CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«30歳になりました「まるオフィス東京報告会2018のお知らせ」 | Main | かなっぺとみどりが卒業»
検索
検索語句
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
タグ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
http://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
2019年3月11日 [2019年03月27日(Wed)]

今年は嵐だった。そして、何年かぶりに独りだった。
「気をつけらいんよ」私は行かないからね、ごめんね、とばあば。
ぜんぜん大丈夫よ〜と私。

浜に降りて、いつもの場所に傘を置いて、祠まで足元を滑らせないよう慎重に登っていく。
雑草と松の赤ん坊がずいぶんとのびてきて、行く手を阻む。

今年も来ましたよ。

実は、何年も前から心がけていることがある。
私にとって、「3月11日14時46分にここにいれる」ことをひとつの指標としている。

「自由」
平日の午後だろうがここにいれるということは、自由に働けているということ。ちょっと行ってきます、が許されない職ではないということ。

「ゆとり」
忙しすぎないということ。3.11はちゃんと自分と向き合って、ここに足を運べる余裕があるということ。何より気仙沼にいることができているということ。

この日のこの時間にここに来れるような働き方なら、大丈夫。
そう心がけている。

8A468888-5442-427A-9C07-960CD208C55E.jpg


今年も来れました。
ただ、今年はなんとも物悲しい。肩をすくめて、傘が落ちないように首との間に挟み、手を合わせる。

大丈夫、と言いつつ、
満身創痍の30代スタートだった。
コメントする
コメント