CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 第二回ECOM里山資本主義を実践するツアー報告【周防大島】写真ギャラリーのお知らせ | Main
プロフィール

エコ・コミュニケーションセンターさんの画像
<< 2015年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/ecom/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ecom/index2_0.xml
コミュニティワーカー学校2016(第T期)参加者募集![2015年12月16日(Wed)]
0001.jpg

コミュニティワーカー学校2016(第T期)参加者募集!

地域の再生が叫ばれています。子育て・教育・福祉・人権・環境と、さまざまな課題を解決するには、行政や企業を動かし協働できる地域の力が必要です。地域には、何かやってみたいと思っている人はたくさんいるけれど、きっかけや情報が与えられていないために、思いがカタチになりません。人びとの間に入って、話を聴いたり、質問して深めたり、思いをつないであげる役割のひとが必要です。
今回は、常総市の水害被災者を支援している「たすけあいセンターJUNTOS」(茨城NPOセンターコモンズ運営)の協力により、常総市におけるコミュニティ再生の現場でのOJT (On the Job Training: 実地で仕事をして身につける) を行います。めったにない機会ですので、ふるってご参加下さい。

ファシリテーターコース (5回)
ファシリテーターとは、一人ひとりの気づき・経験・アイディアを引き出し、話しあいや学びあいのプロセスを促進する人のことです(社会のお産婆さん)。
課題を見つけ出したりプロセスを促進するためには、質問して引き出す力が重要です。質問力を重点的に鍛えます。

コーディネイターコース (9回)
コーディネイターとは、異なる立場の人たちを対等にして出会わせ、社会のビジョンに沿ってつないでいく人のことです(社会のお仲人さん)。
市民・企業・行政の間や、自治会・町内会と市民団体や個人の間に入って、同じ目的のために向かってつないでいく役割はきわめて大切です。
<ファシリテーション未経験の方には、ファシリテーターコース終了後に受講していただきます>
この記事のURL
http://blog.canpan.info/ecom/archive/98
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1145829
 
コメントする
コメント