識を変えるべきだと言う人もいる。
津波を完全に防ぎ被害をゼロにするのではなく、被害を最小限に抑えようという考え方だ。

減災のための公園。
津波の浸入を想定した上で、波を一ヶ所に集め、波の高さを抑えていくものだ。浸入を阻止する堤防とはそもそもの考え方が異なる。

高台の灯台。
今回、不幸中の幸いは昼間だったということ。もし、夜だったら。停電して何も見えない中、被害は拡大したに違いない。そこで、停電しない灯台を高台に建て、いざという時の避難目印にする。丘の上に灯台という発想がおもしろい。

この減災という考え方が、一番現実的で効果的だと考える。

---

気仙沼でとんでもない案が出ていると聞いた。10メートルを超える堤防の建設だ。
それを唐桑中に張り巡らせるという。何なんだそれは。
過去にこんな例がある。津波の反省を活かし、高々と堤防を海岸に建設した結果、観光客が激減した町。「景観」という概念を無視した結果だ。

そのプランを教えてくれた人は、もちろん反対。「そんなもん絶対阻止だ」
「なんで、そんな馬鹿げたことを?失敗例もある。唐桑に人が寄り付かなくなりますよ」
怒り気味に聞く。
「利権だよ。利権が絡んでるんだ」
カネが人を狂わせる。

---

みきおサンは口癖のように言う。
「幸せにならなくていい。幸せに近ければいいんだ」

全てにおいて、それが言えるのかもしれない。
人生然り、町づくり然り。
訪唐のブログ [2011年10月20日(Thu)]

ハンセン病問題支援でも活躍されている「女子アナ失格」の著者、藪本雅子さんが唐桑を訪れました。
ブログに唐桑のことが載ってます。ボクらの紹介も。
どうぞ。

---

メディアナ・藪本雅子のブログ その2
http://ameblo.jp/yabumoto/

「2011.唐桑 その1」
http://ameblo.jp/yabumoto/entry-11047721393.html

「2011.唐桑その2」
http://ameblo.jp/yabumoto/entry-11047763594.html

藪本さん、ありがとうございました。
活動ムービー公開 [2011年10月17日(Mon)]

拓-hiraku-事務局の郭晃彰(ふぁんちゃん)が、
唐桑に半年間通い詰め、映像を撮り続け、それをまとめてくれました。
激務の仕事の合間を縫って。
スーパーなナレーション付きです。誰の声でしょうか。イケメンな声です。

ふぁんちゃん、本当にありがとう。これからもよろしくです。

「遠東記〜被災地を拓く」
http://www.youtube.com/watch?v=P7dR4jU8HtA&feature=player_embedded#!


どうぞ、ご覧ください。
唐桑の4月の被災状況など、貴重な映像も。
個人的には「恥ずかしい」の一言です。
アンカーづくり [2011年10月06日(Thu)]

数ヶ月前から漁師さんのお手伝いしている作業がある。
アンカーづくり。通称、土俵づくり。

アンカーとは、いかりのこと。海底に沈め、養殖施設を固定する。土砂を黒い土嚢袋に詰めるので、土俵とも言う。
アナログだなぁと思い、「重しなら、コンクリでいいんでねぇっすか?」と尋ねると、土俵だと海底に着いたときにどしゃっと海底にへばりつくように平たくなるから、こっちの方がいいんだ、と教えられる。

土砂を手作業で袋に詰め、ヒモで口を固く閉じる。最近は機械が入ったらしいが。
土俵ひとつで、だいたい40〜50キロくらいか。
それを何千、何万と作る作業だ。養殖関係の漁師さんが集まり、共同作業で行う。
震災後の緊急雇用として、漁師さんには日当1万2千円が支払われる。
砂子浜、大沢漁港、小田浜、小鯖、御崎…次から次へと依頼が入り、RQやひのきしん、唐桑ボランティア団事務局が協働で人員をさばく。
「1、2、3、4…」
と土砂をスコップでひとかきひとかき袋に投げ込む。それを横で袋を構える漁師さんが数えてくれる。疲れたら交替。
ヒモの結び方は、漁師さんそれぞれ微妙に違う。それがまたいい。
休憩は必ず多いくらいにとる。20分に1回くらいか。夏の暑い日はアイスが配られる。「老体には応えるんだよ」と言う。休憩の合図を無視して作業を続けると怒られる。
「休むのも仕事だ」

---

あれはいつごろだったか。初めてアンカーの依頼を受け、メンバーと一緒に現場に入ったときだった。
「あのー、ボランティアなんですが」
現場に来たものの誰に声をかけていいか分からない。
漁師が20〜30人はいる。
「責任者誰ですか?」
漁師たちがくるっとこっちを向き、笑う。
「みーんな責任者だっちゃ」

なぜかこの言葉が印象的で今も覚えている。
唐桑は漁師の町。
「漁師でねくても、漁師なんだ」
馬場さんが言う。漁師の存在が身近で、漁師のことなら皆知っている。
(逆に気仙沼(旧市内)のことは「あれは商人の町だ」と言う人も。その違いがおもしろい)

「船頭はみな経営者だ」という言葉も聞いた。サラリーマンではない。
ひとりひとりのプライドが凄まじい。経営者がごろごろいるような町だ。
ひとりひとりの味は濃い。
故にひとりひとりに魅かれるのかもしれない。
出船 [2011年10月05日(Wed)]

8月17日。
朝6時。
明け方の小鯖の港に人が集まる。

岸から足場をかけ船に荷を積み込む漁師たち。地盤沈下のせいで満潮時は、船着場自体が足首より少し上くらいまで浸かっている。

大人たちの足は、海に浸かりながら作業を進める。
その横で子どもたちが、じゃぶじゃぶと水を蹴飛ばしはしゃいでいる。
それを見守る母親、そして今日の出船を祝おうと駆け付けた地元の人やボランティアたち。

震災後、初の船出となる。
船はかろうじて津波から守った。だが、家の倉庫は流された。
この5ヶ月、漁具の整理などいろんな困難をこの日のために越えてきた。
「こんなに丘にいることはねぇから、調子が狂う」と語っていた船長。

出航の準備が整ったらしい。船長が皆に挨拶する。拍手が起こる。
すると、ここから不思議なことが始まった。
色とりどりの紙テープのロールが各自配られる。ひとりひとりから延びたテープの端は、一つに束ねられ、それを船尾のポールに結わえる。



船が動いた。
朝日を背に船が岸から離れる。
体格のいいリョータが選ばれ、大漁旗を振る係りに。大きく大きく旗を振る。

手にもったテープのロールが勢いよく回り、紙テープが海へと延びていく。
船尾のポールを起点にした三角州のように、虹色のテープがなびいた。
それを朝日が照らす。なんとキレイな。



船が小さくなるまで、皆はいってらっしゃいと手を振り、リョータは旗を振り続けた。
これが出船か。漁師の背中はかっこいい。



船が見えなくなり、自然と船長の奥さんの周りに人が集まる。
普段は決して涙を見せない奥さんが、涙をふく。
「本当に、皆さんのおかげです。ありがとうございます」
もらい泣きしそうだ。相当長い5ヶ月だったに違いない。
漁師を支えているのは、丘でその帰りを待ち続けるこの人たちなんだ。

---

余談だが、リョータの大漁旗が好評で、後日、彼は旗振り役として気仙沼の大漁旗祭りにスカウトされた。おめでと!
草雲雀 [2011年10月01日(Sat)]

お盆が明けてから、活動内容は変わってきた。

今、「復旧」が終わりつつある。ガレキ撤去も最終段階に入った。
これからは、「復興」のフェーズに入る。
このフェーズの主人公は、地元唐桑の人。
地元の人の意識も徐々に変わってきている。「自分たちが何かしなければ」そう考える人が確実に増えてきた。いがす、いがす。

一旦目標を年末に置き、木村亮太と活動していくこととする。
キーワードは「町づくり」。スケールは一気に大きくなり、活動も困難を極めるだろう。

そんなとき、あの好きな文章を思い出す。

---

草雲雀(くさひばり)は、鳥ではない。草の虫であった。

夜があけ染めるとき、暁闇のなかで鈴を鳴らすような声で鳴く。

竜馬の幼いころ、乳母のおやべさんが、

「草雲雀は小柄ながらも、夜を明けさせるのでございますよ、坊ちゃん」

と話してくれた。

(司馬遼太郎「竜馬がゆく」より)