CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«東京 江東区 中学生対象のBLS講習 | Main | 川崎市 病院にて院内BLS»
スケジュール.JPG . bnr_guide2015_2.jpg .
最新記事
カテゴリー
地域別
月別アーカイブ
日別アーカイブ
アメリカ心臓協会 G2015 BLSコースが大変革 [2016年03月08日(Tue)]
3月6日

 アメリカ心臓協会(AHA) ガイドライン2015インストラクターアップデートに行ってきました。

過去の記事に書きましたが気になっていたのは、ガイドライン2015におけるコースデザインです。
特に、医療者向けBLSで記述されはじめた「作法」ではなく「現実的な」BLSコース展開がどうなるのか気になるところです。

その部分をAHAがどのように組み込んでいくのか、話を聞くことができました。

結果、期待以上に面白くなりそうです。

DSC_0274.JPG


いくつかあるトピックスの中で、「ケースバイケースの行動基準」が最大の変更点です。

先日の記事「G2015コースビデオが面白い」 の中で、いくつかG2015で示されたフロチャートをお伝えしました。しかし今回話を聞いていくと、前回書いた記事が勘違いであったことに気が付いたのです。


例えば、{「@反応の確認」「A呼吸の確認と脈の確認」「B応援要請」「C緊急対応システムへの通報とAED養成」の4つがあります。行う順番を答えなさい}という問題があったとします。

G2015の文章をそのまま読むと@→B→A→Cが正解となります。
このG2010からの変更点を、「現実的な順番になった」と理解していました。

しかし、AHA ガイドライン2015で行われるコースの本質は違ったのです。
正解は「状況に合わせて行動すること」です。
つまり、状況次第で上記の順番でなくても正解になるということです。

G2015コースビデオの内容の疑問がこれではっきりしました。
あるシーンでは「反応がなかったから人を呼んだ」、別のシーンでは「反応の確認後すぐに呼吸と脈の確認をしてから通報した」また別のシーンでは「反応の確認 呼吸の確認 脈の確認 その都度結果を報告した」が示されています。

これは、どういうことかというと
・病院内か病院外か
・発見者は医療者かそれ以外か
・自分以外で医療者がそこにいるのかいないのか
・通報の手段はあるのかないのか
・通報は医療者につながっているのか、指令センターにつながっているのか
・周りにひとがいるのかいないのか

など状況に合わせて最適な方法を考えて行動することが求められているということです。
それを、今後講習の中で取り入れていくことになります。


G2015においてインストラクターは、正解のない世界に踏み込んでいくことを求められるということでしょう。
ハードルが上がる半面、お作法ではない講習ができるようになる大変革だと感じています。



また、G2015正式版の実技試験も変更になりました。

これまでは「順番通り」に物事を進めないと合格にできませんでした。反応の確認のあと緊急通報とAED要請を飛ばして呼吸確認をしたら不合格です。後で思い出して緊急通報したとしてもその項目は不合格でした。

ところがG2015では評価手順は順番関係なく項目を全てこなせば合格となりました。
極端に言うと、反応の確認をする前に救急要請とAED要請をやってしまっても合格です。

問題は順番ではなく「なぜその順番で評価手順をしたか受講者が明確に言えるようにする」ことが大切です。



ちなみに、市民向けハートセーバーコースでも実技テストは順番を排除しています。

G2015正式版開始がますます楽しみになってきました。

今後、JAEAオリジナルコースでもこのニュアンスを取り入れていければいいなと思っています。

タグ:神奈川県
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1166192

コメントする
コメント
JAEA フェイスブック   JAEA フェイスブック.JPG   日本医療教授システム学会 国際トレーニングセンター jsish-itc-banner.jpg   日本医療教授システム学会 JSISH_logo1_circle.jpg   アメリカ心臓協会/日本語 logo AHA.jpg    アメリカ心臓協会/英語  logo AHA.jpg   BLS横浜        BLS横浜.jpg
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
検索
検索語句
http://blog.canpan.info/emergencyaid/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/emergencyaid/index2_0.xml