CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«平成という時代 | Main | 大島大橋開通とカモメの未来»
検索
検索語句
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
タグ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
http://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
2019年4月5日 [2019年04月07日(Sun)]

毎年、この4月5日の一日をブログに記録してたり、してなかったり。
唐桑半島に来て、丸8年が経ちました。

朝、息子を保育園に連れてって、
日中は打ち合わせが何本か入ったり、まるゼミのスポンサー企業にレポートを持ってったり。いつもの一日。
夜は久々にホームに行き「からくわ丸 筋トレ部(仮)」に初参戦。

さて、この一週間は新年度を迎えた一週間。その一週間も振り返ります。
お隣の畑が大々的に肥料をまき、我が家まで肥料臭いことに気づき、春を感じるこの一週間です。





3月31日
東京から妻と長男と長女をアクアに乗せて帰って来た。珍しく、ちょうどじーじから連絡があったので、そのまま馬場家に寄る。
3週間の帰省が終わり、私の3週間の一人暮らしも無事終了。

「掃除機あててないと誇りだらけになるねぇ」と言いながら、やっぱり我が家はいいねぇと上機嫌な妻に安心しました。





4月1日
「ねぇ、ニュースにかえていい?」
「トーマスの方がおもしろいんだよ!ね。」
息子にリビングのテレビは取られたので、キッチンの小テレビでその時を待つ。

「新しい元号はれいわであります」

ねいわ?あ、れいわ。

…。れいわ?

数秒ぽかんと止まった妻と私。そのあと、一瞬ぞくっと鳥肌が立ちそうになるのをこらえた自分がいた。
新しい時代か、と。(その心境については前記事(リンク)参照)

午後は、航也と峻くんと第1回ディレクターズ会議。ちょっと遅いけど新年度のあれこれを決めていく。





4月2日
まるオフィス、新年度の全体会議。恒例、代表の所信表明。
2019年度のスローガン発表。

19年度スローガン.jpg


どうぞ、それぞれ自由にやっちゃってください。





4月3日
高校生とミーティング。





4月4日
峻くんと新規事業についてミーティング(いよいよ営利事業)。
年間の売り上げを妄想して、わくわく。
夜、新しいMacbook Proをゲット。





4月5日
既述





4月6日
一日完全オフ。(イ○ンで)プラレールを増強して、遊ぶ。超回復。





4月7日
スクエアシップの引越し。ついに、内湾の新施設に移ります。
午後3時。内湾の施設の目の前に停まっていたフェリーがじゃんじゃかじゃんじゃか音楽を鳴らす。
みんな作業の手を止める。
大島架橋「鶴亀大橋」の開通の時間だ。

内湾から対岸の浪板方面を望む。トミカみたいに小さくなった車が進む進む。高台の新道路を大島方面へ進む。
島内は渋滞だったとか。

半世紀にわたる悲願。
また、気仙沼の歴史が変わった。


めまぐるしく変化を続ける。
コメントする
コメント