CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
絵本の家出版研究会は、長年培ってきた出版のノウハウをみんなで共有して、本づくりがいかに楽しく、いかにきめ細かいかを体験し、それを向上させる研究をします。

絵本の家出版研究会
〒413-0232静岡県伊東市八幡野1214−17 電話0557−55−3364
絵本の家<div style= ブログ バナーロゴ

最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
夏休み中の休館日は、毎週水曜日だけです [2017年07月13日(Thu)]
7月〜8月の夏休み休館日は水曜日だけです

7月22日(土)から8月31日(木)にかけては、夏休み
プログラムに入り、毎週水曜日だけが休館日です。
暑い日をゆっくりとお過ごしください。
(7月21日までは、火・水・木曜日が休館日です)

Posted by 中込尚子 at 23:03
5月5日は、小学生は「動画」の無料体験ができる [2017年04月28日(Fri)]
143.jpg関 修一 のアニメ名作が動
画、静止画で、ゆっくりご覧いただけます


 4月28日(金)〜5月22日(月)


 5日は、午後1時〜4時に、描いた絵のいきものが動き出す動画体験ができます。
小学生は参加費・材料費無料(保護者歓迎)


Posted by 中込尚子 at 19:03
4月、5月の定休日(5/1〜5/9は無休。あとは、水・木が休み) [2017年04月03日(Mon)]
◆4月、5月のお休みのお知らせ

 5月の連休は、 5/1〜5/9 まで無休。連休以外の4月、5月は
毎週水曜日、木曜日がお休みになります。
 4月、5月は、「絵本の家」で絵本と共にホッと一息ですね。
Posted by 中込尚子 at 20:44
2月、3月と春休みの定休日 [2017年02月09日(Thu)]
❖2月、3月のお休みのお知らせ(3月後半は水曜だけ)。
2月10日(金)〜3月16日(木)までは、通常通りの火、水、木 曜日が定休日になります。

150624本15−2_R.png

3月17日(金)〜3月31日(金)は水曜日だけが定休日です。
幻想的な冬と春の訪れは、絵本の家でごゆっくり味わってください。

高齢者の居場所事業(自分史自主出版長期講座)_R.png

絵本の家は海を目前に、山を背にした、自然の中に立つ施設です。絵本の世界が、そのままページを開いたように現れます。時間のゆるすかぎり、心ゆくまでお楽しみください。
Posted by 中込尚子 at 16:14
年末年始の定休日は12月28日です [2016年12月17日(Sat)]
子ども紙芝居8_R.png絵本の家の年末年始の定休日

12月23日(金)〜1月3日(火)の定休日は12月28日(水)
だけになります。年末年始は、絵本と紙芝居を楽しみながら、
心ゆくまで絵本の家でお過ごしください。
この期間以外は、通常の火・水・木曜日が定休日です。

 伊豆高原絵本の家 伊東市八幡野1214-17 TEL0557-55-3364
開館時間10:00〜17:00(16:30までにお入りください)

Posted by 中込尚子 at 17:00
富戸のお祭りを見てきました [2016年11月01日(Tue)]
2016年10月29日(土)でした(この日が本祭 3日間開催)
神輿有り山
車ありお囃子あり舞あり踊りあり



「富戸の祭りは、賑やかだよ。見応えあるよ」
 いつもは穏やかな人が目を輝かせて熱弁を振るうものだから
重い腰を上げて、出かけてみて驚いた。お話しはオーバーでは
なかった。表現力の拙い私には、その様子を伝えられない。
 せめてあまり上手ではない写真から、その一端をご想像ください

10_R.png
富戸三島神社。この日は、朝の6時30分から始まった

神社の名木「タブの木」
</a>
       
<a href=R.png
          お囃子です

_R.png
最大のイベント、あばれ神輿

_R.png
払町、岡町、東町、西町、郷戸町の山車が勢揃い

_R.png
勇壮な奉納舞

_R.png"
きれいどころの踊りの輪


海際には龍宮神社がある

 三島神社の近くには、千鶴丸を祀った龍宮神社がある。源頼朝と八重姫との間に生まれた千鶴丸だったが、平家の治世のため、清盛を恐れた八重姫の父・伊東祐親によって川底に沈められた。
 そして、千鶴丸の遺体が流れ着いたのがこの地であったという。
 産衣を乾かした大きな石がある。千鶴丸を祀ったのが龍宮神社という。
 これには諸説ありますが、こちらが本当ではないかという、昔を今に伝える雰囲気がありました。

_R.png"
千鶴丸の産衣をかけた「産衣石」

_R.png
千鶴丸は龍宮神社に祀られています
Posted by 中込尚子 at 11:24
家族が心と力を合わせて作った料理の本  [2016年07月29日(Fri)]
『懐かしい 千恵さんのお料理教室』が完成!


 料理320点を収録。料理3品とお菓子1点を見開きで見られる構成に
なっています。A5 184ページの大作です。紙原稿(レシピ)から始
まりましたが、1年以上を要しました。

表紙5_R.png
1年以上費やした料理本

 若い主婦の時代に、料理教室を開いていた義理の姉から教えられた料理
レシピを大事に持っていて、それを実現させたのが、現在、伊豆高原に
住む大石仁子さんです。
 中の文章には、感謝の気持ちとともに、この料理を孫子(まごこ)のために残してお
きたいという思いが伝わってきます。
 家族、親戚の協力も見逃せません。
 イラスト依頼をしたところ、2歳の子どもから中高年まで100点以上が集ま
りました。この表紙のイラストもそうです。本になってみると、それぞれ所を
得たように収まっています。そして、親戚を含めた家族のぬくもりで読む人を、
作る料理を温かくしてくれます。

完成!記念撮影8_R.png
写真前列中央、本を持っているのが大石仁子さん


 実用書は相当方向の確認をしっかりやること。が大事です。そのために時間を費やすのは有意義です。これはワードの限界を超えていると、言われるほど、可能性を試すことになりました。
 すべて最後まで手づくりに徹した本でした。


Posted by 中込尚子 at 09:53
個々人の貴重な歴史を本にして残しませんか [2015年12月12日(Sat)]
絵本の家出版研究会は、いい本を作る
ためのサポートをする会です。


6冊集合_R.png

■だれに読んでもらいたいか。
 もうすでに原稿をワードに入力している方がいるかもしれません。まだ構想だけの方かもしれません。そのどちらも「だれに読んでもらうか」をハッキリさせると、進め方が楽になります。
 このテーマを導き出せるように一緒にお話しをうかがい、まとめるサポートをします。

img121_R.png

■原稿をまとめる
 お話しを原稿にする方法も、お話しをうかがってきめてゆきます。長い文章を書いたことがない人でも、なんども一緒に打ち合わせながら原稿にします。満足がいくまで書き直しのサポートもします。
 書くのが得意としている人も話し合ってみると、本にするときの違いなどに気づくことがあります。

P26-27 母子和服_R.png
本文イラスト1例

■デザイン、校正もトライできます
 デザイン(レイアウト、装幀)も目的に合わせて考えます。イラストが必要な場合は、目的に合ったプロを紹介します。納得いくまでラフを描いてもらったうえできめてゆきます。
 校正も一緒にします。少部数なら製本にも挑戦できます。

 なお、絵本の家研究会のサポーターは、編集出版のベテランです。まずは連絡は 伊東市0557−55−3364まで。

Posted by 中込尚子 at 22:55
プロフィール

中込尚子さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ehonnoie/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ehonnoie/index2_0.xml