CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
北竜町永楽園だより
ひまわりの街、北竜町にある特別養護老人ホーム永楽園のホームページです。
Main | 2011年02月 »
<< 2011年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール

北竜町永楽園さんの画像
北竜町永楽園
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント

「食べごろ」 (11/06) ひでの
「食べごろ」 (11/03)
「渋抜き」 (11/01) ひで
「渋抜き」 (11/01)
「オータムフェスト」A (10/05) hideno
「オータムフェスト」A (09/21)
「日光浴」 (09/04) hideno
「日光浴」 (08/25)
「手紙」 (06/29) ひでの
「手紙」 (06/27)
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/eirakuenho/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/eirakuenho/index2_0.xml
第二の故郷[2011年01月31日(Mon)]
 1月も今日で終わりですね。ここ数日で一気に雪が積もり、さすがこの辺は豪雪地帯といわれるだけはあるな、と毎年痛感します雪

 そんな雪がしんしんと降る中、本日付けで退所となった入居者のご家族が来園されました。お二人とも入所されて4〜5年と長い方でしたので、スタッフ一同寂しい気持ちでいっぱいです。介護員として働いていると、出逢いもあれば、このような別れもたくさんあります。私がこの仕事をしていて良かった、と一番に感じることが出来るのが、この別れの時のご家族の言葉を頂いた時で、胸にこみ上げるものがあります。

 本日もご家族から

 「ここが父にとって第二の故郷みたいなものです」
 「きっと皆さんが娘や息子みたいなものだったんだと思います」

 「本当に永楽園で生活が出来て良かったです」



 たくさんのありがたいお言葉を頂くことが出来ました。もう一人のご家族の方も、お話しをしていると涙ぐまれる場面がありました。

 老人ホームとは、それぞれ介護が必要な入居者にとっての「生活の場」であり、「第二の家」となり得るものです。そこに立ち会う上での自覚を持ち、入居者をはじめ、ご家族の皆様が心から、「永楽園で良かった」と感じて頂けるよう、私達は進み続けたいと思います。 

●森田●
何を書いているのでしょう[2011年01月26日(Wed)]

 入居者のMさん、何か書き物をしています。とても真剣な眼差しです。何を書いているのでしょうか?





 できました!!さて、どなたへのプレゼントでしょうか?拍手

続きを読む...
はじめまして[2011年01月21日(Fri)]
皆さんはじめまして。

こちらのページでは永楽園での日々の入居者様のご様子を皆様へ発信していきます!



ネットプロジェクト 森田香理