CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

アンガージュマン・よこすかさんの画像
<< 2010年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
今年を振り返る その3 [2010年12月31日(Fri)]


12月23日 夕方から 大人のための忘年会を25人で開催しました。クリスマス2次会です
上の写真 右上の2人の男女は関口さん夫妻 本日のゲストでした 何時もアンガージュマンに期待と思いを寄せていただいています

さて、今年も終わります。今スタッフのアキラさんから電話があり、本日カウントダウンのお肉の相談でした? そうです ヨコスカ・カウントダウンに芋煮とタマコンで参加します、盛り上げます。ボランティア・研修生・スタッフ10人あまりで参加します

実は、法人内は分裂の渦が発生しております。よい意味で言えば「事業発展の兆し」、悪い意味では「ミッションと経営の齟齬」と言うことでしょうか。

12月26日で8年目に入りました。当然と言えば当然の出来事で、人は変化し変わる、そのことが大事なのだから、とタッキーは思いますので、受け止め積極的に動きます。法人スタッフはみな同じ思いだと思います、綺麗ごとではなく。

ということで、来年は様々お騒がせしますが、子ども若者と法人の歩みにお付き合いください。

よいお年を タッキーでしたウサギ

そしてこの笑顔を最後にお贈ります
Posted by アンガージュマン at 11:05
今年を振り返る 2 [2010年12月31日(Fri)]


ギターを弾くことを中学2年生のA君に引き出されました 感謝です

A君の誠実さと熱心さは、本当に会えてよかったと実感です

スケさんにとっても中2のT君との出会い迷い喜びを越えて、2人でクイズの出題者



全体はこんな感じです


若者Oさんは迷宮と言う詩を朗読してくれました。通信ご覧ください

当日は33名の参加で、ネクストで学び大学生となったNさん、お菓子作りのボランティア矢野さん・辻村さん、が力を合わせてオイシイ料理とケーキを作ってくれました。

スタッフ イトウサンの閉会の言葉にありましたように、多くの方々に支えられました。

その中でも、お隣モリモータースのお嬢様と旦那さん(米国人)のアメリカのクリスマスのお話は、とっても素敵なショータイムとなりました



ありがとうございました

ウサギタッキーでした その2
Posted by アンガージュマン at 10:32
今年を振り返る 1 [2010年12月31日(Fri)]
小学生が学校の帰り道に ふと立ち止まります
harucafe の外に置いてあるコーヒー豆とミルで遊んでいます こちらに向かって笑顔を

キックオフに参加する若者14人は健気に今年も やりきりました


書店とcafeは、確実に地域の交流の場になり始めています。その力が私たちの使命を要請し、若者たちへの熱い眼差しになっています。cafe・書店をご利用の方へ、特にレンタルボックスをご活用の皆様に、厚く感謝を申しあげます

ウサギ タッキーでした  その1
Posted by アンガージュマン at 10:08
出店情報です。 [2010年12月20日(Mon)]
12月25日(土)に横浜市にある。

県立青少年センター別館青少年サポートプラザにて

第二回 サポートプラザに1時だよ!みんな集まれが行なわれます。

時間は午後1時から4時までです。

詳しくは、コチラにて確認下さい。

Posted by アンガージュマン at 13:12
地域で働く人たち [2010年12月18日(Sat)]
これは1週間前の写真です



ケア−マネ−ジャーさん達の第3回研究大会の風景です。
衣笠ケアセンターからお招きいただき、アンガ−ジュマンの紹介をしてきました。
石井店長とタッキーで???まる 

ケアマネさんがお家を訪問すると、家にいる子どもや若者に出会うことがあり、不登校? ひきこもり? と問題意識を持つことが。
その際。どう理解し、どういう情報を伝えたら・・・との問いがあるそうです。
地域で様々な人たちの繋がりが見えてきました。
子ども若者を理解し支援する人たちが、ここにもいらっしゃるという、力ですね。

そんな折の明治学院大学 12月14日

小熊英二さんと高橋源一郎さんの対談、地域へ向けた公開講座がありました。
タッキーは今年1月1日から小熊さんの著書、1968上下2000ページ、民主と愛国1000ページ・・・と読み進んできまして、今回初めてお目にかかることができました炎



社会学者の小熊さんの研究にアイデンティティと国家・民族を教えられます。
タッキーは「著書1968に2箇所、不登校に触れていますが」と質問しました。
「その通り2箇所触れています。全共闘運動は政治運動ではなく高度成長期のアイデンティティ探しで、現代の不登校に通じるものがあります」とお答えいただきました。

12月17日(金)午後の横浜私立大学看護学科です



卒業論文発表会にお招きいただきました。
JさんとSさんが不登校をテーマに、アンガージュマンの保護者にインタビューしました拍手
地域看護の視点を再確認させていただき、共感・寄り添い・支援等の再確認でした。感謝

 
ホームページからいただきました    

その後横浜で県教委と打ち合わせ、横須賀へ戻ってMさん・Yさん・Tさんと懇親会でした

来週はクリスマス会、久々のギターです、中2のAさんとがんばりますよ 皆さん来てください
タッキーでした ウサギ
Posted by アンガージュマン at 09:51
東京工業大学へ [2010年12月10日(Fri)]

前々日の風雨が嘘のようです。澄みきった青空に銀杏並木が輝いてました。大岡山駅前の東京工業大学です。12月4日(土)、内閣府主催の不登校・ひきこもりのシンポジュームが行われました。 以下はNHKの夕方の放送内容です。説明会を開くアンガージュマンの映像も流されました。

全国に70万人いるとみられるいわゆる「ひきこもり」の若者の支援について考えるシンポウムが東京で開かれ、各地での支援活動が紹介されました。

シンポジウムは内閣府が開いたもので、会場となった都内の大学には500人余りが訪れました。はじめに精神科医の斎藤環さんが講演し、斎藤さんの調査ではひきこもりの人の平均年齢はおよそ33歳で、高齢化と長期化が進んでいると指摘したうえで、社会全体で支援する必要があると呼びかけました。このあと、各地で支援に取り組む21の団体が活動内容を紹介する講演会が開かれました。このうち東京・渋谷区のNPOはひきこもりや不登校の人の自宅を訪問し、その人のペースに合わせた支援をしていることを説明しました。また、横須賀市のNPOは、地元の商店街と協力した書店での研修や野菜の宅配を体験してもらい、仕事につなげる取り組みを紹介しました。内閣府によりますと、ひきこもりの若者は全国で70万人いると推計され、最近は、就職活動や職場になじめなかったことがきっかけになるケースが多いということです。講演した斎藤さんは「ひきこもりは本人の意欲と、第三者の適切な支援があれば解決する可能性が高くなる。希望を持って取り組むことが大切だ」と話していました。



スケさんとアキラさんが事業説明をしています。

タッキーは前日夜も東工大でノンプロフィットイノベーション講座で話をさせていただきました。下の建物で。


アンガージュマンも 新しい仲間が数人加わって 本日10日(金)はリエゾン団が山形物産市 来週は宅配、寿セットが届きます。23日(木 祝)はフリースペースを中心にクリスマス会 その後はネクストの冬期講習、そして大詰めは31日 カウントダウンで芋煮 オールナイトですよ 楽しく生きましょう

12日(日)は高校生H君が不登校を語ってくれます 午後1時保護者会・自助グループ活動 お集まりを

昨夜は タッキーの古巣 葉山南郷中で先生方9人と研修会 不登校の理解をテーマに

お風邪 ご自愛を   タッキーでしたウサギ

Posted by アンガージュマン at 08:10
山形物産市開催のお知らせ [2010年12月08日(Wed)]
 皆様、いかがお過ごしでしょうか。
私ども、アンガージュマン横須賀では、12月10日山形物産市を開催致します。
 今回は餅米が入ります。その他にも最近人気のアスパラ菜や葉物のお野菜、果物はりんご(品種はふじ)、お花はパンジー、コニファーを、また、新豆もご用意致します。
 どうぞ振るってご参加下さい。
Posted by アンガージュマン at 17:48
素敵な本を頂きました [2010年12月02日(Thu)]


APECが終わったみなとみらいは穏やかでした太陽

伊勢山皇大神宮も結婚式や七五三桃太郎


そして江ノ島は冬の花火が花火


翌日は平塚朝市サミット 賑わってました


教え子の富士見屋さんも出店でした 美味しい和菓子を

そんな11月に支援者の学者さん 久田邦明さんが著書を出されました
生涯学習論 大人のための教育入門
力作です 教育論、生涯学習論、居場所、茶堂・・・ 時代を開く1冊です
はるかぜ書店へご注文を 現代書館発行 e-honで


さてさて師走ですね タッキーでしたウサギ
Posted by アンガージュマン at 21:32