CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«春の次はなんでしょう | Main | 「加速化する少子化早急な対策必要」»
検索
検索語句
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
タグ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
http://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
令和元年5月1日 [2019年05月01日(Wed)]

「平成最後の今日は雨ですね。令という字に雨を付けると『零』になるんですよね」
とある作家がテレビでコメント。

「年越し」ならぬ「時代越し」はどんなことが起きるんだろう。
改元はイコール「崩御」なので、改元の瞬間を祝うなんてムードはここ200年誰も経験してないワケで。

「あけおめ〜」的なワードは生まれるのか?
カウントダウンは?
ゆく年くる年的な番組は?
どんな商機を生むんだろう?
社会はどういうマインドになるんだろう?

いろいろ興味深い数日でした。

とは言うものの、あまり平成最後の夜だと意識もせず、30日の夜はとあるカップルを自宅に招いて、楽しく鍋をつついてました。

------

子どもも早く寝てくれて、妻含め4人でおしゃべりしてて、お酒もだいぶ回って。
「時代越し」もして、乾杯して。
そろそろお開きの深夜1時半。

「チェキとりませんか?」と。

おーええねええね。

チェキトーク。
どんなのが撮れてるか分からなくて、ビーっと出て来てもしばらくは分からなくて、
フィルムを振ったりなんかしながら待つ「あの時間」ってなんかいいと思うんですよね。

分かる分かる。

撮れたと思ったらフィルム切れてて、もう一回〜って撮ったら次は1枚目の黒いヤツだったりしてね。

あるある。

3歳の息子はスマホでパシャパシャ連写しまくってるけど、今度インスタントカメラとか持たせてみようかな。

とかなんとか言いながら4人で撮ったり(チェキの自撮りは高難度)、それぞれ2人で撮ったり。

CA5DF7C0-F117-41C8-8787-6D7FE8170B8A.jpg


…これ、令和元年よねぇ。

なんか昭和でも通じそうな写真ちゃう?


だんだん濃くなり現れてくる画。
ここからまた始まる「零」な感じが、お気に入りの一枚になりました。
コメントする
コメント