CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 観察会 | Main | 行事案内»
公園への五輪会場建設見直し署名 [2013年12月18日(Wed)]
葛西臨海公園での2020年五輪・カヌースラローム会場建設に対して、他所に建設する代替案を提示して計画見直しをお願いするネット署名が行われています。
葛西臨海公園の会場建設予定地は、東京都が30年近く費やして自然を回復させてきた場所です。五輪のために失われてしまうのはあまりにも惜しいことです。
署名趣旨をご一読の上、ぜひご協力ください。

http://www.change.org/ja/キャンペーン/環境保全と両立するオリンピックの開催-のため-葛西臨海公園のカヌー競技会場計画の見直しを#share?utm_medium=email&utm_source=notification&utm_campaign=new_petition_recruit
Posted by 生態工房 at 14:02 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0)
葛西臨海公園のカヌースラローム計画 [2013年10月19日(Sat)]
東京オリンピック開催が決定した9月以降、葛西臨海公園でのカヌースラローム計画がにわかに注目を集めています。
これまでにも日本野鳥の会・東京や、西なぎさ発:東京里海エイドなどが計画見直しを訴えていましたが、カヌースラローム会場建設計画を知ったひとりひとりの市民が、声を上げたり、情報の拡散に協力し始めています。

10月16日には、個人がネット上で集めた15772人分の署名を猪瀬都知事宛に提出し、都スポーツ振興局オリンピック・パラリンピック大会準備部施設輸送計画課と話し合いを持ちました。
詳細は以下のリンクをご覧ください。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131017-00000301-alterna-soci&1381979596
Posted by 生態工房 at 10:01 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0)
カヌースラローム会場計画を注視! [2013年01月02日(Wed)]
121229_1202~01.jpg

・・・残念ながら「中止」の変換ミスではなく、引き続き注視していきますよ、というご報告です。

東京都が招致活動中の東京オリンピックの「カヌースラローム」の会場は、葛西臨海公園の西側をまさに3分の1ほども整地して建設される計画になっています。
五輪招致の是非はさておき、少なくとも、大勢の市民が訪れ野生生物が生息している葛西臨海公園の自然を壊して建設するのはやめましょう、沖合には未利用の埋め立て地があるではないですか、という要望書が、日本野鳥の会東京や、西なぎさ発:東京里海エイドなどから提出されています。
要望書には当会のコメントも付けられています。

昨年提出された要望書は、残念ながら少しも取り入れられず、現状では計画通りに会場を建設することになっています。
葛西に回復した貴重な自然が失われてしまうことのないように、関係団体といっそうの連携をしていきたいと考えています。(さとう)
Posted by 生態工房 at 13:22 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0)
西なぎさ清掃のお礼 [2012年12月31日(Mon)]
121229_1201~01.jpg

「西なぎさ発:東京里海エイド」によるなぎさの清掃・ゴミ調査活動に生態工房も参加協力しています。
このほど、2012年に参加した日にちの分の「感謝の証明書」が届きました。主宰者の熱意とやさしさが伝わってくる心づかいですね。
この活動は、多い日には100人以上が参加する、葛西エリアでは有数の環境イベントです。来年も協力していきたいと考えています。(さとう)
Posted by 生態工房 at 23:13 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0)
(中止でした)干潟再生モニタリング [2012年11月17日(Sat)]
11/17(土)に予定していた干潟再生モニタリングは、荒天のため中止しました。

日を改めて実施したいところですが、これから冬にかけては、モニタリング対象となるカニなどの底生生物を観察しにくくなるので、この活動は来春までおあずけです。
楽しみにしていた方、次回の告知までしばらくお待ちください。(さとう)
Posted by 生態工房 at 16:14 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0)
(終了)野鳥観察会 晩秋編 [2012年11月17日(Sat)]
DSCN6037.JPG

▼小春日和の日にのんびり野鳥を見ることをうたがいもしませんでしたが、開始前から雨がパラついてきました。そして強風、大波です。
集合場所の西なぎさもこの通り。ハマシギも波打ち際から離れて小高い砂地に集まっていました。
あえなく中止か?と思われましたが、参加者が来てくれましたので、やれるところまでやってみることに。講師はおなじみの鈴木茂也さんです。

▼西なぎさはあまりにも南風が強くて観察しにくいので、葛西臨海公園側へ転進することに。
満潮で水をかぶっている護岸には、ヒドリガモやハマシギが付いていました。

DSCN6043.JPG
ハマシギ


観察.jpg
クロマツで採食するヒガラを観察

海に浮かぶスズガモなどを観察しながら進むと、葛西の冬の名物・チュウヒが漂ってきました。
地上の獲物を探しながら飛んでいるのですが、あっちこっちへゆーらゆーらと流れて、いつもながらやる気のない飛翔ですね。

DSCN6044.JPG
あーれー流れていくよー

DSCN6045.JPG
あーれー


▼鳥類園・上の池ではカモやオオバンを見ながら、鈴木さんがそれぞれの種類が生活に適応した足やくちばしをしていることを解説。
その後ウォッチングセンターへ行くと、ちょうど浜に打ち上げられていたハジロカイツブリの死体が届いていたので見せていただきました。確かに足が体のかなり後方にあり、水中を泳ぐのに便利そう。体の大きさの割に、水かきがとてもよく発達していますね。

足.jpg


そんなこんなで、風雨も覚悟していたほどにはひどくならず、無事に観察会を終えました。
講師の鈴木さん、参加者の皆さん、またウォッチングセンターの皆さん、どうもありがとうございました。(さとう)

Posted by 生態工房 at 15:43 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0)
五輪競技場建設への要望書を提出 [2012年11月01日(Thu)]
▼東京都は2020年のオリンピック・パラリンピックの招致活動に力を入れています。
計画では、各競技会場が都心にコンパクトにまとまっていることが売りになっていますが、競技のうちの「カヌースラローム(激流下り)」会場が葛西臨海公園に計画されていることはほとんど知られていません。

▼カヌースラローム会場は、葛西臨海公園の西側の大半を取り壊して新たに建設されることになっています。
しかし、葛西臨海公園は1970年代に自然を守り回復する事業として東京都によって整備された経緯があります。開園から20年以上経過した今では、樹木は大きく生長し、渡り鳥をはじめさまざまな野生生物が生息する都内有数の緑地になりました。自然観察や、緑の中でのやすらぎを求めて非常に多くの来園者に利用されています。
この自然を都自身が取り壊して競技場を整備するのは、五輪そのものの是非は置いておいたとしても、疑問を感じざるを得ません。

▼このほど、葛西海浜公園 西なぎさで環境保全活動を続けている『西なぎさ発:東京里海エイド』と全国環境ボランティアリーダー会は、連名で東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会に対し、「会場建設計画の見直し」と、「決定プロセスの情報公開」について要望書を提出しました。
生態工房ではこの要望書に、葛西臨海公園の自然環境(生物)保全の観点から評価コメントを添付しました。(さとう)

カヌースラローム会場計画の問題点の詳細は以下のブログに掲載されています。
http://koyaji.cocolog-nifty.com/we_love_kasai_rinkai_park/2012/08/2020-a9d0.html
Posted by 生態工房 at 11:26 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0)
東京里海エイドで生きものの解説をしました [2012年10月20日(Sat)]
DSCN5751.JPG

▼毎月恒例の、西なぎさ発:東京里海エイドによる西なぎさの清掃活動が行われました。
今回は地元企業のCSR参加が多く、総勢100名にもなる大軍団。おかげでふだんはなかなか拾うことができないレジンペレットのような小さなゴミまでよく拾えました。

▼清掃の合間に、わたしと飯田さん(日本野鳥の会・東京)は野鳥などの生きものを解説する予定でしたが。
参加者が広範囲に散らばっていたり、カワウくらいしか見られなかったりしたため、最終地点でまとめて解説しました。

▼最後の締めのときに、驚くべき情報が発表されました。
葛西臨海公園は、東京2020オリンピック・パラリンピックのカヌースラローム会場として計画されているそうです。
カヌースラロームとは激流下り競技です。公園内の林や水辺や芝地を改変して観客席12,000席の競技場を建設する計画です。

東京オリンピックの招致は賛否が大きく分かれているようですが、少なくとも葛西臨海公園のような市民に親しまれている緑地をつぶして競技場を建設するということに賛成する人はどれほどいるのでしょう・・・。
この競技場計画は、市民にはまったくと言っていいほど知られていないことが、今日のイベントで実感できました。(さとう)
Posted by 生態工房 at 23:54 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0)
10月のがたモニが終了! [2012年10月20日(Sat)]
▼10月20日(土)に、10月のがたモニが終了しました。今回は江戸川区のボランティアセンターより6名のボランティアの方がご参加くださり、普段よりも賑やかな、がたモニとなりました。

▼ただ、ヨシ刈りを始める前にいつもしていた干潟の生き物調査をしようとしたら・・普段とは異なり、潮が大分満ちていました。そのため、普段通りには実施できませんでしたが、ヨシの内部チームと干潟チームに分かれて調査を実施しました。

▼今回の調査では、以下の様な生き物が見つかりました。
ヨシ内部:クロベンケイガニ、ウモレベンケイガニ、ヤマトシジミ、カワザンショウ
干潟  :アシハラガニ、クロベンケイガニ

RIMG0006-2.jpg
左のハサミがないアシハラガニ

RIMG0007-2.jpg
毎回、捕まってしまうクロベンケイガニ(左)。そして、横にいるウモレベンケイガニ(右)

RIMG0009-2.jpg
ヨシの根元に隠れていたカワザンショウ(左)とヤマトシジミ(右)

▼干潟を歩くのに慣れていない方は歩くのだけでも結構大変で、ヨシを刈って後に運ぶのがちょっと大変な様でした。特に潮が満ちている中でミオスジ(澪筋:干潟内の川の様なものです)を通るのは一苦労な様でした。

RIMG0010-2.jpg
ヨシ刈りを頑張る参加者のみなさん

RIMG0011-2.jpg
こちらもヨシ刈りを頑張ります、参加者のみなさん2

RIMG0014-2.jpg
休憩を終えて、あともう少し作業を行なおうと、ヨシに挑む参加者たち

▼こういう作業が好きですと言ってくださる方や、普段は入れない場所に入れて楽しいと言ってくださる方がいてくださったので、スタッフも励みにして、干潟やヨシ刈り、葛西臨海公園等について、より丁寧な説明をするように心がけた日となりました。

▼いつも刈っているエリアは大分スッキリしました。作業終了後の写真を撮り忘れてしまったのが、唯一の心残りとなりましたが、参加者から、次も来たいとの声を頂きました。スタッフは次回に期待するばかりです。(わか)
Posted by 生態工房 at 23:43 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0)
9月のがたモニが終了しました! [2012年09月17日(Mon)]
▼9月15日「まもろう浜辺の自然〜シギが来る干潟づくり(ヨシ刈り)〜」が無事に終了しました。
潮が満ちた状態の干潟
RIMG1481.JPG


▼ヨシ刈り作業前には、ヨシ刈りを行なう干潟での生きもの調査を実施しました。干潟面、ヨシ原(表層、下層)の4つに分かれて実施しました。初参加の方もいましたが、やはり慣れていないと、中々生きものは見つからないようですね。

干潟面(表層):クロベンケイガニ、アシハラガニ、カワザンショウ、アカテガニなど
干潟面(下層):アシハラガニなど
ヨシ原内部(表層):アシハラガニなど
ヨシ原内部(下層):ゴカイ類、カワザンショウ、アシハラガニなど

▼調査ではアシハラガニが毎回捕まる結果となりましたが、表層にいても捕まるし、下層に潜っても捕まってしまったようです。ただ、ちょっと捕まりすぎですね(笑)。また、日陰に入ると涼しいですが、干潟に出ると日差しがまだまだ強いため、連続の作業時間は短くすることが必要な様です。

▼夕方の帰り際に撮影したカニさん。隠れているつもりかもしれないけど、立派なハサミが見えているよ。
岩場からハサミと顔を覗かせるカニさん
RIMG1482.JPG

(わか)
Posted by 生態工房 at 10:30 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ