CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

アンガージュマン・よこすかさんの画像
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
NPO法人のための法務・税務なんでも無料相談会 [2014年08月27日(Wed)]
常に勉強しなくてはなりません!

いや、学習に来ている子どもたちに対して言っているのではありませんよあせあせ(飛び散る汗)

NPOは社会的課題の解決に対しての問題意識が高い人たちの団体、というのがほとんど。

法務・税務など、法人の管理についての知識が乏しいことはありがち。

そこで、8月23日は市民活動サポートセンターで行われる無料相談会に参加しました。

当団体役員には士業がいっぱい(2人+実質1人)いるので、常々勉強させていただいております。また、会計事務所にはすぐ電話してお互いに勉強し合っています。NPOの会計が特殊であるだけでなく、アンガージュマンは特にオリジナルなので、勉強し合って作り上げていかないとならないのです。

また、平成19年には島田が平成23年頃には石井が受講した、かながわコミュニティカレッジ「NPOマネジメント講座」にて、みっちり勉強してきたことも思い起こされます。

平成19年度NPOマネジメント講座(今見返すと、豪華な講師陣!!・・・そして、長丁場!!!)


lunch 001.JPG
これがレジュメ

1408774675716.jpg
皆さん熱心に受講しています

lunch 002.JPG
のたろん(イシイ画)

モバQしまだモバQ
Posted by はるかぜ書店 at 23:20
新規講座開講に向けて [2013年10月08日(Tue)]
10/7にこの秋から開講する予定の講座について講師と打合せをしました。

MIT(マサチューセッツ工科大学)で開発された教育用プログラムScratchを使ってコンピュータの「使い方」を学ぶ講座を組みます。

世に数多のPC講座はあれど、まず第一歩目はコンピュータを道具として使う、ということを学ばなくてはなりません。お仕着せのアプリケーションを使って小手先の技術をつける前に、もっと根っこの部分を学ぶ、という目的です。

いったいコンピュータはどのようにして動くのか、論理的な思考をしなくてはコンピュータを正しく使うことはできません。

論理的な思考を身につければ、様々な局面で分かりやすく合理的に考え、行動することができます。

講師は日本教育大学院大学の斎藤俊則准教授。メディアリテラシーの研究者です。著書『情報がひらく新しい世界9メディア・リテラシー

開講時期や対象者については今後発表したいと思います。

モバQしまだモバQ
Posted by はるかぜ書店 at 20:58
横浜ソーシャルビジネス応援事業 [2013年08月20日(Tue)]
本日8/20午前中に株式会社イータウン代表取締役齋藤保さんとフェローの米田佐知子さん、ライターの正岡菫子さん、インターンの清水香織さんが訪れました晴れ

10/16に横浜市経済局とイータウンのコラボによるソーシャルビジネス応援事業の現場視察会、ソーシャルビジネス起業家連続セミナーということで、20名ほどの参加者がアンガージュマンを見学ビル

見学後に活動紹介をして、意見交換をするという取組み。参加者はソーシャルビジネスを起業しようと思っている方、興味のある方、既にスタッフとして活動している方などなど猫

横浜市内の事業者ばかりの中、アンガージュマンのみ他市ということで、選んで頂き光栄ですぴかぴか(新しい)

齋藤さんが起業されたのは2005年ということで、アンガージュマンとほとんど同時期。うちの理事の為崎さんがどちらにも関わっていた縁もあり、一緒に歩んできたという感じですわーい(嬉しい顔)

思わず打合せを脱線しそうになりましたが、珍しくシマダは抑えましたあせあせ(飛び散る汗)

town 004.jpg

和やかに打合せムード

モバQしまだモバQ
Posted by アンガージュマン at 17:51
さんぽ [2013年07月22日(Mon)]
映像制作体験プログラム
というものを
湘南市民ネットワークの協力で行いました。
はるかぜ書店の研修生の皆さんに参加してもらって実施しました。

タイトルの「さんぽ」は、そのプログラムの名称です。

どんなプログラムかというと、

さんぽをしながら、自由に、

思い思いの映像をハンディカムで撮影して上映しよう

というものです。

『自由に、思い思いの”なにか”を撮影する。』

私は、そういうものがとっても苦手ではあります。

なので、いつも見慣れている上町商店街を題材にすることにしました。

やるにあたっては、下準備をかねて自分でやってみると、意外に毎日見ているはずなのに

新たな発見があったり、ちょっとかっこよく撮ってみたくなったりと、こだわりが出てきたりして

思っていたより、すんなりと色々な作品ができました。

研修生の皆さんは、どうなるかな〜と思っていましたが、

やはり、撮影し始めると、遠くの方まで撮影しに行ったり、二人ペアになって協力して撮ってみたり、

近くのお店の亀を延々と撮ってみたり、、、

撮り始めると、やはり夢中になって、それぞれが、まさに思い思いの映像を制作していました。

ws 001.jpg

それぞれの個性が出ていたり、視点が違った映像になって、

「これ何なの?」とか「やっぱ、これ撮ってきたか〜!!」

など、会話が飛び交いながらの上映会が面白おかしく開催されました。

ws 016.jpg

今後も、何回かに渡って、映像に関わるプログラムを実施するので、

どんなものが出来上がるのか、楽しみです。

暑い日でしたが、研修生の皆さんお疲れ様でした。

かわまた
Posted by はるかぜ書店 at 19:59
わかもの互立ネットワーク平成25年度第4回定例会 [2013年07月04日(Thu)]
7/3の夜6時30分より神奈川県民活動サポートセンター12階で勉強会に参加しました。

メンバーのレポートということで、神奈川県中央児童相談所自立のやかた職員の新藤さんに取組みを紹介していただきました。

思春期生活支援事業は児童相談所の一時保護所の中でも中高生対象の事業です。
もともと一時保護所には幼児から高校生までの幅広い年齢が対象となっています。
その中でも思春期に特化して生活支援をする場所ということです。

全国に先駆けて神奈川県が取り組んだ、という画期的な事業だそうです。

アンガージュマンも同様ですが、子どもたちの課題は多様化しており、それぞれに合わせた支援が必要になっています。これが一番大変なことではないでしょうか。

また、支援者、被支援者という関わり方ではなく、子どもたちが主体となってプログラムに取り組む、スタッフはいわば寄り添いながら支援をする、というスタイルだそうです。

青少年の自立支援、生活支援というと支援者がイニシアチブを取って進めていく、というイメージがありますが、現在の主流はそうではなくなっています。

アンガージュマンでも特にフリースペースでは強制して何かをさせる、ということはほとんどありません。しかし、子どもたちはゆるやかでも主体的に行動するようになります。

メディアにも取り上げられないし、目立つことをしているわけではありません。でも、子どもに寄り添う大人がいる、ということが社会のセーフティネットになるのではないでしょうか。

アンガージュマンも横須賀の上町という小さい地域の中でしっかりやっていくぞ、と決意新たにしました。

モバQしまだモバQ
Posted by アンガージュマン at 19:42
らん、らん、らっぴんぐ〜♪ [2013年06月12日(Wed)]
ラッピング講座といえば、鬼の・・・ウソです。仏の高橋先生です。
毎月一回教えに来て下さいます。本はもちろんのこと、色々なものを包みます。
今日はお菓子プレゼント

about 004.jpg
ラッピングは楽しいなぁ〜グッド(上向き矢印)
まずは包むものに合わせてちょうどよい大きさの包装紙を選びます。

about 003.jpg
まずは箱包みから。包むものの位置を確認しますひらめき

about 002.jpg
こちらはデパート包み。細かいことを気にせず一気に包むとキレイに仕上がりますぴかぴか(新しい)

about 001.jpg
こちらもデパート包み。大混乱中ですあせあせ(飛び散る汗)。この後包装紙はビリビリに・・・。

練習を積み重ねて上達していきます。一番最初に始めた頃(2006年くらい)もよく破いていた人たちがいましたね手(パー)

モバQしまだモバQ
Posted by アンガージュマン at 18:28
角井基市議会議員さんが来てくれました [2011年05月30日(Mon)]
先週(5月23日〜27日)もいろいろなことがありました



研修生3人のPC講座です 大塚講師 大奮闘 感謝です

横須賀市議会議員 角井基さんが 訪問してくれました

事務局長・書店店長とのツーショットです



週末金曜日はハルカフェ De カフェカルチャーでした 改めて不登校を考えました

イシイちゃんの貴重な経験談と、母親5人と青年1人とタッキーが語り合いました

5月も終わります 6月通信送付されます ご笑覧ください

6月4日は横浜で不登校相談会です 6月17日(金)夜 法人定期総会 ご出席を

タッキーでした
Posted by アンガージュマン at 05:16
マンガの日 [2011年05月13日(Fri)]
今月のお試し企画「マンガの日」

自分の好きなマンガ、

初めて買ったマンガなどなどの話から、

なぜか海外コスプレ事情服

マンガ喫茶デビュードキドキ小講座!? まで話は広がり・・・

あっという間に予定の1時間は過ぎていました・・・ハイビスカス

はるかぜ書店2Fに「推薦図書」も用意しました!

次回は、それぞれのオススメマンガを持ち寄ってみようと思います。

お楽しみに〜ウインク

Posted by はるかぜ書店 at 17:07
昨年のエピソード [2011年01月04日(Tue)]


毎月開催してきました、カフェカルチャー 12月はスタッフでボランティアグループ未来を育ててきた重鎮、三浦さんに登場してもらいました。わかりやすい語りが子どもを支えることを教えてもらいました、ネ。

そして25日、クリスマスの日には、横浜でフリマ相談会 第2回を実施 リエゾン団を石川さんに語ってもらいました。当事者が事業を起こす必要性と課題を語ってくれました



5団体の参加と2つの相談を受けました。団体間交流の域を出ませんが販売もちょっぴりできました。今年3月までには活発化して、4月以降のNPO若者支援事業へ進んでいきます。1月は22日(土)午後の実施です

タッキーでした ウサギ
Posted by アンガージュマン at 07:55
リエゾン&9・7 [2010年09月10日(Fri)]
10月リエゾン団事業化に向けて事務所の整理にかかっていますまる



ただのジャンケン? いえいえ笑顔がこぼれて、清掃分担決死隊!? 

さて今週のフリースペースには、9月に入って何時ものアンガージュマンが


そこに、産業能率大学準教授の中島先生と地元の藤沢さん(謎の人物? NPOアドバイザー もう長い付き合いです YPS理事長)がイギリスの研究者 チャップマン先生を伴って。
ひきこもり・不登校の研究取材です。リョウ君が撮影してくれました。笑い


そして午後からは4回目となります、為崎緑先生の販売士講座でした。みんな真剣な眼差しで受講してました。2月へ向けてgo go goですね。お疲れサンマ? 不漁ですよね


ではお元気で タッキーでしたウサギ
Posted by アンガージュマン at 07:15
| 次へ