CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
中嶋(ネギッチ) 
2013年4月5日2周年〜新年度ご挨拶〜 (04/20) orikasa
2013年4月5日2周年〜新年度ご挨拶〜 (04/07) 久野 充
遠東記第三章へ (09/01) リバーボール
遠東記第三章へ (08/16) 宮本秀治
蟷螂か蜘蛛 (04/16)
2012年3月11日 (03/13) 加藤拓馬
KECKARAけっから。を読む (03/07) 武田彩
KECKARAけっから。を読む (02/18) 原田佳美
けせんライナーのある日 (01/29) 富田潤(トミー)
まぁ、あれだ。 (01/23)
http://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
活動の近況はこちら
からくわ丸 活動ブログ『唐桑航海日誌』 http://blog.canpan.info/karakuwamaru/
からくわ丸-Karakuwa Designers Leagueは唐桑のまちづくりサークルです→ karakuwamaru.net
「唐桑」は誰が継ぐ (シリーズ「春よ来い」@) [2014年04月16日(Wed)]

ようやく三寒四温が、二寒五温くらいになり、
桜のつぼみがぽつりぽつりと東北の春を待ちきれず開き始めた。

年度末にあった印象的な出来事をつづる、シリーズ「春よ来い」。
第一弾は、以下2月24日の日記からの抜粋。
(カッコ内:補足)
---

一昨日、千葉貫二先生が亡くなった。
あまりに急でただただ驚く。
文化人として、また地域づくりの第一人者の一人として、唐桑の一時代をつくってきた人だと認識している。
貫二先生の意向を気にして(NHK「東北発☆未来塾〜デザインの力〜」企画以降)大唐桑茶のデザインうんぬんで足踏みしていた自分を思い出す。

やはり上の人に逆らわないのが、田舎での生きる術だ、と。

しかし、どうだ。
人はある日呆気なくいなくなる。なんなんだ、これは。

弟さんの貫三さんもお歳だ。じゃあ「貫三リンゴ」は誰が受け継ぐ?
夕市のばあさまたちも10年後にはほとんどいないかもしれない。じゃあ、あのこじんまりとして、えまが愛してやまなかった直販所は誰が引き継ぐ?
一丸さんがいなくなったら?

全てがそうだ。後継者不足。少子化。
「唐桑」は誰が継ぐというのだ。
何が「唐桑」として残っていくのだ。

「人はいつ死ぬと思う?」(マンガ)ワンピースのDr.ヒルルクの珠玉の名言。
じゃあ一体、まちはいつ死ぬのか。

その土地が育んできた固有の風習が急速に失われ、日本が均一化されていく。
ここ100年で一気にだ。いや、ここ50年かもしれない。
これがグローバル化、近代化の答えだと言うなら、それをすんなり受け入れるほど私は利口ではない。

私には時間がある。「生きる時」だ。
だったら、私たちがやらなければならない。
今の偉い方々にはないものをもっている。偉くない私たちがもっている。
上の世代(の価値観)を単に引き継ぐことではない。古き良きの上に築く「創造」だ。
吉本師匠曰く「伝統とは革新」。
斉吉さん曰く「(生き続けるための)変化」。

地方に暮らす我々若者は、もっともっと挑まなければならない。
そう確信した一日だった。

(以上抜粋)
---

唐桑に「よそもの」として関わる覚悟を決めたのに、最近専ら守りに入ってしまった自分。
事を荒立てないように、「郷に入れば、なんちゃらでしょう」という言葉を盾に、保守的な自分と怠け者の自分がぬっと顔を出していた。

でも、唐桑で生きていくために「自分」を守って、
気付いたときにはもう時すでに遅し。海も畑も御殿も風習も言葉も残ってませんでした、ちゃんちゃん。
そんなのやんた。

やろう。

貫二先生の存在は大きかった。中区は寂しくなる。
改めてご冥福を祈りつつ、自分に鞭を入れた日だった。
入籍のご報告 [2014年04月12日(Sat)]

4月9日に入籍しました。

お相手は、学生時代一緒に中国で活動した仲間のひとりで、
19のときから5年と5ヶ月お付き合いした人です。

東京から東北に呼び寄せる形になりまして、
住居は引き続き気仙沼市唐桑町に置きます。
何分未熟な二人ですが、
まだまだ復興途上の唐桑にやっかいになります。
みなさまにはこれまで以上にお世話になりたいと思いますので、
どうぞ宜しくお願いいたします。

2014.04.09 加藤拓馬

写真 (4).JPG

(デザイナー歩さんに頂いたプレゼント)

あつしサンと遊歩道にて [2014年04月08日(Tue)]

本当に久々に、松圃地区のあつしサンと御崎・欠浜間遊歩道を歩いた。
一昨年の春〜初夏KECKARA#2を発行するころに、遊歩道を案内してもらった以来のはずだから、1年振りどころではない。去年、御崎から津波石までなら歩いたか。

あつしサンは、70代の遠洋マグロ船漁師のOB。
しっかりとした足取りでとっとことっとこ山道を進む。
おじいさん、というイメージはない。肌はこんがり黒くて背は小柄。眼はくりくりしていて、眉は黒く太い。笑うと眼と口の周りにしわがぐっと刻まれる、力強い海の男だ。
右手には遊歩道散策用の竹の杖。カモシカ出現時には護身用になるとか。あとは白髪の坊主頭にキャップ。今日は「密猟監視」と書かれてあるキャップだった。

遊歩道について。
遊歩道といっても、小綺麗な小道ではない。基本は、獣道のような山道だ。しかし、その山道の要所要所に設けられた展望台からは、リアスの雄々しい断崖絶壁、そしてアメリカ大陸まで邪魔するもののない太平洋が眼に飛び込んでくる。マイナスイオンが充満しているイメージ。
今日の水平線は少し霞んでいた。少し北に目を向けると広田半島が見える。「広田半島も椿島も霞んでいる。春だなぁ」とあつしサン。
ルートとしては、滝浜から御崎(半島の先っちょ)まで唐桑半島の東海岸を断崖沿いに走る。
本当なら北は巨釜(おおがま)まで続いているのだが、巨釜・半造間の前田浜付近、半造・笹浜間、笹浜・滝浜間がそれぞれ通行止めもしくは危険な区域があり、オススメできない。
いつか整備が進み再び開通すれば、唐桑の景勝二大スポットである巨釜の折石と御崎が一本の山道でつながる。
ちなみに、北の景勝地大理石海岸にも素敵な遊歩道があるのだが、そちらも同じく通行止め。なんとももったいない状況が続く。気仙沼の観光、リアス式海岸の体験を考えるなら、外せない2本の遊歩道なのだが。
話がそれた。

あつしサンは定期的にこの遊歩道を歩いている。
市の調査員でもあり、倒木で道がふさがれていると写真を撮って後日役場に報告に行く。

先日、市役所で今年度事業計画に行き詰まった頭をほぐすため、ぷらっと立ち寄ったのがあつしサンのお宅で、たまたま今週また歩くというので同行を願い出た。
NPO法人底上げのなるサンも同行することになった。

---

あつしサンの話はいつ聞いてもどの話もおもしろい。
「わたしらのときはね、中井小学校は1学年100人規模だったから」
は〜そんなにいたんですねェ。
「中学校いくと、宿※のヤツら(唐桑小学校)と一緒になるでしょう?」
(※宿(しゅく)地区:旧唐桑町の中心街。唐桑小学校や町役場がある。唐桑小学校と中井小学校が一緒になって唐桑中学校に進学する。)

あらら、じゃあ全面戦争じゃないっすか!と、なるサンが横やりを入れる。
「そぉさ、全面戦争よ。石投げあってねェ。
昔はね、中井小は唐桑小学校の分校だったのね。それで、ブンクソ(分校の糞)ブンクソって語られてねェ。唐桑小は宿にあったから、スークソ(宿の糞)スークソって言い返してたのさ」

その中井小も今や1学年10人規模。近い将来、唐桑小と合併することとなる。

---

椿が咲く季節。
「この花びらも食べれるんだよ。懐かしいねェ」
と、あつしサンの子ども時代のやんちゃ話が始まる。
「雨の日の後ね、椿の木に登ってね、椿の枝をおっとめて(引き寄せて)ストローでね、ストローって言っても今みたいなプラスチックのものはないからね、竹さ。竹の細いヤツ、穴っこ空いてるのでね、花っこの真ん中にこう入れて吸うのっさ。水が溜まってるんだけど、それが美味くてね!花粉で顔を黄色くしてね」

まるで虫じゃないですか…!

うぐいすが鳴く。
ホッ、ホケキョ!とまだ上手く鳴けない若いうぐいすのようだ。春の声。
「お!まだ少し下手だな。ホゲヂョ!ってね。これから上手くなるんだ。練習してるんだねェ。
すべからくして習い事は大切ということだ」わはは、と歩みを進める。

あつしサンも春を待ち望んだ一人だ。

---

歩きながら話は漁師時代の思い出話へ。
「国家試験の講習のときね、先生によく言われたから忘れはしない。
『いいか、(人に物事を説明するときは)兎糞(とふん)じゃなく、魚糞のようにつながりをもって説明しろ!お前ら、幼稚園からやり直せェ!』ってね」

トフン?ギョフン?
「兎の糞はポロポロあちこちに落ちるだろ。そんな(論理的じゃない)説明の仕方じゃダメだってことだ」
今日、クソの話ばっかりじゃないですか。

船の話はおもしろい。
「わたしぁ、なんにもせん長でした」
船長のことは「何にもせん長」と揶揄し、機関長のことは「言うこと聞かん長」と揶揄するそうだ。これには笑った。

さらに話の舞台は海外へ。
去年じゅんちゃんたちと歩いたときは、海外で銃撃戦に出くわした話をしてもらって、驚いた記憶がある。なんせこの人たちは尋常じゃない世界を見てきている。世界中の海を渡ってきたのだ。
「これはハワイの話だが…」
と、すべらない話が始まった。
「ハワイでのお土産と言えば、ハチミツだった。こんな大きい容れ物に入ったものでねェ。お土産に買って帰るんだ。
それでね、ある友人がハチミツを買おうと店に来たんだが、英語ができなくてね。
仕方ないからジェスチャーで…」

あつしサンは人差し指を出し、宙を泳がせ始める。

「ブウゥゥ〜ン。ブゥ〜ン

…チクッ」

っと口で言いながら指で宙を鋭く突き、そのまま下唇にあてて

「ペロッ」

と指をなめる。

「ってやったの!
するとね、向こうの店員さんが日本語で『ハチミツのことですカ?』って言ったんだってよ!わははは!」

爆笑。
昔もハワイではよく日本語が通じたんですね。


しょうもない話。
世界の海を見てきた男たちの笑い話。
これから先は聞けなくなる話。
今、なんとなく聞いておきたい話。

全部。

---

津波石にたどり着いた。
こんなにパワースポットという名がぴったりの場所はない。
海底から津波によって打ち上げられ、肌が真っ白になっている巨石。
古来より、津波石は海神サマとして神聖視されている例が多いとか。
写真 (1).JPG

ここに来るたびに思う。
ここは何とかしなければ。このままじゃもったいない。唐桑再興に活用できる。

改めて唐桑のポテンシャルを感じた半日。
自然。そして人。

忘れないよう記した次第である。
2014年4月5日〜3周年記念日 [2014年04月05日(Sat)]

またこの日がやってきた。
三度振り返る。

2011年4月5日−星の降る真っ暗な唐桑に到着。
後にtkmと呼ばれる倉庫スペースの前で、じいじとみっぽが待っていた。4月5日はFIWC第2陣と第3陣が入れ替わる日。2陣のゆきと兄らには会いたかったが入れ違いで会えなかった。みっぽは第3陣まで残留だった。がーがーっと発電機が唸る中、自己紹介をした。
この翌日、かじさんと初めて出逢うことになる。

2012年4月5日−ホーム(プレハブ)で事務作業。
この1ヶ月後に、からくわ丸を立ち上げることとなる。
記事「1年絶って』http://blog.canpan.info/entoki/archive/114

2013年4月5日−市役所で仕事。
就職したばかり。夜はホームで飲む。
記事「2013年4月5日2周年〜新年度ご挨拶〜」http://blog.canpan.info/entoki/archive/137

そして、
2014年4月5日−…家具の搬入。
新しい生活を目の前にして、その準備の1日になった。じゅんちゃんにだいぶ世話になった。
アパートの部屋にいたので、ホームには行ってない。

この一連の「4月5日シリーズ」。
テーマがあるとすれば、それは「変わるもの・変わらないもの」。
毎年書いている。「1年先が読めないもんだ」と。
事実、FIWCとして入って唐桑ボランティア団、「KECKARAけっから。」、からくわ丸、そして市地域支援員、と毎年何かしらの立場は変えている。

余談だが、先日とある企業の方々にインタビューを受け、この3年間の移り変わりをこう評していただいた。
「状況の再定義や自己の役割の再定義を頻繁に実施していることで、彼の場合はボランティアから次々とステージを変えていっている。俯瞰的に見て再定義し、実践的に行動することの実例を彼の言動に見ることができる。」
いやいや「結局3年間フラフラしてる」という事実を、こうも格好よく表していただけるのだがら、有り難い。

今年の4月5日も、1年前には全く予測できない状況となった。

一方で「変わらないもの」がこの3年間で生まれてきた。
それはここ唐桑。
1年後どういう立場になっているのかは分からない。でも、やっぱり唐桑町馬場で唐桑の人と相も変わらず呑んでいるということは変わらないだろう、と確信に変わってくる訳で。

---

私の唐桑での生活もいよいよ4年目に入る。
従来の生活・活動もいよいよ次なるステージへの過渡期に入る。
「ホームからの卒業」が待っている。

何が変わりゆくもので、何が変わらざるものなのか。
そろそろしっかりこの3年間を振り返って言語化しなければ。
来月・再来月と都内で講演が待っている。

…とりあえず一番の「変わったもの」は、今日をもって私の部屋が禁煙になったことでしょうか。

−2015年4月5日につづく
平成26年4月1日の挨拶 [2014年04月01日(Tue)]

おはようございます。
平成26年度が始まりましたねェ。

私は引き続き―
気仙沼市 震災復興・企画部 地域づくり推進課
地域支援員 担い手育成支援事業担当
として気仙沼・唐桑の地域づくりに邁進します。先ほど辞令を頂きました。

また、昨年度1年間非常勤として勤めました「気仙沼まちづくり支援センター」を退職致しまして、
今年度から再び「からくわ丸」の事務局活動を強化していきます。

相変わらず何足もわらじを履いているのですが、
新しい試みにも取り組んでいく1年になります。
どうぞ活動の行く末をお楽しみに。…しつつ、見守ってくださいね。
よろしくお願いいたします。

姫路の家を出て、7年が経ちました。節目の春がやってきます。
ぬらりひょんの話 [2014年03月06日(Thu)]

先日、25歳になった。
平成元年生まれだから、平成も四半世紀経ったことになる。
たくさんの方からfacebookでメッセージをもらったり、ホーム(からくわ丸の拠点)の仲間はじめたくさんのプレゼントをもらったり、と有り難い誕生日となった。

そしてもうすぐ4度目の3.11がやってくる。

一度は暖かくなり、草木も驚いたように春の準備に入ったが、今晩は氷点下、雪が舞った。
三寒四温の季節に入る。

---

先日大笑いした小話をひとつ。

「ぬらりひょん」という禿げた老人の妖怪をご存じだろうか。
妖怪のボス、とも言われる有名な妖怪で、ある日突然家に入ってきてまるで家の主かのような横柄な振る舞いをし、人々を驚かせるという迷惑妖怪。しかし、マンガ「地獄先生ぬ〜べ〜」で取り上げられたぬらりひょんの正体は、彼こそ現代の人々が忘れ去った昔から棲む家々の氏神さまだった、というものだった。

と、以上の記述は別に何の関係もない話。
以下、お世話になっている唐桑の国昭さんから聞いた話。

先日、広島大学から学生2人が唐桑は馬場にある「カエル塾」にやってきた。
カエル塾とは3.11で波を被ったとある民家の離れなのだが、そこの家主国昭さんは仮設住宅とその離れを今も住居としている。母屋はもう取り壊し、その離れだけが残る。
そしてそのカエル塾は、国昭さんが生活の拠点とすると同時に、御好意でFIWC時代から続くボランティアの寝床としても開放してもらっている。この3年間で国昭さんが受け入れた学生は数えきれない。

「からくわ丸広島部隊」というからくわ丸の学生支部からやってきた2人は、国昭さんの名前こそよく聞いていたが、まだ会ったことはなかった。
その日の夕刻、先にカエル塾に到着し、荷物を降ろした2人はカエル塾で家主の帰りを待っていた。まもなく国昭さんも帰ってくると連絡があった。

しばらくして、突然ガラリと戸が開き、スキンヘッドの好々爺が顔を出した。
「くにあきさんはいるかぇ?」

驚いた学生は胸をなで下ろし、「国昭さんならもうすぐ帰ってくるそうです」と答える。
そうか、じゃあ中で待たせてもらおうかな、と好々爺は入ってくる。どうぞどうぞ、と起立している学生。

するとそのままカエル塾の上座の席にどかっと座り、ふぅとくつろぐと
「これ、そこの君、コーシー(コーヒー)入れてけらい」と発した。


そこで国昭さんは大笑いしながら私に言う。
「その学生のおったまげた顔といったら!わははは」

まったく唐桑の人はおふざけが絶えない。いくつになっても「おだづまっこ」(ふざけた子ども)を演じる。
その話を聞いて、ふと「ぬらりひょん」を思い出した私。

家々に棲むこういうずんつぁま(じいさま)がいることが、まちの味を出していく。


ちなみに蛇足だが、この記事を書こうと「ぬらりひょん」をネットで調べたところ、「海坊主・タコの妖怪」と書いてあってまたふき出した。それはいくらなんでも国昭さんに失礼だべ?
サルの話 [2014年02月26日(Wed)]

facebookでおもしろい話を見つけたので、勝手にブログでもシェアする。我ながら珍しいことなのだが。

---

あの話。

複数のサルを部屋に入れる。そこに梯子を立て、天井にバナナを吊るしておく。
サルは当然バナナを取りに行こうとするが、そこで実験者はサルに激しい勢いで冷水を浴びせる。
梯子に登ったサルだけでなく、部屋内の全てのサルに冷水を浴びせる。
何度か同じことが繰り返されるうち、それでも梯子を登ってバナナを取りに行こうとするサルに、他のサルは抗議したり噛みついたりするようになる。冷水を浴びせられたくないからだ。

次に、部屋のサルを一部入れ替える。新参のサルは当然梯子を登ってバナナを取ろうとするが、冷水をかけられると知っている古参のサルによって叩きのめされる。新参のサルは自分が攻撃される理由がわからないが、仕方なく従う。

また新参のサルが入り、梯子を登ろうとする。今度は、冷水をかけられた経験がないサルも新参サル叩きに加わる。

サルを徐々に入れ替えていき、全てが冷水をかけられた経験のないサルに入れ替わっても、どのサルも梯子を登ることはなくなる。理由はわからないが、登ると周りのサルから叩きのめされるからだ。

伝統、教訓、社会や集団に幅広く浸透している考え方が、それが生まれた背景や必然性を離れて、場合によっては不必要な状況になっても残り続けることの示唆として使われることが多い訓話(?)だ。
(後略)

---

この筆者はこう締めくくる。「結論だけでなく、考える過程も大切にしなければいけないなぁ」

全くその通りだ。
だが一方で、その不条理な伝統・教訓が「この部屋の秩序」を維持しているのも事実だ。
誰かがバナナを獲ってしまったらどうなる?勝者が生まれ、妬みが生まれる。
全くコミュニティってのは難しい。

この部屋の中でバナナを生産できればいいのだろうけど。
2014年の漢字一字 [2014年01月11日(Sat)]

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

仕事始めの週もなんとか乗り切り「ようやく明日は日曜だ」と胸を撫で下ろす、という常識ある大人の仲間入りを果たしてしまった今日此の頃の私です。

しかし、今年は非常に重要な年になります。
毎年言ってるけどね。
唐桑生活はいよいよ4年目に突入ですね。
「何事も10年」といろんな人に言われますが、まだまだ前半戦です。これからこれから。

恒例、今年の漢字いきますか。
「今年の漢字一字」と言えば年末に年を振り返って出すものですが、
抱負の意を込めて年始に漢字一字を考える、という慣習が一部のワークキャンパーの中で続いております。

2013年は「忍」でした。
(参照記事:「もうすぐ春」http://blog.canpan.info/entoki/archive/132
耐え忍ぶことを学ぼうということで、組織に勤めるのがそもそも初めてでしたからね、そう掲げました。
朝起きれるようになったのが成果ですかねェ。

今の市役所勤め(嘱託員)+NPOの非常勤スタッフは、非常に充実しております。ということは、善戦と苦戦を目まぐるしく繰り返しております。

本格的に、所謂「まちづくり」活動にどっぷり浸かってきた。
昨年は、視察を兼ねていろんな先進地にも行きました。
信州、水俣、四万十、中越。毎回眼が醒めるような発見ばかり。

今年もいろんなところを見たいな。

ちなみに、2012年は「躍」でした。
(参照記事:「タッペが怖い今年もどうぞよろしく。」http://blog.canpan.info/entoki/archive/101
躍進を掲げ、からくわ丸を創りました。

さて、2014年。
「帆」
追風吹けども帆無くして前進無し。
まだ劇的な前進はありません。かといって「忍々!!」と言っていても仕方ない段階に入りました。
前に進むために必要なものを積極的に獲りに行く年にしたいです。
それが帆です。周りから吹き込むいろんな風をしっかり受けられるような大きな帆を張りたい。

市の地域支援員の活動も大きく変えます。よりピンポイントを衝くものにしたい。
まち歩きなど「あるもの探し」の先にあるものを問います。

からくわ丸の事務局活動は粛々と進めます。
昨日、総大将のじゅんちゃんがからくわ丸の今年の抱負として「各々の発信」という言葉を掲げました。
地元メンバーそれぞれが自身の想い、活動への想い、地元唐桑への想いを人前で語る場をもつ。発信することで自信をつけ、内を固めていこうという心づもりですな、殿!今年こそ再び東京報告会開きたいです。
目に見えないスピードで、でもしっかりとした足取りで、からくわ丸の地元メンバーは熟してきている気がします。

私にとって最も大きな変化が待っている年が始まります。
春が待ち遠しいです。
吉本さんと再会 [2013年12月13日(Fri)]

吉本哲郎氏が釜石に入る前に唐桑に寄った。
久々の再会だった。

吉本さんは著名な「水俣地元学」の提唱者。
「ないものねだりからあるもの探しへ」というフレーズは、からくわ丸の根底を成す。

「まち歩き」や「クッキングまんま」など「見様見真似地元学」を始めて早1年半。
未だよく分からないことだらけだ。
むしろやればやるほど見えそうで見えないものが膨れて、焦りを生む。
まぁたかだか数年で何かを成せるとは思わないよう努めているが、成せるどころか見えもしないのでさすがに悩む。

どーすりゃいいんですかねぇ。

「1つ知ると、知らないことが3つ増える。ざまーみろ。わはっ」

円を描く。
円の内は「知っている」もの。円の外は「知らない」世界。
円が大きくなると、外部(知らない世界)と接する縁も増えていく。
つまり知れば知るほど「知らない」ことが増えていく。
そういうことらしい。
なるほど。


「若いうちは失敗できる。失敗が許される。

失敗しなさい。

ただし、取り返しのつく失敗をしなさい。

『取り返しがつく』ためにはな、いいか、
まずカネをかけない。
そして、悪知恵をはたらかせろ、汗水たらせ。

はい!
それではお大事に!」

わはっ

写真 (12).JPG
スローシティ気仙沼 [2013年12月05日(Thu)]

「スローシティ(チッタ・スロー)」という言葉を数ヶ月前に知る。

調べてみるとこの記事が非常に分かりやすかったので紹介する。

時代を読む新語辞典
「スローシティ」〜小都市の連携が生み出す、住民主体のまちづくり
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090821/175702/
日経Bizアカデミー BizCOLLEGEより


(以下、一部引用)
 スローシティーの概念をひと言で説明するなら「住民にとって住み心地のよい小都市づくり」となる。地域における独自文化や伝統産業、さらには持続可能性などを重視したうえで、住民が主体的に都市や産業の「舵取り」にかかわれる環境をつくる。その軸足になるのが、住民自身が考える「生活の質や楽しさ」だ。スローシティーは、住民の感性を重視した、ボトムアップ型のまちづくりとも言える。
 (中略)
 これら一連の活動で注目すべきなのは、ネットワーク化した組織が相乗効果をもたらしている点だろう。スローフードもスローシティーも、互いに異なる文化を持った都市の対等な連携が活動の軸となっている。これにより大組織としての強い情報発信力と、各都市の強い個性とが共存可能になった。このことから画一化にも標準化にも頼らない「もうひとつのグローバル化」の可能性も感じさせる。
 (中略)
 このうち日本のまちづくりで圧倒的に足りないと思われるのは、住民主体やネットワーク化などの観点だと思われる。地方自治における財源や権限の問題のみならず、地域の精神的自立もこれまで以上に求められる時代であるようだ。



気仙沼は震災後、日本初のスローシティに認証されている。
「画一化にも標準化にも頼らない『もうひとつのグローバル化』の可能性」かぁ。
なんて甘美で夢のある言葉だ。
| 次へ