CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
えこらぼ日記
Main | シンポジウム »
<< 2011年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
パネル展続報[2009年02月12日(Thu)]
土曜日(2/7)から始まったパネル展も今日(2/12)で終了。
いよいよ今日は、報告会です。さて、写真は、10日の様子。
2年生が、実習の様子などを説明していました。
写真・パネル展開催中[2009年02月08日(Sun)]
「2/12モンゴル実習報告会」に先立って行う写真・パネル展が、昨日(2/7)から
始まりました。

実習に参加した3年生の報告ポスター「モンゴルでの水ストレスと放牧」
「ハタネズミによる草原サイクルの研究」「モンゴルの食文化について」と、
2年生、3年生の実習報告写真が展示されています。2年生の写真は、
たくさん撮った中から、選りすぐったものを、時間順に紹介。一緒に、
行程の一部をを追体験できそうです。

期間中は、一部、学生の説明員(2年生)がつきます。
(概ね、10:00〜16:00の間。なお、食事等で席を外している場合もあります。
ご了承ください。)

写真・パネル展の場所とスケジュール
●[開催日] 2月7日(土)〜8日(日)
[開催場所] 札幌エルプラザ 2階エレベーター前
●[開催日] 2月9日(月)〜12日(木)
[開催場所] 札幌エルプラザ 4階交流スペース
※両日ともに
[開催場所案内] 札幌エルプラザ 札幌市北区北8条西3丁
[見た,調べた、感じた!2008夏モンゴル実習報告」[2009年01月20日(Tue)]
2007年12月に開催した第1回の「えこらぼ カフェ」では、酪農学園大学の星野先生とモンゴルに研修に行った学生さんに報告頂きました。今回は、2008年の研修旅行で見てこられたその後の様子や新しい情報を報告いただきます。タイトルは、下記の通り。モンゴルについて、多様な角度から知ることのできる贅沢な2時間半です!

[日時] 2月12日(木)19:00〜21:30
[開催場所] 札幌エルプラザ 4階大研修室
[内容] 酪農学園大学2年生と3年生による2008年夏のモン
ゴル実習報告。
 「モンゴルの人々の家庭生活について」/「モンゴルの食文化について」/「遊牧と過放牧−モンゴル国での環境ボランティア海外実習を終えて−」/「ハタネズミの生態と草原砂漠化、砂漠の植物」/「地球の温暖化とモンゴルの植物多様性に関して」/「モンゴルの遊牧と草原のキャパシティー」/「ハタネズミの生態とモンゴルの過放牧」/「地球温暖化と北海道の環境変動」
[定員] 50名
[参加費] 500円(飲み物付き)
[申し込み方法] fax、E-mailの件名に「2/12 えこらぼカ
フェ申込」とご記入ください。
[申込み先]FAX 011-387-1104
      E-mail:ecolabo@mbp.nifty.com

※【関連情報】
報告会に先立ち、下記の日程で、写真展を開きます。
●[開催日] 2月7日(土)〜8日(日)
[開催場所] 札幌エルプラザ 2階エレベーター前
●[開催日] 2月9日(月)〜12日(木)
[開催場所] 札幌エルプラザ 4階交流スペース
※両日ともに
[開催時間] 11:00〜20:00
[開催場所案内] 札幌エルプラザ 札幌市北区北8条西3丁

[参加費] 無料
[申し込み] 不要
「コペンハーゲン動物園見学報告」[2008年11月07日(Fri)]
NPO法人環境活動コンソーシアムえこらぼは、多様な主体との協働による環境保全の推進を目的とした団体ですが、えこらぼ自体も、多様な関心や経験を持ったメンバーの集合体です。えこらぼスピーカーシリーズでは、会員がそれぞれの切り口で、報告や話題提供を行います。    
 3回目は「コペンハーゲン動物園見学報告」。9月にコペンハーゲンに行った岡崎朱実の動物園見学報告です。いろいろな「なるほど」「へえ」「うまいなあ」をお伝えします。

日 時:2008年11月7日(金)19:00〜21:00
場 所:札幌市環境プラザ・環境研修室
     (北区北8西3エルプラザ2F)
参加費:500円  定員:50名(当日参加も歓迎)
申 込:Fax 011-387-1104
 またはE-mail : ecolabo@mbp.nifty.com
「温暖化と地域力」[2008年10月03日(Fri)]
えこらぼスピーカーシリーズでは、会員がそれぞれの切り口で、報告や話題提供を行います。2回目のテーマは「温暖化と地域力」。
 3月に研修で沖縄に行った新保さんの報告です。シークワーサージュースと環境教育ゲーム「ガバ・チョ」体験つきで行います。ぜひ、ご参加ください。

[日時] 10月3日(金) 19:00〜21:00
[開催場所] 札幌市環境プラザ環境研修室
(札幌市北区北8西3エルプラザ2階)
[内容]お話と報告
 「温暖化と地域力 〜沖縄研修報告〜」
新保留美子さん(NPO法人環境活動コンソーシアムえこらぼ)
質疑応答・意見交換 

[定員] 30名
[参加費]500円
[申し込み方法] FAX、E-mail、または、直接会場へ。
[申し込み・問い合わせ先]
  FAX 011-387-1104  E-mail ecolabo@mbp.nifty.com
 ※件名に「10/3えこらぼカフェ申込」とご記入ください。
[主催] NPO法人 環境活動コンソーシアムえこらぼ
「日本の動物園は変わろうとしている 〜動物園見て歩き報告会」[2008年06月18日(Wed)]
NPO法人環境活動コンソーシアムえこらぼは、多様な主体との協働による
環境保全の推進を目的とした団体ですが、えこらぼ自体も、多様な関心や経験を
持ったメンバーの集合体です。えこらぼスピーカーシリーズでは、会員がそれぞ
れの切り口で、報告や話題提供を行います。第1回目のテーマは「動物園」。

 動物園が博物館ということを知っていましたか? 動物園や水族館は、家族
連れからお年寄りまでが楽しめるとともに多くの方に利用されている博物館です。
 旭山動物園における成功もあり、今、日本各地の動物園ではユニークな取り組
みが色々と行われています。日本の動物園がどのように変わろうとしているかの
を全国各地の動物園における取り組みを紹介するとともに、これからの動物園が
持つ可能性を一緒に考えてみましょう。

 
[日時] 6月18日(水) 19:00〜21:00
[開催場所] 札幌市環境プラザ環境研修室1・2 (札幌市北区北8西3エルプラザ2階)
[内容]お話と報告「日本の動物園は変わろうとしている」
         〜動物園見て歩き報告会〜
        菊田融さん(NPO法人環境活動コンソーシアムえこらぼ )
   スペシャルゲストも予定
   質疑応答・意見交換 
[定員] 50名
[参加費]500円
[申し込み方法] FAX、E-mail、または、直接会場へ。
[申し込み・問い合わせ先]
  FAX 011-387-1104  E-mail ecolabo@mbp.nifty.com
 ※件名に「6/18えこらぼカフェ申込」とご記入ください。
[主催] NPO法人 環境活動コンソーシアムえこらぼ
えこらぼカフェ「マレーシアボルネオ島の自然と熱帯林の保全」[2008年06月03日(Tue)]
今回は、「マレーシアボルネオ島の今」について酪農学園大学の学生さんたちの報告です。マレーシアでは、ボルネオ島の自然保護について、地元のNGOの活動現場を訪問し、サバ州最大のキナバタンガン川沿いにあるバトゥプティ村の家庭にホームスティしながら、熱帯林再生のための植林活動などを行ってきました。また、熱帯林の伐採や油ヤシのプランテーションに関する諸問題を知るとともに、国立公園の管理手法やオランウータン、テングザル(写真)などの絶滅に瀕する動物の保護管理について現場での体験を通して勉強したそうです。

お話と報告
「マレーシアボルネオ島の自然と熱帯林の保全」
   金子正美さん(酪農学園大学 教授)
   附田園郁さん(酪農学園大学3年生)他

日 時:2008年6月3日(火)19:00〜21:00
場 所:札幌市環境プラザ・環境研修室
     (北区北8西3エルプラザ2F)
参加費:500円  定員:50名(当日参加も歓迎)
申 込:Fax 011-387-1104
 またはE-mail : ecolabo@mbp.nifty.com
えこらぼカフェ 「電器屋さんのここだけの話 〜省エネ編」[2008年04月28日(Mon)]
「良く聞くけれども、どんなことだろう?」「今さら聞けないなあ。」という皆さんの疑問を解消する気軽な学びの場、「えこらぼカフェ」。NPO法人環境活動コンソーシアムえこらぼは、多様な主体との協働による環境保全の推進を目的とした団体です。
 電器屋さんは、家電を売るのがお商売ですから知識も豊富。電器屋さんだからこそ、知っているようなここだけ情報もたくさんお持ちです。でも、今ある家電を上手に使うコツを話してしまうと、新しい商品が売れなくなって困ってしまうというジレンマも。そこを乗り越え、温暖化防止のために役立つ、いろんなコツをお話しいただけることになりました。皆さんのご参加をお待ちしています!

日 時:2008年4月28日(月)19:00〜21:00
場 所:札幌市環境プラザ・環境研修室
     (北区北8西3エルプラザ2F)
お 話:家次 敬介さん(去O素、環境プランナーER)
参加費:500円  定員:50名
申 込:Fax 011-387-1104
 またはE-mail : ecolabo@mbp.nifty.com
   *できるだけ、参加者の疑問に応えるような「カフェ」にしたいと
    思います。お申込の際に、お聞きになりたい質問をお知らせくだ
    さい。
えこらぼカフェ 新シリーズ「エコなしくみを考える〜ドイツ環境NGOの運営」[2008年03月21日(Fri)]
「良く聞くけれども、どんなことだろう?」「今さら聞けないなあ。」という皆さんの疑問を解消する気軽な学びの場、「えこらぼカフェ」。NPO法人環境活動コンソーシアムえこらぼは、多様な主体との協働による環境保全の推進を目的とした団体です。今回は、新シリーズ「エコなしくみを考える」第1回、環境NGO ezorockの草野竹史さんに、昨年の秋に行かれた「セブンイレブン みどりの基金環境ボランティアリーダー海外研修 〜ドイツの環境NGOの運営〜」の報告をお聞きします。わかりやすいお話と、気軽な質疑応答で、たくさんの「なるほど、そうだったのか!」を見つけたいと思います。
 
[日時] 3月21日(金)19:00〜21:00
[場所] 札幌市環境プラザ環境研修室2号(札幌市北区北
8西3エルプラザ2階)
[内容] 
 ・お話「ドイツの環境NGOの運営」草野竹史さん(環境NGO ezorock代表)
  ・質疑応答・意見交換
 ※研修について
 2007年10月10日〜10月18日にかけて、ドイツ最大の環境団体
 「NABU」や「BUND」への訪問を行い、資金調達や人材育成に
 焦点をあて、学んできました。
 
[定員] 30名
[参加費] 500円
[申し込み方法] fax、E-mail、または、直接会場へ。
[申し込み・問い合わせ先]
 fax 011-387-1104 E-mail:ecolabo@mbp.nifty.com
 ※件名に「3/21えこらぼカフェ申込」とご記入ください。
[主催] 
 NPO法人 環境活動コンソーシアムえこらぼ
えこらぼカフェ第3回「北極の氷が溶けるってどんなこと?」[2008年02月18日(Mon)]
「良く聞くけれども、どんなことだろう?」「今さら聞けないなあ。」という皆さんの疑問を解消する気軽な学びの場、「えこらぼカフェ」。
  NPO法人環境活動コンソーシアムえこらぼは、多様な主体との協働による環境保全の推進を目的とした団体です。シリーズ「地球の今知る」は、大学の先生方と協働してできた企画。専門的な知識や、現地視察などの様子を、わかりやすいお話と、気軽な質疑応答で、たくさんの「なるほど、そうだったのか!」にしたいと思います。

 今回は、皆さんの質問・疑問をもとに、北海道大学の田中教幸先生に、お話をお伺いするほか、実験を通した「なるほど」、「そうだったのか」を見つける内容を予定しています。ぜひ、ご参加ください。

[日時] 2月18日(月) 19:00〜21:00(最大延長 21:30)
[開催場所] 札幌市環境プラザ環境研修室1・2
           (札幌市北区北8西3エルプラザ2階)
[内容]お話 田中教幸さん(北海道大学教授)
   「北極の氷が溶けるってどんなこと?」

[定員] 50名
[参加費]500円
[申し込み方法] FAX、E-mail、または、直接会場へ。
[申し込み・問い合わせ先]
  FAX 011-387-1104  E-mail ecolabo@mbp.nifty.com
 ※件名に「2/18えこらぼカフェ申込」とご記入ください。
[主催] NPO法人 環境活動コンソーシアムえこらぼ
| 次へ
プロフィール

環境活動コンソーシアム えこらぼさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ecolabo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ecolabo/index2_0.xml