CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

検索
検索語句
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

加藤拓馬さんの画像
最新コメント
http://blog.canpan.info/entoki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/entoki/index2_0.xml
[活動の近況はこちら]
一般社団法人まるオフィス maru-office.com
まるオフィスは気仙沼・唐桑のまちづくり団体です。
山崎亮さんが気仙沼に 〜あなたの浜の縮充は何ですか?〜 [2017年03月22日(Wed)]

2011年秋。
東日本大震災で被災したガレキの撤去を終え、それでもまだ唐桑のために何かしたいと思ったものの、「何か」とは何だ。
そもそもまちづくりやまちおこしなんて言葉に興味をもったことは一度もない。

そんなとき、東京から後援してくれていた郭くんから急に送りつけられてくる2冊の本が、のちの道を拓く。
一冊がstudio-L代表 山崎亮さんの『コミュニティデザイン』、もう一冊が吉本哲郎さんの『地元学をはじめよう』。

当時、東北新幹線での上京&帰沼の時間は、気持ちを整理し新しいことを考える貴重な時間だった。
そこで『コミュニティデザイン』をパラパラめくり、どこのまちの事例か覚えてないけどどこかのまちの事例を読んでいて「フリーペーパーいいなぁ」と思い付く。
それが「からくわ未来予報誌KECKARAけっから。」創刊のきっかけとなった。
(『地元学をはじめよう』はそのタイトルどおり、12年〜見よう見まね唐桑地元学(まち歩き)につながった一冊だ。)

のちの山崎さんの新書『コミュニティデザインの時代』においては、今も自分の講演では必ず登場するこの一文に出会った。

「長い歴史を考えれば、むしろこの200年というのは人口が特異なほど増加して減少した時期だったということになるかもしれない。
その前後1000年の間は、ずっと人口4000万人くらいで過ごしてきた国が日本だったということなのかもしれない。
だとすれば、僕たちは相当特殊な時代を生きていると考えたほうがいい。」

(山崎亮著「コミュニティデザインの時代 自分たちで「まち」をつくる」p.25)

人口の減少を嘆くなかれ、これからは「過疎」ではなく「適疎」を目指そうという考え方がそこに記してあり、これがこれから人口減少社会の主流の思想になる予感がした。

さらにさらに、同著『まちの幸福論』はなんと今や小学校6年生の国語の教科書に載り、私たちが今唐桑の小学校でお手伝いしているまちづくりの授業もいわばこの著書のおかげだ。

---

3月21日、その山崎亮さんが気仙沼にやってきた。
気仙沼市の第2次総合計画策定のファシリテーターとしてstudio-Lがやってくる。広く開かれる市民ワークショップのファシリもしてくれるのだとか。

「縮小、縮退、縮減ではなく『縮充』がいいと思うんです。今までは拡充の時代でしたから。
『あなたの浜の縮充は何ですか?』それが問われはじめます。
それには覚悟と挑戦が必要です」

IMG_2969.JPG

平成29年から平成38年まで10年間のまちのプラン。
ジェットコースターのような人口減少がはじまる10年。
これからの10年は今後100年間どう下るかを占う大事な10年。

総合計画もいいけど唐桑のまちづくり協議会も始まったばかり。
はて、両者はリンクするのかしら。
中高生と何かできないだろうか。
自分の役割は何だろう。
毎年わくわくする。
「唐桑まちづくり発表会」いよいよ [2017年03月17日(Fri)]

昨年12月、唐桑町まちづくり協議会が発足し、幹事(役員)になりました。
明日はその協議会の記念すべき初回のイベントがあります。

その名も「唐桑まちづくり発表会」。

あえてのシブいネーミングでいったんですが、
「最近は横文字だらけだから。この『発表会』っていうのがいいですよね」
と、ある地元の年配の女性に褒めてもらいました。よかったよかった。

170227_唐桑発表会チラシ_OL.jpg

地元にいても普段なかなか聞くことのできない子どもたちの声。若者の声。
地域協育、若者支援、小規模多機能自治…いろんなテーマをこっそり詰め込みました。
きっと聞き終わったときには、地元の未来に眼が向くと思います。

からくわ丸の初の地元向け活動報告もあります。
活動集「マルクワ2017」も併せて、明日発行です!

どうぞお越しください〜

-----------------------------

【唐桑まち協 初回イベント】☆受賞者続々☆
唐桑の次の世代を担う若者・子どもたちが今いろんなところで活躍しているのをご存知ですか?
小学生、中学生そして若者たち…!
唐桑を元気にする子どもたちのスピーチ、唐桑を元気にする若者たちの活動紹介を一堂に集めました。
ここでしか聞くことのできない地域の未来の声があります!
気仙沼内外のみなさんのお越しをお待ちしております。

【プログラム@】
唐桑小学校5年生による発表
(牡蠣養殖体験について)
祝☆ESD大賞ユネスコスクール最優秀賞 受賞☆

漁協青年部によるコメントも!
祝☆農林水産祭天皇杯 受賞☆
*----------------*
唐桑小学校が長らく取り組んできた牡蠣養殖体験学習がこの度ESD大賞2016を受賞(しかもユネスコスクール最優秀賞は文科大臣賞に次ぐ賞です)。協働してきた漁協青年部も同取組みで天皇杯を受賞し、W受賞となりました。
今回は卒業した6年生に代わり、来年度最高学年になる5年生が、抱負も含めて発表してくれます。
(サイトはこちら)
http://www.jp-esd.org/grandprix.html
*----------------*


【プログラムA】
まちづくりサークル からくわ丸 の活動報告
代表 立花淳一氏
(☆ぬま大学第1期最優秀賞受賞者☆)
川村俊氏
(☆ぬま大学第2期共感賞受賞者☆)
(小学生対象畑づくり大作戦!ほか)
*----------------*
これからまちづくり発表会では、地域づくりに取り組む団体による活動紹介を順次していきたいと考えています。初回は、からくわ丸!発表者は、昨年度ぬま大学(市主催)で最優秀賞を受賞した立花淳一代表と、今年度ぬま大学で共感賞を受賞した川村俊氏です。(共に地元出身)
(「ぬま大学」とは?)
http://numa-ninaite.com/numauniversity/
*----------------*


【プログラムB】W受賞
唐桑中学校3年生によるスピーチ
・伊藤夕妃(ゆき)さん(中井小OG)
「ここにしかない!」
祝☆本吉地方中学校弁論大会最優秀賞 受賞☆

・小松歩加(ほのか)さん(小原木小OG)
「出会いは私のエネルギー」
祝☆少年の主張
 気仙沼・本吉地区大会最優秀賞 受賞☆
*----------------*
最後は今年度弁論大会でのダブル最優秀賞受賞という功績を残した唐桑中学校から感動の受賞スピーチが登場。
伊藤さんは震災以降の移住者との出会いを、小松さんは小原木と唐桑の中学校合併時の出会いをテーマにスピーチします。
*----------------*

発表の後には、
同協議会加藤拓馬から今後の展開についてのプレゼン、
みやぎ連携復興支援センター石塚直樹氏による 会場からの質疑・感想の共有タイムもあります。


開 場:13:00〜
参加費:無料

主 催:唐桑町まちづくり協議会
後 援:気仙沼市
    気仙沼市教育委員会
    唐桑地区社会福祉協議会
    唐桑町自治会連絡協議会
問合せ先:(事務局)唐桑総合支所 総務企画課
     TEL 0226-32-4520

-----------------------------
(以上、FBイベントページより)
URLはこちら↓
https://www.facebook.com/events/1659216401040765/
広報けせんぬま、に。 [2017年03月15日(Wed)]

あらまー。実家に送ろ。
気仙沼デビュー。
IMG_2929.JPG
2017年3月11日 [2017年03月12日(Sun)]

アパートを出たら、ほのかをおぶったばあばが歩いてたから「行く?」って聞いたら
(寝たから)とほのを指しながらジェスチャーで返すばあば。
今日は土曜日。ばあばと代わるようにしてじいじが家の中から出て来る。
「よし」
みほとはるたも今年は一緒。
「おー、はるたっ」
じいじが奇声を発しながらはるたをあやす。

まもなく1歳になるはるたを抱っこして浜に降りる。
去年のこの日はまもなく1歳になるほのかとばあばと一緒に浜に降りた。
来年は息子と一緒だなぁなんて思ってたのを思い出す。無事そうなってくれたことに感謝。

IMG_2882.JPG


また今年も祠に手を合わせる。
すると男の子が二人駆けて来た。「あれ、はっちとぴっか」
どうしたの、と聞く間もなくサイレンが鳴り始めた。

IMG_2890.JPG


サイレンが鳴り止むと、お母さんたちも降りて来た。末っ子長女のかなちゃんもいる。
え、もう4歳?まだ赤ちゃんのイメージが抜けないなぁ。
ぴっかは次5年生になるんだっけ?
照れくさそうに「はい」
え、丁寧語を使うようになったの?
おっきくなったねぇ。
はっちも卒業か。
あっと言う間だねぇ。
はっちは横におっきくなったのよね。
震災のとき、ピカピカのランドセル見せてくれたの覚えてる?
えー。もじもじ。

6年経った。あのランドセルも役目を終える訳だ。

【6年前の記事】
 「入学式」
 「ごーって」

そっか、6年経ったんだねぇ。

毎年独りでこの浜で祈ることを恒例にしていた。
去年は初めて独りじゃなかった。
今年はもっと大勢で祈りを捧げた。

意味合いが変わって来た。
もともとヨソから来た私にとって、自分の立ち位置を見つめる日が今日だった。
独りで海に向かって問い、自分に鞭を入れる。

今は、子どもたちの成長を見つめる日。
海に向かって祈り、ふうと一息、肩の力を抜く日。

【シリーズ記事】
 「2016年3月11日」
 「2015年3月11日」
 「もうすぐ春」
 「2012年3月11日」
日経新聞(全国)に載りました [2017年03月10日(Fri)]

【本日 日経新聞 全国 42面】
全国のビジネスマンに、紙で大きく「気仙沼」の三文字を届けられるのは本当に有り難いことです。素直に今朝はニヤニヤしました(^ ^) 気持ちが引き締まりました。がんばります。

IMG_2856.JPG


(日経新聞電子版 会員限定)
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO13898150Z00C17A3CR8000/
日経新聞Web版に載りました [2017年03月09日(Thu)]

日経新聞のWeb版に載りました。

「大震災6年 移住先は被災地 若い力で復興へつなぐ」
http://www.nikkei.com/photo/special/article/?ng=DGXZZO13813190Y7A300C1000000&uah=DF080320172023


写真を撮ってくれたのは、かつてのキャンパー仲間。
つながってつながって、今年もまもなく3.11がやってきますね。
88飲み [2017年02月25日(Sat)]

1月30日。
「いやぁ、この会は念願だったねぇ」
88年度生まれの3人が町内のホルモン屋かのやに集まった。
唐桑出身のやす、こんこん、と私。
同い年ってだけで生まれも育ちも全然違う私を受け入れてくれて、まるで同級会みたいな雰囲気がすごく嬉しい。

やすの仕事の話に。復興特需の終わりに直面している、という。深刻だ。

震災前はどうやって保ってたの?
震災前からもうダメだったさ。
そっかぁ。ある種の延命だった、ちゅーことか。

「安定した仕事じゃねぇからなぁ」
ため息。

安定した職って何?
逆に今、日本に安定した職業って何がある?
人工知能革命で職業がどんどん消えていくこれからの社会。
50年後もばっちり儲かる見込みがある業界って何?

「確かに」
やす曰く、
「なんだろぅなぁ。
なんか(お前の)話聞いてると、いつもなんかやれそうな気がしてくるんだよなぁ」
そーなんだよね!こんこんも重ねる。
ありがとう。必死に不安定な自分に言い聞かせてるだけよ。

やすは「このままだと唐中が無くなる」と書いた昨年の私のブログを読んで、
心が動いたと言ってくれた。
母校を失いたくない、そう強く感じた、と。
(参照記事:真夜中の会談「挑戦宣言 -唐桑から学校が無くなる-」

「唐桑に(Uターンで)帰って来て、地元が好きになってきたんだよね。
唐桑が好きで、出て行かずに唐桑に留まってるかわいい後輩たちもいる。
だから背ぇ向けてまた出て行きたくない」

よし、なんかやろうぜ。
いいねぇ、なんかやろうぜ。

「おい!たくやぁ!」
後ろの席のおんちゃんが叫ぶ。
ほい、たくまです!
「消防団さ、へぁれ(入れ)」

へい、いずれ必ず!

IMG_2393.JPG
高校生の活躍がテレビで「NHK総合 復興サポート」 [2017年02月18日(Sat)]

明日の朝、気仙沼の高校生の活躍がNHK総合で全国デビュー!

(私たちも、ちらりとサポーターとして出る…かも︎)
拡散お願いします〜(^-^)

【NHK総合】
2月19日(日)10:05〜10:53
「復興サポート 高校生が描く 地域の未来 〜宮城・気仙沼 Part2〜」

(再放送)
2月24日(金)14:05〜14:53

0207_復興サポート.jpg
合格しました! [2017年02月12日(Sun)]

「合格しました!」
唐中生からLINEが入る。
漁師を目指している男の子だ。

地元紙でも、たまたまよく知った唐中生の合格インタビューが載っている。

みんな夢への一歩を踏み出した。

おぉ〜
報せが届くと、事務所のみんなから歓びの声があがる。

可笑しくなった。
「なんか教育団体っぽくなってきたね」くすりと笑う。1年前の私には考えられなかった。

「地域“協”育」を掲げて1年。
中学校との本格的な連携に挑戦した今年度。
年度末を迎え、地域の高校受験で一喜一憂できるようになったことが今年度を象徴しているようで。
「立春朝搾りを楽しむ会」にて文子さんが [2017年02月05日(Sun)]

2月5日。
「立春朝搾りを楽しむ会」
すがとよ酒店にて。

唐桑で、地域協育事業「すなどり先生」の新たな取組み(後日書きます)を終え、そそくさと鹿折(ししおり)地区へ。
貴重な会に呼んでいただく。

ついに地元鹿折に再建した「すがとよ酒店」。
その菅原文子さんは著名な方で、震災後プレハブ店舗で5年半、お店の再建を目指した。
その間、壮絶な物語があった。
(そして実は「恋文大賞」をとる40年前、唐桑にて故・鈴木重雄さんととあるご縁があった)

IMG_2473.JPG

文子さんが挨拶で語る。
「遠くに行った方が楽だと思ったこともありました。
でも『すがとよ』は鹿折じゃないと。その一心でここまで来ました。

これからは地域への恩返しをしていきたいです。
どういう形であれ、すがとよとして続けていきたいです」

まだ、だだっ広い平野が広がる鹿折地区。6年前、津波による大火に見舞われた鹿折地区。

会が終わった後、文子さんの肩をとんとんと叩いて不躾な質問を投げかける。
「文子さん、『酒店』が地域に必要なんですか?それとも『すがとよ』という名前なんですか?」

文子さんはすっと立つ。
「『すがとよ』ですかね。
『そこにいる』ということが大切なんですよ。
『そこに長くある』ということが、地域にとって」

感嘆のため息が出た。
事業は機能であって、企業は役割だ。と教えられてきた。
でも、この屋号はお酒を売るという機能を超えている。業種を超えている。

ふと、なぜか斉吉商店さんに2011年に教えていただいた言葉を思い出す。「豪邸」に掲げられた言葉。
“唯一生き残るのは「変化できる者」である” チャールズ・ダーウィン

お店って何だ。地域にとっての屋号って何だ。
そもそも生き残る価値って何だ。
2019年、すがとよ酒店さんは開業100周年を迎えられる。
| 次へ