CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« イベント | Main | もりもりコラム »
プロフィール

エコ・コミュニケーションセンターさんの画像
<< 2015年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ecom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ecom/index2_0.xml
コミュニティワーカー学校2016(第T期)参加者募集![2015年12月16日(Wed)]
0001.jpg

コミュニティワーカー学校2016(第T期)参加者募集!

地域の再生が叫ばれています。子育て・教育・福祉・人権・環境と、さまざまな課題を解決するには、行政や企業を動かし協働できる地域の力が必要です。地域には、何かやってみたいと思っている人はたくさんいるけれど、きっかけや情報が与えられていないために、思いがカタチになりません。人びとの間に入って、話を聴いたり、質問して深めたり、思いをつないであげる役割のひとが必要です。
今回は、常総市の水害被災者を支援している「たすけあいセンターJUNTOS」(茨城NPOセンターコモンズ運営)の協力により、常総市におけるコミュニティ再生の現場でのOJT (On the Job Training: 実地で仕事をして身につける) を行います。めったにない機会ですので、ふるってご参加下さい。

ファシリテーターコース (5回)
ファシリテーターとは、一人ひとりの気づき・経験・アイディアを引き出し、話しあいや学びあいのプロセスを促進する人のことです(社会のお産婆さん)。
課題を見つけ出したりプロセスを促進するためには、質問して引き出す力が重要です。質問力を重点的に鍛えます。

コーディネイターコース (9回)
コーディネイターとは、異なる立場の人たちを対等にして出会わせ、社会のビジョンに沿ってつないでいく人のことです(社会のお仲人さん)。
市民・企業・行政の間や、自治会・町内会と市民団体や個人の間に入って、同じ目的のために向かってつないでいく役割はきわめて大切です。
<ファシリテーション未経験の方には、ファシリテーターコース終了後に受講していただきます>
【5月8日夜】ESDの授業プログラム作り「学びあい、育ちあい、築きあう」[2015年04月28日(Tue)]
経験豊かな二人の講師陣でおくるECOMのESDの授業プログラムづくりセミナー。
教員の方、市民の方、自治体・NGOの方、それぞれの目標をカバーします。その他、総合学習、環境・開発・国際・人権・平和・健康・福祉教育などにも役立ちます。この機会に参加してスキルアップを図りませんか?

【講師】
森 良 ソーシャルアドボケ―ター(社会を変える提案者)。ファシリテーター・コーディネイターの育成、地域振興のプランニング、市民参加の促進に取り組む。
二ノ宮リム さち 2009年より大学での国際教育を通じたESDに取り組む。東京農工大学国際センター特任准教授。
【日時】5月8日(金)19:00〜21:00
【会場】雑司が谷・がんばれ子供村(3F)
【参加費】1000円
【テキスト代】500円 使用テキスト「学びあい、育ちあい、築きあう」(ECOM,2014)
【お問い合わせ・お申込み】NPO法人エコ・コミュニケーションセンター
 tel: 03-5957-1301  fax: 03-5957-1305 email: ngo-ecom@gaea.ocn.ne.jp
 〒171-0021東京都豊島区西池袋2-1-13 目白ハウス3E号室

 ESD学びあい育ちあい築きあうセミナースキャン_2015.pdf
コミュニティワーカー学校春コース参加者募集中![2015年03月03日(Tue)]
 今<コミュニティの再生>が大きなテーマです。コミュニティとは<人と人とのつながり>のことですから、その再生のためには人と人との間に入って、それぞれの気づきや意見を引き出したり(ファシリテーター)、出てきた意見をすり合わせたりやりたいことをつないでいく(コーディネイター)人たちが必要です。
 そんな人たちのことをコミュニティワーカーと呼びます。この講座では、現場ですぐに役に立つ実践的なスキルを身につけていくことを目標とします。3か月みっちり取り組めば基本はOK(1か月のみも可)、あとは経験を積み応用力を身につけるだけです。みなさんの参加をお待ちしています。

4月 ファシリテーターコース 全5回 初心者歓迎!
5月 コーディネイターコース 全5回 ファシリテーションができる方対象!
6月 コーディネイターOJTコース 全4回 コーディネイションを実践されてる方、5月期修了生対象!

日時 4月~6月
場所 がんばれ子供村(豊島区雑司が谷3-12-9)
定員 20名先着順
講師 森 良 NPO法人エコ・コミュニケーションセンター代表
参加費 4月コース20,000円
    5月コース25,000円
    6月コース30,000円
お問い合わせ・お申込みは、
NPO法人エコ・コミュニケーションセンター
tel 03-5957-1301   fax 03-5957-1305
email ngo-ecom@gaea.ocn.ne.jp

日程詳細はこちら
各コース詳細はこちら
ファシリテーション・スキルアップセミナー(2月実施)[2015年01月15日(Thu)]
ECOMのファシリテーション・スキルアップセミナーです。

NPO、会社、サークルや町内会などで会議、話し合いや打ち合わせが多々ある昨今。
みんなから意見が出ない、意見交換が堂々巡りする、
実はこう思ってた…と後出し意見が出る…なんてことがありませんか?

そこで必要なのが、ファシリテーションスキル!

・参加者の思いやアイデアを引き出し整理する。
・議論内容をわかりやすく見せながら話し合いを進める
・合意形成がしやすくチームビルディングがうまくいく

そんなスキルを身に付けませんか?

そういった組織運営はモチロンのこと、友だちとのコミュニケーションや家庭内でも使えます!

【日時】2015年2月22日(日) 10時から17時
【場所】 みらい館大明 
【参加費】一日\6,000 ※3,000円/Part 2Part 5,000円
【内容】
   Part1 10-12時 質問力ゲーム
            話のポイントをつかみ、そこに適格な質問する力を高めます
   Part2 13-15時 ファシリテーショングラフィックの手ほどき
            ファシリテーショングラフィックの基本とコツを学びます
   Part3 15-17時 ファシリテーション実習
            グループワークを行い、全員がファシリテーションを実習し、
            互いに評価・提案・アドバイスしあいます。
            最後にふりかえりとまとめを行います

セミナーちらしは、こちら(スキルアップセミナー) です

お申し込み・お問い合わせは…
phone 03-5957-1301 fax to03-5957-1305
mail ngo-ecom@gaea.ocn.ne.jp

NPO法人 エコ・コミュニケーションセンター
〒171-0021
東京都豊島区西池袋2-1-13 目白ハウス3E号室
ECOMのスキルアップセミナー 12月開催![2014年11月13日(Thu)]

ECOMのファシリテーション・スキルアップセミナーです。

参加者の思いを整理して持ってる力を引き出す
そんなスキルを身に付けませんか?

話し合いがうまくいかない…と思いのあなたにおススメ!
クラス、サークル、職場、NPO、町会で。あらゆる場面で使えます!

【日にち】12月20日(土)
【場所】 みらい館大明 116教室
【参加費】一日\6,000 ※半日の場合は、\4,000です

午前9:30〜 3時間
●アイデアを視覚化するマインドマップ

午後13:30〜 3時間
●ギロンを視覚化するファシリテーショングラフィック

セミナーちらしは、こちらから.pdf


お申し込み・お問い合わせは…
phone to03-5957-1301 fax to03-5957-1305
mail to ngo-ecom@gaea.ocn.ne.jp

NPO法人 エコ・コミュニケーションセンター
〒171-0021
東京都豊島区西池袋2-1-13 目白ハウス3E号室
【7/22火】マインドマップを描いてみよう(講座)[2014年07月10日(Thu)]
マインドマップを描いてみよう(講座)

とき ● 7月22日(火)19:00〜21:30
ところ● がんばれ子供村 4F 研修室
     東京都豊島区雑司が谷3-12-9
     Map:http://www.kodomomura.com/access.html

内 容● 
マインドマップとは、私たちの頭脳の中で行われていることを、
私たちの脳のやり方で目に見えるようにしてくれる思考ツールです。

そのため記憶・整理(理解)・発想が格段にやりやすくなり、
ひいては解決策を見つけ出したり、
何かを実現して行くということがとてもやりやすくなります。
本セミナーではトニー・プサンの本「マインドマップ」の大まかな内容を伝授します。
これに参加すれば…
・自分なりのマインドマップが書けるようになります
・トニー・プサンの本を買って勉強したくなります

そして…明日からの活動に活かせます!

20140722MM.jpg


講 師● 森 良(エコ・コミュニケーションセンター代表)
受講料● 3,000円
定員● 20名

● お問合わせ・お申込方法 ● 
下記の項目をご記入の上、エコ・コミュニケーションセンターまで、
お申込みください。

@氏名/A会社・団体/B住所/CTEL/DE-Mail/
Eこのセミナーをどこで知ったか/F参加動機・きっかけ
 
NPO法人エコ・コミュニケーションセンター(ECOM) 
〒171-0021 東京都豊島区西池袋 2-1-13 目白ハウス3E号室
TEL:03-5957-1301/FAX:03-5957-1305  
E-Mail:ngo-ecom@gaea.ocn.ne.jp
熟議ファシリテーター養成講座 7月開講![2014年06月05日(Thu)]
今度は、7月開講!

じっくり話し合いを深めていく熟議ファシリテーター養成講座を平日夜3時間×4回で行います。
ぜひ参加ください。

「日本とまわりの国との領土問題はどう解決したらいい?」「地域で食料やエネルギーを自給できるのか?」・・・
大切な問題をじっくり話し合う場が必要です。放っておいても自動的に適切な議論は深まりません。「それぞれの場でリーダーシップを発揮できる公民的な技術を持った人間」(サンデル)が必要です。
それが熟議ファシリテーターです。
 この講座では、実際に熟議を体験し、自分で熟議を組み立てたり、進行したりすることによって、その考え方やスキルを身につけます。

ちらしはこちら 

日程:7月1日、8日、15日、22日(火)18時30分〜21時30分
会場:雑司が谷・がんばれ子供村 http://kodomomura.com/access.html
参加費:15,000円(テキスト代込み)
定員:10名
プログラム:毎週火曜日です
1)7月1日 @レクチャー「今こそ公的なフォーラムをー熟議とファシリテーターはなぜ必要か」
       A熟議の体験(話し合う、話し合いのプロセスを振り返る、足りない点、深めたい点を出しあう、話し合う)
2)7月8日 @質問力ゲーム
       A熟議のプロセスデザイン
3)7月15日 @熟議のファシリテーション実習(1)
4)7月22日 @熟議のファシリテーション実習(2)
      A実習のまとめ、ファシリテーションのポイント

お申し込み、問い合わせは以下へ
NPO法人 エコ・コミュニケーションセンター(ECOM)
phone to 03-5957-1301  mail to ngo-ecom@gaea.ocn.ne.jp
2013年 「熟議」ファシリテーター養成講座受付開始します[2013年01月15日(Tue)]
2013年 「熟議」ファシリテーター養成講座のご案内です。

今、大切な問題をじっくり話し合う場が必要です。しかし、放っておいても自動的に
適切な議論は始まりません。
「それぞれのフォーラム(広場)でリーダーシップを発揮できる公民的な技術を
持った人間」(マイケル・サンデル)が必要です。
それが熟議ファシリテーターです。
この講座では実際に熟議を体験し、自分で熟議を組み立てたり、進行したりする
ことによって、その考え方やスキル・方法を身につけます。

●日程:2013年2月7日(木)、2月14日(木)、2月21日(木)、2月28日(木)
●時間:18:30〜21:30(全4回とも)

●プログラム詳細
1 2月7日(木)18:30〜21:30 がんばれ!こども村3Fプレイルーム
@レクチャー「今こそ公的なフォーラムを ―熟議とファシリテーターは何故必要か」
  A.熟議の体験「個の自立と共同性は両立するか」
2 2月14日(木)18:30〜21:30 がんばれ!こども村3Fプレイルーム
B質問力ゲーム
  C.熟議のプロセスデザイン
3 2月21日(木)18:30〜21:30 がんばれ!こども村3Fプレイルーム
D.熟議のファシリテーション実習(1)
4 2月28日(木)18:30〜21:30 がんばれ!こども村3Fプレイルーム
E熟議のファシリテーション実習(2)
  F実習のまとめ、ファシリテーションのポイント

●場所:がんばれ!こども村3Fプレイルーム(東京都豊島区雑司ヶ谷3-12-9)
http://kodomomura.com/access.html(11/29・12/6・12/20)

●参加費:15,000円(テキスト代込)
※テキスト「力を引き出すもりもりファシリテーション」(1500円税込)をお持ちの方は13,500円
●定員:10名
●講師:森 良(NPO法人エコ・コミュニケーションセンター代表)
●お申込み
下記の情報をご記入の上、メールにてお申込みください。
MAIL:ngo-ecom@gaea.ocn.ne.jp
@氏名 A会社・団体 Bご住所 CTEL DE-mail Eこの講座をどこでしったか F参加動機・きっかけ
【第5期しごと塾】第3回 ゲスト:塩谷奈穂さん[2012年07月27日(Fri)]
先日、しごと塾第5期3(塩谷奈穂氏)が開催されました。
@講演 AQ&A Bワールドカフェのスケジュールで進行させて頂きました。
ご参加頂いた皆様、誠にありがとうございました。

今回の講師は塩谷菜穂さん。

熱海を盛り上げようと日々奮闘なさっている方で、7月21日(土)にcafe loca(http://caferoca.jp/)をオープンさせました!
様々な視点から『まち』を活性するための仕掛けをcafeを中心にして展開してゆき、じぶんが生活する『まち』をより住み心地のいい『まち』に変えてゆく活動をされています。

23ページにも及ぶ資料を元に多くのことをお話して頂けました。

中心市街地の空洞化、遊休不動産の増加など熱海が抱える問題についてや、空き店舗・空き家の具体的な活用システムについて。

ご自分の今までに至るまでの経緯や想い。

所属されているNPO法人と株式会社 machimoriとそれにかかわる人々について。

お話が終わった後の質問タイムは、多くのかたが直接質問され、塩谷さんに具体的な話を聞きたい!という想いを感じました。

その後のワールド・カフェでは、ECOMスタッフも加わり色々な意見が飛び出しました。
「空き家あ・空き店舗をどう活用するか」というテーマで各グループが書き留めたのがこちらです。
ワールドカフェ メモD
ワールドカフェ メモC
ワールドカフェ メモB
ワールドカフェ メモA


「内職カフェ」「しかけのあるカフェ」「公共性」 むむ・・ただのカフェじゃありませんね。
「昔の伝統文化を掘り起こす」「つなぎ手」「イケメン☆HAPPY」いったいなんでしょうか(笑)
「ケアハウス」「昭和レトロハウス」「ART」ドキドキしますね。

たった15分をメンバーを変えて3回繰り返したメモです。
実行できれば、問題解決できそうなアイディアがたくさんあります
--------------------------------
ワールドカフェとは

テーブルごとに4〜5人のグループに分かれて、カフェのようなオープンな雰囲気の中で話をすることで、多くの人との情報の共有でき、またそこからたくさんのアイデアが生まれたり、人間関係をつないだりできる創造的な話し合いの手法です。
--------------------------------

そして、それを集約したキーワードがこちらです。
ワールドカフェ まとめ


「きれいな又貸し」「起爆剤となる人たち」「地域居住を広める カーシェアリングみたいな空き室」
「アイデアの入札」「交流拠点」「HAPPY⇔HAPPY 当事者同士が納得」

いつも同じ人しかしゃべらない会社の会議より生産性があるかも・・・と思っちゃいました。

後はアイディアを実行する・・・ことがなかなか大変だったりするんですよね。


次回のしごと塾は、【やりたいことをカタチにしよう】をテーマに今後やっていきたこと・テーマが近い人同士がグループになって具体的なプランを話しあいます。
行きたい方向が近いので、共感と具体的なアイディアが得られるかもしれません。
「やりたいこと」をはじめるには、年齢も収入も立場も関係ありません。
最初の一歩をふみだすことからです。
その一歩を踏み出すこと、また、一緒に踏み出す友人ができるかもしれません。

次回しごと塾詳細はこちら
http://www12.ocn.ne.jp/~ecom/seminar/shigoto5.html
【第5期しごと塾】第2回 ゲスト:藤野電力 小田島電哲氏[2012年06月15日(Fri)]
最近また東京電力の話題をテレビなどで目にします。
家庭の電気料金の10%値上げするのに、
やれ社員の給料をまた上げるやら
ボーナスが復活するやら
社員の流出を防ぐため
会社の運営がたちゆかないため
と東電が発表するたびに、納得のいかない気持ちを抱える方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、家庭の電気料金が10%上げられるとわかっても
結局のところそれを払うしかありません。
発電は特殊な技術ですから仕方ない。

と考えていませんか?僕は考えていました。

そこで、しごと塾の事例研究Aには藤野電力代表の小田嶋電哲氏をお呼びします。
藤野電力は、月1回の太陽光発電システムのワークショップやイベントへの自然エネルギーによる給電などの活動をされています。
その活動の目的は、自然から恵みをもらってエネルギーを作ることができる!というのを体験してもらうだけでなく、エネルギーの移行によってもたらされる、地域の未来を守るということなのだそうです。

以下、藤野電力のホームページより引用いたします。

---
2011年3月11日の震災、そして福島の事故を機に、
今まで当たり前として世の中にあった様々な常識がほころびつつあります。
安全安心に毎日を暮らしていくには、
エネルギーも今までの中央集権型から、
住民が自ら参加出来るような自立分散型へ移行していきたい。
そしてエネルギー消費自体を少なくしつつも、
我慢ではなく、より新しく、より楽しく生きていけるような、
暮らし方へと移行していきたい。
藤野電力とは、自然や里山の資源を見直し、
自立分散型の自然エネルギーを地域で取り組む活動です。
そして目指すものは、エネルギーシステムの移行自体より、
むしろそれによってもたらされる、地域の豊かな未来なのです。
---

ぜひお誘いあわせの上、ご参加ください。


■第5期都市農山漁村交流しごと塾
事例研究A「太陽光発電システムのワークショップから広がるコミュニティ〜私たちにできること〜」

ゲスト:藤野電力 エネルギー戦略企画室 室長 小田島電哲氏
藤野電力ホームページ:http://fujinodenryoku.jimdo.com/

日時:6月25日(月)19:00〜21:00

場所:がんばれ!子供村 3F プレイルーム
   東京都豊島区雑司ヶ谷3-12-9
   JR、東京メトロ、西武池袋線、東武東上線、池袋駅徒歩10分
   東京メトロ雑司が谷駅 1番出口/ 都電荒川線鬼子母神前駅 徒歩7分
   都電荒川線雑司が谷駅 徒歩10分
   http://www.kodomomura.com/access.html

参加費:一般 2,000円/学生 1,500円

■ゲストプロフィール
小田嶋電哲氏
藤野電力 エネルギー戦略企画室 室長
2007.12月、家族で藤野町に移住後、トランジションタウン活動と出会い参加する。
2011.5月、藤野電力立ち上げの呼びかけに応え、活動に参加する。
2011.8月、電力担当としてひかり祭り実行委員に参加し、100%自家発電による祭りの開催に協力する。
ひかり祭り終了後、8年勤めた会社を退職し、東北キャラバンへ参加。
東北から帰還後、藤野電力の活動に専念、現在にいたる。


第5期しごと塾では上記の回以外にも多彩なゲストをお招きして
色々な面白い話をしていただきます。
詳細はホームページでご確認ください。

http://www12.ocn.ne.jp/~ecom/seminar/shigoto5.html


■お問い合わせ、お申し込み

○メールでのお申し込み

以下の情報を添えて

ngo-ecom@gaea.ocn.ne.jp

までお送りください。

@お名前
A参加希望回(上記以外にもあと2回のカリキュラムがあります。詳細は→http://www12.ocn.ne.jp/~ecom/seminar/shigoto5.html
Bメールアドレス
C電話番号
DFax番号(あれば)
E所属
Fしごと塾をどこでお知りになりましたか?
G参加動機

○オンラインでのお申し込み

以下のお問い合わせフォームよりお申し込みください。

http://bit.ly/JP8leC

お問い合わせフォームがうまく動かない場合は、お手数ですが上記メールアドレスよりお申し込みください。


■連絡先

NPO法人 エコ・コミュニケーションセンター
事務局 服部
〒171−0021
東京都豊島区西池袋2-1-13 目白ハウス 3E号室
Tel:03-5957-1301 FAX:03-5957-1305
Email:ngo-ecom@gaea.ocn.ne.jp
http://www12.ocn.ne.jp/~ecom/
| 次へ