CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2011年05月 | Main | 2011年07月»
検索
検索語句
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
http://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
ボランティアの皆様へ [2011年06月30日(Thu)]

大沢地区に、みきおサンがいる。

一度一緒にお茶をして、二度目は一緒に酒を呑んだ。
そしたら、すっかりファンになってしまった。

「生きてんだ。生きてる限りは頭使って論じなきゃいけねぇ。哲学をもて」


地元被災地に対し「いつまで全国からの同情が続くと思う?立ち上がれ!」と警鐘を鳴らすと同時に、
今の現地の状況をこう例える。

「花でも果物でも種を植えなきゃ始まらないだろ?でも今は、種を植える状況でもない。
畑すらまだ整ってない」

私は、ひたすら今は畑を耕しているのかもしれない。

一方で、種をまきたがるボランティアがいる。
「こういう花が被災地に咲くんです!」と企画ばかり立派で、自分の専門を活かしたいのか、立派な種を持って全国からやって来る。
よく耳にする種は、ソーシャルビジネス。
それはそれでいい。支援にもいろいろなやり方があるし、それを否定する気はない。
長期的には地域復興目的の起業、それに伴う雇用は欠かせない。
ただ、地元の人の本音は、(そんな立派な種、植える畑さ、まだねぇっちゃ)

まずは地元の人と一緒に畑を耕しましょう。


「トイレに大きな灯りはいらない」

トイレに煌々とした灯りがあって喜ぶ人は少ない。
トイレにはトイレに見合った灯りがある。

私たちボランティアが真っ先に考えなければいけないことだ。



「キレイな字ってどんな字だ」

例え好きの彼が問う。

「…相手に分かる字だ。

相手が読みやすい字が、キレイな字なんですよ」


なるほど。
彼はボランティアについて具体的にうんぬんかんぬん言わないし、批判もしない。
ただ、この一見単純な例え話に、支援の本質が詰まっている気がする。


「一酒百茶。おれはこの言葉が好きだ」

百回茶を飲むより、一回酒を呑んだ方が、腹割って話せるんだ、と言う。
ボランティアも忙しいもんだが、地元の人と一杯やりながらじっくり話してほしい。

---

見当違いのボランティアに対し、引きつった顔で「ありがたいです」とお礼を言う地元の人。
支援、助けてあげたい、そういった想いがボランティアの前提にある分、地元の人も本音でNOと言えないのが事実だ。それに気付かずご満悦な様子で帰路につくボランティア。

私は、同情と差別は2つの点で共通していると思う。

1つ。カテゴライズ。
この人は、きっと可哀そうな人たちなんだ。そういう風にこちらの都合で決めつけ、個を見ずにカテゴリー化して見る。
それは差別の構造と似ている。「あいつは○○人だから嫌い。あいつは○○病だから嫌い」
個の事例を見ようとしない。

2つ。上から目線。
困っている人たちに対して、何かしてあげたい。その目線は、いじめや差別をする際の目線と奇妙なほど似通っている。

両者紙一重だ。これは、あくまで私の個人的な意見。
だからまず、一人一人を見てほしい。「可哀そうな被災者」でくくると、尊いはずの支援がとんでもないことになる。

---

そんなことを考えながら、みきおサンと呑む。
気づけば二人で一升空けてしまった。
リニューアル [2011年06月29日(Wed)]

遠東記リニューアル。

トップの写真は、鮪立から見る大島です。
(参照記事「大島よ」

引き続き、宜しくお願いします!
大島よ [2011年06月28日(Tue)]

私は大島が好きになった。
AKBのではない。気仙沼大島だ。
大島に上陸したことはまだない。
でも、唐桑から見る大島が好きだ。

気仙沼湾にどかっと居座る大島。
唐桑の鮪立や小鯖から眺めると手の届きそうな位置にある。
気仙沼の津波被害は尋常じゃない。けど、似た地形の陸前高田より軽度だった。

気仙沼には大島があったのだ。

---

朝のワークで小鯖に行くと、朝もやのかかる大島が眼前に広がる。
深い緑の森に白い帯が、幾重にもかかる。
もののけ姫のシシ神の森みたい、と呟いてみる。
陽が高くなるにつれ、帯は薄れ、緑が明るくなっていく。
緑がきらきらする。誇張ではない。

雨の日は、大島の森にどんよりとした霧がかかる。
海と森の境、つまり大島の海岸線は霧で見えなくなる。雲の上に島が浮いているように見える。

廃墟と化した地の向こうに、海、そして雲に浮かぶ森が横たわる。
想像してほしい。破壊と創造。死と生。
そして雨は廃墟も森も等しく濡らす。
…全て含めて思わず美しいと感じる。絶景だった。

---

GWキャンプ中。「掛け軸が流れてきたんだ」と小鯖の漁師さんがメンバーにある詩を見せてくれた。

気仙沼出身の詩人、水上不二が詠んだ詩がそこに書かれてあった。



海はいのちのみなもと

波はいのちのかがやき

大島よ 永遠に緑の真珠であれ




彼も丘から望む緑の大島を愛したのだろう。
なくならないガレキ [2011年06月24日(Fri)]

ガレキがなくならない。

そりゃ4月に比べりゃ、だいぶ減った。

ただ、撤去が進まないところはとことん進まない。
鮪立(しびたち)地区は、そのひとつ。



これは先週末の写真。震災から100日経ってこれ。私でさえ信じられない光景。



リョータとオイちゃんコンビ。使えない漁具を捨てるベストショット。
第二高松園に軽トラを借りて、ひたすらガレキ仮置場と現場を往復する。
ひたすら捨てる。仮置場もいっぱいになってくる。
この作業だけは、いつまで経っても変わらない仕事。

---

舞根(もうね)に、まさるサンがいる。舞根1区の区長さん。
まさるサンの家は無事だったが、震災後毎朝欠かさず舞根の避難所と在宅避難者を1軒1軒計20軒、歩きながらまわった。
「今日も変わりないですか?」と。
それは、水道電気のライフラインが回復するまで50日間毎朝続いた。
「みんな待ってんだ。だがら、自分の都合で止めれねぇよ」

あれこそ区長さんの鏡だよ、と言う人も。

そのまさるサンが言う。

「ガレキを見てみな。3カ月経とうが、あのガレキは3.11から時が止まってるんだ。
ガレキがなくなることで、初めて住民は次の一歩を踏み出せる気がするのさ」

ガレキの撤去は、いずれ市の委託業者がごっそり重機でやってくれる。
なので、今、ボランティアが地道に時間をかけてやる意義が見えなくなるときも正直ある。

でも、業者はいつやってくるか分からない。遅れている。
だから、住民の気持ちとしては、一刻も早くボランティアの手を借りてでも撤去をしたい。まさるサンはそう言ってくれた。

ガレキ撤去は決してハード面での支援にとどまらない。撤去を進めることで、住民の心持が変わる。重要な作業だ。

---

一方、炊き出しや物資の支援のニーズは薄れつつある。
本当に必要とされているニーズを綿密に調査し、実行に移すのならば結構だが、
無作為な炊き出しや物資支援は、自立をジャマし兼ねない。

---

早く、時を3.11から解放したい。

まさるサンが言う。
「お盆までにはキレイにしたいな。住民みんなで一斉清掃を考えている。
そのときは、手伝いよろしく頼む。

そしたら、すがすがしい気持ちで冷えたビールを一緒に飲もう。」
からくわ放送局 [2011年06月22日(Wed)]

からくわ放送局。

地元の方による、地元の情報発信。重要なメディアです。ネットで発信しています。
そこに取材を受けました。ネットに出てます。どうぞ、からくわ放送局をよろしくです!

からくわ放送局
http://www.karakuwa-ocean.org/

続・引退プロデュース大作戦 [2011年06月22日(Wed)]

「引退プロデュース大作戦」つづき・・・



気仙沼高校ダンス部引退イベントプロデュース、いよいよ開始。
画像を中心に紹介していく。

5月28日朝。地元紙、三陸新報。



「被災者の力に 唐桑NGO企画 気高ダンス部が公演」


28日は、気仙沼の旭が丘学園という養護施設で、子どもたちを中心にダンスを披露した。
子どもたちとも一緒に踊った。
私たちが企画した引退イベントは、3本立て。その最初が28日だった。



左、朝日新聞(地域版)。
「踊れるうれしさ一緒に満喫 養護学校で気仙沼高ダンス部引退イベント」

右、三陸新報。
「華麗なダンスで激励 気仙沼高校 旭が丘学園を慰問」

---

続いて、29日。唐桑の避難所、燦さん館にて。
愛媛県からの炊き出しと一緒に行う。

事前に、唐桑にチラシを500部撒く。



燦さん館の避難所は私もほとんど行ったことがなかった。故に入りづらかった。
しかし、これを機に知り合いができる。
「今日のダンスは一番前で見るっぺし」というおっちゃんも。

雨が心配された。事前に地元の人から電話まであった。「雨でもやるんですか?」と。

駐車場での披露を予定していたが、当日やはり天候が悪く、避難所の中でやることとなった。
中は、体育館のようになっている。
避難所の中に、一般のお客さんも入ることとなるので、心配しっぱなし。

が、時間になると、避難所の人が率先してステージを片付けてくれた・・・

昼になると天候もある程度回復し、愛媛県の炊き出しも大成功。
気温が低かった一日だったので、「いもだき」という汁物が大盛況。



公演のMCは、私と高校2年生の子が担当した。
唐桑の知り合いが次々と来てくれる。佐々木さん、畠山新聞の畠山さん、砂子さん、馬場さん一家・・・
避難所の人ともダンスを踊った。
普段身体を動かさないじいちゃんばあちゃんも喜んでくれた・・・
逆に、天気がよくて、駐車場での公演だったら、見に来てくれなかっただろう。

全てが上手くいった。

---

そして、6月5日。
天気、晴れ。

室根の植樹祭。その最後に、ダンス公演の時間を頂いた。
この日は、気仙沼高校合唱部のみんなも引退公演に来てくれる。
きっかけをつくってもらったSHAKARIKIのメンバーが来てくれる。
かじサンが大型を運転して、気仙沼高校の友達を会場まで送迎してくれる。
アーティストのRIOも連れていく。

7曲披露予定。
100人はいただろうか。

1曲1曲の間に、休憩の時間稼ぎのため、私がMCで少ししゃべる。
被災地の中で輝く彼女たちの姿を知ってほしかった。来場者は、気仙沼からのお客さんが多かった。

6曲目が終わり、部長から後輩へ引退メッセージ。
FIWCへも寄せ書きがサプライズで贈られる。
観客の高校生が泣きだし、
ダンス部の子らはとっくに号泣だった。

そして、7曲目。
RIOが登場し、「愛はひとつになる」を歌い始める。途中で、ダンスが入る。
バレエを思わせる美しいダンスだ。涙をこらえながら舞う。

満場の拍手の中、彼女たちは高校最後のダンスを踊り終えた。


次の日、読売新聞。全国版カラー。



「引退公演 野外で披露」


植樹祭の運営側からも感謝を伝えられる。
「こんなに最後までお客が残ったのは例年にない」
みんな、最後まで見てくれた。

その夜、こんなメールがダンス部の子から来た。
一部、勝手に紹介する。ごめん。

---


今まで忙しい中
本当にありがとうございました!


たくまさんや進さんや他の皆さんのおかげで、最高の形で引退することができました。




震災があって辛いこともたくさん
ありましたが、震災がなかっら
たくまさんや、リオさん、愛はひとつになるにも出会ってなかったのかな〜と思うと少し寂しい、いや正直すごく寂しいです!(笑)


震災があって良かった
なんて言えないけど

得たものが大きくてなんだか複雑な気持ちです。





逆境のダンス部
震災で失ったことの悲しみより、得た出会いの喜びや感謝を一生のたからものにしていきたいと思います(>_<)





本当に言葉にできない感謝の気持ちでいっぱいです。




心から感謝してます。


---

あぁ、やってよかったんだ。
この準備期間入れて3週間。不安だらけだった。要所要所で仲間に助けてもらったが、全ての責任はもちろん長期滞在している私にあった。それが時々怖くなって嫌になった。
逆に最悪の引退にさせてしまうんではないか。復興支援になってるのか。彼女たちのためになってるのか。ミスがないか、準備忘れはないか・・・

でも、このメールを読んで、
「あぁ、やってよかったんだ」と心の底から初めてそう思った。


引退おめでとう。
父の日 [2011年06月19日(Sun)]

東京から唐桑に帰ってきてから1週間が経った。
気持ちを新たに、一からまたゆっくりやっていこう!と考えていたのが、そもそもの間違いだった。

唐桑に着くや否や、私が不在中がんばってくれたメンバーから仕事の引き継ぎを受ける。
「鮪立(しびたち)地区の○○さん、△△さん…のトコロが、まだ作業終わってないからよろしくね!んじゃ!」

メンバー数は再び激減。
結局そんなこんなで、この1週間もあっという間に終わってしまった。
短期ボランティアが集中する怒涛の週末が終わり、今はやっと一息。

PCメールも読んではいるものの、ほとんど返信できてない。いろんな人に迷惑かけてます。ごめんなさい。
明日からまたがんばります。ブログもちゃんと更新します。

---

水着の寄付は無事集まりました。本当にありがとうございました。
んで、PTAのお母さんと一関まで買いに行ってきました。
イオンでひたすら小学生サイズの水着を物色し、大量購入した挙句、段ボールに箱詰めしている私は、誰がどう見ても変態でした。一関の皆さん、驚かせてごめんなさい。

---

よく通っている避難所にクッキーを届けに行く。
「おいっす、ご無沙汰です」で入って、さっそく届けたクッキーをおばちゃんやじいちゃんと一緒に食す。クッキーを送ってくれた、はやみ姉さんありがとう。

「コーヒー?冷たいのにする?」と聞かれる。
ん〜暑いから冷たいのがいい。
「好きなの飲みん」
冷蔵庫から勝手に牛乳を取り出す。

「今日、どこで(作業を)やってんの?」
今日は小鯖と鮪立〜。クッキー届けてくるって言って、抜けてきた。

おばちゃんと二人でくすくす。

「お昼は食べに来ないの?」
あぁ、現場でおにぎり食うって。また食べに来るよ。

今、ここ何人になった?
「12人。次の仮設の抽選では皆、当たるんじゃないかなぁ」
そっか。そしたら、ここの避難所も無くなるね。
なんやろ。なんか寂しいね。
「そうね」

「ここにいたら全部タダなのによ〜」
次はおっちゃんが言う。

何言ってんねん。仮設入っても遊びにいくから、当たったらちゃんと部屋番教えてや。

お邪魔しました〜、と言って外に出る。

駐車場で別のおっちゃんとすれ違う。
「おっ。タクマくん。ちゃんと休みとってっか?」
とれてねぇよ〜
「身体気をつけねぇと」
ありがとね。

ここの避難所では、子どものいる家庭は仮設に入ったため、休日にも関わらず静かになってしまった。
それにしても、自分にとってこんなに居心地のいい場所はあるだろうか。
それが「避難所」だから、なお不思議だ。
いろいろあったし、自分には想像もできない苦難を味わってきた人たちだ。
それでも、この出会いに感謝せずにはいられない。

---

今日、唐桑の地元人の仲良しからメールが来る。

「実家のパパに電話して、タクマからは勿論、タクマに助けてもらってる唐桑町民代表して私からも『ありがとう』って伝えて(笑)

今日は父の日・・・」


あぁ今日か、と思う。そんですぐ親父に電話する。
活動用の車が足りなくて、仕方なく迎えが来るまで、ちょうど舘から只越まで一人でとぼとぼ夜道を歩いていたときだった。
親父も喜んでくれた様子。
このメールがなかったら、忘れてたな。思い出させてくれてありがとう。

たまには歩くのも悪くないなぁ、と思う。
小学生に水着を [2011年06月11日(Sat)]

昔の記事「誰のお父さん?」で登場したスクール水着の話。

ついに、ネット上で寄付金集め開始しました!

MS生活応援プラットフォーム
http://www.musicsecurities.com/oenseikatsu/


ページ一番下の左側、ニックネーム:ナツトムの詳細を見てみてください!

〆切は13日までと短いです。お財布に余裕のある方は、是非協力してくださいね。

---

そうそう。今週のニューズウィーク日本版、読みました?
唐桑の記事ででますよ!
微力ながら取材の協力をさせていただきました。
小暮さん、ありがとうございました〜
がんばろう唐桑 [2011年06月08日(Wed)]

がんばろう唐桑

よみがえれ漁業





このブログでも過去に登場した漁師さんと。
どの記事かは内緒。
「隊長の記事、読んでるぞ」と言われ、驚く。

バックの海岸は、巨釜半造(おおがまはんぞう)。

「がんばろう宮城」、「がんばろう気仙沼」はよくある。
でも、「がんばろう唐桑」はなかなかない。
「隊長のためにとっておいたんだ。ホントだぞ」と言って、プレゼントしてくれた。すごく嬉しい。

---

この写真を撮った後、
報告会のため、一時上京する。

気仙沼高校ダンス部引退プロデュースも無事終了。詳細は後日、記事にする。

次、唐桑に戻ったら、次なるステップへ進もう。

---

馬場さんに「東京に戻りますね」と言ったら怒られた。
「バカ、東京に“行く”んだろうが!早く帰ってこいよ」

部屋の前のスケジュール用ホワイトボードにも、「タクマ上京」と書かれてあった。
前は「帰京」だったのに。
6月10日 [2011年06月05日(Sun)]

報告会のお知らせです。

9日(木)は、早稲田大学で講義の1コマを。
10日(金)は、Gakuvoで。夜は、以下の報告会。計3回です。

とりあえず、10日夜の報告会の告知文です。
来てくださいね。

-------

拓〜加藤拓馬を支える会
第2回活動報告会のお知らせ

-------

決起大会となった5/1(日)からの進捗状況をご報告します。

この間、GWキャンプ、唐桑ボランティア団の誕生、
地元高校生のダンスイベントプロデュースなど、活動が広がっています。
また、最近は地域紙等の取材も少しずつ増えてきています。

一ヶ月半ぶりに帰京しての活動報告です。現地で一緒にキャンプをはっているメンバーも参加予定です。
前回ご参加頂いた方はもちろん、ご友人やご家族、パトロン候補などなど、お待ちしております。

-------

『拓〜加藤拓馬を支える会』 第2回活動報告会
6/10(金) 19:00〜21:00
参加費は2000円前後で調整(社会人と学生とで別料金)
@虎子食堂(渋谷区宇田川町)(東急ハンズ渋谷店よりすぐ)

 開始時間は確定です。
 終了時間と飲食費は、調整中です。

 堅苦しい感じではなく、お酒を飲みながらの、ラフな報告会ですので、
 社会人の方も、お仕事帰りに、お気軽にお越し下さいませ。

-------

加藤のBlog『遠東記』はこちら。
http://blog.canpan.info/entoki/

FIWCの活動報告はこちら。
http://fiwc.jp/blog/
カンパは下記の口座にお願いします。
ゆうちょ銀行 店名008
店番008 記号10050 普通貯金4495032
『拓〜加藤拓馬を支える会』  *拓は『ヒラク』と読みます。

-------

参加希望者の方は、下記までご連絡ください。
拓運営事務局 担当:郭
mobile:090-2521-1987
mail:teruaki07@gmail.com

| 次へ