CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

検索
検索語句
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
タグ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
http://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
★少額定期寄付会員「まるクルー」募集中★
まるオフィスの教育事業では、1口1,000円/月のマンスリーサポーターを募集しております!詳細はこちら

[活動の様子が見たい]
気仙沼の体験&実践型地域塾「じもとまるまるゼミ」 maru-zemi.com

一般社団法人まるオフィス maru-office.com
春の次はなんでしょう [2019年04月14日(Sun)]

4月6日。
まだ外が明るいうちにお風呂に入る。すっかり日が長くなった。
(今日は)「あったかいねー」
と風呂の戸を開けて、まもなく3歳になる息子が叫ぶ。

昨年夏に空き家を借りて引っ越した、現・我が家。
いなかはどこもそうだが、とっても大きくて外気温と変わらぬ風呂の室温。
(姫路のいなか出身の私にとっては「風呂は寒いもんでしょう」という感覚だったが、妻は違ったらしい。)
とにかく冬は極寒だった。風呂が。

息子と一緒に入るときはいつも寒い寒い!と2人で全裸で飛び跳ねるわけだが、さすがに今日はいつもより暖かいことに気づいたらしい。

「春が来たんだよ。冬が終わってね、春が来たの」
とかなんとか言いながら2人で湯船に浸かる。

そこで、ふと
「そういえば、春の次は何か知ってる?」
と聞いてみる。
「しらなーい」

夏!でした
「なつ?」

じゃあ夏の次は何でしょう?
「わたんなーい」

秋!
「あちっ?」

じゃあ、秋の次は?
「しらなーい」

冬!

ここで、え?という顔をして、私の目を見る息子。にやっとする。
(あれ、一周した)という顔だったのだろうか。

じゃあ、冬の次は?
「…はる!」

おー。そう正解!一周したねぇ!
やったー、と息子。
「ねぇねぇ、はるのつぎは?ってきいて!」

じゃあ、春の次は?
「んー…なつ!」

おおー!早いねーそうそう!
「ねぇ、なつのつぎは?ってきいて!」

じゃあ夏の次はなんでしょう?
「んー…

 なんだっけ」

秋でしたー
「あちっ!」

そうそう。ぱちぱちぱち
「じゃあ、あちのつぎは?ってきいて』

じゃあ秋の次はなんでしょう?
「んー…

 なんだっけ」

冬だよ
「ふゆ!」
そうそう。
「ふゆのつぎは?ってきいて」

じゃあ冬の次は?
「はる!」
じゃあ春の次は?
「なつ!」
すごいねー。じゃあ夏の次は?
「…あち!」
せいかーい!じゃあ秋の次は?
「…んーっと、ふゆ!」


3周くらい繰り返す。

なるほどなぁと感嘆。
そりゃそうだよなぁと。
まさか季節が回るなんて驚きだったろうに。

四季がぐるぐる回ってるってことに気づいた息子に気づかされる私。

なんで回ってるんだろうなぁと。
地球の軸が傾いてて、太陽の周りを回ってるからなんだけど、そういう話じゃなくて。

また春が来たんだなぁと。
でも、いつまでもぐるぐるしてるわけじゃなくて、
私もあと40ー50回ぐるぐるしたら終わりなわけで。
季節のぐるぐるも一回一回大切にしたいなぁと、しみじみするのでした。


追記
ちなみに11日、全国的に「平成最後の寒さ」として冬に逆戻りしました。
唐桑でも季節外れの雪が積もりました。びっくりぽん


6DDE97E8-A7F3-4963-8D7E-BEE9139F29FB.jpg

(庭の梅の花に積もる雪)




大島大橋開通とカモメの未来 [2019年04月08日(Mon)]

「ハァーー しまと からくわに 
 そりはし かけて
 わたりたいぞや
 ただいちど ハァヨーイヨーイヨーイドサッ」

唐桑に伝わる「浜甚句」(はまじんく)の一節。
大島の恋人を想って妄想にふける歌詞だ。(2017年の記事でも紹介)

そんな夢みたいな出来事が叶った日になった。

「もう離島ではない」と三陸新報も報じる。
通勤通学など生活の足だったフェリーは即日廃線。

人口3000人の東北最大の有人島、気仙沼大島。

F09E6EED-E8D9-4AC7-8D8F-4648C1F27F64.jpg


救急搬送や防災、観光など利点が取り沙汰される一方、不安も多い。
大島小、大島中はこれで本土の小中学校と合併される計画。
住民は帰って来るのか出て行くのか。
交通システムは、防犯は。
なにせ島の環境は一変する。

吉と出るか凶と出るか。

とか思いつつ、唐桑半島に住む私にはどこか文字通り対岸の出来事だった。
とか言いつつ、なんかじーんと来てた1日。



今日、大島出身の新大学生あおいちゃんのFacebookの投稿をたまたま見つける。
この春、高校を卒業したばかり。

なんか読んでて、胸が熱くなったのでシェアします。
「吉と出るか凶と出るか」じゃなく、「私たち次第」なんだと改めて気づかされました。

未来はいつだって「自分ゴトか他人ゴトか」だと思う。

(以下、本人の許可を得て一部転載)

------

全然まったく、船がなくなるのも橋がかかるのも実感がない。いや、冗談でしょ?って。
実家の目の前にできたまだ時刻表の貼られていないバス亭がおもちゃみたいで面白かった。

トルネルも道路もま新しくて見たことなくて、大島じゃないみたいな気持ち。

実のところ、むかしから架橋には反対でした。
船で生活が事足りているのだから、無理に便利にする必要は無い。むしろ便利にしてしまうことで得るものより失うものの方がおおいと思っている。

私がどう思ってようと橋はかかるし船も今日で終わり。
家の前の道路が渋滞しててひたすらにシュール。

山形に帰るバスに今乗っています。
後輩のInstagramで今までありがとう汽船!みたいな投稿を見て、やっとあ、なくなるんや。と思ってバスでぼろぼろ泣いている。

きっと、これからたくさんのことが変わるし、色んなものが無くなっていく。

それでも、10年後に20年後にみんなに「橋がかかってから大島が良くなったよね」って言って貰えるようにするのが、わたしの夢で仕事で、果たすべき義務です。
そのために迷いに迷って大学を決めたし、パパとママにも無理してもらって大学に通います。

やっと覚悟が決まった感覚で、腹くくって明日から学校頑張ります。

観光客がかっぱえびせんあげなくなったら、カモメって飢え死にしたりしないのかな?
2019年4月5日 [2019年04月07日(Sun)]

毎年、この4月5日の一日をブログに記録してたり、してなかったり。
唐桑半島に来て、丸8年が経ちました。

朝、息子を保育園に連れてって、
日中は打ち合わせが何本か入ったり、まるゼミのスポンサー企業にレポートを持ってったり。いつもの一日。
夜は久々にホームに行き「からくわ丸 筋トレ部(仮)」に初参戦。

さて、この一週間は新年度を迎えた一週間。その一週間も振り返ります。
お隣の畑が大々的に肥料をまき、我が家まで肥料臭いことに気づき、春を感じるこの一週間です。





3月31日
東京から妻と長男と長女をアクアに乗せて帰って来た。珍しく、ちょうどじーじから連絡があったので、そのまま馬場家に寄る。
3週間の帰省が終わり、私の3週間の一人暮らしも無事終了。

「掃除機あててないと誇りだらけになるねぇ」と言いながら、やっぱり我が家はいいねぇと上機嫌な妻に安心しました。





4月1日
「ねぇ、ニュースにかえていい?」
「トーマスの方がおもしろいんだよ!ね。」
息子にリビングのテレビは取られたので、キッチンの小テレビでその時を待つ。

「新しい元号はれいわであります」

ねいわ?あ、れいわ。

…。れいわ?

数秒ぽかんと止まった妻と私。そのあと、一瞬ぞくっと鳥肌が立ちそうになるのをこらえた自分がいた。
新しい時代か、と。(その心境については前記事(リンク)参照)

午後は、航也と峻くんと第1回ディレクターズ会議。ちょっと遅いけど新年度のあれこれを決めていく。





4月2日
まるオフィス、新年度の全体会議。恒例、代表の所信表明。
2019年度のスローガン発表。

19年度スローガン.jpg


どうぞ、それぞれ自由にやっちゃってください。





4月3日
高校生とミーティング。





4月4日
峻くんと新規事業についてミーティング(いよいよ営利事業)。
年間の売り上げを妄想して、わくわく。
夜、新しいMacbook Proをゲット。





4月5日
既述





4月6日
一日完全オフ。(イ○ンで)プラレールを増強して、遊ぶ。超回復。





4月7日
スクエアシップの引越し。ついに、内湾の新施設に移ります。
午後3時。内湾の施設の目の前に停まっていたフェリーがじゃんじゃかじゃんじゃか音楽を鳴らす。
みんな作業の手を止める。
大島架橋「鶴亀大橋」の開通の時間だ。

内湾から対岸の浪板方面を望む。トミカみたいに小さくなった車が進む進む。高台の新道路を大島方面へ進む。
島内は渋滞だったとか。

半世紀にわたる悲願。
また、気仙沼の歴史が変わった。


めまぐるしく変化を続ける。
平成という時代 [2019年03月31日(Sun)]

平成を生きたねぇ

と、妻がぽろり。テレビで平成特集ばっかりやってて、それを見ながら。

平成元年生まれの私と妻。

平成元年に生まれて、小中高も平成で、大学時代の青春も平成で、平成の間に結婚して、親になったのも平成で、2番目(長女)が生まれたのが平成30年。

そやねぇ。平成30年史ってオレらの人生30年そのまんまやもんね。

明日、元号が発表される。
改元は5月1日だが、明日からもう新時代の幕開け祝福一色になるんだろう。実質今日で平成は静かに座を譲るんだろう。
なかなか立ち会える瞬間ではないので、密かにどきどきしている。
11時半の元号発表は、自宅のテレビで見守ろうかしら。

---

先日、太田直樹さんが講演のために気仙沼に来てくださった。懇親会も夜中まで同席できて、とてもわくわくした1日だった。

2FF1FCE1-310B-47C3-BDD2-E45179084D29.jpg

(気仙沼の高校生と輪をつくって対話する太田さん)


「Society 3.0(工業化)で日本はチャンピオンになったんです」
「でも、Society 4.0(情報化)で日本は敗北しました」

藻谷さんもそのようなことを言ってたなぁと思い出す。気仙沼での講演会のとき。
「文字通り、平成の時代は(成長曲線が)『平たく成った』んです。うまいこと言いましたねぇ」

「5.0はどうなる」太田さんは問いかける。
IoTからあがってくるビッグデータをAIが活用するスマート化社会。もう、すぐソコまで来ている。

都市集中か地方分散か、日本が選ぶのはどっち?それはAIによると2025年を超えると、もう後戻りはできないそうだ。
つまり、25年までに地方分散に活路を見出せないと、地方はタイムアウト。AI曰くね。

太田直樹さんの高校生向け講演の内容はご本人のブログで紹介されてます。
http://kozatori7.hatenablog.com/entry/2019/03/31/114121


2020 東京五輪
2025 大阪万博

…ではない。2020は復興期の終了年度だし、2025は時代の転換期となる。(ローカルうんぬんだけではない。団塊が後期高齢者に入るので、2025問題とも言われている。)

---

次の時代は「平成のツケ」を払う時代になるだろう、という専門家たち。
おいおい。平成をつくったのが昭和の方々なら、平成の次をつくるのは私たちです。

「ゆとり・さとり・つくし世代」と言われる平成初期生まれの私たち。(最近はつくし世代とも言うそうです。昨日、東京のCAREER FORのイベントで学びましたw)
デジタルネイティブで、情報が氾濫してるSNSを駆使し、社会も会社も客観視してる世代。

明日は、私たち世代のゴングが鳴る日なんだと思うんです。
ま、そんな好戦的な言い方自体、響かない世代なんですけどね。
かなっぺとみどりが卒業 [2019年03月30日(Sat)]

2018年度終了!かなっぺが卒業(退職)、みどりがインターン卒業しました。
ホントおつかれさまでしたーー!

2人とも気仙沼で次の職場へと進みます。
(みどりは唐桑まち協だから、変わらず一緒に事業やりませう。)

最後のお疲れ様会では、それぞれUターン・Iターンの1年目がまるオフィスでよかった!(涙)という結論に至りました(わたしが)。

かなっぺー、寝ちがえたらお世話になりますー。

55783891_2091661044202257_3750349736171798528_n.jpg

(写真に肝心のみどりがいない。えまは雑誌の表紙にて代用。笑)
2019年3月11日 [2019年03月27日(Wed)]

今年は嵐だった。そして、何年かぶりに独りだった。
「気をつけらいんよ」私は行かないからね、ごめんね、とばあば。
ぜんぜん大丈夫よ〜と私。

浜に降りて、いつもの場所に傘を置いて、祠まで足元を滑らせないよう慎重に登っていく。
雑草と松の赤ん坊がずいぶんとのびてきて、行く手を阻む。

今年も来ましたよ。

実は、何年も前から心がけていることがある。
私にとって、「3月11日14時46分にここにいれる」ことをひとつの指標としている。

「自由」
平日の午後だろうがここにいれるということは、自由に働けているということ。ちょっと行ってきます、が許されない職ではないということ。

「ゆとり」
忙しすぎないということ。3.11はちゃんと自分と向き合って、ここに足を運べる余裕があるということ。何より気仙沼にいることができているということ。

この日のこの時間にここに来れるような働き方なら、大丈夫。
そう心がけている。

8A468888-5442-427A-9C07-960CD208C55E.jpg


今年も来れました。
ただ、今年はなんとも物悲しい。肩をすくめて、傘が落ちないように首との間に挟み、手を合わせる。

大丈夫、と言いつつ、
満身創痍の30代スタートだった。
30歳になりました「まるオフィス東京報告会2018のお知らせ」 [2019年03月05日(Tue)]

3月4日で、30歳になりましたーー
というわけで、30代、初のがっつりプレゼンは東京です。
ぜひぜひ、お越しください。

MO東京報告会.jpg


\\3月21日(木・祝)は赤坂に大集合//

2015年より事業を開始しましたまるオフィスも、おかげ様をもちまして、丸4年を迎えることができました。これも一重に支えてくださる皆様のおかげだと思っています。

昨年も都内で報告会を実施させて頂き、皆様とお話できたことがとても嬉しく、また事業を行ううえでの大きな励みになりました。今年度も、ぜひ皆様に直接お会いしてご報告すべく、報告会を実施させて頂くこととなりました。

今年度は、私たちの事業報告に加えて、気仙沼からも多くのゲストにお越し頂き、今の気仙沼をより一層感じて頂ける場にしたいと思っています。

みなさまのご来場を、会場でお待ちしております!

c3a1a771613c21a71a856e2d1d0f5da1e_26912245_190305_0042.jpg


┏━┓
┃1┃ 開催概要
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□ 日にち:2019年3月21日(木・祝)
□ 時 間:14:00〜17:00(開場 13:30〜)
□ 場 所:東北酒場 トレジオンポート
   (港区赤坂3丁目12−18 第8荒井ビル2F)
    google map:https://goo.gl/maps/W8HEJzvt6iG2
□ 参加費:無料
□ タイムライン:
 14:00 オープニング・開会挨拶
 14:20 コンテンツ1:まるオフィス2018年度事業報告
 14:50 コンテンツ2:ゲストプレゼンテーション
 16:00 休憩
 16:10 コンテンツ3:ラウンドテーブル
 17:00 閉会

※会終了後、18:30から同会場にて交流イベントを予定しています。お時間に余裕がある方はぜひご参加ください。

┏━┓
┃2┃ コンテンツ紹介
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1.まるオフィス2018年度事業報告】
まるオフィスにおける2018年度の事業報告をさせて頂きます。今年1年、どのような活動をしてきたのか、どのような成果と課題があるのかをお伝えしたいと思います。

【2.ゲストプレゼンテーション】
今回の報告会では、気仙沼から多様なゲストにお越し頂き、皆様からも活動報告を行って頂きます。その中で、まるオフィスとのつながりや、それぞれからみた気仙沼の現状についてをお話頂き、様々な切り口で今の気仙沼を知れる機会にしたいと思っています。

<ゲスト(予定)>
・神谷卓也さん(気仙沼市教育委員会)
・斉藤道有さん(美術家/一般社団法人気仙沼地域戦略 理事)
・立花淳一さん(若者まちづくりサークル「からくわ丸」総大将)
・若林詩織さん(気仙沼市唐桑公民館 嘱託職員/ペンターン女子 ※2018年移住)

【3.ラウンドテーブル】
会の後半には、参加者のみなさまと、まるオフィスメンバー、気仙沼からのゲストで、ゆっくり交流できる時間を用意しています。いくつかのグループに分かれて、こじんまりと楽しくお話ができればと思っています。

┏━┓
┃3┃ お申し込み
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以下のフォームからお申し込みください。

<お申し込みフォーム>
 https://goo.gl/forms/hw1D6WJbC95Z9ML93

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お問合せ】
一般社団法人まるオフィス(担当:小林、根岸、矢野)
mail: info@maru-office.com
HP: http://maru-office.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

c3a1a771613c21a71a856e2d1d0f5da1e_26912245_190305_0029.jpg



Webサイトはこちら↓
http://maru-zemi.com/2019/03/news_24/
「東北ココから」放送のご案内 [2019年02月28日(Thu)]

明日!東北6県版ですが、ゴールデンタイムに出ます〜。
高校生の取り組みを(先日放送の全国版よりも詳しく)取り上げていただきました。
どうぞご覧くださいね。

============

東北ココから
「住みたい町はジブンで作る 〜気仙沼 高校生×大人の挑戦〜」

NHK総合 3月1日(金) 午後7時30分〜 
※東北地方での放送ですが、秋田、福島では、他の番組が放送されます。

再放送 3月2日(土)午前10時55分〜
※秋田、福島を含めた、東北地方での放送です。

Webサイト
http://www4.nhk.or.jp/P4798/#

スクリーンショット 2019-02-28 17.47.11.png
せっせとセット [2019年02月11日(Mon)]

2月6日朝のこと。
保育園に着くと自分が降りる替わりに、せっせとセットしている。

「ウッディは まってるの」

51363298_2014576138577415_8284703670138830848_n.jpg


こうしてウッディと仕事へ行くことに。
一日よろしくお願いします。

目離してるすきにキョロキョロしてんだろうなー
NHK全国放送時間変更のお知らせ [2019年01月26日(Sat)]

明日のNHK総合での取り組み放送の時間が変更になりました。

--------------

課題解決ドキュメント ふるさとグングン!
 「若者が住み続けたいと思う町にしたい〜宮城・気仙沼市〜」 

総合 2019年1月27日(日)午前10時05分〜10時48分
→午前10時20分〜11時03分
※15分遅れの放送になりました。
また、全国的に荒れ模様のようなので、万が一緊急のニュースなどがあった場合、予告なく放送が休止に場合もありますので、ご了承ください。

※番組の一部は、全国の地域づくりの先進例を紹介するサイト
「NHK地域づくりアーカイブス」 http://www.nhk.or.jp/chiiki
で1/28以降、動画配信される予定です。

番組ホームページ:

出演:岩本 悠(島根県 教育魅力化特命官)尾木直樹(教育評論家・法政大学特任教授)りゅうちぇる(タレント)
司会:山本哲也(NHKアナウンサー)