CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«唐桑入りするキャンパーへ | Main | 丘にあがったカモメ»
検索
検索語句
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
http://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
唐桑ボランティア集結。 [2011年05月20日(Fri)]

引き続き、馬場さん宅の倉庫を部屋にして活動中。


いよいよ。

5月13日
唐桑入りしているボランティア団体の代表(各団体唐桑担当者)会議が燦さん館で開かれる。

とちぎボランティアネットワーク、RQ市民災害救援センター、シャンティ国際ボランティア会、FIWC唐桑キャンプ、そして個人ボランティア、(地元からは)森は海の恋人、(気仙沼市ボラセンから)ジャパン・プラットフォーム、支援プロジェクトほか、そして気仙沼市議会議員、社会福祉協議会唐桑支所。

5月16日
第2回会議。そこへ、天理教災害救援ひのきしん隊、唐桑へのボラバス派遣予定のIVUSAが加わる。

「(団体の)横のつながりを」というFIWC、とちぎVネット、シャンティの呼びかけで始まった、このネットワークは、週一の定例会議を開くことに決定。情報共有やネットワーク協働企画を仕切る事務局をつくることに。事務局の箱は、FIWCが暫定的なものを手配。波をかぶって全壊扱いの民家の2階。笑

事務局は、とちぎVネットから1人と私、計2人で運営?する。
先ほど、事務所に巨大な唐桑の地図が入った。
今後は、仮設住宅へのアプローチなどを各団体協力してやっていく予定。

---

忙しくなった。
ネットワークが名前だけにならないよう、直近の協働企画を立てようということで、IVUSAのボランティアバス50名(他、ヒアリング部隊も)の受け入れを事務局で準備することとなった。
20、21日、28、29日に東京から学生が大量にやってくる。

ニーズを聞き出し、派遣先の決定、トラックの手配、昼のカップラーメンのお湯の支援、トイレはどうするのか、仮がれき置き場は、集合場所は、時間は、行政委員の許可は、などなどをIVUSAと事務局が共同で企画する。
・・・もちろん、FIWCも従来どおりの活動を進めているので、日々ワークの手配は必要。

そこで、今まで1ヶ月以上の滞在が功を奏する。地元の人とのつながりは強い。
さらに、馬場さんのもつネットワークもでかい。

舞根1区(浦)と小鯖地区に投入することとなった。作業内容は、ガレキ撤去と側溝の土砂出し。

50人だろうと100人だろうとドンと来い。

---

唐桑ボランティアの統一チラシをつくることに。
イメージキャラクターに唐人(からと)クンが!笑

からとクン?
前々回の記事を見てみて〜
彼は出世頭です。

---

FIWC唐桑キャンプの方でもいろいろ企画を抱えている。

28、29日
気仙沼高校ダンス部とイベント企画。
愛媛県新居浜市より炊き出し隊派遣希望も。

6月4日
唐桑小学校運動会のお手伝い。
炊き出し隊「大風呂敷」による炊き出し。

6月5日
植樹祭参加か。

が、今のところ現地にいるメンバーの中で、28日まで滞在する予定の人はいない。
なんせ長期滞在する人が足りない、と感じるようになってきた。


「休み休みやりん」
と、バァバが言ってくれる。今はその言葉だけでもありがたい。

風が吹くと、ふわふわとタンポポの綿毛が部屋に入ってくる。
コメントする
コメント