CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

エコロッジ協会ブログ

NPO法人エコロッジ協会のイベントや活動報告をしています。参加された方、関心のある方はぜひ書き込みして下さい。

<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
中野美鹿
アジア太平洋地域エコツーリズム会議inスリランカ (05/19) 知床羅臼町観光協会 三浦
エコなお客様の接客・接遇 (04/05) ひー
スリランカにおけるツーリズムと地域振興 (03/14) ひー
アースガーデン宿泊体験&落ち葉をふみしめて歩くin美山・京都 (11/25) うーたん
アースガーデン宿泊体験&落ち葉をふみしめて歩くin美山・京都 (11/22) (財)北海道ユースホステル協会
エコロッジ説明会2in札幌 (06/13) マッキー
グローバルエコツーリズム会議inオスロ (06/08) 民宿本間 本間 正子
宿泊施設向け研修会in知床羅臼 (02/06) (財)北海道ユースホステル協会
エコロッジ説明会in札幌 (10/23) 羅臼町旅館組合 本間正子
宿泊施設向けエコツーリズム研修会in羅臼 (07/25)

エコロッジチェックリストが世界基準に

[2012年11月27日(Tue)]
今まで110項目あったエコロッジチェックリストでしたが、小規模なNPOで認知もなかなかされず、加盟施設の件数を伸ばすのと、認定制度による認定施設の登録をすることが難しい年月を送ってきました。結局エコなことをしていても、集客につながらないこと、また国内でも認定制度のことを知らない人がほとんどなどが伸び悩んでいる原因でした。よって、この制度を認知してもらう機会を模索していましたが、その答えがこの度出ました。

capture-20130125-215553.png


それが、ESAIS:自然が比較的多く、環境に配慮した運営をする宿泊施設を限定に148項目のチェックリストに改訂しました。T〜Xについては、グリーン購入ネットワーク(GPN)が定める「ホテル・旅館利用ガイドライン」に、VII及び色付の番号項目については、持続可能な観光協議会(GSTC)が定めるGSTC国際基準に準拠しています。

認定登録制度の説明会などを通じて来年から組織的に事業として取り組む予定です。関心がある施設を国内だけに限定せず、認定制度を持たない国の施設にも働きかけていきたいと思います。

Posted by NPOエコロッジ協会 at 21:57 | 成果物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

【米国】エコロッジ・ワークショップ

[2012年09月16日(Sun)]
国際エコツーリズム協会(TIES)が主催するエコツーリズム・サステイナブルツーリズム会議(ESTC)にてエコロッジ・ワークショップが米国モントレーのポートーラホテルにて開催されました。

estc01.jpg


ケニアからはエコツーリズムにおけるエコロッジの役割、アメリカからは建築家によるエコロッジデザインとマーケティング専門家によるソシアルメディアによるディレクトマーケティングについて、コスタリカからはエコロッジの運営とサステイナビリティーについて、そして当協会からは「sustainable tourism design」と題して日本における持続可能な宿泊施設が有効に活用できる技術について講演をしました。講演内容は自然災害の統計からはじまりゼロエミッションハウス、光触媒、OMソーラーなど日本が誇る技術と協会の会員施設を紹介しました。

estc02.jpg


ワークショップの部では、参加者の多くがリゾートやロッジのオーナー、または観光局や建築家でした。20名程度であったものの、関心は高く、とても中身の濃いディスカッションが出来ました。

【トルコ】黒海東部におけるエコツーリズム会議

[2012年06月01日(Fri)]
6月1日、トルコの黒海沿岸にあるトラブゾンという町で黒海東部開発局の主催でエコツーリズム会議が行われました。トルコでは初めてのエコツーリズムに関する国際会議であり、環境大臣も同席される一大イベントとなりました。トルコはご存じの方も多いと思いますが、親日国で、日本の動向も知りたいという理由からエコロッジ協会も参加させて頂く機会を得ました。

IMG_5115.JPG


トルコの経済発展は著しく、開発と自然保護のバランスを重視する必要が出てきました。既に黒海沿岸の高速道路の整備等で実際に自然が多く残るのは山間部に限られているようですが、その中で環境保全と地域住民が深く関わり経済効果のある形態の観光を導入したいという願いがあります。日本人のツアーでも見られるように、イスタンブールやカッパドキアのような観光地はありますが、まだまだいわゆる田舎のツアーは少なく、またトレッキングなどに最適な山脈を持ちながらも、その利用者は少数に限られています。

IMG_5170.JPG


会議の内容は海外から8名の招待講演者による全大会が一日目、トルコ及び隣国グルジアの報告会が二日目となり、エコツーリズムの概念から、各国の事例、マーケティングなど多岐に題目が揃いました。エコロッジ協会は日本でのエコツーリズムの動向及びエコロッジの環境に配慮した運営や国際基準に沿った認定制度についてお話をさせて頂きました。

IMG_5325.JPG


トルコはヨーロッパとアジアの中間に位置しながらも、経済は欧州に多く依存しており、日本の事例には特に関心があったように感じました。また、トルコではエコロッジと呼ばれるものはまだ存在せず、今後連携を模索しながらエコロッジ化のお手伝いをすることになればと願っています。

IMG_5508.JPG


自分よがりのエコではなく、第三機関に認定してもらう方法が国際的にも認知されてきており、世界の波に乗り遅れないように、エコロッジ協会では今後も活動を展開していきますので応援・支援お待ちしております。

インド最大トラ保護区のエコリゾート

[2012年02月20日(Mon)]
ナガルホーレ国立公園は644平方キロの面積を持つトラ保護区として有名ですが、ナガルホーレ川沿いに建つオレンジカウンティー・インは世界の富裕層から大きな支持を得ているエコ・リゾートです。

協会の理事がエコツーリズム国際会議にて当該施設の役員と知り合う機会があり、今回の宿泊体験の実施となりました。この会社は2002年以来、責任ある観光を積極的に推進しており、普段では見れないキッチンや倉庫、スタッフ寮なども見せて頂きました。

DSC_4270.JPG


広い敷地内には近くで見れるインドゾウや色とりどりの鳥類が観察できるように図書室・カフェが設置してあります。

DSC_4289.JPG


地域住民との交流だけでなく、雇用創出、有機農業の推進など多くの事業を実施しており、国内外メディアで取り上げられています。

DSC_4308.JPG


キッチンでは生ごみの処理、過剰包装によるゴミの発生抑制などに取り組みながら、南インドならではの郷土料理を提供。
DSC_4331.JPG


施設の全体風景。規模としてはリゾートなので少し大きいですが、客室であるヴィラが独立しており、景観を損なわない配色や建材を積極的に採用しています。

DSC_4429.JPG


夕食後に地域住民による踊りのパフォーマンスもあります。国立公園ゆえ、農業しかできなかった住民に観光による収入が増え、生活が豊かになっています。

海外の事例は多くありますが、今後国内でも同様に、環境や地域住民に十分に配慮した宿が増えることを願い、活動を続けて行きます。

DSC06155.JPG

Posted by NPOエコロッジ協会 at 16:42 | 宿泊体験 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

世界エコツーリズム会議inカンボジア

[2011年11月03日(Thu)]
ラオス、マレーシアと続いてきた世界エコツーリズム会議(WEC)は10月3-5日にかけてカンボジア南部タイランド湾に面したシハヌークビルで「アジアにおけるエコツーリズムの方向性を見定める」と題して3回目を迎えました。世界観光機関(UNWTO)が承認するこの会議は、国策としてエコツーリズムを推進するホスト国が主催することで、諸外国の大臣や政府高官も出席し、多国間での情報交換や政策に関する円卓会議が全体会議と並行して実施されました。また、エコツーリズムを実践する観光協会、地方自治体、NGOや旅行会社などのトラベルマートも人気がありました。






カンボジアはアジアで最貧国のひとつですが、その問題の中心は農村部にあります。インフラ、教育、栄養、衛生など社会問題が山積する中、土地を保有しない農民、地雷埋設地域居住者、戦争・地雷被害による障害者など固有の課題を抱えており、農村部を活性化するツールとしてエコツーリズムが期待されています。約350名の参加者には半数以上のカンボジア人が含まれましたが、資金やノウハウは海外に依存せざるを得ないという現実、また外資系宿泊施設やツアー会社の営利の多くは海外へ流出することなど課題は多いと口を揃えて語っていました。

この会議でエコロッジ協会が発表したのは、"DISASTER-PROOFING LODGES"防災の宿というものですが、今年は東日本大震災は世界でも大きな自然災害として報道されており、通常インフラに依存している宿よりも、自然エネルギーや井戸水・雨水などの代替手段を持っていることはスマートであるとの内容です。

自然災害の件数はここ数年伸びが顕著に出ており、地球温暖化との関連性は否定できません。カンボジアで観光客数を伸ばす政策はいいが、それに応じてカーボンフットプリントも比例して高まることをデータで示しました。また世界の先進エコロッジを事例に、今できることのヒントを数多く提案しました。

ポスト会議での視察ツアーでも、実際にカンボジアの民家や宿を拝見し、エコツーリズムの推進を応援すべく、提案をさせて頂きました。



カンボジアのような外貨を必要とする国は多々ありますが、エコツーリズムをうまく活用して立国するためには、それなりの準備や教育、そして資本が必要です。エコロッジ協会は国内外で今後も活躍して行きたいと思っています。(まサル

韓国国立公園管理公団主催会議

[2011年06月14日(Tue)]
韓国雪岳山国立公園近くのホテル内会議場にて(KNPS)韓国国立公園管理公団主催の国際会議「Healthy Parks, Healthy People」における基調講演「Health Benefits thru Japanese National Park and Ecotour」と題して行ってきました。




日本の国立公園におけるエコツアーが、いかに癒しや健康に効果があるかという事例発表ですが、森林セラピーなどを中心に取り組みを紹介しました。

エコロッジ協会は、セラピーセンターや国立公園内のビジターセンター等全ての施設が周囲の自然環境に対し、負荷を最小限に抑えることを重要視しているということで呼ばれました。

講演の内容は概して以下の通りです。

1)日本は長寿国:世界で一位であり、健康に関心が高い。韓国は27位。
2)観光として自然と健康を利用する森林セラピー、バルネオセラピー、タラソセラピーなどがある
3)森林浴は1982年に林野庁が考案、以降フィトンチッドなどの効果が認識され今では44もの森林セラピーロードがある
4)認定制度が導入され、ガイドラインに準拠した運営が求められている
5)エコツーリズム推進の一環として取り入れる場合は包括的な計画が欠かせない

一日に及ぶ会議の翌日から1泊2日でKNPSのパイロットプロジェクトの現地視察に同行しました。ソウルからKTX(JRのようなもの)の新幹線に乗り、木浦まで移動、更にKNPS所有の船で片道2時間半の距離を移動し、多島海海上国立公園の観梅島へ。



ここでは、島めぐりと宿泊施設を視察。里海と里山を併せ持つこの島では、半島ではなかなか見られないのどかさが残っていました。多くは漁師で日本に輸出向けの海苔や海産物を販売して生計を立てているとのこと。畑はあるものの、民家の屋根まで低くするという独特な建築様式に見られるほど強風が吹くらしく、肥沃な大地という感じではありませんでした。




農家民宿風の施設もありましたが、内部はモダンにリフォームされ、電化製品が所狭しと並べられていました。天井が低いので余計に大きく見えます。同じ電化製品でも、価格で選択するのではなく、消費効率とのバランスを考え、風力発電等の自然エネルギーの導入なども検討されるよう伝えました。パイロットプロジェクトだけに、今後はこれらの面が見直されることを願っています。

韓国は膨大な国家予算をつけてエコツーリズムを推進していますが、日本と同様、省庁による定義が違い、また資金の出所も縦割によって異なることから相乗効果を生むまでには至っていないようです。国民の血税を効率よく、サステイナブル社会の構築に使ってほしいと願います。(まサル

小笠原諸島環境に配慮した宿に滞在する学びと癒しの旅(後編)

[2011年05月27日(Fri)]
それでは、小笠原諸島の加盟施設宿泊体験ブログの後編となります。

くつろぎの宿 てつ家は平成21年2月に加盟。飲食に関する環境配慮は100%、リサイクルも88%と達成率が高い項目に関心が高まります。
http://www.japan-ecolodge.org/japanese/ecolodge/tetsuya.php

I. 環境への取り組み姿勢での達成率:72%
II 飲食関連の環境配慮での達成率:100%
III 廃棄物削減・リサイクルでの達成率:88%
IV 省エネルギー・節水での達成率:59%
V グリーン購入・化学物質・その他での達成率:56%
VI エコロッジとしての環境配慮での達成率:55%

立地は静かな小港海岸近くの自然に囲まれた一軒家。それだけに環境配慮が求められる。5部屋、最大12名までの収容。食事、洗剤類、建材など随所にオーナーのこだわりが見られる。

こちらの施設では、お勧めのオペレーターを紹介することで多くのアクティビティーを楽しめるようにしている。オーナーが移住のきっかけとなったサーフィンやシュノーケリング、森歩きなど。






こちらの施設も自然素材を多用しており、また自然との共生を考えた間取りや配置が訪問者を優しく迎えます。食事は修行されてきたとあって、目にも体にも癒しを与えてくれました。地元食材を最大限に利用し、内地からの輸送食品と画しています。


どちらの宿もこれからの小笠原を代表していくであろう環境配慮のエコとエコノミーを同時に追及されています。協会としては、このような宿の努力を認め、少しでも環境と社会に寄与するよう努めて参ります。(まサル

Posted by NPOエコロッジ協会 at 15:39 | 宿泊体験 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

小笠原諸島環境に配慮した宿に滞在する学びと癒しの旅(前編)

[2011年05月24日(Tue)]
募集チラシはこちらで確認できます。
http://www.japan-ecolodge.org/ogasawara_flyer2011.pdf

■宿泊
  ・ハートロック ビレッジ(父島・エコロッジ協会登録施設)
  ・くつろぎの宿 てつや(父島・エコロッジ協会登録施設)
  ・ラメーフ(母島・農林水産省全国おかあさん100選の宿

宿では環境配慮に対する取組みのお話が聞けます。世界自然遺産候補地として選定された小笠原で自然環境と観光ビジネスのバランスについて考え、エコツアーに参加して学びと癒しの旅を楽しみましょう

■行程
・5月24日(火)
 <集合>08:45東京港竹芝客船ターミナル==<出港>10:00東京港発・おがさわら丸==
 終日船内で船旅をお楽しみください。食事はレストランで和食、洋食、中華から選べます。
・5月25日(水)
 朝食==<入港>11:30父島着==昼食(船内か港で)==<出港>12:30父島発・ははじま丸==
 <入港>14:40==「ラメール」チェック・イン==終日自由行動(集落散策)やオプションで
 ネイチャーツアー等手配可能==夕食・交流会==就寝
・5月26日(木)
 朝食==集落散策やオプションでネイチャーツアー等手配可能==<出港>12:00母島発・
 ははじま丸==<入港>14:10==「ハートロックビレッジ」または「くつろぎの家てつや
 チェック・イン」==終日集落散策やオプションでネイチャーツアー等手配可能==夕食・
 交流会*==就寝
・5月27日(金)
 朝食==終日自由行動・オプションでネイチャーツアー等手配可能==昼食(各自で)==夕食・
 交流会*==就寝
・5月28日(土)
 朝食==出港まで自由行動やオプションでネイチャーツアー等手配可能<出港>14:00父島発==
 夕食(船内)
・5月29日(日)
 朝食==昼食==<入港>15:30東京港==<解散>お疲れ様でした

以上の内容で3名ですが、行ってきました。何よりも良かったのが「タイミング」。5月7日には世界自然遺産登録の勧告がなされ、遺産ブームで押し寄せる人たちの前に訪れることができたことです。知床のように陸続きでないこと、船での搬送能力が最大の入島数になることなどがありますが、遺産効果による負荷が出てくることは間違いないでしょう。エコツーリズム推進の小笠原の腕の見せ所です。



今回の訪問はエコロッジ協会設立5周年記念、加盟施設で最も遠いながらも2軒の登録があるハートロック・ビレッジとくつろぎの宿・てつやでの宿泊体験です。ホームページからだけでは決して分からない、オーナーと直接お話をすることで、環境に配慮した運営とビジネスとしてのバランスについて教わりました。航海が長かったので、この宿泊体験事業を通して参加者もとても仲良くなりました。

今回は各施設に2泊ずつ泊まらせて頂きました。この宿泊日数だけでも、小笠原では特有の事情があることに気づきます。通常人の動きは入港日から出港日までの5日程度。ここで2日とか3日で宿を選ぶと、前半の二日はお客様が入っても後半の半端な数日間には入らないことも多々あるそうで、その配慮がほしいという。

ハートロック・ビレッジは平成20年8月の登録施設。
http://www.japan-ecolodge.org/japanese/ecolodge/heartrock.php
I. 環境への取り組み姿勢での達成率:38%
II 飲食関連の環境配慮での達成率:67%
III 廃棄物削減・リサイクルでの達成率:88%
IV 省エネルギー・節水での達成率:35%
V グリーン購入・化学物質・その他での達成率:30%
VI エコロッジとしての環境配慮での達成率:50%

様々な環境への配慮を行なっており、語りだせばキリがないほど。チェックリストの数字だけを見るとまだ向上の余地があるが、港からのアクセス、洗練された部屋作りは都会からの訪問者を癒す。





カフェで出る無農薬有機コーヒーの粉は堆肥として利用、井戸水利用、ペアガラスや自然建築材など、なかなか気づきにくい点は現地にてお話を伺うのがベストでしょう。

お食事は地産地消に配慮した和洋風、カフェには珍しいサメバーガーなどもあり、内地と一風変わった美味しい食材も提供しています。

また、アクティビティーとしてドルフィンスイムからトレッキング、南島上陸までネイチャーツアーが予約できる。私たちが今回お願いしたのは、ナイトツアー。天候にも恵まれ、満天の夜空と天然記念物のオガサワラオオコウモリとオカヤドカリ、グリーンペペの全てを観察することができました。

もう一軒はくつろぎの宿 てつ家、この宿も港からの送迎もありますが、住民の生活感を楽しむことのできる路線バス(小港方面)で行くことも可能。加盟施設2軒ともハシゴが簡単にできてしまいます。



このブログは写真5枚しかアップできませんので、続きは次のブログで!

Posted by NPOエコロッジ協会 at 17:05 | 宿泊体験 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

東日本大震災義援金募集と現地支援

[2011年03月18日(Fri)]
東日本大震災が起こってすぐに、協会会員を核に一般に向けて震災義援金を物資の募集情報を国内外に流しました。

理事が名刺交換を通して知り合った方々をはじめ、国内はインターネットと新聞、海外はインターネットを利用して米国のNGO、The International Ecotourism Society(国際エコツーリズム協会)及びAdventure Travel and Trade Association(アドベンチャートラベル・トレード協会)のご協力を得ることができました。

▼活動内容
3月14-15日
・ボランティア募集・義援金及び現物持ち込み募集開始
・ウェブサイトにてクレジットカード支払対応開始
・新聞社7社への周知協力
・トラックレンタル情報収集

3月16日
・義援金一部出金
・ボランティアと救援物資購入
・搬送ボランティア調整

3月17日
・救援物資購入
・現物持込受付、搬入
・救援物資梱包

3月18日
・救援物資搬送

3月19日
・山形県天童市及び宮城県名取市で荷降し
・帰路へ

3月20日
・終日帰路へ

3月21日
・積み残し物資の梱包
・第三次荷降しの調整

3月22日
・全ての救援物資を兵庫県たつの市福祉協議会へ搬送

3月23-29日
・中・長期支援ボランティア募集
・多言語支援活動状況発信の準備

4月以降-6月4日
・多言語支援活動状況発信
 (英語:http://japanecolodge.wordpress.com/
 (スペイン語:http://japan-ecolodge.blogspot.com/)
 (フランス語):http://aiderlejapon.wordpress.com/


中間報告書は協会ウェブサイトから入手できます。
http://www.japan-ecolodge.org/interim%20report0408J.pdf






合計34枚の活動写真はフェイスブックのページにて確認できます。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.152948984768565.35329.135573756506088&type=3

今後の活動も応援お願いします。(まサル

Posted by NPOエコロッジ協会 at 15:55 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

世界トレイル会議2010in韓国済州島

[2010年11月08日(Mon)]
世界でトレイルに関する初国際会議が2010年11月7日から二日間にわたって韓国の済州島ヘビチホテルにて開催されました。

エコロッジ協会では、8日のパネルディスカッション1の基調演説としてトレイルツーリズムをいかに保護活動と連動して振興するかという「Linking Conservation to Trail Tourism」に関しての発表を担いました。


【パネル討議の様子】


まずは、どのツーリズムにおいても持続可能性が大事なこと、特に世界自然遺産を持つ済州島では、自然を利用したエコツーリズムの手法を用いることが望まれるため、国際エコツーリズム協会の定義を引用し、保護管理計画策定の重要性を中心に話しました。

1)自然、文化、歴史的な重要性の査定
2)管理体制の査定
3)保護の目的とルールの策定
4)管理計画の実施
5)結果の検証と計画の再確認

以上のカテゴリに分けてご紹介しました。

最終日は済州島のオルレと呼ばれる路地歩き、軽いハイキングに財団の方々や参加者と楽しみました。驚いたのはメディアの数と軍隊による引率です。


【見晴らしの良い丘での貴重な体験】



【放し飼いの馬と歩く】


済州島には幾度か訪問させて頂いておりますが、オーバーユースによる自然劣化や観光としての質の低下が顕著に垣間見れる場所があります。これらを踏まえ、主催者の済州島オルレ財団の皆様とは、短期・中期・長期計画の策定や危機の共有について談話をする機会が設けられたこと感謝しています。(まサル

【リンク】
・2010オルレウォーキングフェスティバル[http://www.ollewalking.co.kr/english/]


Posted by NPOエコロッジ協会 at 09:00 | セミナー(一般) | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
プロフィール

NPO法人エコロッジ協会さんの画像
エコロッジリンク
http://blog.canpan.info/ecolodge/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ecolodge/index2_0.xml