CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
【参加者募集】里美に伝わる”昔ながら”を体験しよう!2019
[2019年01月28日(Mon)]
親子で昔ながらの遊びに挑戦!

地域のおとうさんおかあさんたちに、地域に伝わるいろいろな ”昔ながら” を伝授してもらおう♪
もちつき体験もできるよ!

★里美に伝わる”昔ながら”を体験しよう!★

と き*平成31年2月24日(日)
    9時〜13時
ところ*上深荻大菅コミュニティセンター
対 象*子ども(小学生)とその保護者
募集人員*15組 ※先着順
参加費*1人あたり500円 ※未就学児無料


*予定内容*
・もちつき体験&「まゆ玉」づくり☆
・昔ながらの遊び体験☆ 竹馬やけん玉、ベーゴマなどに挑戦!
・地域の方直伝!伝統の竹細工教室☆
・お昼はつきたてのおもちをみんなで食べよう♪

参加希望の方は電話でお申し込みください♪
 ★申込方法:電話にて直接お申し込みください。
 ★受付開始日:平成31年1月28日(月)
 ★受付時間:午前9時〜午後5時(土日祝除く)
 ★申込先:常陸太田市教育委員会文化課エコミュージアム推進室
  TEL 0294-72-3201


6BD8CB5D-7EE8-4458-A728-513BA92829E1.jpeg
親子でもちつきに挑戦(●^o^●)

588A1EC1-55A6-418E-9CF3-37A1E623D7C9.jpeg
地域の伝統!まゆ玉つくり(*^^*)

EA333D8B-C5FC-4C2C-862F-CC93EC0746C8.jpeg
ベーゴマも教えてもらおうかわいい

みなさんの参加をお待ちしています!!

主催*上深荻・大菅町会
共催*常陸太田市教育委員会
協力*(一財)里美ふるさと振興公社

会場の地図


http://www.city.hitachiota.ibaraki.jp/map_route.php?code=180


☆上深荻・大菅町では、毎年8月にも親子参加の交流事業「WAO!!夏の大冒険」を開催しています。夏の自然を満喫できる大人気イベントです。「WAO!!夏の大冒険」に関する情報も、7月頃にこちらのブログにアップしていきますので、ぜひご参加ください。
http://blog.canpan.info/eco-museum/archive/179
明けましておめでとうございます!
[2019年01月07日(Mon)]
年が明け、2019年となりました。
今年は平成が終わって新しい時代が始まり、日本人にとっていろいろな変化のある1年となりそうですね。
平成という時代が終わってしまうことに寂しさもありますが、新しい時代を明るく希望のある時代にしていきたいものですね晴れ

私たちもエコミュージアム活動を通して、少子高齢化の進む地域を明るく元気な地域にしていけるように頑張っていきたいと思います!
本年もどうぞよろしくお願い致しまするんるん


さて、さっそくですが、
現在常陸太田市役所のロビーに展示しているパネルをご紹介します!
20E2AA7A-5E19-4130-BD59-F1F3C7A5F005.jpeg

現在展示しているのは、

・WAO!!夏の大冒険(上深荻・大菅町)
3E04F705-DE15-4CA6-BE43-2A678D1926CC.jpeg

・持方わくわく自然夢学校(持方集落)
2AAB6331-0AB9-46B3-B9FA-B978635BC84C.jpeg

の2つのパネルです。

なんといっても今回は、子どもたちの笑顔が見どころです黒ハート

そして、今は1月でとっても寒いですが、展示している写真の季節は夏です(;'∀')
この写真を見ていたら体が温かくなってくる?かもしれません・・・(;'∀')


常陸太田市役所へお立ち寄りの際はぜひご覧くださいぴかぴか(新しい)

伝統技術・文化の伝承講座&地元学発表会ー東連地町ー
[2018年12月17日(Mon)]
12月16日(日)、水府地区の東連地町で「伝統技術・文化の伝承講座&地元学発表会」が開催されました。

「伝統技術・文化の伝承講座」は、もともと東連地町で毎年開催されていたイベントでしたが、今回は東連地町地元学事業第3弾の発表会と一緒に開催。
80F1F5D8-D5E3-4772-8F11-B25EC4A505E6.jpeg
いつもは地元の方だけで行っていますが、今回はエコミュージアム活動員などの地元外の方や茨城キリスト教大学の学生ボランティアという若い力も加わり、これまで以上に賑やかなイベントとなりました(*^^*)


「伝統技術・文化の伝承講座」では、地元の方が講師となって蕎麦打ち体験と豆腐・こんにゃくづくり体験を行いました!

蕎麦打ちでは、粉をこねてまとめて、伸ばして、切るという工程をひとつひとつ丁寧に教えてもらいながら行います。
F5A0EA62-C3A7-4555-8525-A4AFD3E8F2DB.jpeg

茨キリの学生さんも挑戦!!
「蕎麦打ちは初めて!」という子も多かったですが、みんな上手にできましたるんるん
DB0D48DE-4609-4D2D-A9F0-9972D46DC096.jpeg
また、常陸太田市は蕎麦の産地というだけあって、地元の方は蕎麦を作り慣れている方も多くいらっしゃって、手際の良さに感心してしまいました目

豆腐作りは、大豆をミキサーにかけるところからスタート!!!
地元の子が大活躍ですぴかぴか(新しい)
3D40147D-086D-4F09-991A-041C86A45D8E.jpeg

豆がペースト状になったらザルでこします。
ザルに残った豆の皮は、おからとして食べられますレストラン
6B94B580-3F77-41F5-AEDD-7255B36E494E.jpeg
親子の共同作業にほっこり…な1枚揺れるハート
これににがりを入れて固めます。

売っているものとは違う、昔ながらの豆腐が出来上がりました!
D840C9C2-7E27-4C2D-84E6-79289EF4F241.jpeg

こんにゃくづくりは、こんにゃく芋の皮をむくところから始まります(`・ω・´)
地元のお母さんたち、慣れた手つきですぴかぴか(新しい)
FC1FAD51-7E68-4FD7-BB0B-AB1C95B4368D.jpeg

ミキサーにかけて、火にかけて、凝固剤(ソーダ)を入れて……
最後に茹でて固まったらこんにゃくが出来上がります!
073E2714-0D4C-420D-81C2-4847D280AF2B.jpeg
灰汁をとりながら茹でること約30分。
和気あいあいと楽しく作業できました(^^)/

一段落したところで、「地元学発表会」を行いました。
発表会では、昨年10月に行った「東連地のお宝さがし」と
今年3月に行った「東連地の将来を考えよう」の内容について発表がありました。
783A1780-E58E-4809-93BB-6F5EE10C6EC7.jpeg
真剣に発表を聞くみなさんかわいい
東連地町にある地域資源(お宝)と、東連地町活性化のためのアイデアを、あらためてみんなで共有し、今後の活動へと活かしていきますひらめき

そして最後に、お待ちかねのお昼ごはん(*‘ω‘ *)
71AAA10E-18A8-42A6-8A16-F6A9396E4B63.jpeg
みんなで作った豆腐とこんにゃくに、
地元の方の手作りのそばとけんちん汁とお赤飯黒ハート
とっても豪華です!!!

ひとつひとつはとても素朴なもので、昔は当たり前のように家庭でつくって食べられてきたものかもしれませんが、今の時代となってはこのような食事こそがとても貴重で贅沢なものかもしれません。

昔から受け継がれてきた技術や知恵を、若者や子供たちに伝承するこんな機会があるというのは素敵なことですね♪これも東連地町のお宝のひとつではないでしょうか…!

参加された皆様、大変お疲れさまでした(*^^*)
エコミュージアム活動の推進!!!
[2018年11月30日(Fri)]
このブログでは、主にエコミュージアム活動(地元学事業や交流事業)に取り組んでいる地域の活動内容を掲載していますが、今回は少し視点を変えて、「エコミュージアム推進室」で行っている「エコミュージアム活動の推進」についてご紹介します。

現在常陸太田市では、29の地域でエコミュージアム活動に取り組んでいます。
そして、より多くの地域にエコミュージアム活動に取り組んでいただけるよう、まだエコミュージアム活動に取り組んでいない地域の皆さんにお声かけをしています。

11月23日、水府地区和久町の「和久町収穫感謝祭」にお邪魔して、エコミュージアム活動について説明をさせていただきました!
7E6ABB69-2FC6-42E3-AFB3-DA6D98FAFE7F.jpeg

エコミュージアム活動とは何か、どういうことをするのか、ほかの地域でどんな地域づくり活動につながっているのか・・・
BE85C5D0-D5D3-4750-8EFA-BCB6B24FFBB8.jpeg
皆さん、真剣に聞いてくださいました!!!

そして、
以前からお声かけをさせていただいていた和久町ですが、今回の説明会のあと町会長さんから「和久町でエコミュージアム活動に取り組んでいく」旨の表明をいただきました!!!
和久町の皆さん、これからどうぞよろしくお願いいたしまするんるん

最後に、収穫感謝祭で振る舞われたお蕎麦の写真を。
5B9EE07C-D0F4-4EF0-BF48-AC8634A5E299.jpeg
町会のイベントでこんなに本格的なお蕎麦を食べられるとはすごいです。
さすがは蕎麦の産地!とっても美味しかったです!

ごちそうさまでした黒ハート
内田町てくてくウォーク♪
[2018年11月30日(Fri)]
少し前になってしまいましたが、11月某日、「広報ひたちおおた」に掲載中の「てくてくウォーク」のコース取材で内田町を歩きました。

常陸太田市南東部に位置する内田町は、集落が大きく3つに分かれているため、町会も内田町上・内田町中・内田町下と3つに分かれています。
今回は、それぞれの町会の町会長さんと副町会長さんに取材にご協力をいただきました<(_ _*)>

歩いてみて感じたことは、まず「起伏がなく平坦で歩きやすい!」ということ。
EEAD8182-C179-456C-B507-264CE1DC8DE3.jpeg
常陸太田市南部の特徴的な風景である広大な田園風景が広がります。
内田町では、北方向を見ると田園風景の奥に真弓山をはじめとする山々が見え、田んぼと山と空が相まって、美しい景色を楽しめますぴかぴか(新しい)

季節の風景として、こんなものも見つけました。
114E24F1-36DE-4094-944D-9A0E3F952B2B.jpeg
庭先にあった干し柿です。
このあたりでは何気ない風景かもしれませんが、趣がありますね(*^^*)

もう一つ感じたことは、東日本大震災で大きく被災したのだなということです。
C26EAAB6-5AA2-442B-B396-385803FB3E1B.jpeg
忠魂塔
以前はこの上に石碑があったそうですが、震災で落ちてしまったそう。

6A960B8D-419C-439C-ADF4-CAF58CC55076.jpeg
愛宕神社
社殿が傾いてしまっています。

37491A92-CE19-4C83-8241-F2D4DE0C4E3D.jpeg
吉田神社
こちらは、震災後に拝殿が建て替えられました。

低い土地のため、東日本大震災での揺れをもろに受けて被害が大きかったのかもしれませんあせあせ(飛び散る汗)

この他にも、歴史ある神社や石碑、巨樹など、たくさんの見どころがある内田町をぜひ歩いてみてくださいね♪
今回取材した内田町のハイキングコースは、広報ひたちおおたの1月号と2月号に分けて掲載予定です。
お楽しみに(*‘ω‘ *)
| 次へ
プロフィール

エコブログ管理者さんの画像
エコブログ管理者
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/eco-museum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/eco-museum/index2_0.xml