CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« ほんそわ | Main
プロフィール

遠足計画さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
遠足計画
取材していただきました! (06/11)
NPO法人ゆめ・まち・ねっと
取材していただきました! (02/11)
うさぎ
出前きちin今井書店 (11/12)
nanako
出前きちin今井書店 (11/09)
うさぎ
ちまき、まいたまいた (05/12)
nanako
ちまき、まいたまいた (05/11)
事務局長・うさぎ
フォーラムに行ってきます (02/19)
オードリー
フォーラムに行ってきます (02/19)
最新トラックバック
リンク集
Chabo!(チャボ)- 本で、もっと、世界にいいこと。 http://blog.canpan.info/ensokukeikaku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ensokukeikaku/index2_0.xml
冬を飾る、冬を贈る。〜フィンランドのクリスマス飾り「ヒンメリ」を作ろう!〜 [2014年12月04日(Thu)]

12月に入ったかと思えば、雪がちらちら、冬本番になってきました。
こんな時期にぜひともやってみたかったワークショップが実現します。

北欧のフィンランドでは、クリスマスを前に「ヒンメリ」を作ります。
「ヒンメリ」とは、藁(わら)で作った多面体の飾りをつなげたモビールのこと。
207z_m2.jpg
今回クリスマスを前に、一年間をふりかえって、
「ありがとう」の気持ちを伝えたい人のことを想いながら、ひとりひとりのヒンメリを作ります。
お父さん・お母さんに、
おじいちゃん・おばあちゃんに、
大好きな誰かに。

その人の家の天井に、ゆらゆら揺れるヒンメリを贈りましょう。

先生はフィンランド出身鳥取在住のアーティスト「マリ・宮本」さん。
小さい頃にヒンメリを作ったことがあるそうです。
ヒンメリを作りながら、フィンランドのお話も聞いてみましょう。

===============================
日時:12月20日(土)
   @10時〜12時 A13時30分〜15時30分
   (※2回開催です)
場所:遠足文庫
   (鳥取市河原町曳田740 旧八上保育園)
講師:マリ・宮本さん
参加対象:
小学校1年生〜中学校3年生まで
(針と糸が使える子

定員:@A各8名
参加費:無料
申し込み:【ヒンメリ作り】と明記のうえ、FBのメッセージ又はensoku.keikaku@gmail.comに参加するお子さんのお名前、学年、保護者の方のお名前、緊急連絡先をお送りください。
================================

ヒンメリ作りワークショップをお手伝いして下さる大人の人も募集しています。
◎ヒンメリに興味のある人
◎フィンランドに興味のある人
◎マリさんに会ってお話ししてみたい人(英語の得意な方)
上記FBのメッセージ又はgmailに【ヒンメリお手伝い】と明記の上、ご連絡ください!

※この事業は、平成26年度文化庁 地域発・文化芸術創造発信イニシアチブ事業により実施しています
8/30手づくり本教室(文庫本の改装&アルバム豆本作り)開催します [2014年08月17日(Sun)]


夏の終わり、大人向け手づくり本教室のお知らせです。
「古本と手製本ヨンネ」の植村愛音さんに、製本の基礎を教えていただきます!

内容は【文庫本をハードカバーに改装する教室】or【アルバム豆本作り】のどちらか1つを選ぶことができます。

【文庫本をハードカバーに改装する教室】
bunko.jpg
※参考作品

「好きな文庫本を、好きな布でハードカバーの上製本に仕立てる製本講座です。文庫本の中身に、寒冷紗やスピン、花布をつけて表紙は布装でしあげます。表紙づくりがメインとなります。 本の構造を知るきっかけになれば嬉しいです。」

ヨンネさんblogより、過去の教室の様子↓
文庫本の表紙をはずしてしまい!
ハードカバー製本様子1.jpg
ハードカバー製本様子2.jpg
自分の持ってきた布で新しい表紙が出来上がる!
ハードカバー製本様子3.jpg
手に取るたび、読むのが嬉しくなりそうです♪


【アルバム豆本作り】
アルバム豆本.jpg
※参考作品

「本を作る時、アルバムになっていて差し替えもできたら、ちょっといいですよね ということで、アルバム豆本をつくってみましょう。糸でかがって作りますので、開きも良く、壊れにくいです。アルバムとしての製本、また、紙を糸でかがる構造を知ってみましょう」
サイズ:H約80mm×W約70mm×t約10mm
ページ数:12p
(※厳格な豆本規定サイズではありません。少し大きめです)

ヨンネさんblogより、過去の教室の様子↓
糸をかがるのも自分で。
アルバム豆本画像1.jpg
アルバム豆本画像2.jpg
アルバム豆本画像3.jpg
何を入れようか、楽しみなアルバムになりそうです♪

-----------------------------------------

<手づくり本教室>
日 時:8月30日(土) 17時〜20時
場 所:遠足文庫(鳥取市河原町曳田740)
定 員:6名
参加費:3000円
講 師:植村愛音さん
    (古本と手製本ヨンネhttp://yon-ne.com/
持ち物:
【文庫本をハードカバーに改装する教室】
・お好きな布(綿素材のものを、20cm×30cmサイズを1枚ご用意ください)
・製本したい文庫本1冊(遠足文庫でもご購入いただけます)

【豆本アルバム】
・お好きな布(綿素材のものを、15cm×20cmサイズ 1枚ご用意ください)

※布についてはガーゼのような布目が広くて薄いものやカーテンのように厚すぎるものは避けて下さい

申込み:
FBのイベントページの参加ボタンを押していただくか、
https://www.facebook.com/events/810050999035417/?notif_t=plan_edited
電話 080-4269-7615 または、メール ensoku.keikaku@gmail.com まで、
・お名前
・参加したい教室名(文庫本をハードカバーに改装する講座or豆本アルバム教室)をお知らせください。

-----------------------------------------
定員6名と数が少ないのでお早めにお申し込みください◎
本が好きな方、手作りが好きな方、製本に興味のある方、この機会にぜひどうぞ〜

チラシ↓
本づくり教室.pdf
3/16 モビールづくりワークショップ [2014年03月17日(Mon)]


いつもお天気に恵まれる 竹村尚子さんのワークショップ、昼下がりの明かりに照らされながらスタートしました。
モビール1.jpg
カーテンに貼ってあるのは尚子さんのお手本、素敵ですね〜。
今回は小学生の女の子も参加してくれ、大人たちが「どのモチーフにしようかなぁ」と迷いに迷う中、「これにしよっ」と颯爽と進めていました。はやい、はやい。

前回「切り絵オブジェ」の時と同様(http://blog.canpan.info/npolife/archive/51)、モチーフが決まれすば、あとは黙々と切る作業。みなさん、すごい集中力です。
外ではスタッフが子どもたちと遊んでいます。楽しそう。
モビール2.jpg

間のおやつ休憩で糖分を補充しつつ、
(今回は紅茶シフォン、バナナケーキ、ごまクッキーの三種類♪)
モビール3.jpg

モチーフを切った後の糸でつなげる作業、ここが第二の山場でした。
大変だった分、出来上がった時の嬉しさはひとしおです。

小学生の子が支えに選んだのは、遠足文庫のフェンスにからまっていたつる”です。
細かな重ね技が光っています。
モビール4.jpg

時間内に間に合わなかった〜と持ち帰って続きをする方もいらっしゃいましたが、すでに素敵なモビールになる予感!
モビール5.jpg

美味しそうなモビール、二重の部分がゆらゆらして二倍楽しい動きをします。
モビール6.jpg

キッチンに飾ろうか、子ども部屋に飾ろうか、なんて想像するのも楽しく、
モビール7.jpg

色遣いにも個性が表れて、おもしろい!
モビール8.jpg

どうやってつなげるかで表情も変わります。
モビール9.jpg

それにしても皆さん細かい作業!
モビール11.jpg

素敵なモビールを、ここ!という角度で撮影するのは至難の業です。オリーブゆらゆら。
モビール10.jpg

ここで出来上がったモビールが、いろいろなところで春の風に揺れているのを想像するととても幸せな気分です。
モビール12.jpg

参加してくださった皆さん、お家に飾るいい場所は見つかりましたか?
先生の尚子さん、多忙の中たくさんのお手本を用意してくださってありがとうございました!どれも素敵でため息。
お母さんが教室にいて、さみしくなっちゃった子たち、ごめんね。でも笑ったり、泣いたり、そんな声が響き渡るのも、まるごとひっくるめてこの教室だと思いました。そして、何かに熱中しているお母さん、かっこよかったね。
お子さんをみていてくださった、お父さんの協力にも感謝。

教室の方ではなく、古本屋の方にいらっしゃった親子連れのお客さんが、遊び道具の広がった店内を見て「なんか落ち着きます」と言ってくださいました(笑)

思えば教室も「モビールづくり」っていう真剣な遊びでしたね。
またいろいろな人で遊びましょう!
3月は手作りイベントいろいろ! [2014年02月26日(Wed)]


もうすぐ3月。
3月は手作りイベントがいろいろあって楽しみです♪
大人がわくわくしていたら、こどもにもきっとわくわくが伝播しますね
(^^)♪

3/9 ぬかぶくろ ちくちく会
自然素材でカイロ!が自分で作れるんだそうです。材料はすべて先生が持ってきてくれます。
春近しといえど、まだまだ朝晩寒いです。ぬかぶくろはそんな時に足元やお腹や肩をあっためてくれます。繰り返し使えるのもいいですね◎
ぬかぶくろ.jpg
おうちに「いつか何かに使おう」と買った布がそのままになっているというそこのアナタ!(ギクッ)
この機会に、お気に入りの布で縫い物しましょう♪

**********************
自然素材でからだをじんわりあたためる「ぬかぶくろ」をつくります。
みんなで楽しく手を動かし、お話したり、笑ったりしながら過ごしましょう。
日 時:3月9日(日)13:30〜15:30
場 所:遠足文庫(鳥取市河原町曳田740)
定 員:8名
先 生:池田りょうこさん
参加費:1500円(ぬかぶくろ材料費・お茶・お菓子付き)

※「ぬかぶくろ」って?
【いり糠・玄米・塩】でできている自然のカイロです。
※希望の布で作りたい方は、25センチ×35センチの布をお持ちください。(厚みのないコットンやリネンがお勧め)
※託児はありませんが、皆で皆のこどもをみる。こどもが遊ぶ傍らで手しごとをする。そんな会になればと思っています。もちろん単身でのご参加も大歓迎です。
**********************

3/16 モビールづくりワークショップ
切り絵ワークショップ第2弾☆春の風に揺れるモビールを作ります。
(前回の様子はこちら→http://blog.canpan.info/npolife/archive/51
自分で何を作るかイメージがわかない!という方も大丈夫、先生が可愛い型紙を用意してくれています◎
試作のモビールを玄関につるしていますが、止まることなくずっとゆらゆらしていて見ていると優しい気持ちになります。
モビール.jpg

**********************
色画用紙やセロファン、英字辞書を好きな形に切って紐でつるしてゆらゆら揺れるモビールを作ります。お部屋や玄関にぴったりの自分だけの素敵なモビールを作りませんか?可愛い型紙もご用意致します。

日 時:3月16日(日)13:00〜16:00
場 所:遠足文庫(鳥取市河原町曳田740)
定 員:10名
先 生:竹村尚子さん
参加費:1500円(お茶・お菓子付き)
**********************

今回4月のイベントのチラシを、竹村さんの切り絵で作ってもらいました(かわいぃ)
イベントちらし.jpg

3/9、3/16いずれもお申し込み・お問い合わせは
遠足計画 080-4269-7615 ensoku.keikaku@gmail.com まで!
親子連れも単身の方もお気軽にお越しください♪
【2/9 参加者募集中!】ゴルゴとバナナのお味噌づくり教室〜オイシイってこんなこと! [2014年02月01日(Sat)]


お味噌を作ったことがありますか?
必ず冷蔵庫にある物なのに、「作るなんてとても・・・」と考えもしなかった味噌作りですが、ひょんなことで出会った講師から「家でもできますよ〜」という話を聞いて、それならやってみよう!という運びになりました。

お家さながら、お子さんも一緒に、一から豆からお味噌を作ってみませんか♪
親子連れ大歓迎です。おひとりさまも大歓迎です。

講師のバナナさんより
「手作り味噌歴に関してはふたりとも歴は浅いですが、そんな二人でも出来てしまうくらい簡単で、美味しい味噌作りを今回WSでお伝えします。ニギニギ楽しいWSへぜひご参加ください」

===================

日 時 : 2月9日(日)13:00〜15:30
場 所 : 遠足文庫(旧八上保育園)
      鳥取市河原町曳田740
参加費 : 2,000円(お茶付き)
      1人(親子1組)1〜2kgのお味噌になります
定 員 : 10人(親子は1組=1人分とします)
持ち物 : エプロン、三角巾

講 師 : ●バナナ
      くいしんぼう
      実験的妄想料理研究家(味噌作りは妄想ではない)
      ●ゴルゴ
      雨ニモ風ニモ雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ百姓
      手作りのステキな家に住んでいる

申し込み : お名前、人数、連絡先を記入のうえensoku.keikaku@gmail.comまでお申し込みください。なお、お子様と一緒に参加される方は、申し込みの際にお子様の年齢・人数を教えて下さい。 
===================

☆お味噌について☆

作ったお味噌は全員分をひとつの容器に入れ、遠足文庫で熟成させるので2月のこの時点では持ち帰ることはできません。
味噌が食べ頃になったら(半年〜10か月後)再集結して、みんなで味噌料理を作って味わい、その時にお持ち帰りいただきます。
集結会の時は、講師が家で作った味噌と食べ比べしたりして、違いを楽しんだり、組み合わせを楽しんだり、みんなであーだこーだ言いあう予定です。

☆協力のお願い☆
・当日(9日)午前9:00〜大豆を煮る作業をします。
そこから参加できるよ〜という方は申し込みの際、教えて下さい。(煮えるまでの間はアクをとったりしながら、のんびり待つ時間になります)

・もしご家庭やご実家に大きなすり鉢・すりこぎがあって貸していただける方は、教えて下さい。こちらでも用意しますが、もう少し数のあった方がよりはかどります。


☆参加される方へ☆
・遠足文庫は廃園になった保育園跡を使って古本屋をしています。当日はその一画で作業をします。ストーブを焚きますが、窓が多いため寒いと思います。足元あたたかくしてお越しください。