CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«干潟の野鳥観察会 春霞の水辺へ出かけましょう | Main | 葛西臨海公園のカヌースラローム計画»
(終了)干潟の野鳥観察会 [2013年03月21日(Thu)]
DSCN6668.jpg

東京では桜も咲き、もうすっかり春がきた感じです。
今日の観察会は、好天に誘われて親子連れも多く集まりました。
案内役は、鳥に限らず自然界に関する深ーいうんちくで定評のある鈴木茂也さんです。

今日は、観察した鳥とその鳥が見られた環境との関係を考えよう!というテーマで、鳥を見つけた場所を地図に書き込みながら進行しました。

まずは西なぎさから沖を遠望して三枚洲名物のスズガモや夏羽に変わったハジロカイツブリを観察。
鈴木さんがこれらの海鳥の「潜水生活」を、体の構造や使い方を通して解説しました。
DSCN6667.jpg
スズガモの群れ


葛西臨海公園の護岸でコチドリを発見。
おそらくはこの数日以内に渡来したばかりです。
DSCN6673.jpg
ぼんやり撮れたコチドリ


子どもは目線が低いので地面にあるいろんなものを見つけます。
そんなうちのひとつがノビル。
鈴木さんが1本抜き取って薄皮をむくと、ネギに似た匂いがしました。
食べるのをいやがっていた子どもも、鈴木さんがかじるとまねをしてかじっていました。

鳥類園・上の池には、北方へ渡っていく前のカモが残っていました。
DSCN6680.jpg
主にキンクロハジロ(白黒のやつ)


ほかにもオオバンや、ヨシ原に暮らすオオジュリンを観察できました。
DSCN6676.jpg
オオジュリンが食べているものは? ヨシを手にとって観察


DSCN6683.jpg
春になりくちばしが濃くなってきたアオサギ


最後に、鳥の種類ごとにさまざまな環境を選んで生活していること、葛西には海や池、林、ヨシ原などさまざまな環境があるのでたくさんの種類の野鳥が棲んでいることを話してまとめました。
お天気にも恵まれて充実した観察会でした。(さとう)
Posted by 生態工房 at 10:21 | 行事報告 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント